« チュウヒ2015Ⅵ 少しでも大きく撮りたくてD7200で勝負 | トップページ | どんよりした曇り空で様子見 »

2015年6月26日 (金)

雨で撮影休み・・・1.4倍TC

 朝からすることも無いので、シグマの1.4倍TCを調べた。150-600mmにD4、猛禽などの大きい鳥でも80mぐらいの距離までならトリミングで十分満足出る画像が得られるが、150mになると大きく出来ない。D7200の登場となるが、距離が遠いともう一つ根性が無く、遠い猛禽撮影ではいささか期待外れ。やはりD800Eの登場となるが、モデルが小さくなるので捉え損ねることがある。
過去に500mmf4+1.4倍TCでオオワシやイヌワシを撮った時の経験で、遠いと画像はパッとせずで、TCは極力使わずトリミングで対応することにしている。80-400mmズームでは1.4倍TCを装着してもAFは遅くなるが、写りの落ち方は500mmf4に比べ少ないように思う。80-400mmの画像がもともと500mmf4に比べ劣るため、TCを使用しても落ち方が少ないと思っているが、150-600mmでも同じではないのかな~?
シグマの1.4TCの価格を調べ、今は不要となっているTC-2.0Ⅲにシグマ50mmf1.4の下取り価格なども調べたが、D7200でもう少し遠い鳥を撮ってみるべきか、それにD800Eをもう少し使う方が先決か。
150mを越えると何をやっても同じで、まぐれを期待し撮影はしているが綺麗に撮るのは諦めている。

D4と150-600mmで撮影したハヤブサとチュウヒ、距離はOKの範囲内ですべてトリミングで3倍に拡大しています。

●ハヤブサ
 
太陽が雲に隠れた時の撮影
150626101


150626102


150626103


150626104


150626105


150626106


150626107


150626108


150626109


150626110


150626111

 

●チュウヒ

150626112


150626113


150626114


150626115


150626116_2

|

« チュウヒ2015Ⅵ 少しでも大きく撮りたくてD7200で勝負 | トップページ | どんよりした曇り空で様子見 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チュウヒ2015Ⅵ 少しでも大きく撮りたくてD7200で勝負 | トップページ | どんよりした曇り空で様子見 »