« 月 D7200とシグマ150-600㎜の手持ち撮影 | トップページ | 328売却  撮影はツツドリに始まりアオゲラで終わった »

2015年10月29日 (木)

D7200とシグマ150-600で900㎜手持ち撮影

 田んぼと湖北で首記の手持ち撮影を行った。900㎜手持ちのブレかレンズの性能かは知らないが、純正80-400㎜に比べれが画像がすべてあまい。しかしアンシャープマスクで十分修正出来る範囲で、大きく撮るにはこのレンズの方が有利で手持ちでも使えることが分かった。600㎜ならブレはマシと思うので、D7200ほど大きくは出来ないがD800EにD4も使えると思う。D4では長時間持ち歩くのはしんどいやろな~、しかしコミミがこの冬も来たら遠くも狙えるのでこのレンズを使いたい。
今日の撮影、田んぼは快晴で良かったが、湖北どんよりした曇り空で風が吹くと寒く、雨が降り出したので長居はせず。

●田んぼ

最初に撮影したのはスズメの飛びもの、適当にシャッターを押したが撮れていた。
15102901

小鳥を追ってハイタカ登場、最初はチョウゲンボウと思った。
15102902


15102903

頭上近くを飛んだが、さすがに900㎜では捉えきれず、全身が入ったのはこの1枚のみ。
15102904

途中でカラスが登場し、追いつ追われつで遠くに姿を消した。

姿を消した辺りから再びカラスとバトルしながら登場した。ハイタカと思っていたが、電柱に止まり近づいてハヤブサ幼鳥と分かった。体が小さかったので間違えたが♂だろう。
15102905


15102906


15102907


15102908

トリミングで拡大しているが、900㎜では大きくできる。
15102909

ハヤブサが飛び去ったのでウロウロしていると、直ぐ近くの電柱からチョウゲンボウが飛び出した。
15102910

50mぐらい離れた電柱に止まったので急いで行ったが、その前に田んぼに降下して餌を捕っていた。
15102911


15102912

電線に止まり食べる
15102913

チョウゲンボウぐらいの大きさでは、50mぐらいの距離でも近づかないと撮れない。
15102914

小さい餌で直ぐに食べ終わったのか、近づいた時に直ぐ飛んだ。
15102915


15102916


15102917

トビ、近距離
15102918

キジが畑から飛び出したが、諸に逆光
15102919

露出修正のためモニターで画像を確認していると再び飛んで畑に入った。何じゃと思っていたら猫が出てきた。飛び出したのも猫が原因だったようである。
15102920

モズ
トリミングで4000㎜での撮影相当に拡大。P900の電子ズーム4000㎜とどちらが奇麗かな? 撮影はこちらの方が簡単
15102921

ハトの飛びもの近距離撮影
15102922

ヒバリの飛びもの、被写体が小さいとピント合わせ(捉えるのに)に少し時間がかかる。
15102924


15102925

マガモ飛びもの
15102926

 

●湖北での撮影

薄暗くて撮る気がしなかったが、せっかく行ったので適当に撮影した。

花に止まる虫のマクロ風撮影、FULLにしてピントが合う距離まで下がった。
15102927

マクロと違い離れて撮ることが出来るので虫が逃げない。虫の撮影は望遠レンズが良い。
15102928

オオワシに向けて確認したかった画像
ノートリ
15102929

トリミングで拡大、”近づくな”の文字がはっきり見えるのでOK
15102930

コハクチョウのノートリ画像
15102931

ヒシクイのノートリ画像
15102932

撮影機材:D7200、150-600㎜、手持ち撮影  撮影枚数:439枚
移動:車  天気:晴れ後曇り
撮影経費:0円(ガソリン代は日常経費内)

|

« 月 D7200とシグマ150-600㎜の手持ち撮影 | トップページ | 328売却  撮影はツツドリに始まりアオゲラで終わった »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月 D7200とシグマ150-600㎜の手持ち撮影 | トップページ | 328売却  撮影はツツドリに始まりアオゲラで終わった »