« アカショウビン2015Ⅱ 気合を入れてリベンジに行ったが・・・ | トップページ | ベビーラッシュ »

2015年5月21日 (木)

続アカショウビン2015Ⅱ 動きもの狙い   <今日の撮影追記>

 昨日のアカショウビンは、約7時間で登場は15分とは待ち疲れた。朝に撮影して直ぐに帰れば良かったのだが、また出てくるのではと思うと帰れない。白山麓の渓流釣り時に鳴き声を聞いたことがある。近くで鳴いていたかと思うと鳴きながら飛び去り、一気にかなたの山から鳴き声が聞こえたこともあるが、かなり広範囲に飛ぶ鳥のようである。昨日も前回と別の場所で巣穴をメンテ(新作?)していたが、営巣場所はまだ決まっていないようである。カメラマンの多さに嫌気がさし山奥に決めるのかな・・・どこかで雛を育てて帰るのだろう。巣は人目に付かない所、餌獲り場に休憩場所は良く見える所が良いのだが。巣近く以外で撮影出来れば、カメラマンも一部を除き巣には近寄らない人が多いだろう。巣近くしか撮れないなら近くで待つしかないが、可能ならカワセミ同様餌捕りの瞬間を狙いたい。

画像はアカショウビン動きもの
SS1/500での撮影と思っていたが1/800にしていた。ソフト修正でかなり良くなったが、森の中での撮影はやはりD4が良い。画像をトリミングによる拡大で大きく撮るか綺麗に撮るかで前者を選んだが、昨日の距離ならD4でも十分だった。以前のようにカメラを2台持って行き現場で選択すれば良いのだが、昨日は高速連写狙いではサブにV3を持っていった。2度目のチャンスがあれば画質無視で20コマ/秒の高速連写するつもりだったが機会がなかったのが残念。

15052101

アカショウビンの動きはカワセミに比べかなり速く、置きピンでシャッターを押し続け運に任せるしかない。
15052102

少し前に木の茂みがぶら下がっており、まともな飛びもの撮影は出来ず。そのため巣穴への飛び込みと飛び出しの瞬間を狙う。
15052103


15052104


15052105


15052106


15052107


15052108


15052109


15052110


15052111

 

<付録>

アカショウビンの目
15052112

V3での撮影、ノートリ画像
逆光気味で条件が悪かった。V3では巣穴への飛び込み(顔を突っ込む)と飛び出しを高速連写したかった。
15052113

トリミングで2倍に拡大
15052114

 

 

<今日の撮影追記>

昨日の撮影は暇だった。昼からの待ち時間、6月予定の渓流釣りの足腰鍛錬のため、森の中の坂道を上がったり戻ったりの繰り返し、何往復しただろう。そのため今日の朝は、脹脛に太ももがパンパン、それでも天気が良かったので9時過ぎから2時間ほど川を歩いた。狙いは、当然カワセミ探索それにカルガモ親子、カワセミは帰り道で少しだけ姿を見たがカルガモ親子には会えず。

川に行く途中、ツバメが珍しい場所に巣作りをしていた。”何ぼなんでもここはまずいのとちゃうか”と思うが・・・・
15052120

カワセミ撮影ポイントに向かう途中で引き上げてきた人に会う。ポイント近くで雑草刈が再び始まったと聞いたが最後まで歩いた。作業員は休憩中のようだったが上流に向かう。カルガモ親子を探して支流の途中まで行ったが姿見ず。引き返しダラダラ歩いているとカワセミのホバが見えた。

一旦対岸川原の草に止まり再びホバ、逃さず捉えたが逆光気味でピントそこそこが2枚だけ。
15052121

反対側を歩けば良かった。
15052122

ホバ後飛び込んで餌獲り。そこそこの獲物を獲っていたが、川原の草で水際は見えず。
15052123


撮影機材:V3、1用70-300mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:112枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

|

« アカショウビン2015Ⅱ 気合を入れてリベンジに行ったが・・・ | トップページ | ベビーラッシュ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アカショウビン2015Ⅱ 気合を入れてリベンジに行ったが・・・ | トップページ | ベビーラッシュ »