« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月30日 (火)

ハヤブサ雛3/5  風に吹かれて

 今日は所用で撮影休み、6月も最終日で今年も半分経過月日が立つのは早い。

今日の画像も10日程前の在庫からハヤブサ雛、”風に吹かれてオットット”

手摺に止まろうとしたが、風に煽られバランスを崩し失敗15063001

隣に止まろうと飛び移る
15063002

上手く掴んだ
15063003

と思ったのだが・・・
15063004

足を滑らせ
15063005

体勢を立て直そうとするが
15063006


15063007

あかん、少し前過ぎてバランスを崩す
15063008

もはや限界
15063009

飛び出す
15063010

雛の動きは時々ぎこちない

| | コメント (0)

2015年6月29日 (月)

チュウヒ2015Ⅶ 空中餌渡しの練習か?

 そろそろ親から雛への空中餌渡しが始まるかとチュウヒに行った。餌渡しは2度あったが共に失敗、その後親は何度か餌を持って帰ってきたが、持ったままで下りよった。今のところ練習中のようだが何のためにわざわざ空中で渡すのか、ハヤブサも空中で餌を渡すがそのままどこかに置いた方が確実だと思うのだが。

画像もトリミングで3倍に拡大、今日はフルサイズ機1600万画素では少し遠い場所が多かった。

♀親は空高く戻ってきて急降下で降りてくることがある。150629101

それなりにスピードがあり迫力もある。
150629102


150629103

急降下後、旋回すると木の茂みに隠れていた雛が姿を見せる。
150629104

まだ慣れていないようで親に近づき過ぎ。
150629105


150629106

カメラは親を追っていたので雛を見失う。
150629107

しばらくして雛が再び姿を見せるが、今度は餌受け取り体制
150629108

親に近づくと
150629109

親が餌を離す。獲物はネズミ、図体の割には獲物が小さくもう一つ迫力に欠ける。
150629110

受け取り失敗、足をもうすこし伸ばさないと受け取れない。
150629111


150629112


150629113

獲物が落ち雛が追ったかどうかは見ていない。カメラは親を見ていた。
150629114

しばらくして親♂が獲物を持って帰ってきた。
150629115

しばらく旋回、雛が出てきた。
150629116

獲物はスズメかヒバリぐらいの鳥だった。この後はピントがバックの山に取られ、残念ながら撮れておらず、キャッチしたかどうか分からない。多分受け取り失敗だろう。
150629117

飛びもの
今期7回目のチュウヒ撮影、冬場も近くの田んぼにくれば飛びものは撮っているので面白味が無い。空中餌渡しを撮りたいが、一度近くで止まりものも撮ってみたい。過去に3度遠くからは撮っているが、今の撮影地では無理のようである。
150629118

チュウヒとトビのバトル
雛の休む茂み辺りにトビが止まったようで、田んぼの上空から猛スピードで帰ってきた。カメラから少し離れて歩いている時で急いでカメラの所に戻ったが、間に合わず遠くに飛んでからの撮影となり良いシーンは撮れず。
150629119


150629120


150629121


150629122

久しぶりのケリ
150629123


次回も天気の良い日となるが、天気予報を見ると少し先になりそうで餌渡しが撮れるだろう。D4にゴーヨン+1.4TCかV3にゴーヨンそれともシグマの1.4TCが入ればD4に150-600mm+1.4TCか。餌渡しの撮影は10コマ/秒が必要、600mmでは少し距離が遠い。思い切ってV3に150-600mmを400mmぐらいで撮影する手もある。

撮影機材:D4、150-600mm、三脚使用  撮影枚数:853枚
移動:車  天気:晴れ一時曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

ハヤブサ雛2/5 姉と弟の餌争奪戦

 去年は雛1羽だったが今年登場したのは2羽、大きさから♀と♂で行動から姉と妹と思われる。登場した直後は2羽が近くに止まるところが見られたが、今は少し離れて止まることが多いようだ。

少し前の餌争奪戦です。

仲良く何をしているのかな
15062901

左が姉、右が弟、大きさがかなり違うが嘴上の目の間辺りが姉は白い。
15062902

親が餌を持ってくると争奪戦が始まる。
15062903

姉が先に親の所へ飛び、餌を掴んで取られないように羽を広げる。
15062904

横から近づく弟
15062905

餌を掴んで逃げる
15062906

背後から抜き足で近づき
15062907

回り込んで強引に食いつくが
15062908


15062909

”渡してなるものか~”
15062910


15062911

”お姉ちゃん、ちょっと頂戴”
15062912

ほんの少し口移しで渡したようだが
15062913

”そんなもので誤魔化されぬ”と強引に足で奪いにかかる
15062914

両者必死の攻防だが体の大きさから結果は明らか
15062915

姉に軍配で弟が追う
15062916


15062917

勝負がついたと思いファインダーから目を離したが、この直後に姉が餌を掴んで飛び出した。ファインダーを覗き続ければ良かった。
15062918

餌の争奪戦は体の大きいもの有利と思うが早いもの勝ちのようである。
数日後今度は先に弟が親の所に行き餌を貰った。
15062919

直ぐに掴んで飛び、別の場所でゆっくりと食べていた。
15062920


15062921

雛は近場では山4羽に街中2羽、成長すれば何処に行くのかな?

| | コメント (0)

2015年6月28日 (日)

昼からハヤブサ 動きが益々悪くなる

 朝は車の給油と洗車でガソリンスタンドへ、そのまま50kmほど琵琶湖沿岸から湖西道路を走って戻る。晴れていたので昼からハヤブサに行く。今日は長時間姿を見せたがほとんど休憩で動きが悪くさっぱり、親の獲物持ち帰りを期待して4時半過ぎまで待ったが、撮影は幼鳥の飛び出しと飛翔に終わる。

最初の飛び出しは遠かった。150628101

風があったので煽られたか?
150628102


150628103


150628104


150628105

シャッターを押すのが遅れた。
150628106


150628107


150628108


150628109

ただの飛翔、この角度の撮影は少ない。
150628110

飛び移り
150628111


150628112

飛び出し前の動きが分かったので余裕で撮影
150628115


150628116


150628117


150628118


150628119


150628120


撮影機材:D800E、150-600mmf5-6.3、三脚使用  撮影枚数:368枚
移動:地下鉄  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:520円

| | コメント (0)

ハヤブサ雛(幼鳥)1/5  鉄塔周辺

  曇り空で撮影にいつ出るか様子見中。

朝4時半に目が覚め5時前に起きたが、TVを見ると女子サッカーの試合が行われていた。スポーツの国際大会、男女にかかわらず日本が強い競技は見ていて面白い。
試合後、キタムラネットショップでシグマのテレコンTC-1401を予約、どの程度の性能か分からないが購入して自分で使ってみるしかない。使用レンズは当然シグマの150-600mmだが、主に使用するカメラはD4、純正80-400mm+1.4TCⅡの結果から考えれば多分大丈夫だろうと思っている。D7200にD800Eでも使用するが、結果判断はD4限定で考えている。今は使うことの無いTC-2.0EⅢを下取りに出し、予算計画に入れていない株の配当金が入ったので、シグマの50mmf4を下取りに出すのは止めた。狙いは少し遠い猛禽だが結果は如何に?

鉄塔周辺のハヤブサ雛(既に飛び回り時々ツバメを追いかけているので幼鳥と言った方が良いかも知れない)
6月半ば雛登場直後の出も動きも良かった時の画像。近いが角度が急で撮影しずらい、邪魔な鉄骨が入り不満な点があるものの、撮影に行った以上は姿を見ればシャッターを押す(短時間で少し押しすぎた)。カワセミなど他の鳥も同様だが、バックを気にするなら街中での撮影は出来ない。周りは人工物だが鳥は天然もの、餌付けもされていないので養殖ものでは無く、街中で生きている野鳥のごく自然な姿です。とは言え、絵になりませんな~。

15062801


15062802


15062803


15062804


15062805


15062806


15062807


15062808


15062810


15062811


15062812


15062813


15062814


15062815


15062816


15062817


15062818


15062819


15062820


15062821


15062822

| | コメント (0)

2015年6月27日 (土)

カワセミ姿見ずでハヤブサへ

 少し遅いめでカワセミに行ったが、出が全く駄目とのことでハヤブサに行った。姿を見ぜたが所用があり11時過ぎに一旦撮影地を離れる。所用と軽めの朝食の後、1時過ぎに再びハヤブサに復帰した。ここ何回か行った中では今日は動きが悪く、状況が変わりつつあるように感じた。雛登場から2週間少々立ち、親離れが徐々に始まりつつあるのかも知れない。雛も遠くへ飛ぶようになっており、見られる時間も少なくなっていくのだろう。撮影は動きがあった時に連写しまくり、まあ満足というところ。

画像は昼からの撮影

初めに姿を現したのは親
15062701

1時過ぎに雛♂登場
飛び出しぐらいは撮ろうと粘るが動かず。途中雨が降り出し一時少し離れた場所の木の下に避難するなど粘ったが、飛び出したのは2時間後。
15062702


15062703


15062704


15062705


15062706


15062707


15062708


15062709


15062710


15062711


15062712


15062713


15062714

雛の♀も登場
雛2羽は近くに居ることが多かったが今日は少し違った。見えない場所に居たのだろうと思うが、一時遠くに飛んだこともある。
15062715


15062716

途中で親も再び登場したが中々飛ばず。飛び出したのは4時過ぎで獲物持ち帰りを期待して待ったが、4時45分頃まで待つも戻ってこず。諦めて帰宅した。
少し距離が遠すぎた
15062717


15062718


15062719


15062720

撮影機材:朝V3、70-300mm、手持ち撮影        撮影枚数:328枚
       昼からD4、150-600mmf5-6.3、三脚使用  撮影枚数:630枚
移動:地下鉄  天気:曇り一時雨、晴れ間もあり
撮影経費:600円(地下鉄一日乗車券)

| | コメント (0)

どんよりした曇り空で様子見

 撮影に出るつもりだが空模様を様子見中。

今日も4時半頃に起きた(布団から出た)が朝から昨日に続き撮り貯めたハヤブサの画像を整理したがようやく終わった。どんな鳥でも鳥そのものの動きと表情を狙っているので、動きがあれば瞬間を逃さないよう撮りまくっている。
RAWで撮っているため枚数が増えると後が大変、特にD7200のRAW画像はViewNX2で見れる時と見れない時があり、見れない場合はCaptureNX-Dで見るため動きが遅く時間がかかる。ViewNX2でのD7200のRAW画像確認、同じ画像でも見れる時と見れない時があるので不思議、一度ニコンに聞いてみようかと思っているが状況の把握が不十分。

以前に撮影した止まり木周辺のカワセミ在庫を整理のため掲載。
この時期川原は草だらけ草は腰が弱いのでカワセミが止まると垂れて不安定、カワセミも止まり木を餌獲りに水浴びにと利用している。水面に突き出しているため背後から野良猫に襲われる心配も無く安心して止まれるのだろう。猛禽には気をつけなアカンで~、オオタカにハヤブサが空を飛んでいる。

150627001


150627002


150627003


150627004


150627005


150627006


150627007


150627008


150627009


150627010


150627011


150627012

| | コメント (0)

2015年6月26日 (金)

雨で撮影休み・・・1.4倍TC

 朝からすることも無いので、シグマの1.4倍TCを調べた。150-600mmにD4、猛禽などの大きい鳥でも80mぐらいの距離までならトリミングで十分満足出る画像が得られるが、150mになると大きく出来ない。D7200の登場となるが、距離が遠いともう一つ根性が無く、遠い猛禽撮影ではいささか期待外れ。やはりD800Eの登場となるが、モデルが小さくなるので捉え損ねることがある。
過去に500mmf4+1.4倍TCでオオワシやイヌワシを撮った時の経験で、遠いと画像はパッとせずで、TCは極力使わずトリミングで対応することにしている。80-400mmズームでは1.4倍TCを装着してもAFは遅くなるが、写りの落ち方は500mmf4に比べ少ないように思う。80-400mmの画像がもともと500mmf4に比べ劣るため、TCを使用しても落ち方が少ないと思っているが、150-600mmでも同じではないのかな~?
シグマの1.4TCの価格を調べ、今は不要となっているTC-2.0Ⅲにシグマ50mmf1.4の下取り価格なども調べたが、D7200でもう少し遠い鳥を撮ってみるべきか、それにD800Eをもう少し使う方が先決か。
150mを越えると何をやっても同じで、まぐれを期待し撮影はしているが綺麗に撮るのは諦めている。

D4と150-600mmで撮影したハヤブサとチュウヒ、距離はOKの範囲内ですべてトリミングで3倍に拡大しています。

●ハヤブサ
 
太陽が雲に隠れた時の撮影
150626101


150626102


150626103


150626104


150626105


150626106


150626107


150626108


150626109


150626110


150626111

 

●チュウヒ

150626112


150626113


150626114


150626115


150626116_2

| | コメント (0)

2015年6月25日 (木)

チュウヒ2015Ⅵ 少しでも大きく撮りたくてD7200で勝負

 気合を入れてD4と500mmf4+1.4TCを持って行くか悩んだが、親から雛への餌渡しはもう少し先、ならば連写コマ数はいらない少しでも大きく撮ろうとカメラはD7200、レンズは軽量の150-600mmにした。150-600mmを使うようになり重い500mmf4を担ぐ気力が薄らいだ。
晴れていたが少しモヤっていたのか、条件が悪く×画像が多くて結果はもう一つ。以前、D7200とD800Eの撮り比べを行ったがD800Eに軍配、使用した時間帯の撮影条件の違いもあるだろうと思っていたが、遠い猛禽ではやはりフルサイズ機のトリミング拡大の方が画像は綺麗、D300機の後継機が出れば話は違うだろう。しかし、D7200は大きく撮れるので使用する価値は十分。

雛は2羽が出るようになったと聞いたが、親は相変わらず餌を巣に運んでいる。時々餌を持って帰っても直ぐには巣に入らず、餌を掴んだまま何度も旋回したが雛に獲りに来るよう促していたのかも知れない。雛は時々、旋回し木の茂みで休憩することもあるので来週ぐらいには餌渡しが見られるかもしれない。昨年と同様かな。

●♂の餌運び
 今日は♂が頑張り何度も運びよった。
15062501


15062502


15062503


15062504


15062505

 

●♀の餌運び
偶然かも知れないが先日から♀の運ぶ餌の方が大きいように思う。
15062506


15062507


15062508


15062509

 

●雛の飛翔
今日は何度か飛んでくれたのでたっぷり撮れた。D7200、D4に比べれば色のメリハリに欠ける。D4に600mmではあまり大きく撮れない、500mmよりは僅かながら大きく撮れるのだが。
15062510


15062511


15062512


15062513


15062514


15062515


15062516


15062517

 

今日の画像は目が綺麗に入らず近くでの撮影ももう一つ。先日は綺麗に撮れているので腕やレンズでは無く、周囲条件かカメラかな~?

撮影機材:D7200、150-600mmf5-6.3、三脚使用  撮影枚数:602枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (2)

2015年6月24日 (水)

カワセミ不調で昼からハヤブサ

 朝からカワセミに行ったが不調で満足出来ず、昼からハヤブサに行った。今日は朝から蒸し暑く、特に昼からは風が吹いている間は良かったが、風が止むとたまらなかった。ハヤブサ撮影も梅雨の晴れ間だけ?、真夏の暑さになれば今年は無理かな?・・・・暑さが身に堪える年頃、真夏になれば撮影は朝だけ、昼からは帰ってシャワーを浴びクーラーの効いた部屋で発泡酒を飲み昼寝といきたいが。

朝のカワセミ
今日のサービスは何じゃ? 出し惜しみせんともっと雛を出せ~、カメラマンの前で魚を獲れ~と言いたいがカワセミの勝手。
15062401


15062402


15062403


15062404


15062405


15062406


15062407


15062408


15062409


15062410


15062411


15062412


15062413


15062414


15062415

 

●昼からのハヤブサ
カメラマンの趣向は色々、背景に拘る人は山か海へ、ハヤブサそのものを撮りたい自分は街中で十分満足、しかし”画像としては絵にならんな~”というのが本音。カワセミ同様家から近く気軽に行けるので、これはこれで良し。
雛が出ているが撮影はカワセミの後の二番煎じ、ここ数回色々撮っているが十分整理出来ておらず、後日整理してエエ画像があれば後日ネタ切れ時に掲載します。

今日は暑かったのでじっとしていることに我慢出来ず連写しまくり、適当に選定したが元画像はピンボケ(背後にピントを取られる)、アンシャープを強めに処理。15062416


15062417


15062418


15062419


15062420


15062421

撮影機材:朝はV3、70-300mm、手持ち撮影 撮影枚数:255枚
       昼からD4、150-600mm、三脚使用 撮影枚数:1005枚
移動:地下鉄  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:600円(地下鉄一日乗車券)

| | コメント (0)

2015年6月23日 (火)

チュウヒ2015Ⅴ 雛が1羽登場していた

 早朝からチュウヒへ、狙いは空中での餌渡しで空抜けの撮影となるため、晴れの日を選んで行った。そろそろ雛も登場する時期と思っていたが、1羽だけ姿を見せてくれた。残念ながら♂も♀も餌獲りに出かけ、出てきた雛も空中での餌受け取りがまだ無理なようで撮影できず。巣には他にも雛がいるようでせっせと餌を運んでいた。
暑かった、次回から冷却グッズを持っていかねば耐えられない。

雛は2日ほど前に登場したようで、遠くへは飛ばず巣の回りを時々練習で飛ぶのみ。
15062301

親と違い目が黒い
15062302


15062303


15062304


15062305


15062306

葦原を飛ぶ、このシーンは前から撮りたかった。
15062307

親がカラスを追い払いにこちらに飛んできたので今日も近距離で撮影出来た。今期2度目。
15062308

     
15062309_2


15062310

♀親の餌持ち帰りは豪快、上空からミサゴのように急降下しながら途中で体を捻り、巣の手前でブレーキをかけてゆっくり下りる。♂は最初からゆっくり下りるようで面白みは無い。
15062311


15062312


15062313


15062314

いつもはピントが合わない場所だが、今日はそれなりに撮れた。撮影条件が良かったのかな。
15062315


15062316

葦原に隠れる雛
15062317

親が空中渡しを促そうと餌をぶら下げて雛の上を何度も旋回する。雛はこの時木の茂みの右下に居たが、顔を向けただけで飛び立たず。親の行動の意味を理解出来なかったのかもしれない。
15062318

親は仕方なく餌を巣に運ぶ。このことから巣には別の雛が居るのは間違い無い。
15062319

親が餌を持っていない時に飛んで親に近づいたが、もう数日で餌渡しが見られるだろう。
15062320

親が獲物を持って帰ると雛が数羽飛び、1羽だけが餌を受け取る。チュウヒの大きさに対し獲物が小さいのであまり面白みは無いが、この期間しか見られないので今年も是非撮りたい。
これからの暑さ、朝の撮影となるので街中のハヤブサよりはマシだが、今年は耐えられるのかが問題だ!
15062321

珍しく餌を口に咥えて巣に運ぶ。チュウヒ撮影は3年目で30回ぐらいになるが初めて見るシーン。
15062322


15062323


15062324


15062325

帰ろうとすると登場する。カワセミも同様、暑さが我慢出きず11時半前に片付けて歩き始めると戻ってきた。急いで機材を出し撮影したが平凡なシーン、そのまま帰った方が良かったかな。
15062326


撮影機材:D4、150-600mmf5-6.3、三脚使用  撮影枚数:974枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2015年6月22日 (月)

カワセミ後ハヤブサ

 昨日、カワセミの雛が出たとの情報が入り、予定を変更してカワセミに行った。雛は案の定横の水路に出ており、鳴き声は聞こえるが姿をなかなか見せず。2度だけ親について出てきたが直ぐに帰りよった。何とか証拠写真は撮れたがもうひとつ、しばらくしたら川にも登場すると思うが直ぐに親に追い出されるかな。
今日は昼食で家に帰らずコンビニでおにぎりを買ってハヤブサに行った。今日も飛翔は撮れたが餌の持ち帰り場面は気づくの遅く、慌てたのと三脚を使用していたため振るのに遅れ撮れずで残念だった。

●カワセミ
 D7200と150-600mmで大半を600mmに設定したため、900mmでの撮影で連写では追えず。適当に掲載

14062201


14062202


14062203


14062204


14062205


14062206


14062207


14062208


14062209


14062210


14062211


14062212


14062213


14062214


14062215

やっと出てきた雛、期待は止まり木での親を含めての4、5羽どまりだったが叶わなかった。
14062216

出てきても直ぐに戻るで、じっくり撮影できなかった。
14062217


14062218


14062219


14062220


14062221


●昼からのハヤブサ

飛び出し撮影は、少しタイミングが遅れた。
14062222

今日はうす曇、それでも蒸し暑かった。これからの撮影は暑さとの戦いになるが、今年は暑さに負けそう。
14062223

街中のハヤブサは絵にならないが、撮れれば良し。近くに駐車場があればゴーヨンを持っていくのだが無いので仕方無し。ハヤブサの距離ならゴーヨンも150-600mmも大した違いは無いかな?・・・・自分の腕では大口径レンズを使いこなせていないのだろう。
14062224


撮影機材:D7200、150-500mmf5-6.3、三脚使用  撮影枚数:1007枚
移動:地下鉄  天気:うす曇
撮影経費:600円(地下鉄一日乗車券)

| | コメント (0)

2015年6月21日 (日)

ハヤブサ 飛び出しが撮れたが物足りない

 天気が良くなったので昼から撮影に出た。今日も増水でカワセミは駄目だろうとハヤブサに行ったが、久しぶりに飛び出しが撮れた。ミニ856の手持ち、昨日の疲れかピントが合いにくく、また晴れたり曇ったりの天気で露出を頻繁に変えて撮影し、おまけに飛び出し狙いで10コマ/秒に設定したため止まりものも連写で撮影枚数が1000枚を越えた。止まりものと空抜けの飛びもので、”そんなに撮ってどうすんの”と自分でも呆れた。
飛び出し狙いは三脚が必要、ミニ856でも重かった。ちょっと様子見のつもりが、風が爽やかでそれほど暑くなかったので深入りしすぎ、最後は大粒の雨が降り出し、”こりゃかなわん”で一目散で退散。

一番順光で撮影条件の良かった飛び出しを、モニター確認でシャッターを押すことが出来ず残念無念で物足りなさが残る。
画像は810mmで撮影したものを、トリミングで2.4倍に拡大。

15062101


15062102


15062103


15062104


15062105

この場所からこの角度で飛び出したのを見るのは初めて。
15062106


15062107


15062108


15062109


15062110


15062111


15062112


15062113


15062114

撮影機材:V3、1用70-300mm、手持ち撮影  撮影枚数:1034枚
移動:地下鉄  天気:晴れ時々曇り後雨
撮影経費:520円

| | コメント (2)

釣り仲間が撮った水の中のイワナ

 昨日、釣り仲間のYさんがルアーで釣り、自ら撮った水中の尺イワナ。尺イワナはたまに釣れるのでどうってこと無いが、水中写真はお見事。

写真2枚は連絡帳に掲載されていたので借用した。

カメラはニコンAW1に専用レンズ、少し濁った水の中でも十分撮れるのに感心した。15062121

イワナは水面に浮かすと暴れるが水の中では暴れないのか。しかし、一人でよく撮れたな~。
15062122

 

その時の川の情景、右がYさん。P6000での撮影、雨が降っていたので川に持ち込んだカメラはP6000のみ。AW1は雨の日でも使えるので遊びには良いかも。
15062123

| | コメント (4)

2015年6月20日 (土)

渓流釣り2015Ⅰ 15cmのイワナが1匹とは・・・・

 昨日、今日の白山市白峰での渓流釣りは、まったく駄目だった。アタリはボツボツ有ったが、小物ばかりで釣っても後が面倒なので合わせず水面で竿を適当に振り逃がす。多少大きいと思ったのも15cm弱で持って帰らず。
さんざんな結果だったが、昨年はこの時期行かずで撮れなかった自生のササユリをカメラに収めたのがせめてもの慰めで、良かった、良かった。

昨年、尺越えを釣った本流の大堰堤に行った。8.5mの鮎竿使用でより遠くが探れると期待していたが、長すぎるのと雨と風で扱いにくかった。まあ、慣れれば十分扱えると思うが、魚の居る所に餌を流さないと釣れない。15062001

取り合えず記念撮影
15062002

昼食後いつもの堰堤に行ったが、こちらもアタリはあるものの小物ばかり。この場所、数年前に釣りの最中にアカショウビンの鳴き声を聞いた場所だが、今年も昨年に続き鳴き声は聞けず。ミニ856は持って行ったがレンズは使用せず。
15062003

仕方なくササユリを探して車で林道をウロウロ、数は少なかったが撮れて良かった。好きな花、整理して後日掲載。
15062004

雨で早めに民宿へ。

小雨になったので重要伝統的建造物保存地区をウロウロ。
15062005

15062006


15062007


15062008

目につくものを手当たり次第に撮影
15062009


15062010


15062011


15062012


15062013

昨年、朝にアカショウビンの鳴き声を聞いた川向こうの森
15062014

仲間が釣ったイワナで何とか骨酒を飲めたが、自分の釣ったイワナではないので味は・・・・変わらないはずだが
15062015

夕食は品数豊富
15062016

今日も大堰堤に行って竿を振り回したが成果無し。雨が降っていたので早めに切り上げ帰宅の途に着いたが、雨が上がったので初めて白山高山植物園に行った。

ニッコウキスゲが満開、自生ではなく植えられたものだが見事。晴れていれば白山バックで撮れたのだが曇り空で残念だった。
15062017

モリアオガエルの卵を見つけた。
15062018

下の水のたまりにはオタマジャクシがたくさん居たが、モリアオガエルがどうかは分からない。
15062019

親が居ないか探すと2匹居た。初見、思っていたより大きかった。
15062020


15062021

9年前に釣り民宿の玄関に飾られている魚拓、このサイズはもう無理かな。
15062022

次回は、7月中旬の白山まつりの日を予定。大物が釣れるかどうか・・・運しだい。

撮影機材:V3に10-30mm及び30-100mm、P6000、手持ち撮影
撮影枚数:164枚、22枚
移動:車、歩き  天気:雨時々曇り
撮影経費:0円(費用は渓流釣り予算)

| | コメント (0)

2015年6月19日 (金)

今日、明日と渓流釣り

 もうすぐ石川県白山市の白峰に向けて出発、何cmのイワナが釣れるだろうか。目標は大物イワナだが、最悪は仲間の釣ったイワナで骨酒が飲めれば良し。

6月撮った野鳥

カワラヒワ
15061901


15061902

ツバメ
15061903


15061904

・・チドリ
15061905


15061906

カルガモ親子
15061907

カルガモ雛
15061908

悠然と泳ぐカルガモ親子、今年は雛の数の減り方が少ないような
15061909

カワセミの前を泳ぐ
15061910

カワセミとムクの2ショット
15061911

ムクの数が急に増えた。
15061912

寺のカワセミ幼鳥
15061913

登場してから少し時間が立っているような
15061914

ゴイサギが飛ぶ
15061915

| | コメント (0)

2015年6月18日 (木)

骨折り損のくたびれもうけ

 昼から何とか天気が持ちそうだったので、明日、明後日と釣りに行くこともあり撮影に出た。カワセミと思ったが増水に濁りの恐れがあるので、まずハヤブサ行ってからカワセミと思ったが正解で川は濁っていた。今日もハヤブサの姿を見たが、曇り空で撮影条件が悪くもう一つ、せっかく行ったので2時間近く居たがくたびれただけだった。今日も居るのが確認出来たのは良かった。
ミニ856で10コマ/秒に設定していたので撮影枚数は多かったが、没画像ばかりで即削除の画像が多く帰ってからの処理は楽。

曇り空の空抜けは絵にならず。山なら背後に木が入るので曇り空も良いかもしれないが、街中のハヤブサはアカン。15061801_2

飛び出し狙い、なかなか飛ばす構えているのしんどかった。飛び出してくれたが画像はアカン、せめてビル背景なら綺麗に撮れたと思うが絵にはならないか。
15061802_2

 

先日、ミニ856手持ちの10コマ/秒で連写した画像です。
画像は今一だが何度も書いているようにフォーカスの追従はD4より良い。D4なら半分ぐらいは没(ただし、自分の腕で他の人のことは知らん)、D4Sは追従が良いのかな?
150618101


150618102


150618103


150618104


150618105


150618106


150618107


150618108


150618109


150618110


150618111

| | コメント (0)

撮影に出るか様子見中・・・・ツバメの給餌  

朝起きると雨だったので撮影休みかと思ったが、9時過ぎ現在で雨は上がっている。様子を見て天気が持ちそうなら撮影にでる。

数日前、カワセミ撮影後ブラブラ歩いていて遭遇したツバメの給餌シーン、雛が巣から離れ各所で見られます。

機材はミニ856
15061801


15061802


15061803


15061804


15061805


15061806


15061807


15061808


15061809


15061810


15061811


15061812

| | コメント (0)

2015年6月17日 (水)

チュウヒ2015Ⅳ 外を見ると晴れ間が見える

 カワセミに行くつもりだったが、外を見ると晴れていたので予定変更でチュウヒへ行った。カワセミ様子見のつもりでミニ856をバックに入れていたが、一眼に代えるのが面倒くさくそのまま家を出る。ミニ856は距離の近いカワセミでは、AF追従性と20コマ/秒の高速連写で抜群の能力を発揮するが、遠い猛禽撮影では所詮B級機材、あとは取り回しの良さと腕でカバーとなるが、カバー出来たかどうかはどうでも良い。暑さを我慢しながらだったが、撮影そのものは気楽に楽しめた。軽量機材で手軽に撮影出来る・・・これが一番、結果が悪ければ機材の所為だ~! 23万円程度、単純に考えれば高いが野鳥撮影機材としては純正80-400mmより安い、一眼の856にD4Sなら200万円を越える。10倍近くの価格差、地元のカワセミで私が使えばミニ856に軍配が上がるのは間違い無いが、猛禽ならどうやろう。正直なところ前から気にはなっている。財力のこともあるが今乗っている車より、かなり安い。腰と肩が一番の問題、猛禽撮影の機会も少ないし・・・・

カワセミ予定だったので8時前の出発、1号線が渋滞で驚いたが名神集中工事で一部区間が通行止め、東インターからの進入がストップしていた。大津へ抜けるには相当時間がかかりそうだったので、湖西道路を走り琵琶湖大橋側から回った。渋滞は無かったが遠回りでいつもより時間がかかる。

チュウヒの餌運びの回数は前回より増えていたが、待ち時間は30分少々で日陰の無いコンクリの上での待ちで暑さにはまいった。9時前から12時まで居たが、餌渡しは3回(内1回は木の影で見えず)、♀が直接餌を獲っての戻りもありチュウヒの動きは良かった。

最初は♀が餌を獲ってきてそのまま下りたようである。15061701


15061702


15061703

一番の見せ場の♂から♀への餌渡し。二番めの見せ場は空抜けの飛翔(?)、チュウヒの撮影とはこれだけやな・・・ほんまに面白いかなと、たまに思う。
15061704

角度は良かったが、距離が遠すぎたのが残念。
15061705


15061706

♀は餌を受け取ると旋回してから巣へ持っていく。
15061707


15061708

空抜けからこの辺りまではピントが合うが、これより降下するとほとんどバックにピントが取られる。
15061709

二度目の餌渡しは見えない所、三度目は距離は近かったが後ろ向きだった。
15061710

♀は餌を掴んで飛んできたような?
15061711


15061712

キャッチしたように見えたが
15061713

ネズミらしきものが飛んでいる
15061714

空飛ぶネズミ、どういう状況だったのか?
15061715


15061716

最後の餌運びは♀が自分で獲ってきた。
15061717


15061718


15061719


15061720


15061721


15061722

昼頃、日は上に昇っており、空気のユラギで輪郭が滲んでいるように見える。日差しにもよるが撮影はせいぜい11時頃まで、その間に何度撮影チャンスがあるか、チュウヒ撮影も運しだい。
15061723


撮影機材:V3、1用70-300mm、手持ち撮影  撮影枚数:570枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:200円

| | コメント (0)

2015年6月16日 (火)

カワセミ  秒コマ30枚で水浴び連写

 天気が曇り空で撮影をやめようかと思ったが、雨は降りそうに無かったのでカワセミに行った。昨日に続きミニ856の秒コマ30枚で水際一発狙い、最近同じシーンの繰り返し撮影が続いているので少し遊び心でやってみた。
遅めの出発で水浴びの撮影チャンスはないかと思ったが、10時前になって撮影チャンスが訪れた。秒30枚はAF固定となるので最初は飛びこんだ瞬間にシャッターを押したが、撮れた画像は水から飛び出してからが、ならば飛び出した瞬間に押すことにした。結果は、水際はすべてピンボケで失敗、水面に置きピンすれば良かったのだが、飛び込む場所が毎回変わり予測出来なかった。帰ろうと思った時に再び登場、大きな魚を獲るところを飛び込む瞬間からすべて押さえたが全部ピンボケ、AFが追従する20コマに設定変更すれば良かったと後で後悔しても遅いがな。
今日の撮影枚数は1000枚を越えたが、いつもの3倍のコマ数で連写したので当然の結果である。

最初の10数枚はピンボケ、止まり木に近づいてからはそこそこと思う。
15061601


15061602


15061603


15061604


15061605


15061606


15061607

15061608


15061609


15061610


15061611


15061612


15061613


15061614


15061615


15061616


15061617


15061618


15061619


15061620


15061621


15061622


15061623


15061624


15061625


15061626


15061627


15061628


15061629

 

最近では大物の魚、以前なら上の下ぐらいの大きさ、大きいとカワセミの動きは遅い。水面に顔を出してから、飛び出すまでに12枚撮れていた。残念無念
15061630


撮影機材:V3、1用70-300mm、手持ち撮影  撮影枚数:1340枚
移動:地下鉄  天気:曇り一時雨がぱらつく
撮影経費:520円

| | コメント (0)

2015年6月15日 (月)

カワセミ 前を2度通過したのみ

 チュウヒかカワセミかで迷ったがカワセミに行った。今日の狙いはミニ856での秒30コマの高速連写での水際一発狙いだったが、最近の悪い日ベスト3にランクインされる悪さで、私が見たのは前を2回通過と少し下流の止まり木に1度止まったところのみ、ホバもしたようだが見逃した。土手の草刈が始まったのでハヤブサへ。数ヶ月ぶりに止まる姿を見て飛び出しを期待したが動かず、諦めて早めに帰った。
昼食後、もう一度カワセミかと思ったが、久しぶりにハヤブサを見たので状況確認で行ったが暑かった。日陰の無い舗装道路での待ち、今日は多少日差しが弱かったがたまりませんわ。これから真夏にかけて、日陰が全く無いので早朝と夕方ぐらいしか暑さは我慢出来ない。朝は逆光となり晴れの日は撮影困難で夕方しかない。朝カワセミ昼からハヤブサかな。もっとも、カワセミの調子が良くなれば、シャワーを浴びてビール(発泡酒)で昼から撮影に出る必要は無いのだが。

コシアカツバメ
15061501


15061502


15061503


15061504


15061505


15061506

カワセミ止まりもの
15061507

師匠(何の師匠か知らないが、通称)が撮影していたので横から撮影した。
15061508

    

久しぶりの街中のハヤブサ、止まりものは絵にならん・・・・飛べ~、何でも良いから芸をせい~。とにかく暑い、日陰が全く無い、暑さで倒れるやないかえ~
しかし、久しぶりに姿が見れて嬉しかった。山に海へと行ったが、撮影し慣れた場所は気分が落ち着く。
15061509

飛ぶかと思ったが眠かったようである。
15061510


撮影機材:V3、1用70-300mm、手持ち撮影  撮影枚数:270枚
移動:地下鉄、歩き  天気:うす曇時々晴れ
撮影経費:860円

| | コメント (2)

2015年6月14日 (日)

撮影休み・・・昨日撮影したゴイサギ

今日は所用で撮影休み

週末頃に釣りに行く予定、道具を引っ張り出し不具合に足らないものが無いか確認したが問題無し。今年は撮影仲間Bさんからありがたく頂戴した鮎竿超硬8.5mがあり、これまでの6.1mの渓流竿では届かなかった本流の遠い場所が探れる。この竿で超大物イワナと思うが、8.5mの竿を扱えるかどうかが問題だ。7.1m(7.4mやったか?)の本流竿を過去に使用していたが、長さが1m違うと取り扱いのしやすさは全く違うだろう。本流竿は地球を釣り無茶な取り扱いで、中が削れていた部分が見事に折れた。
今年の目標は、自身の過去最長寸44cm以上に戻す。本流では、Yさんのルアーに負けるかな?

 

昨日撮影したゴイサギです。
カワセミ待ちの暇な時間に目の前を獲物咥えて通過、ササゴイが魚を咥えて通過と思い急ぎ足で追いかけたが、ゴイサギがウシガエルを咥えていた。直ぐに飛び立ちカワセミを待っていた場所の前の草で見えない川原に降りよった。
以前は寺で姿をよく見たが、最近はあまり見ていない。

Dsc_6397


Dsc_6398


Dsc_6399


Dsc_6405


Dsc_6420


Dsc_6436

| | コメント (0)

2015年6月13日 (土)

カワセミ 久しぶりにV3の20コマ/秒で水浴びを狙った

 カワセミに行ったが、久しぶりにV3で20コマ/秒で水浴びを狙った。レンズも久しぶりに80-400mmを使用したが、相手が動きの速い♀だったため追いつけず結果はもう一つ。今日も雛は登場せず、適当な予測は大外れでいつになることやら。今だに巣の方向に頻繁に帰っているが、餌は持たずに帰ることも多い。どうなっているのか?
今日は日差しが強く暑かったので途中で寺に移動した。木陰は涼しかったがカワセミはさっぱり、出てきても飛びまくるのみで撮影出来ず。

V3の20コマ/秒で撮影したカワセミ♀の水浴び
レンズは400mmでは1080mmとなり追えないので、220mmの約600mmに設定した。腕も悪いが、V3はやはり専用レンズでないとAF追従能力はフルに発揮しない。

飛び出し撮影はいつも通りワンテンポ遅れる15061301


15061302


15061303


15061304


15061305


15061306


15061307


15061308


15061309


15061310


15061311


15061312


15061313


15061314


15061315


15061316


15061317


15061318


15061319


15061320


15061321


撮影機材:V3(川)/D7200(寺)、80-400mmf4.5-5.6、三脚使用
撮影枚数:848枚/122枚
移動:地下鉄、歩き  天気:晴れ
撮影経費:470円

| | コメント (0)

2015年6月12日 (金)

ササゴイ 芸が出来るところを見せてくれた

 今日は朝の内雨で今日も撮影休みかと思い、雨が上がった時に釣り道具屋に行った。昨年ウェーダーと渓流靴の底のフェルトが取れ、ネオプレンのスパッツのチャックがつぶれたので代わりを探しに行った。渓流靴とスパッツが欲しかったのだが、スパッツは置いておらず取り寄せになるとのことで、仕方なくこれからの時期暑いがウエストハイのウェーダーを購入した。その他仕掛け等の買い足しで約2万円、1万少々で考えていたので高くついた。ウェーダーは安いものもあったが、真夏に履くと暑くて蒸れそうだったので高いものにしたが、暑くて蒸れるのは多少マシ程度だろう。

昼からは雨の心配がなさそうだったので川へ。出合いで知り合いのカメラマンさんが構えていたのでカワセミと思い急いで行くとササゴイだった。ササゴイはこの時期から夏の終わりまで川を歩くと必ず見るが、動きが悪く被写体としては退屈で狙うことは無かった。今日は動きが良かったので、初めて粘り真剣に撮影した。残念ながら魚咥えものは無し、婚姻色のオイカワを獲っていたら言うこと無かったのだが。

15061201


15061202


15061203


15061204


15061205


15061206


15061207


15061208


15061209


15061210


15061211


15061212


15061213


15061214


15061215

ヤイロチョウが車でひとっ走りのところに飛来している。かなりのカメラマンが集まっているようだが、行ってまともに撮れるかどうか分からないようである。綺麗に抜けた画像を撮っている人もいるが、枝被り画像が多いような。何度か行った場所なので、しばらく居つくようなら一度行ってみるかなとも思うが、撮影チャンスが少なく撮れても枝被りの止まりものなら・・・・ヤマセミ、アカショウビンの方が良い。珍しい鳥、ヤツガシラなら何はさておきで飛んで行くのだが。

撮影機材:V3、1用70-300mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:530枚
移動:歩き  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2015年6月11日 (木)

撮影休み

 天気予報では9時頃から雨マーク、疲れがたまっていることもあり撮影休みとした。雨は昼の1時現在降っておらず今日の天気予報は外れ、天気の予測は難しいのかも知れないが見る予報によって違う、エエ加減な~。明日の天気はどうなのかな?

先日、150-600mmレンズ・ズームリングのカバーを撮影仲間にもらった。カバーといっても幅広マジックテープを巻いただけだが、ゴムの劣化防止用にちょうど良い。80-400mmは高価なレンズコートを取り付けたが、ズームリングのゴム部だけでよいので十分。三脚使用時は無くても良いが、手持ち撮影では諸に掴む箇所で直ぐにゴムが劣化する。完全に劣化するとゴムが伸びるだけではなく手が黒く汚れる。

15061101

    
15061102

    

昨日ヤマセミ撮影地で撮ったカワセミ、距離が遠すぎた。
左が幼鳥、真ん中が親♂で右が♀と思われる。
15061103

トリミングで拡大、生まれてから日が立つようで親が追い出しにかかっている。
15061104

餌獲り
15061105

目一杯のトリミングで拡大している。15061106

4.68倍の拡大で約4200mm相当の大きさ。
15061107


15061108

ノートリ、900mmでの撮影でこれでは話にならず。
15061109

 

コシアカの巣を撮影した。手持ち600mm(レンズ)の撮影だが900mmでの撮影はブレでちょっと苦しい。D7200なら軽いので重量的に手持ちは十分可能だが、900mmの撮影は飛びものではかなり歩留まりが悪い。軽量のミニ856では810mmの手持ちOKだが、重い一眼レフの手持ちはやっぱり600mmが限度、D7200なら400mmに設定すれば済む。ズームレンズは便利
15061110

| | コメント (0)

2015年6月10日 (水)

ひとっ走り  ヤマセミ姿見せずでコアジサシへ

 朝5時出発でヤマセミに行った。名神が集中工事で早朝まで通行止め、仕方なく亀岡回りで行ったが7時過ぎ着となる。ヤマセミを撮りまくって帰りにアカショウビンに寄ろうと考えていたが、上流の様子見も含め3時間半待って姿見ず。アカショウビンも姿見せずなら何しに走ったか分からずで、ミサゴに行こうと思ったが帰りがしんどい、ならばコアジサシということで大阪の公園へ。しんどくて1時間少々しか居なかったが撮りまくり、もう一つ気合が入らなかったが結果は良好、ただ暑くてぐったり。
ヤマセミは、天ヶ瀬に通った頃も出てきた確率は30%以下、交通費が勿体無いが仕方無しかな。

コアジサシは目が入りにくいが、今日の画像はほとんど目が入らず。日が斜めから当たる順光(朝と夕方)か日差しの弱い日が良いのかな?

給餌シーン
給餌失敗
15061001

スピードが有りすぎたのかな
15061002

一度目の失敗
15061003


15061004

一旦下りよった。他の画像を見ると大概下りる前に渡している。
15061005


15061006

再び給餌
15061007

今度は慎重に・・・・のはずが
15061008


15061009

餌の小魚が横に落ちる
15061010

両鳥とも一瞬固まる
15061011

     

給餌成功
15061012


15061013


15061014

空中から渡してそのまま飛び去る、ほとんどがこのパターン。
15061015

 

以下の画像は適当に選定

15061016


15061017


15061018

水面に顔を突っ込んだ瞬間、水しぶきが上がっていないがふわっとした着水だった(と思う)
15061019

直ぐ近くを何度も飛んでくれた。人が居ても関係ないようで、立っている場所の5mほど横にも飛び込むので驚く。
15061020

狙いを定めながら体を捻る。このシーンを連写したかったが、ほとんど追いつかず。コアジサシの動きは速過ぎる。
15061021

飛びながら魚を食べる。
15061022

飛びながらの水切り、カワセミと同じ仕草
15061023

嘴が水に突き刺さった瞬間、ピンボケだがこのシーンも綺麗に撮りたい。
15061024

これぐらいの顔出しをピントバッチリで撮りたいが難しい。15061025

顔を上げる前
15061026

今日はD7200、連写の次の画像は水面から飛び出している。秒15コマぐらい欲しい。
画像はピンボケ、コアジサシの水際は難しい。
15061027

900mmの手持ちも試したが撮影に支障なし。最初の給餌画像が手持ち撮影


撮影機材:D7200、150-600mm、三脚使用(手持ちも有り)  撮影枚数:905枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:4,560円(高速料金)

| | コメント (2)

2015年6月 9日 (火)

チュウヒ2015Ⅲ ミニ856片手の様子見のつもりが

 雨の上がった朝の10時頃に車のガソリンを入れに出た。ついでにチュウヒの様子見と思いミニ856を持って行ったが、フィールドに出てターゲットが居ると本気モードになり、11時過ぎから2時間弱の撮影となるる。
曇り空でミニ856ではアカンと思ったが、開けた場所で意外に明るく思っていたよりは結果は良かったかな。ただ、空抜けは青空でないともうひとつ。

今日の画像はトリミングで3倍に拡大、猛禽撮影は距離が遠い。

到着した時に♀は木の上に止まり♂を待っていたが、今日の撮影時間中はこの木の上にいることが多かった。
150609101

30分ほどして飛び出し、頭上を越えていく。
150609102

振り向くと♂が獲物を掴んで飛んできた。♀は待ちかねていたようで、餌渡しでこの場所へ飛んでいくのは初めて見た。
150609103

餌渡しが絶好の条件(距離が近い)で撮れると期待したが、トビが飛び出して邪魔をしたため獲物が田んぼに落ちる。

♂は怒ってトビを追う。こちらも怒ったが何も出来ない。150609104

足を突き出してのバトルを期待したが、トビは直ぐに逃げ♂は深追いせず。
150609105

腹をすかして待っている雛の餌、♀は♂以上に怒る。”ガオ~~”150609106

♂は体を翻し再び餌獲りへ
150609107


150609108

♀は、餌の落ちた場所の上を何度も旋回したが見つからずで引き上げた。
150609109

再び木の上で♂を待つ
150609110

今度は直ぐに♂が帰ってきた。
150609111

残念ながら餌渡しの撮影は後方からで遠かった。
150609112


150609113


150609114

♀は巣に餌を運び直ぐに飛び出してきた。
150609115

明るい大口径レンズと違い背後のボケが足らん
150609116

再び木の上で待つ
150609117


150609118


150609119

この後の時間が長く暇を持て余した。猛禽撮影は退屈な時間が長いのはどの鳥も同じ。

こちらより先に♀が痺れを切らし飛んで行った。
150609120

自分でも獲物を獲り巣に運ぶ。2羽とも近くに居ない時間があったが、雛はかなり大きくなっているのだろう。
150609121


150609122

再び、木の上へ。前回、♀は巣の辺りを見張っていたようで後ろ向きが多く、あまりシャッターを押さなかった、今日は巣の方はあまり気にせずキョロキョロと♂の帰りを見ていたようである。
150609123


小用で道から下りたが♀は直ぐに逃げた。警戒心の強い鳥とは分かっていたが、距離があるので大丈夫と思った。思っていた以上に警戒心は強いようで、下りる時は木の陰とかチュウヒから見えない場所を考えねばならぬ。

撮影機材:V3、1用70-300mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:640枚
移動:車  天気:曇り
撮影枚数:640枚

| | コメント (2)

雨で様子見中

 いつもの時間に起きたが雨で様子見中。雨が止めば出かけるが、撮影はついでにして車を動かすつもり。

      
ヤマセミの様子を見に行きたいが、カワセミの状況様子見で躊躇している。
車で20分の天ヶ瀬で撮れた頃なら早朝に車を走らせ、1時間程度で帰ってカワセミということが出来た。今は高速を走ってのちょいとした遠征となるのでそうわいかないが、昨年はこの時期何度か行った。

ヤマセミ初撮影は07年7月、機材はデジスコだった。
15060901

何度か通っての初撮影で感激したが、今はヤマセミを見ても当時ほどの感激は無い。
15060902

         

08年4月、500mmf4を入手し2度目の撮影でヤマセミを狙った。
この頃は積極的にテレコンを使用していた時期、この画像も1.7TCを使用している。飛びものを狙うようになってここ数年、テレコンはD4以外では極力使用しないようにしている。
RAWで撮るようになったのもこの頃。
15060903

    

08年6月に近距離撮影
雛登場で人が溢れた時だが、雛が近距離に止まってくれ体を乗り出し下に向けての500mmf4手持ち撮影、この頃はまだ腕の力があったが今ならやらないだろう。
ノートリ、ヤマセミは白飛びするので綺麗に撮るのは近づかない限り難しい。飛びものもたくさん撮れ、これ以上の撮影は無理とヤマセミの熱は少し冷めた。
この当時の露出設定は絞り優先A、露出補正-1前後、マルチパターン測光で撮っていた。マニュアルM、1点測光で取り出したのは、数年後にオオワシ飛びもの撮影で失敗してから。
15060904

| | コメント (2)

2015年6月 8日 (月)

カワセミ  2秒・・・・

 今日もカワセミの雛は出ず。山のハヤブサは巣立ちを始めたらしいが何時になるのやら。コアジサシ、チュウヒ、ヤマセミ、アカショウビン・・・・と様子を見に行きたい鳥はいるが、カワセミのけりが着くまで行けないではないか。出てきても昨年同様裏の溝の見えない場所ではないかとの話もあり、待っても仕方が無いかも知れないが、しばらく通っているので結末は確認したい。

今日は貴重なシーンを2秒差で撮り逃がした。まずわそのシーンから

カワセミが止まり木に止まった。
15060801

上流を見ていたが急に身構える。頭上ではムクドリが急に騒ぎ出す。
15060802

上流からもムクドリの群れが騒いで近づいてくる気配を感じ、猛禽が飛んできたのは分かったがカワセミを狙い続けた。
上流を見ていたカワセミが急に下流へ飛び出しダイビング体制に入る。水面に向かう体制が水浴びとは違う。カワセミだけを狙っていた人は、川の中を下流に進む姿を数ショット撮っており驚いた。
15060803

上流に目を向けると目線高さをムクドリにハトがパニック状態で飛んできた。最近ムクドリが集まっていると思っていが、こんなに居たのかと思う数で、後方からオオタカが群れに突っ込む。まさか目線高さで追ってきたとは思わなかった。

慌ててカメラを向けファインダーを覗いてシャッターを押したが遅かった。ムクドリを掴んだのは目の前で距離は30m弱、ピントが合ったのは体を翻してからだった。
15060804

2秒見るのが早ければ、掴む瞬間を撮れていただろう?・・・運良くピントが合っていればの話だが。
15060805

オオタカは木の茂みを抜け、直ぐ背後の山に隠れた。獲物がコサギぐらいの大きさならば直ぐ近くに下りたと思うが残念。地元の川や寺では、以前に何度かオオタカがコサギを押さえているところが撮られているが、私は撮ったことが無い。
15060806

哀れムクドリ、オオタカの胃袋に入ったのか、それとも山にカラスが集まってきていたので最後はカラスの餌食か。街中のムクドリは数が多いので、もっと減らす必要があるだろう。オオタカとハヤブサにもっと活躍して欲しいのだが。

 

今日のカワセミは、状況変わらず
15060807

飛びものはマンネリで止まりもの
15060808

15060809

15060810

15060811

15060812

15060813

15060814

15060815

15060816

水際は難しくピンアマ連発、600mmで撮影しているが500mmぐらいにした方が良いのかな。
15060817

15060818

15060819

15060820

15060821


撮影機材:D4、150-600mmf5-6.3、三脚使用  撮影枚数:504枚
移動:地下鉄  天気:曇り
撮影経費:520円

| | コメント (2)

2015年6月 7日 (日)

カワセミ 今日の撮影結果は良かった

 今日も雛は登場せずで残念、出は変わらずだったが撮影条件が良く撮影結果は大満足。D4にシグマの150-600mmは、328+1.7(2.0)TCよりフォーカスが速くて結果は良く、下流でも500mmf4を持ち出さなくてもD4で十分トリミングで大きく出来ると自信を持った。
D4が一桁機の最後と思ったが、D5で秒コマ数が増えれば買い替えも考える。用途は勿論カワセミ撮影、300mmf4にD300後継機の購入は止め、328とD4に80-400mm(?)も下取りならD5でも何とかなるだろう。手持ちはミニ856に少し重さ的にしんどいがD7200と150-600mm、撮影距離の遠い猛禽やアカショウビンなど暗い森の中でを気合を入れて撮る時は、D800E(orD7200?)と明るく解像の良い500mmf4を使用する・・・・何て事が頭に浮かんできた撮影日だった。

今日はいつもと違い♂より♀の登場が多かったが、状況が変わったのかは?
ズームリングの回転方向が純正レンズと逆、撮影時にズームリングを掴む事が多いが途中から600mmから550mmに変わっていた。気を付けなければ。

今日の画像は♂のみ、♀の画像は後日15060701


15060702


15060703


15060704


15060705


15060706


15060707


15060708


15060709


15060710


15060711


15060712


15060713


15060714


15060715


15060716


15060717


15060718


15060719


15060720


15060721


撮影機材:D4、150-600mmf5-6.3、三脚使用  撮影枚数:638枚
移動:地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:520円

| | コメント (0)

2015年6月 6日 (土)

カワセミ 久しぶりの2羽並び

 朝の様子見で少し出遅れ7時過ぎの出発となった。カワセミの出は今一ながら久しぶりに2羽並び撮れ、また近くで多少遊んでくれたこともあり、そこそこ撮れて良かった。期待は雛の4羽並びだったが、今日の2羽並びは残念ながら親の♂、♀、巣に魚を持って帰るので雛は生まれていると思うが、持ち帰りの回数は少なく魚のサイズもそれほど大きくは無いので、雛の数は少なく且つまだデビューするほど大きくなっていないのかも知れない。

今日はカワセミ初撮影から11年のカワセミ記念日、寺に行こうかと思ったがやはり撮れるのが優先で今の撮影地に行った。一日乗車券を買い、これまでに行った京都市内のカワセミ撮影地を回ろうかと思ったがしんどいので行かず。昼から晴れていたので街中のハヤブサの状況を見に行ったが、1時間少々待ったものの気配すら感じなかった。

2羽並び
15060601


15060602


15060603


15060604


15060605

今日もホバを何度かした
15060606


15060607


15060608

枯れたカラシナに止まる。花が咲いていた頃は絵になった。
15060609


15060610


15060611


15060612


15060613

獲物は表面にヌメリのあるゴリが多い。川の中に光るものが見えるので鱗のある魚は増えてきていると思うが、まだまだ少ないのかな。
15060614


15060615

持ち帰り
15060616

嘴の先にヌメリがついている。
15060617


15060618

飛び込んだ瞬間、この後バシャと水しぶきがあがる。
15060619

飛び出し狙い。朝は曇り空で少し薄暗かったが、もう少し明るければ綺麗に撮れたのだが残念。
15060620


撮影機材:D4、150-600mmf5-6.3、三脚使用  撮影枚数:610枚
移動:地下鉄  天気:曇り
撮影経費:600円(地下鉄一日乗車券)

| | コメント (0)

様子見中

 今日もカワセミに行くが様子見中。曇り空で少し寒いのと昨日風邪薬を飲んだので便秘気味、もうちょっと待って家を出る。

今年のアカショウビン撮影は今のところ中途半端、もう一度行きたいが(場所はどちらでも良い)行って撮れるかどうかで踏ん切りがつかない。こちらも様子見中
例年は6月に入ってからだが、今年は5月に撮れたので余裕はある。

V3と500mmf4で撮影した画像(2回目のひとっ走り)
この時カメラを変えていなければ、もっと撮影枚数を稼げたと思う。過ぎたことを考えても仕方ないが、3回目がほぼボーズだったので後悔が残る。

Dsc_2495


Dsc_2500


Dsc_2501

| | コメント (0)

2015年6月 5日 (金)

カワセミ  今日もXデーとならず

 今日は6時前に家を出てカワセミに行った。今日こそはと期待していたが外れた。根拠があるわけではなく、皆が期待しているだけのこと。もう少し先・・・・土手の草刈が気になる。

900mmの水際一発を狙いD7200と600mmズームを持って行ったが、900mmでのカワセミ動の撮影は慣れていないことも有り難しく無理と諦めた方が良いだろう。自分の腕では600mmが限度のようだ。少し離れると撮れるかもしれないが、900mm撮影の意味が無い。今日のカワセミは、昨日より長い待ち時間もあったが、下流対岸の草刈が始まっており下流を避けたのか近場何箇所かに止まってくれ、止まりもの撮影は満足。
曇り空で暗くISO1250に設定、f6.3でSS1/800~1250の撮影ではもう一つ。D7200はISO1600までと考えているが、トリミングで画像を大きく拡大する時はISO800ぐらいに押さえた方が良いようである。

今日の画像の大半は、トリミングで3倍に拡大している。

15060501


15060502


15060503


15060504


15060505


15060506


15060507

ホバは手持ち撮影
15060508


15060509


15060510


15060511


15060512


15060513


15060514


15060515


15060516


15060517


15060518


15060519


15060520

以下は手持ち撮影
15060521


15060522


15060523


撮影機材:D7200、150-600mm、三脚(手持ち)  撮影枚数:474枚
移動:地下鉄  天気:曇り
撮影経費:520円

| | コメント (0)

2015年6月 4日 (木)

カワセミ 下流のカワセミの出は徐々に良くなっている

コアジサシかチュウヒかと思っていたが、下流のXデー間近(?)なのでカワセミに行った。機材はD800Eとシグマの600mmズーム、カワセミ撮影では初めての使用だったが、撮影条件が良かったこともあり結果は良好。少し手持ちも試したが、純正400mmズームと少しの重さの差だがD800Eでもしんどい。手持ちオンリーならD7200が限度かな。USB DOCKで2種のカスタム設定を行い使用したが、どの画像がどの設定か分からずで評価は出来ず、いずれ分かるようにして比較してみる。
相変わらずの止まり木から水浴び以外に、久しぶりの餌獲りにホバが撮れて良かった。水浴びポイントで待っていたが、餌獲りは下流か上流へ飛ぶ。以前は追いかけて撮っていたが、今は下流に飛ばれると土手に草が茂っており、探すのが困難なこともあり追いかけていない。上流は見えるところに止まるが、川底が浅く飛び込んでもあまり良い撮影が出来ないで困ったもの。
こちら側の土手の草刈がいつ始まるかも気になる。Xデーに重ならないことを願っているがどうなることやら。昨年は、横の溝に登場し姿が見えなかったと聞いたので行かなかったが、それも気になる。

昼から上流から中流を探索、中流でカワセミが登場したが風が強かったこともあり、橋の中に隠れることが多く止まりものしか撮影出来ず。

画像は適当に掲載、

15060401

15060402

15060403

15060404

15060405

15060406

以下手持ち
15060407

15060408

15060409

15060410

15060411

15060412

15060413

15060414

再び三脚使用
15060415

15060416

15060417

15060418

15060419

15060420

15060421

15060422

15060423

15060424

15060425

15060426

15060427

D800Eはトリミングで大きく出来るが、カワセミの水際狙いでは秒コマ数不足で単発画像となる。やはりD4ということになるが、同じレンズではここまで大きく出来ない。ミニ856は立体感に欠ける。

  

撮影機材:D800E、150-600mmf5-6.3、三脚使用(一部手持ち)  撮影枚数:474枚
移動:地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (3)

2015年6月 3日 (水)

撮影休み  昨日のカワセミ♂

 今日は雨が降ったり止んだりで撮影は休み。

近畿地方、梅雨入りの発表がされたそうだが、天気予報では明日は晴れ。”どうなっとんねん、責任者出て来~い”。”何だんねん”と出てこられても、こちらは気楽な自由人、”毎日のお勤めご苦労さん”としか言うことは無いが。
昨日のカワセミ♂、♀と違い動きは多少ゆっくりしているが撮影失敗が多かった。D4はV3のミニ856よりAFの追従性は悪いと再確認した(?)。単に三脚使用の撮影より軽量機材の手持ちの方が追いやすいだけかなとも思うが良く分からない。D4の手持ちは重い。

150603101


150603102


150603103


150603104


150603105


150603106


150603107


150603108


150603109


150603110


150603111


150603112


150603113


150603114


150603115


150603116

| | コメント (0)

USB DOCKとは何ぞや?

 シグマレンズのオプション品USB DOCKを昨日入手した。AF速度が変えられるぐらいは事前jに知ったが詳細は知らず、価格が5000円弱だったのでイヌワシで伊吹山へ行きスカくらったと思い購入した。
朝から天気が悪く撮影に出れないので、開封してどんな物か調べてみた。

USB DOCK UD-0115060301

レンズに付けリード線のUSBをパソコンにつなぐ。
15060302

実際はレンズを立てて取り付けセットする。
15060303

シグマのHPより、ソフトのSIGMA Optimization Pro(Verは1.2)をダウンロードしソフトで設定する。バージョンアップされればフォームウェア・アップのこともあり都度ダウンロード。
取り説もHPから。

            

ソフトの初期画面
カスタマイズで色々設定する。
15060304


カスタマイズをクリックするとメニューが出る
1)ピント調整/2)MF切り替えの設定/3)カスタムモードが設定できる。
15060305


1)ピント調整
 4段階の焦点距離で個別に設定できるのかな?
 ピンズレが気になるようなら変更するが、今までのレンズでは気にしたことが無い。これがピントとが甘い画像連発の原因か・・・・多分腕やろうな。
15060306


2)MF切り替え設定
 MFで撮影することは滅多に無いので変更することは無いだろう
15060307


3)カスタム設定
 C1とC2の2種類の設定が出来るようだ。レンズの設定スイッチにCUSTOM OFF/C1/C2があるがこのことか。
15060308

  ①AF速度の微調/②フォーカスリミッターの調整/③OSの調整(VR)
  ①と③は使うかも知れないが、②は使わないだろう。
15060309

 3)-①AF速度の微調
   動きの速い鳥は速度優先、オオワシなどは品位優先が良いのかな
15060310

 3)-②フォーカスリミッター
   変えたらどうなるというのか
15060311

 3)-③OSの調整
   手振れ補正の調整、変えたらどう換わるのか?
15060312

どの程度の効果があるか分からないが興味深い、レンズを使い込んでから設定変更してみよう。

| | コメント (2)

2015年6月 2日 (火)

カワセミ 下の♀は動きが速すぎる

 朝起きると昨日の炎天下での撮影の影響かしんどかったが、朝からカワセミへ。j機材はD4に150-600mmで三脚を使用、♂と♀が登場し出はマシだったが、動きものの600mmでの撮影は慣れの問題がありピンボケ連発、途中から400mmで撮影した。特に♀は飛び込み動作が速すぎ600mmでの撮影は困難、カワセミまでの距離は20mだが撮れるよう練習するのみ。

今日は、♀の画像を中心に掲載、♂はかなり撮ったが整理して明日にでも。今日は適当に数枚。
600mm
15060201


15060202


15060203


15060204


1506024


15060205

ここからは400mmでの撮影
15060206


15060207


15060208


15060209


15060210


15060211


15060212


15060213


15060214


15060215


15060216

    

♂は♀より登場回数が多く、動きが少しゆっくりしているので撮り易い。
600mm
15060217

400mm
15060218


15060219


10時半には撮影を終え帰宅、キタムラに取り寄せを頼んでいたシグマのUSB DOCKが入ったとの連絡があったので取りに行った。ネットショップでは納期1ヶ月となっていたのに数日で入るとは、これ如何に?
昼から年金機構のコールサービスに電話して、流出した個人情報の中に自分のが入っていないか問い合わせたが、入っていないでまずは安心、名前と年金番号で直ぐに回答してくれた。

   
撮影機材:D4、150-600mmf5-6.3、三脚使用  撮影枚数:468枚
移動:地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:520円

 

| | コメント (0)

2015年6月 1日 (月)

シグマ150-600mm Lesson3 D7200とD800Eでチュウヒ

 猛禽相手で少し遠い距離の写り具合をチェックしようと思いチュウヒに行った。結果は、近ければ良いが遠いとアカン、あたり前だが600mmとはいえ500mmf4より綺麗に撮れなかった。所詮11万円少々のレンズ、80万円を越えるレンズとは物が違う。機動性重視の600mm撮影時に使用するが、綺麗に撮る場合はやはり気合を入れて500mmf4を使用する。
ただ、小さくて取り扱い易いのでケースによっては綺麗に撮れることがあるかも知れない。鳥までの距離が近ければ同じようなもの・・・ホンマかいな~、責任は持てない?
手持ち一本の時は、やはり80-400mmが使いやすい。
D800Eを持っていったのは、D7200と比較しようと思ったのではなく、3600万画素機でも十分使えるのかチェックしたかっただけで全く問題無かった。気になったのがD7200、遠い猛禽での使用を期待して購入したが、根性が無く遠い(今日のD7200使用時は前回より遠かった)とD800Eよりは大きく撮れるが画像はアカン、D7200がアカンというよりD800Eが優れたカメラということだろう。これまた価格が違う。
尚、f6.3にf8、手持ちに三脚使用と色々試したが、結果は大して変わらないように思う。厳密には比較していない。

今日は風が有り前回より暑さはマシだったが、10時を過ぎるとやはり暑くなり、10時半に引き上げた。駐車場に帰る途中、振り返るとチュウヒが飛んでいた。誰かが帰ると鳥は出てくる、どんな鳥も同じか。

●D7200
 使っている時は遠い距離が多かった。900mmでの撮影は三脚使用でもブレて難しいのかな?
15060101


15060102

トリミングで超拡大、D800Eではこの大きさまでの拡大は無理。
15060103


15060104


15060105


15060106

餌渡しは一度見たのみ、向かい風で後ろ向きで残念だった。
15060107


15060108


15060109


15060110

 

●D800E
 このカメラ発表当時、ニコンのレンズで十分対応するレンズの一覧が出ていたが、シグマの600mmズーム問題ないように思う。単に画像を見る目が無いのかも知れない。

♀は巣材をよく運んでいた。雛は大きくなっていると想像しているが、巣を大きくするための補修かな。
15060111e

少し滲んでいるが、500㎜f4ならくっきりスッキリかな。天気は良かったが空気の澄具合は画像を見る限りもう一つのようだった。
15060112


15060113


15060114


15060115

こちら向かってきた。
15060116

この3年間の撮影で何度かあったが、途中から高度を上げて上を飛び去ると思っていた。
15060117


15060118


15060119

今回は違い高度を上げずに少し左側にどんどん近づいてくる。何をするのやと声も出ず呆気に取られ夢中で連写
15060120


15060121


15060122

何と木の前で反転しよった。カラスでも止まっていて追い払いに来たのかも。
15060123

これまでで最短距離の撮影、二度とチャンスが無いかも知れずラッキーだった。
15060124

D7200で900mmならフレームアウトだっただろう
15060125


15060126

結局、猛禽も距離が近ければ高価なレンズ不要だが、チャンスは滅多に無い。
15060127

 

トリミング、”いっぱ~~つ”
15060128

       

十分使えることは短期Lessonで十分分かった。後はLesson4、飛びまくるコアジサシ撮影が残っているが、秒コマ数の多いD4が良いかな。

撮影機材:D7200/D800E、150-600mmf5-6.3、三脚使用(手持ち)
撮影枚数:d7200 327枚/D800E 146枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (4)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »