« コミミズク2015-16Ⅴ 飛びもの手持ちスローシャッタ撮影、腕が上がったかな? | トップページ | コミミズク2015-16Ⅵ(2/3) 本編 »

2015年12月26日 (土)

コミミズク2015-16Ⅵ(1/3) D4に150-600㎜の手持ちは重かった

 今日は朝から快晴、カワセミかコミミかでカワセミに行ったが全くの不調で早々に引き上げた。ならばということで昼からD4と150-600㎜の手持ち(この組合せの手持ちは初)でコミミに行った。さすがに重い、飛びものは良いが飛び出し狙いは手が震えて構え続けられない。
最初、下流で待ったがなかなか飛ばず、上流で飛び出したので上流で撮りまくった。やはり上流の方が近くで撮れるようである。
行きの阪急が事故で40分ほどの待ちがありイライラ、撮影現場では隣の輩の高慢で横柄な一言(ほざきよった内容ではなく言葉使い)のエエ年したオッサンとしての品の無さに一瞬驚き直ぐにムカムムカとしたが、そのままの状態で撮影を続けた。何でドデカいレンズを持った連中に横柄な輩が多いのか? 自分も怒れば柄の悪さや言葉使いの荒さでは負けないが、レンズの大きさでは負ける。それがどうということは無いが・・・・こんな書き込みしている我も同類か、”野鳥撮影者は紳士たれ!”で少し反省。
まあ、今日は今シーズン最高の撮影が出来て良かった良かった。やはり、近い距離ではD4がよろしおます~。

撮影画像の一部(序章)を掲載

飛び出した後、直ぐ前を飛びよった15122601


15122602


15122603


15122604


15122605


15122606


15122607


15122608

コミミの仕草は面白い
15122609

直ぐ前の近距離
15122610


撮影機材:D4、150-600㎜、手持撮影  撮影枚数:102枚
   (朝はV3に1用70-300㎜の手持ち)
移動:地下鉄、阪急、帰りは車に便乗  天気:晴れ後曇り
撮影経費:560円

|

« コミミズク2015-16Ⅴ 飛びもの手持ちスローシャッタ撮影、腕が上がったかな? | トップページ | コミミズク2015-16Ⅵ(2/3) 本編 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

わたくしも先日今季初コミミ撮影しました。
30分だけP900片手に立ち寄りましたが
やはり飛び物はダメでした(;_;)
練習すれば多少の改善はあるかもしれませんが(ー ー;)

投稿: ケンパパ | 2015年12月27日 (日) 17時11分

ニコンの高倍率コンデジは、以前に2機種使いましたがAFが遅く撮れたのはカワセミホバぐらい。P900は所持していないのでよく分かりませんが、撮れるのは飛び出しぐらいで、飛びものはよほどのマグレが無い限り無理と思います。遊び半分でやるには良いと思いますが、飛びものを狙うにはやはり一眼レフです。
現役時代、通勤途中の川でカワセミを見かけたので早朝に時々撮ってましたが、コンデジで上手く撮れず途中から重かったが一眼レフをショルダーバックに入れ通勤しました。先が見えた晩年のことですが懐かしく思います。

投稿: 管理人 | 2015年12月27日 (日) 19時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コミミズク2015-16Ⅴ 飛びもの手持ちスローシャッタ撮影、腕が上がったかな? | トップページ | コミミズク2015-16Ⅵ(2/3) 本編 »