« チュウヒ2015ⅩⅤ そろそろ終わりにするかな? | トップページ | チュウヒ2015ⅩⅥ 昼からの様子見だったが餌渡しをしてくれた »

2015年7月22日 (水)

18、19日石川県白山市白峰へ(3/3)   観光

今日は雨で撮影休み、18,19の白峰行きで撮影した観光写真です。

これまでも時間があれば巡っておりブログにも掲載している。初日の釣り中止で時間がたっぷりあったので、いつもより時間をかけて見物した。
撮影はすべてCOOLPIX・S9900

●白峰の玄関口、国道157号線沿いの案内板15072201


●市ノ瀬ビジターセンター
登山シーズンの土日等白山登山の人が多い時は、この辺りで通行止めとなり別当出合まではここからシャトルバスを利用する。
何年か前に釣りの翌日、早朝から頂上目指して登ったが、ガスのため室堂で断念して下山した。今は釣りの翌日の日帰り登山は無理やろな。
15072202

中を少し見学、白山の自然が紹介されている。
15072203


●百万岩 翌日の撮影
白峰から市ノ瀬に向かう途中、手取川の川中にある。昭和9年の水害の際に支流の宮谷から流されてきた巨大な岩で、高さ16m、実測129万貫(約4800トン)、平成13年12月石川県指定史跡名勝天然記念物に指定されている。
何年か前の釣りシーズン最終日に百万岩祭が開催され、足場が組まれ上れるようになっていたので岩に上った。
15072204


●みどりの村
バンガローやテニスコートなどがありキャンプが出来る公園。30年度ほど前にバンガローに止まったことがあるが、事務所は閉鎖されており今は運営されていないのかな?
釣りの2日目は、ここの駐車スペースに車を止め、道具の片付けや着替をしている。15072206

●白山ろく民族資料館
白山ろくの古い住居を移築復元して昔の山村文化を保存し生活が再現されている。
・本館
15072207

 中の様子
15072208


15072209


15072210

 周囲の人形は葬列の復元、中央の陳列は何かの料理
15072211

・旧杉原家
15072212

 一階の縁側、昔は見たが今はあまり見ない風景
15072213

 二階、三階の窓
15072214

 中に入る。囲炉裏
15072215

 昔の旧家は広い、我が自宅とえらい違い
15072216


15072217

 2Fは作業場
15072218

 蚕の繭は養蚕の名残
15072219

 木炭8俵138kgを担いでポッカと呼ばれる人は、馬車の通れない山道を担いで歩いたそうな。
15072220

 山仕事の器具、昔の人は手動で大木を切っていた。
15072221

 雪道の履物
15072222

 ワラジ
 好日山荘でかなり前に買ったものを予備でリュックに入れていた。昨年、川で渓流靴のフェルトが取れ靴の下に履いたことがある。滑らなくて良かった。ただ、靴の底に付けるには多少無理があった。
15072223

 藁をたたいてしなやかにするツチノコ、幻のヘビと名前はどちらが先か?
15072224

・旧長坂家
15072225

・旧小倉家
15072226

・旧表家
15072227

・旧尾田家
 国指定重要有形民族文化財、他の旧家は県指定有形民族文化財とのこと
15072228


15072229


●白山工房
牛首紬展示即売場、繭から糸を引き出すところや機織などを見学。牛首紬はネクタイ等の小物から反物等色々販売されていたが、記念に買うかの値段ではなかった。
15072230


●白峰 民宿前のメインストリート
もともと人通りは少ないが、居なくなってから撮影した。
15072231


●林西寺
15072232


15072233

 白山本地堂、国指定重要文化財銅造十一面観音菩薩座像が安置されている白山まつりの日は拝観無料。写真撮影は当然禁止
15072234

●白峰温泉総湯、夜に撮影15072235


●花も適当に撮影、いずれも植えられた花
15072236

S9900でのマクロ撮影は難しい15072237


15072238


15072239


15072240

|

« チュウヒ2015ⅩⅤ そろそろ終わりにするかな? | トップページ | チュウヒ2015ⅩⅥ 昼からの様子見だったが餌渡しをしてくれた »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チュウヒ2015ⅩⅤ そろそろ終わりにするかな? | トップページ | チュウヒ2015ⅩⅥ 昼からの様子見だったが餌渡しをしてくれた »