« 月 V3と一眼レンズ | トップページ | AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR を入手した »

2015年10月29日 (木)

月 D7200とシグマ150-600㎜の手持ち撮影

 シグマ150-600㎜買ったものの出番が少ない。理由は手持ち撮影が多く、重くてこのレンズより少しでも軽い80-400㎜の出番多いためである。元々、D4との組み合わせでカワセミ、D7200との組み合わせで猛禽を想定して買ったレンズ、三脚を使用しての撮影でカワセミはOKだが猛禽では近いと良いが遠いとアカンだった。少し近い猛禽とか湖北のコハクチョウなどの手持ち撮影はどうかで、昨日の夜重量を調べた。D7200との組み合わせで2695g、コミミ手持ち撮影で多用したD4と80-400㎜の2910gより軽い。長時間の持ち歩きはOK、900㎜の手持ちはどうかな。

今朝起きて直ぐに月相手に試してみたが、手持ちではファインダー内の月が止まらない。VR・ONにしているが、80-400mmと違いVRが効いているのかどうか分からない。とりあえず57枚シャッターを押し一番良いと思われる画像を選んだ。

ISO640、f8,SS1/640
Aモードで露出補正-1.7で撮影したがソフトで後処理をしている。
151029000

|

« 月 V3と一眼レンズ | トップページ | AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR を入手した »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月 V3と一眼レンズ | トップページ | AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR を入手した »