« カワセミ V3にシグマ150-600mm | トップページ | ブラブラ歩く »

2015年9月 8日 (火)

カワセミ 鬱陶しい天気の中出かけた

 朝起きた頃は雨で撮影休みかと思ったが、明日は終日雨の予報、ならばということで止み間の9時半頃に家を出てカワセミに行った。
上流を少し探索するだけ、誰も居ないだろうと思っていたら、ゴーヨン担いで長老が下流から来ていた。カワセミは昨日の昼からの休憩場所に居たが、ちょうど現れたところとのことでラッキーだった。昨日同様中々動かずで待ったが、飛んだと思ったら直ぐに橋の中に入りよった。当分動かないかと思い、蕎麦屋まで行ったがカワセミの姿見ず。代わりにササゴイが居たが直ぐに飛び去る。
少し居たが降り出した雨が止みそうに無くヤレヤレで帰路に着く。少し歩いた所でカワセミが上流から飛んできて、休憩場所近くに止まったように見えたので、急いで戻ると止まっていた。少し様子を見ていたが、雨が更に強くなり始め諦めて引き上げた。

昨日は♂が止まっていたが、今日止まっていたのは♀、数日前にバトルがあったと聞くが、2羽が休憩場所として譲らないならバトルも当然だろう。15090801

喉を膨らませ
15090802

ペリットを吐き出す
15090803

上流に飛んだので餌捕り開始かと期待したが、直ぐに橋の中に入りガッカリ。
15090804

下流に行くとササゴイが居たが、こちらの姿を見てかどうかは知らないが直ぐに逃げた。
15090805


15090806

珍しく住宅街のTVアンテナに止まる。
ササゴイがアンテナに止まるのは初めて見た。しかし、一瞬で直ぐにどこかに飛んで行った。
15090807

帰り際に撮影した休憩場所の♂、♀はしばらくして目の前を下流に飛び去った。
15090808

彼岸花が一厘咲いていた。
15090809

 

●昨日の昼から撮影したカワセミ


冬の♂と思っていたが少し若いような?Dsc_4031

蕎麦屋の♀
間違いなく冬に蕎麦屋前に長期滞在していた♀と思う。冬の終盤から徐々に姿を見る時間が少なくなり滞在しなくなったが、何処に行っていたのか?
Dsc_4046

下流に別個体が現れ追いかける。
Dsc_4054

石にとまり対岸のカワセミを見つめる。
Dsc_4061

対岸のカワセミが姿を消すと餌捕り
Dsc_4072


Dsc_4074

再び姿を現したカワセミは若だった。足がかなり赤くなっており今年の一番子か(何処の?)。
Dsc_4085

休憩場所近くに3羽同時に現れたが、土手の草の背が高く十分見えず。早く下流のように草を刈って欲しい。
Dsc_4093

鬱陶しい空模様で暗い日の手持ち撮影は一眼レフに限る。予約中の300mmf4が早く手にはいらないかな~。場所によるが大半は1.4TCを装着しての撮影、写りの良い80-400mmと比較してどうか気になるが、写りよりも軽量化に期待している。1.7TC装着でD4による高速連写も期待できる。天気の良い日の手持ちは、軽さとピントの追従性でV3と1用70-300mmに勝る物は無し。地元のカワセミ撮影は軽量機材で歩いて探さないと、下流のカワセミ水浴びのように同じような画像ばかりになる。
以前は80-400mm程度の重さは何とも無かったが、今は持ち歩く時に重く感じる。手持ちでの撮影自体は、このくらいの重さがちょうど良いのだが・・・・

 

撮影機材:D7200、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影   撮影枚数:52枚
移動:歩き  天気:曇り後小雨
撮影経費:0円

|

« カワセミ V3にシグマ150-600mm | トップページ | ブラブラ歩く »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワセミ V3にシグマ150-600mm | トップページ | ブラブラ歩く »