« 18、19日石川県白山市白峰へ(1/3)  渓流釣り2015Ⅱ | トップページ | カワセミ いつも通りの水浴びだが撮れて良かった »

2015年7月20日 (月)

18、19日石川県白山市白峰へ(2/3)  白山まつり2015

 今回の白峰行き、釣りはもう一つだったが、もう一つの楽しみ”白山まつり”は十分楽しめた。
初めて見物したのはいつ頃かとHDの保存画像を調べると残っていたのは03年、その前のデータは消失しているので詳しくは分からず。毎年行ってる訳では無いが、12年以上になるのは間違いない。以前は、この日に行くと大物が釣れたが、最近はそのジンクスは無くなった。初めての大物38cmのイワナを釣ったのは9年前の祭の日だった。
祭の写真を本格的に撮ったのは08年が最初で、その頃の画像を見ると見物客はかなり多く、フィナーレには打ち上げ花火が上がっていた。今年は人が少なかったが、天気の影響で白山登山で前日に止まる人が少なかったのかな、翌日の登山口の駐車場は車が驚くほど多かったが、天気予報を見て早朝に直行した人が多かったのかな?

祭の起源は、1300年前に泰澄大師が白山を開山したことに由来するようで、古くから行われていた祭が1965年に白山まつり/イベントになったそうである。

今年の祭のプログラムも昨年に同じだった(ように思う)。撮影はすべてS9900

●初日、子供金管パレードで始まる150720101

●臼みこし民宿前に到着
何箇所か回って最後は中央広場の会場へ。
150720102

餅つきが始まる。杵を振る若者の手際がもう一つで、ベテランが助っ人に入る。考えてみたら自分も子供の頃餅つきを間近で見ていたが、自分でついたことがない。丸めたことはある。
150720103

ついた餅は直ぐに丸められ
150720104

振舞われたので一つ頂戴した。つきたてのきのこ餅は美味い。
150720105

●子供みこし行列
始まりは中央広場での舞台踊り、行った時には残念ながら終わっていた。
150720106

みこしが民宿前広場に来る
150720107

みこしを囲んでの輪踊り、踊っている子供の数が少ないのは何故か? 見ている子供も居たので年齢制限か何かあるのか?150720108

     

●中央広場舞台でのかんこ踊りの夕べ

”ウィキペディア”によるとかんこ踊りは「白山に登ったきり帰ってこない泰澄上人を村人たちが心配して迎えに行くと、上人が神々しい姿を現した。喜んだ村人達は踊って上人を出迎えた」という故事にちなむ民謡で、石川県指定無形民俗文化財・国指定選択文化財にも指定されている。

民謡 かんこ踊り・・・・白山ろく民族資料館の休憩場にかかっていたパネル
150720109

”農民のかんこ踊り”で始まる
声量のあるかんこ踊りの歌声に合わせての踊り
150720110


150720111

地元の何かの踊り①
150720112

地元の何かの踊り②
150720113

地元の何かの踊り③
150720114

地元の何かの踊り④
150720115

最後は”巫女のかんこ踊り”
これがメインのかんこ踊りかな、この装束ポスターでも見る。
150720116


150720117

                     
150720119


150720120


150720121

会場の見物人、以前はもっと多かった。
150720118

●輪踊り
初日のラスト、昨年は踊り始めは踊る人が少なく時間が立つにつれ増えたが、今年も同様だったのだろう。疲れていたの直ぐに帰った。
150720122


150720123

 

2日目、朝は釣りに行き10時半頃に見物に戻った。

●延命水山台曳き
150720124

車輪が無いので引くのに時間がかかる。
150720125

引き手は後ろにもいたが、どういう状況だったか判らず。歌に合わせ一気に10mぐらい進む時もあったが、数m進んでは止まっていたように思う。
150720126

最後に延命水の振る舞いがあったようだが、時間の都合で最後まで見ず12時前に引き上げた。

|

« 18、19日石川県白山市白峰へ(1/3)  渓流釣り2015Ⅱ | トップページ | カワセミ いつも通りの水浴びだが撮れて良かった »

祭・イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 18、19日石川県白山市白峰へ(1/3)  渓流釣り2015Ⅱ | トップページ | カワセミ いつも通りの水浴びだが撮れて良かった »