« 湖北にて  待ちぼうけ | トップページ | コハクチョウ »

2015年11月29日 (日)

カワセミ 上の♂の季節到来か

 今日は午前中少しだけの撮影で、ミニ856でカワセミに行った。先日、イワツバメの群れを見た場所の少し下流で上の♂が楽しませてくれた。本格的な冬到来近しで、いよいよ出番が増えるのか、家から近いので今年も期待している。イワツバメは、1羽も姿見ずで南へ帰ったのかな。

着いて直ぐに日陰で休憩中のところを見つけたが、10分ぐらいで動き出す。

餌捕りを上手く捉えたが、1枚しかシャッターが切れず。V3の外付けグリップの接続部が緩んでいたが、これまでにも頻繁に生じている。
15112901

水際は200㎜(540㎜)程度、近距離の止まりものは300㎜(810㎜)で撮影する。地元でのカワセミ撮影はズームレンズが良い。
15112902


15112903


15112904


15112905


15112907

今日も飛び出し狙い、最近のカワセミは動きに着いて行けず失敗が多かったが、このカワセミはポチャ~ンの飛び込みが多いので、自分の撮り方でもタイミングを合わせやすい。
15112908

飛び出した後は続かず。
15112909

この時は連写で追えた。
15112910


15112911


15112912


15112913

横に飛んだので、この後も続いたが掲載はここまで。
15112914

久しぶりに大物咥えものも撮れた。
15112915

魚咥えものは魚の目も入らなあかん。魚の目はかろうじて入ったが、肝心のカワセミの目が影で残念。
15112916


15112917


15112918


15112919


15112920


15112921


15112922

このパイプ、そこそこ大きな魚を捉えれば、ここに来ることが多い。呑み込みやすく骨を砕くのに、叩きやすいのだろう。
15112923

魚が大きいと呑み込み準備に時間がかかるが、呑み込みだすと早かった。
15112924


15112925


この後、水浴びを期待して少し様子を見ていたが、このカワセミは水浴びをあまりしないようである。

この後、蕎麦屋に行ったがサービスの悪い♀が、大きめの魚を捕った。残念ながら電池を交換している最中で撮れなかった。V3は電池交換時に外付けグリップを外さなければならない。V4では、一体型で外さなくても電池交換ができるよう、改善されているのを期待する。ファインダーも一体型、microSDは止めて通常のSDにして欲しい。小さ過ぎるので家の中でしか外さないが、何処に置いたか忘れると探しにくい。

撮影機材:V3、1用70-300㎜、手持ち撮影  撮影枚数:410枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

|

« 湖北にて  待ちぼうけ | トップページ | コハクチョウ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 湖北にて  待ちぼうけ | トップページ | コハクチョウ »