« カワセミ後ハヤブサ | トップページ | カワセミ不調で昼からハヤブサ »

2015年6月23日 (火)

チュウヒ2015Ⅴ 雛が1羽登場していた

 早朝からチュウヒへ、狙いは空中での餌渡しで空抜けの撮影となるため、晴れの日を選んで行った。そろそろ雛も登場する時期と思っていたが、1羽だけ姿を見せてくれた。残念ながら♂も♀も餌獲りに出かけ、出てきた雛も空中での餌受け取りがまだ無理なようで撮影できず。巣には他にも雛がいるようでせっせと餌を運んでいた。
暑かった、次回から冷却グッズを持っていかねば耐えられない。

雛は2日ほど前に登場したようで、遠くへは飛ばず巣の回りを時々練習で飛ぶのみ。
15062301

親と違い目が黒い
15062302


15062303


15062304


15062305


15062306

葦原を飛ぶ、このシーンは前から撮りたかった。
15062307

親がカラスを追い払いにこちらに飛んできたので今日も近距離で撮影出来た。今期2度目。
15062308

     
15062309_2


15062310

♀親の餌持ち帰りは豪快、上空からミサゴのように急降下しながら途中で体を捻り、巣の手前でブレーキをかけてゆっくり下りる。♂は最初からゆっくり下りるようで面白みは無い。
15062311


15062312


15062313


15062314

いつもはピントが合わない場所だが、今日はそれなりに撮れた。撮影条件が良かったのかな。
15062315


15062316

葦原に隠れる雛
15062317

親が空中渡しを促そうと餌をぶら下げて雛の上を何度も旋回する。雛はこの時木の茂みの右下に居たが、顔を向けただけで飛び立たず。親の行動の意味を理解出来なかったのかもしれない。
15062318

親は仕方なく餌を巣に運ぶ。このことから巣には別の雛が居るのは間違い無い。
15062319

親が餌を持っていない時に飛んで親に近づいたが、もう数日で餌渡しが見られるだろう。
15062320

親が獲物を持って帰ると雛が数羽飛び、1羽だけが餌を受け取る。チュウヒの大きさに対し獲物が小さいのであまり面白みは無いが、この期間しか見られないので今年も是非撮りたい。
これからの暑さ、朝の撮影となるので街中のハヤブサよりはマシだが、今年は耐えられるのかが問題だ!
15062321

珍しく餌を口に咥えて巣に運ぶ。チュウヒ撮影は3年目で30回ぐらいになるが初めて見るシーン。
15062322


15062323


15062324


15062325

帰ろうとすると登場する。カワセミも同様、暑さが我慢出きず11時半前に片付けて歩き始めると戻ってきた。急いで機材を出し撮影したが平凡なシーン、そのまま帰った方が良かったかな。
15062326


撮影機材:D4、150-600mmf5-6.3、三脚使用  撮影枚数:974枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:0円

|

« カワセミ後ハヤブサ | トップページ | カワセミ不調で昼からハヤブサ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワセミ後ハヤブサ | トップページ | カワセミ不調で昼からハヤブサ »