« カワセミ 今日は追いかけてたっぷりと汗を掻いた | トップページ | カワセミ 久しぶりにAF51点を使用 »

2015年8月 1日 (土)

カワセミ 撮影技術は今だ発展途上中なり

 今日もカワセミ、昨日以上にたっぷり汗を掻き家に帰ってシャワー後のドライゼロは500㎜l缶にした。
D4に150-600㎜を持って行ったがいつも通りワンパターン水浴び主体の撮影、SSを変えるのと絞り込んでどう画像が変わるかを調べた。歩留まりの違いとかカワセミ全体の写り具合などに違い(羽の止まり具合など)を感じたが、そんなことよりも如何に正確に捉え動きに合わせて追うかが問題、このスキルをアップさせない限り何をやってもそこそこの画像しか得られない。初めから分かっていたが、多少設定を変えれば変わるかなと期待していた。
最初は600㎜で撮影していたが、この画角ではカワセミの速い動きを十分追えず、歩留まりが悪すぎるのがファインダーからも分かったので途中から500㎜に変えた。全体的にフォーカスの追従は、そこそこの画像ばかりだがV3と1用70-300㎜の方が良いように今日も思った。

●SS1/400  f6(解放)、ISO100
 動きものでは歩留まりはかなり悪く、シャキッとした画像が撮れない。止まりものは全く問題無し。
15080101100

15080102100

15080103100

15080104100

15080105100

●SS1/1600  f6、ISO400
天気の良い日の普通の設定
150801061600

150801071600

150801081600

150801091600

150801101600

●SS1/3200 f6、ISO1000
D4のISO1000は、曇り空などでは常用している。
150801113200

150801123200

150801133200

150801143200

150801153200

●SS1/8000 f6、ISO2500
D4は暗い森の中ではISO4000~(6400)ぐらいまで使用することもある。ISO2500は暗い森での画像ならトリミングするとノイズが目立つが、明るい場所での画像は少し荒いと思う程度で気にならない(違いの判らない個人的な感覚)。正確に捉える、鳥の飛びもの撮影はこれに尽きる。
150801168000
                     
150801178000

150801188000

150801198000

150801208000

 

●f14 SS1/2000、ISO2500 
SSを1/1000ぐらいに抑えればISOも1250ぐらいに抑えられる。
フォーカスはあまり変わらないが、全体的写りの印象は絞り開放より良い。D4の時は天気の良い日は少し絞って使用するかな。D800EもOKかもしれないが、高感度がもうひとつのD7200はどうか、ISO1600ならかろうじて・・・・
15080121f14

15080122f14

15080123f14

15080124f14

15080125f14


MAX600㎜のレンズは、近いカワセミでも600mmで追えるように修行を続ける必要がある。今日は色々撮っているが掲載はここまで。

撮影機材:D4、150-600㎜f5-6.3、三脚使用  撮影枚数:944枚
移動:地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:470円

|

« カワセミ 今日は追いかけてたっぷりと汗を掻いた | トップページ | カワセミ 久しぶりにAF51点を使用 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワセミ 今日は追いかけてたっぷりと汗を掻いた | トップページ | カワセミ 久しぶりにAF51点を使用 »