« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月31日 (木)

2015年本締め

手打ち一本締めを画像に変えて、2015年の締めとさせていただきます。

151231

| | コメント (0)

2015年の野鳥撮影を猛禽で振り返る

 2015年も今日で終わり、今年1年の撮影を振り返る。
日頃カワセミ主体の撮影なので、本来ならカワセミで振り返るのが良いが、撮影枚数が多すぎるので整理出来ない。今年は、猛禽撮影を増やそうと思っていたので猛禽で振り返る。

鳥の画像は目がくっきり入ったものが良い、特に猛禽は精悍さが肝心で目と嘴がしっかり入らないとアカンと思っている。中でも魅力のある大型猛禽は大半は距離が遠く、自分の所有レンズでは54が最強だが不十分。どうせアカンなら少しでも楽して撮ろうと、猛禽相手でもカワセミ同様かなり手持ちで撮影したが、そこそこ撮れたと思うので満足の一年だった。

●1月
朝はカワセミ昼からコミミということで淀川に通った。一度328で三脚を使用したが大した違いが無かったので、主に80-400mmの手持で撮影したが十分、人の多い撮影場所で撮るには何処からでも撮れる手持ちに限る。
150101

芸達者ぶりには笑いながら撮影したが楽しかった。今まで姿を見て夢中になり撮影した鳥は多いが、何度も通い撮影に失敗してもチャンスが何ぼでもあったので、楽しみながら気軽に撮った鳥はコミミのみ。必死のパッチになったのは最初の2回目ぐらいまで、飛び回るので気楽に撮る方が結果も良い。この地では長い期間居たので、必死になって撮る必要も無かった。
150102


150103

始めの頃はハイイロチュウヒ♀も撮れる距離で見かけたが、途中から姿を見なくなった。
150104

車のバッテリー上がり防止で時々田んぼに走ったが、ハヤブサ幼鳥を成鳥が追い払う瞬間が撮れた。これまで何度も田んぼに行ってるが、ハヤブサを見たのは4度ぐらいかな?
150105

クマタカと思うが・・・・・
湖北の湖岸から山の麓に戻る途中で発見、何か分からず取り合えずシャッターを押した。この日、撮影終了で野鳥センター駐車場に戻る時、オオタカの幼鳥を撮っているので、この鳥もそのオオタカの幼鳥かも知れない?
150106

●2月
天気の都合で1月はあまり行かなかったオオワシ、2月に入って湖北通いを復活させたが、片道100㎞少々では毎日通えない。せめて40㎞ぐらいなら毎日でも行ったのだが。
150201

この日が一番良かったが、D800Eに500㎜f4だったと思う。
150202

田んぼに雪の残る晴天の日、雪の照り返しでオオワシが映える。D800Eと80-400㎜の手持ち撮影だったが低く飛んでくれ良かった。魚を掴んでの飛翔が無かったのが残念。
150203

2月前半の滅多に無い撮影チャンスの画像、PCのトラブルで消滅させニコン・アルバムの投稿画像控えとブログ掲載画像しか残っていないのが残念。
150204

オオワシ北帰の日、今年も年に一度しかない北帰への飛び立ちの瞬間が撮れた。オオワシが帰った後は、毎年何故か寂しくなる。自分の撮る鳥では一番の大物、体もデカい。150205

オオタカとノスリが急接近、オオワシ待ちの暇潰しだが撮れて嬉しい画像。
150206

●3月
クマタカに行ったが、相変わらず遠くてV3と500㎜f4の1350㎜での撮影。
150301


150302


150303

2度目はD7200と80-400㎜の手持ち撮影、小浜へドライブで行く途中に寄ったが、居たので撮影した。親の飛翔に親と子のバトルが撮れたが、所詮600㎜の手持ち撮影では遠すぎて敵う相手では無い。親がたまたま頭上近くを飛んだが、これも遠かった。
秋にも様子見に行ったがカメラマンは誰も居ずで姿見ず。
150304

山のハヤブサを初めて撮った。オオワシ以外の猛禽に興味が無かった頃、山に何か居ないかと2度歩いてぶらぶらと行ったが、その時は姿を見ておらず今年がこの地では初撮影。撮影はミニ856の手持ちだったが十分だった。
150305

海のミサゴ、D7200と500㎜f4の組み合わせの試し、近くでの結果は良かったが期待の遠い距離の撮影がもう一つでガッカリ。D800Eと500㎜f4では遠すぎる距離の撮影をAPS-Cの2400万画素に期待したのだが、フルサイズの3600万画素トリミングには勝てずの認識となった。ミサゴ撮影としてはこれまでで最高に良かった。
150306

●4月
田んぼに下りたチュウヒ、試しに50mぐらいまで近づいたが直ぐに逃げた。この鳥は敏感で、あまり近づけないと認識した。
150401

グリーンバックのハヤブサ飛翔が撮りたく、ミニ856片手に山のハヤブサへ。
150402


150403

幼鳥が現れ成鳥が追い出すため仕掛けるのが見れた。バックが青空だったら良かったのだが。
150404


150405


150406

●5月
”海の波バックのハヤブサも良いで”と聞き遠征した。D7200に500㎜f4とミニ856の2台態勢で行ったが、撮影場所の違いとは思うが、撮影結果がミニ856手持ちの方が良かったのがショック。ミニ856は狭いスペースからでも撮影できる。
150501

この場所はハヤブサを上から撮れるのが良かった。また、撮りたいがハヤブサ狙いだけで行くには遠すぎる。
150502

チョウゲンボウ狙いで大阪へ、かなり近くを飛んでくれ行った甲斐があった。
150503

ハヤブサ雛を撮影。カワセミ撮影中に撮影仲間に誘われ行ったので、D4と150-600㎜での撮影だった。もう少し大きく仕上げたかったが、初めからハヤブサ狙いで出ていたならカメラをD800Eにしたのだが。
150504

夏前半の恒例となったチュウヒ撮影を開始、まずわ♂から♀への餌渡し。
150505

チュウヒの帰りにトビの雛を撮影する。新聞かTVかに情報が出たという話を聞き、帰り道だったので寄った。炎天下の暑い人工物に巣があったので驚いた。
150506

6月
チュウヒの幼鳥登場で本格的に通う。
150601


150602

街中のハヤブサも雛が2羽登場、10日ほどの期間だったが楽しませてくれた。雛はしばらくして姿を見なくなったが、今は何処に行るのやら。
150603

雛は終日居たので撮影機会が増え、比較的近い場所にも下りてきたので大きく撮れ良かった。
親が獲物を持って帰ってくると取り合いが始まる。前の雛が獲物を押さえている。
150604

この場面は撮影していて笑ろた。
150605

カワセミ撮影中にオオタカが突如登場し、ムクを掴んで山に飛んでいくところを偶然撮影した。ほとんど目線の高さだったが、気づくのに遅れ掴む瞬間が撮れなかったのが残念。
150606

   
●7月
チュウヒ撮影地は日陰が無い、本格的な暑さとの戦いが始まる。日差しがあれば暑さ対策をしていても10時頃までが限度、曇り空なら昼頃までは粘れるが画像が悪い。
撮影していた場所近くに止まったカラスを追っ払いに来た絶好の飛びもの撮影チャンス、2度機会があった。
15071

チュウヒの餌渡しは、離れて落とすことが多いが、ほぼ手渡しのような時もあった。
150702

一眼ではカメラにD4/D800E/D7200、レンズに500㎜f4/150-600㎜/80-400㎜、ミニ856も使用したが、結局は撮影条件による影響が大きかった。空気が澄んでいないと何を使っても、輪郭がモジャモジャとぼける画像となる。もちろん、500㎜f4は一番綺麗で条件が悪かってもマシ。餌渡しの瞬間を狙うには10コマ/秒ぐらいは欲しい。
150703

街中のハヤブサ、この頃になると雛も飛ぶようになり出が悪くなる。
150704

アカショウビンは居らんかえ~で滋賀の山に行ったが、姿はおろか鳴き声さえ聞こえず。サシバが登場、初見初撮影だった。
150705

運よく雛の姿も見れた。
150706


●8月
朝はカワセミ、夕方短時間ハヤブサの日が多かった。ハヤブサでの狙いは飛び出しと獲物持ち帰り。飛び出しは何度か撮れたが、獲物持ち帰りは無し。暑くてたまらなかったが帰ってからの風呂上りに飲む発泡酒が美味かった。150801


150802


150803

ポケットに入るS9900を衝動買い。遠いハヤブサ(この場所なら140m弱?)が撮れんかいと試したが、条件の良い日なら撮れるかも知れない?
150804

ミニ856片手に海のミサゴに行ったが、ミサゴの出が悪くもう一つ。
150805

ダイビングを連写で狙い、海面に足を突っ込んだ瞬間が初めて撮れるも、ボケ画像であまり大きく出来ず。
150806


●9月
車で湖東周りで湖北に行った。アジサシ狙いの途中の河口でミサゴのホバを撮ったが、かなりの近距離で飛び込みを期待したが飛び込まず。撮影はミニ856、近ければ申し分ない。
150901

海のミサゴ、珍しい所に止まり近距離で止まりものが撮れる。トビが襲い掛かる。
150902

イヌワシ狙いで2度伊吹山に上った。1度目は遠い所を飛んだそうだが気づかず。
イヌワシが来たと思い連写したが途中でハチクマと気づく、目の前を通過。
150903

2度目に上った時にイヌワシ登場、比較的近い所まで飛んできたが、日差しが強すぎたのかもう一つ満足できる画像が得られず。2年前のビギナーズラックの時の画像が良すぎた。
150904

撮影場所によっては、この時はかなり大きく撮れただろうと思う。居た場所からは無茶苦茶遠かった。何処で構えれば撮れる確率が高いのか、通わないと分からない。
150905

夕方の諸逆光画像、上手く修正出来るソフトは無いのもか
150906


●10月
カワセミ後ハヤブサが増え10日ぐらいは行った。ハヤブサの出が良かったわけではなく、カワセミの調子が上がらずで、朝の撮影が物足りなかったからである。
ハヤブサも時々だが下りてきていた。151001

後半になるとカラスが夕方に数十羽集まるようになり、ハヤブサがなかなか下りて来ず(行った時はだが)。V3と80-400㎜での三脚を使用しての撮影、この組合せ飛びものは追いにくいが、飛び出しなら綺麗に撮れる。
151002

再挑戦でイヌワシに行ったがもう一つ。この時は近くからの飛び出しが撮れたが、日差しが悪くまともに撮れず。おまけに機材がミニ856では修正も出来なかった。
151003

ノスリ狙いで田んぼに何度か行ったが、一度だけハイタカが直ぐ頭上を通過し、はみ出し画像が数枚、これまでで一番近い距離での撮影だった。
151004

待望の比較的近い距離でノスリを撮影出来た。151005

ノスリはこれまでに何度も撮っているが、近い距離での撮影が無かった。
151006


11月
ハヤブサに何度か行ったが、いつも高く距離が遠かった。151101

獲物持ち帰りも高かく煙突の天辺に止まりよった。
151102

田んぼでコチョウゲンを探すが♀を一度見たのみ。♂もどこかに居たのだろうが、田んぼは広く歩いて探すには無理があった。
151103

冬が近くなり地元の川でも猛禽が飛ぶのを見る機会が多くなる。チョウゲンボウにハイタカが多く、たまにオオタカ、ハヤブサ、ミサゴなど
151104

コミミが来たと聞いたので河川敷に行ったが姿見ず。居たのはフレンドリーなチョウゲンボウ。
151105

この時はノスリが頻繁にホバをしていた。
151106


●12月
チョウゲンボウ狙いで河川敷へ行く。近距離に近づいても逃げず、近づいて来ることもあるので少し驚いた。地元でたまに見る個体とえらい違い。
151201

この冬はダメかと思っていたオオワシが12/8にやって来た。翌日に行き幸先よく魚掴まえての飛翔が撮れた。
151202

2回目の撮影では、よく飛んでくれたがカメラの選定が悪かったのか(D7200)、日差しが悪かったのか、腕も悪かったのか撮影結果がもう一つでショックだった。数年前なら○画像で大満足も、初撮影から丸8年の今では△になる。
この画像は、かなり修正している。距離は近かったが、この前後の連写画像はパットせず。   
151203

コミミ登場で今年の冬も忙しくなる。
151204

バトル接近戦が撮れる。胸を掴んでひっくり返した瞬間、ボケに近いピンアマだが修正で見られるので良しとする。こういう画像をピントバッチリで撮りたいが、滅多に撮れんやろな~
151205

最後の掲載は、地元の川でづ頭上を飛ぶハイタカ。
151206

 

来年も今年同様ボチボチといくか・・・・

<追 伸>
来年の目標は今年に続き、現有機材でクマタカとオオワシを奇麗に撮る。ボチボチ以上に通わなければ撮れないか。イヌワシ、通行料30,900円(10回分)を年度初めの4月に計上しなければ。

クマタカ
空中戦もどき、D7200と80-400m手持ち撮影。来年はD800Eに150-600㎜で何とか・・・・Dsc_3362

イヌワシ
D800Eに500㎜f4で比較的近かったが、これがもうひとつだったのがイヌワシ撮影の難しさなのか。TC無しでの撮影だが、500㎜f4でTC1.4Ⅲを使いこなそうと思うが難しい。撮影機会の少ないオオワシ飛びもので撮影条件を色々変えて試すわけには行かず、、fを大きくする、ピクチャーコントロールの輪郭強調を更に強くするぐらいしか思い浮かばないが、トビ相手にやってみるかな。
Dsc_9746

| | コメント (2)

2015年12月30日 (水)

2015年鳥撮影ラストショットは畑前のカワセミ

 時の流れは早いもので2015年も後1日を残すのみ。今日は夕方所用で朝だけの撮影、淀川河川敷へ猛禽狙いで行き明日にカワセミ撮影で撮り納めとする予定だったが、明日も撮影に出れないようなので予定を変更し、朝からカワセミで撮り納めにすることにした。
機材はD800Eに300㎜f4+TC1.4Ⅲ、やはりフォーカスは速くTC1.7Ⅱのようにフォーカスが遅れたり不安定だったりすることは無かった。上流での撮影は、トリミングでの拡大を前提ながらD800Eに420mmで十分。

着いた時、上の♂も蕎麦屋の♀も魚を捕った後で休憩に入った直後で待ち時間が長かった。

最初は、♀が動くのを待った。15123001


15123002

動き出して直ぐに止まり木に止まる。
15123003

水浴び
15123004


15123005


15123006


15123007

しばらく遊んでくれるかと思ったが、いつもの最悪の場所に入ったので諦めた。
15123008

仕方なく上の♂狙い。
15123009

こちらも今日はもう一つ、ようやく餌取態勢に入ったと思ったら、上から謎の♀が飛んできて、追い払いで上流に消えた。
しばらくして再び登場したが、飛び込んでから直ぐに上流に再び飛ぶ。
15123010

   
15123011

帰り道だったので今度は追いかけたが、畑前の一番撮影しやすい場所に居た。
2度ほど飛び込んだ後、動きが無くなったので対岸に回った。自分の一番撮り易い場所(タイミングを合わせやすい)で、先の冬も活躍してくれた。この冬もこの場所辺りで活動してくれれば嬉しいのだが・・・
15123012

しばらくして餌取ダイビング、この連写が2015年を締めくくるラストショットとなった。
15123013


15123014


15123015


15123016

2015年の撮影、蕎麦屋前の雪バックのカワセミで始まり、畑前のカワセミで終了した。明日も朝の11時頃までなら撮影に出られるがゆっくりしよう。
2016年は1月2日が初出の予定。


撮影機材:D800E、300㎜f4+TC1.4Ⅲ、手持ち撮影  撮影枚数:199枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2015年12月29日 (火)

D800Eに300mmf4+TC1.7Ⅱ カワセミ、他

 D800Eと300㎜f4+TC1.7Ⅱの手持ち撮影でカワセミに行った。300㎜+TC1.7Ⅱは、D4に付けてのコミミ撮影では良かったので、D800Eでどうかの試しだった。
強い日差しが差したり、雲に隠れて急に暗くなったりで、撮影条件がコロコロ変わり設定変更の繰り返しで忙しい撮影となった。フォーカスの合った画像の写りは十分だったが、飛びものではフォーカスが一瞬遅れたり不安定な時もありで失敗(ボケ画像)が多かった。一度のチェックでは何とも言えないので、また試してみる。
D7200では緊急の時以外はTC1.7の使用は不要と思っている。

●カワセミ
水際はフォーカスが遅れ全て没、飛びものもフォーカスが難しかったような・・・
上の♂
151229101


151229102

蕎麦屋の♀
ホバを開眼したようで今日も2度見たが、一度目は遠過ぎ2度目をフォーカスせずでモタモタしている間に終わってしまった。
151229103


151229104


151229105


151229106

♀が何処かに消えたので再び♂を狙う。
151229107

近距離の止まりものをトリミングで拡大
151229108

更に拡大したが十分。
アンシャープマスク処理後、少しノイズリダクションをかけてみた。今までノイズリダクションは、ノイズの酷い画像にしか使わなかったが、少しだけ使用するのも良いかも。
151229109


151229110


151229111


151229112
       

●ハヤブサ若が飛んだ
かなり低い所で旋回したが、条件が悪かったのか色のでている画像が少なかった。
151229113

                     
●ジョウビタキの水浴び、水浴びは初撮影
151229114


151229115


151229116
     

●カワセミ撮影場所に必ず現れるモズ♀
151229118


撮影機材:D800E、300mmf4+TC1.7Ⅱ、手持ち撮影  撮影枚数:325枚
移動:歩き  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

オオワシ2015-16Ⅳ(2/2)  D800Eでの飛翔撮影

 鳥の画像は目が入っていないともう一つ。コミミのように目が大きければ良いのだが、オオワシは図体に比べ目が小さく、解像していないと奇麗には入らない。昨日のオオワシは、遠くておまけに日差しが悪い時に飛ばれ目が奇麗に入らず。遠い猛禽の撮影技術を磨く必要があるが、昨日デジカメinfoに掲載されていたD400/D500の噂が気になる。

昨日のD800Eでの撮影画像です

ノートリ
600㎜(500㎜×1.2)でこの大きさ、おまけに逆光気味で分かり難い。着いた時には姿見えずで塒かと思ったが、先に来ていた人に教えてもらった。15122801
             

以後の画像は、フルサイズからトリミングで4.5倍に拡大

飛び出し直後から撮れた。15122802375


15122803


15122804


15122805


15122806


15122807


15122808


15122809


15122810


15122811


15122812


15122813

松の木に止まる。
15122814

おまけ画像
V3の1350㎜による遠い飛びもの、トリミングで3倍に拡大
Dsc_0832


年内にもう一度行きたかったが、イノシシのこともあるので次は年を明けてから。
今シーズンも近い距離で目がバッチリ入った飛翔と、初になるが湖岸で証拠写真以上の魚を掴む瞬間を撮りたいのだが、どううなることやら。

今朝、野鳥センターの情報を見ると尾上浜に何度か飛んだとの記載があったが、3時前に帰ってから飛んだのかな?  ならば残念

| | コメント (0)

2015年12月28日 (月)

オオワシ2015-16Ⅳ(1/2) V3と500mmf4で飛び出し連写

 D800EとV3に500mmf4でオオワシに行った。野鳥センターの最近の情報によれば、しばらく斜面のイノシシの死骸を食べているとのことで、今日も魚持ち帰りは見られないかと思ったが、とにかく行ってみようで強行した。9時半頃に麓に着いたが右側の斜面上の稜線辺りの木に止まっていた。近くにイノシシの死骸があるようで、その場所に止まっているのを見るのは初めて。10時前に左に飛んだのでお立ち台に止まるのかと思ったら、斜め上の松の木でお立ち台より更に高い。顔は見えたがまともに撮影できる距離では無い。山の前の飛翔は撮れたので帰ろうかと思ったが、せっかく来たので粘ることに。最初の飛翔撮影は遠かったが、D800Eを使用したのでV3に変えた。B級画像ながら飛び出しの高速連写狙いである。期待通り12時過ぎに飛び出し連写出来たが、帰って見た画像はB級に届かず。しかし、連写は成功で良かった良かったで一安心。
尚、2度目の飛び出しも琵琶湖に飛ばす、右斜面の上の方にとまる。粘ったが”塒入りまで飛ばんやろう”と思い、3時前に諦めて引き上げた。
次回行くのは、野鳥センターの情報で琵琶湖から獲物(魚が良い)を持って帰ったの記事を見てからの方が良さそう。今日のカメラマンは多い時で10数人、情報は行き届いてるもよう。

今日の掲載は、V3による高速連写画像、何とかオオワシが入っていたも含め28枚で、上出来だろう。

D800Eで撮影した止まりもの、ノートリ画像15122800

     

以下はV3で撮影した1350㎜の画像をトリミングで2倍に拡大
15122801

ここから飛び出しの連写
もう少し撮影しやすい場所に止まってくれていれば良かったのだが。
15122802


15122803


15122804


15122805


15122806


15122807


15122808


15122809


15122810


15122811


15122812


15122813


15122814


15122815


15122816


15122817

やはり1350㎜、少し振るだけでオオワシが外れそうになる
15122818


15122819


15122820

ここで何とか戻る
15122821


15122822


15122823


15122824


15122825


15122826


15122827


15122828

右に振り過ぎ、この画像の後外れる。
15122829

     

D800Eで撮影した最初の飛翔、D800Eでも最初の飛び出し直後が撮れており、整理して後日掲載。
15122830

 

尚、手持ちも出来るようD4に150-600㎜を持って行くつもりで用意していたが、朝に機材を変更した。今日は高すぎ遠過ぎでD4を持って行かず正解だった。


撮影機材:D800E/V3、500㎜f4、三脚使用  撮影枚数:120枚/273枚
移動:車  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2015年12月27日 (日)

コミミズク2015-16Ⅵ(3/3)  おまけ画像

 昨日のコミミ、近くで撮った画像をトリミングで3倍に拡大してみました。普段はあまり使用しないノイズリダクションを使い、アンシャープマスクも使用しているが十分だろう。自分の機材では、河川敷のコミミごときに三脚など要らないと言えば、コミミがヘソを曲げ次回からサービスが悪くなるかな。三脚が欲しいと思うのは、止まりものと後の飛び出しを狙う時だけ。手持ち撮影は機動性が有り良い。軽量の300㎜f4もあるので、あと10年は手持ちで撮れるよう頑張ろう。ミニ856もあるので後期高齢者になっても大丈夫かも。
夕日に染まる色はあまり好みでは無い、WBを変える方が良いかな?

01dsc_6497


02dsc_6498


03dsc_6499


04dsc_6546


05dsc_6553

トリミングで5倍に拡大し、サイズはそのままで画像容量を少なくしています。
Dsc_6548

| | コメント (0)

コミミズク2015-16Ⅵ(2/3) 本編

 今日は所用で撮影休み、昨日の画像です。

昨日の撮影、約1,000枚撮影した内、自分の基準で完全にブレ画像と思ったのは300枚も無くかなり良かった。機材が重くもっとブレ画像が多いと思ったが、天気が比較的良かったのとコミミが近くを飛んでくれたこともあるが、やはりD4はAFが優れているのかと思う。もっとも、連写コマ数が多いので一度ピントが合えば他のカメラの2倍近く撮れるということも歩留まりの良さの要因と考えられるが、とにかく結果は良かった。三脚を持ちこめば、もう少しISOを下げSSを遅くして画質的に奇麗に撮れると思うが、このぐらいの画像で十分満足。ただ、日が差したり隠れたりで都度色が変わったのが残念。
もともと、手持ちでD4の使用を増やそうと思って買ったレンズだが、重くてしばらく出番が少なかった。手持ちでの飛び出し狙いは無理だが飛びもの狙いは、今後この組み合わせを積極的に使おうと思う。

画像は特にアンシャープマスク処理の必要が無かったものもありますが、習慣でいつも通り処理してしまったので少し粗くなっています。
               
15122601


15122602


15122603


15122604


15122605


15122606


15122607


15122608


15122609


15122610


15122611


15122612


15122613


15122614


15122615


15122616


15122617


15122618


15122619


15122620


15122621


15122622


15122623


15122624


15122625


15122626


15122627


15122628

| | コメント (0)

2015年12月26日 (土)

コミミズク2015-16Ⅵ(1/3) D4に150-600㎜の手持ちは重かった

 今日は朝から快晴、カワセミかコミミかでカワセミに行ったが全くの不調で早々に引き上げた。ならばということで昼からD4と150-600㎜の手持ち(この組合せの手持ちは初)でコミミに行った。さすがに重い、飛びものは良いが飛び出し狙いは手が震えて構え続けられない。
最初、下流で待ったがなかなか飛ばず、上流で飛び出したので上流で撮りまくった。やはり上流の方が近くで撮れるようである。
行きの阪急が事故で40分ほどの待ちがありイライラ、撮影現場では隣の輩の高慢で横柄な一言(ほざきよった内容ではなく言葉使い)のエエ年したオッサンとしての品の無さに一瞬驚き直ぐにムカムムカとしたが、そのままの状態で撮影を続けた。何でドデカいレンズを持った連中に横柄な輩が多いのか? 自分も怒れば柄の悪さや言葉使いの荒さでは負けないが、レンズの大きさでは負ける。それがどうということは無いが・・・・こんな書き込みしている我も同類か、”野鳥撮影者は紳士たれ!”で少し反省。
まあ、今日は今シーズン最高の撮影が出来て良かった良かった。やはり、近い距離ではD4がよろしおます~。

撮影画像の一部(序章)を掲載

飛び出した後、直ぐ前を飛びよった15122601


15122602


15122603


15122604


15122605


15122606


15122607


15122608

コミミの仕草は面白い
15122609

直ぐ前の近距離
15122610


撮影機材:D4、150-600㎜、手持撮影  撮影枚数:102枚
   (朝はV3に1用70-300㎜の手持ち)
移動:地下鉄、阪急、帰りは車に便乗  天気:晴れ後曇り
撮影経費:560円

| | コメント (2)

2015年12月25日 (金)

コミミズク2015-16Ⅴ 飛びもの手持ちスローシャッタ撮影、腕が上がったかな?

 天気予報は当てにならぬ。朝の日の出前の天気予報では、朝から曇りでショボツクかも知れないで、今日は撮影休みしようと思っていた。ところが9時頃には日が差し青空も見えるではないかえ。昨日の段階で朝は撮影休みにして昼からコミミに行こうと思っていたが、予定変更で9時過ぎに家を出た。昼からは撮影に出ず。

今日のカワセミは♀がお相手、いつも通り退屈な動きで11時過ぎには引き上げた。

大した画像は無く2枚のみ掲載
151225101


151225102


機材:7200、300㎜f4+TC1.4Ⅲ、手持ち撮影  撮影枚数:137枚
移動:歩き  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:0円

 

******************************

以下、昨日のコミミを掲載

もう一つ良いところは撮れなかったが、SS1/100のスローシャッターを再び試した。そのため比較的近い場所からのネズミを咥えての飛び出しが撮れずで残念だった。撮影成功の確率は前回よりかなり良くなっており、今後は1/60→1/30に挑戦するか・・・良い場面を撮り逃がす可能性があるので止めた方が良いかも。

●普通の撮影
15122501_2


15122502_2


15122503_2


15122504_2


15122505_2


15122506


15122507


15122508


15122509


15122510

   
15122511


15122512


15122513


15122514

●SS1/100での撮影
昨日もSS1/60を試したが全てブレブレ、VRはNORMALにしていたがSPORTSの方が良かったのかも。V3に1用70-300㎜ならどうか、やる価値はあるように思うのでいつかやってみよう。
15122515100

横飛びは流し撮りになっているかな
15122516


15122517


15122518


15122519


15122520

   
●最後に撮影したSS1/320の止まりもの
15122521320

| | コメント (0)

2015年12月24日 (木)

カワセミ後コミミ

 朝モヤっとしたもう一つの天気、新大江戸捜査網(主演がガラッと変わってからおもろない)を見て9時過ぎに家を出た。上のカワセミがしばらく相手をしてくれたが、大きな魚を見えない場所で捕ってジエンド、蕎麦屋の♀に行った。多少動きはマシだったが相変わらずで、11過ぎには引き上げた。画像を直ぐに整理しブログの画像を選定してから遅めの昼食、1時半頃に再び家を出てコミミに行った。2時40分頃に到着したが、既に登場して止まっていた。しばらくして少し上流で飛び出したので移動、しかし今日も遠くて撮影はもう一つだった。
コミミは、D4に150-600mmと思っていたが、朝カワセミに行ってからではしんどく、今日も軽量のD7200と300㎜f4+TC1.4Ⅲにした。D7200は、オオワシの距離では駄目でも、コミミ程度の距離なら十分、カワセミの距離では全く問題無いので、これからも積極的に使用する。
朝と昼からの日に2度の撮影はしんどい。朝から続けて行くならまだ良いが、一度帰って休憩してから出かけるのは、近場のハヤブサぐらいにした方が良さそう。

●朝のカワセミ
上の♂の登場は遅い。以前の冬のように、この♂に狙いを絞って上で待って良いのだが、この冬は動きがもう一つ掴めていない。
15122401


15122402


15122403

今日も上空を気にしていた。
15122404

雨の後で草が濡れて滑ったのかか、草に止まるのに苦労して止まる前に頻繁にホバをしていた。
15122405


15122406


15122407


15122408


15122409


15122410

この個体は綺麗で貫禄がある。数年前のサービス満点の♂の子供であるのは間違いないと持っているが、母親は今の蕎麦屋の♀かな?
15122411

デカい魚を捕ったが、見える所で捕らんかい!
15122412

帰りに見かけたハイタカ
15122413


15122414

ハイタカが飛び去った後、TVアンテナに止まるチョウゲンボウを見つけた。
15122415

鳥が飛ぶのを追って飛び出す。ハトを追っていると思い接触寸前を撮り(遠過ぎ)、”チョウゲンもハトを追うのか”と不思議に思ったが、帰って画像を見るとチョウゲンだった。縄張り争いのバトル寸前だったのかな?
15122416

 

●昼からのコミミズク
画像の整理が出来ておらず適当に2枚掲載、後は整理してから。
15122417

今シーズンのコミミは、今のところ昨シーズンほど近くに来てくれずもう一つだが、これからなのかそれとも元々こんなものなのか、他の撮影地での状況を全く知らないので分からない。
15122418


撮影機材:D7200、300mmf4+TC1.4Ⅲ、手持ち撮影  朝374枚/昼から468枚
移動:歩き、地下鉄、阪急  天気:曇り後時々晴れ
撮影経費:1,120円

| | コメント (0)

2015年12月23日 (水)

オオワシ2015-16Ⅲ(3/3)  D800Eと300㎜f4+1.7倍編

今日は天気がもう一つで撮影休み
昨日のオオワシ画像を整理し、ここ数日分の撮影ファイルも含めて外付けHDに移した。朝にタバコを買いに出ただけで、あとは一日家に居た。

昨日のオオワシでは300㎜f4に1.7倍のTCを付けたが、画像は満足できるレベル。今シーズンの初撮影で、500㎜f4にTC1.4Ⅲを付けて撮ったがアカンと判断して直ぐにTCを外したが、もう一度チャレンジしてみよう。300㎜f4で1.7倍が使えるなら、D800Eに500㎜f4で1.4倍なら使えそうに思うが・・・?

撮れる場所に出てきた15122301


15122302


15122303

お立ち台に一直線
15122304


15122306


15122307


15122308

止まって遠く(琵琶湖)を見る
15122309

カラスが直ぐにちょっかいを出しに飛んでくる
15122310

しばらくして羽を広げ
15122311


15122312

飛び出し
数秒の時間があり、V3の連写なら40枚を撮り終わっていたかも知れない。
15122313


15122314

前の枝が邪魔だったよう
15122315


15122316


15122317


15122318

一直線で琵琶湖に向かうと思ったのだが
15122319

直ぐに方向転換で引き返す
15122320


15122321


15122322


15122323

一旦南に飛び直ぐに戻り正面中腹に隠れた。
15122324

| | コメント (0)

オオワシ2015-16Ⅲ(2/3)  ミニ856編

 昨日のオオワシ、前日に野鳥センターの鳥情報を見ると、山の斜面でイノシシの死骸を3度食べたと書かれていた.。飛ばないかもと思ったが、天気予報で天気の良い日は昨日しか無かったので行った。登場後お立ち台に止まり、いつものようにキョロキョロと琵琶湖を見ていたので餌捕りに飛ぶと思った。特に一度目は、止まってから短い時間で飛び出したので期待したが、100mも飛ばない内に戻ってきた。風に押されて止めたのかと思ったが、あまりお腹が空いていなかったのかな。昨日は、撮影条件が良かっただけに魚持ち帰りが撮れずで残念だった。
V3と1用70-300㎜での飛び出し前後の高速連写は、昼から日差しが良く晴れていたので十分撮れると自信を持って構えていた。しかし、いつも通り根負けし構えているのがしんどくなりカメラを下した瞬間に飛ばれる。コンデジより少し重いだけの軽量機材とはいえ、斜め上に向けて構え続けると、手が震え首に肩の調子もおかしくなる。

画像は全てV3と1用70-300㎜の手持ちによるもの
まずはノートリ
151223100

以下は場所を移動後で、トリミングにより2.4~2.8倍に拡大
ノートリでこの距離なら望遠機材なら何を使っても奇麗に撮れるのだが、トリミングによる拡大なら少し無理がある。V3と500mmf4なら撮れるかな。151223101

カラスがちょっかいを出し怒る
151223102

糞、昨日の食事の関係でネッバコイ・・・・? いつもと大して変わらないのだろ。
151223103

この時は飛ぶと思ったのだが、エンジェルポーズもどきだった。
151223104

ISO400で撮影しているが、SSを遅くしISO160でも撮影した。晴れの条件ならあまり変わらない。
151223105160

飛び出し
撮りたかったのは、しゃがんで羽を広げ木から足が離れるまでの高速連写。止まっていて少しでも動くと連写していたので無駄打ちが多かった。
151223106

飛び出してから少し同じような姿勢が続くので高速連写しても仕方ない。これでも抜き取り
151223107


151223108


151223109


151223110


151223111


151223112

オオワシの仕草はあまり格好良く無い、猛禽で格好良いと思うのはハヤブサとオオタカ。
151223113

木の天辺にワンタッチ、過去にも一度見たシーンだが何のための行動かな?
151223114


151223115


151223116


151223117


151223118


151223119


151223120


151223121

一番平凡な空抜け飛翔、魚を掴んでいれば絵になるのだが
151223122

何か気になるものが飛んでいたのか少し上方を見る。
151223123

    
151223124

| | コメント (0)

2015年12月22日 (火)

オオワシ2015-16Ⅲ(1/3)  今日は手持ち2台態勢で 

 湖岸で狙うため今シーズン三度目にして、D800Eと300㎜f4にTC、ミニ856の2台手持ち態勢で行った。まずわ山の麓で様子見をしようと9時20分頃に山本山麓に到着、塒(?多分)から出ておらずで姿無し。これでは湖岸に行けないと思い山の麓で待った。10時頃に登場して何時ものお立ち台に止まり、10時17分頃に飛び出したが、直ぐに正面近くの木の茂みの後ろに隠れ見えなくなった。これで湖岸は完全に諦め麓で待つことに。次に現れたのが12時20分頃、再びお立ち台に止まったので琵琶湖に向かって飛ぶと思ったのだが、なかなか飛ばずで14時40分頃に飛んで塒入り。今日はこれで終わりだろうと思い引き上げた。風が多少強かったので琵琶湖に飛ばなかったのかな?
2度目の登場後、ミニ856の10コマ/秒で飛び出しの前後を40連写しようと構えたが、いかに軽量機材とはいえ、長時間構え続けるのはしんどい。カメラを下して、”あ~しんど” と思っている時に飛ばれ、いつもの”あじゃぱ~”飛び出し狙いは三脚が必要ですわ。朝の飛び出しは、待ち時間が短くD800Eで撮れたので、まあええかな。

今日の掲載は、2回目の飛び出し時にD800Eと300㎜f4+TC1.4で撮った飛翔とお立ち台への飛びつきの一部、後は画像を整理してから。何とか撮れたがフルサイズの420㎜では、あまり大きく出来ず。
次回も山の麓で撮るなら500㎜+TC1.4かシグマの150-600㎜のTC無しで行く。遠い猛禽、自分の一眼カメラではやはりD800EかD4でないとアカン。前回のD7200は条件が悪かったのかも知れないが、羽の白い部分は白トビでヒカリ、オオワシ全体もテカって、シャキッとした画像が1枚も無かった。今回は大きく出来ないが満足の画像が得られた・・・と思う(十分確認していない)。

15122201


15122202


15122203


15122204


15122205


15122206


15122207


15122208

場所を移動した
15122209


尚、今日は人が少なかったがコミミに行った人が多いのかな?

 

撮影機材:D800E、300㎜f4+TC1.7Ⅱ(TC1.4Ⅲ)、手持ち  枚数:455枚
       V3、1用70-300㎜、手持ち              枚数:566枚
移動:車  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:0円(ガソリン代は日常経費内)

| | コメント (0)

2015年12月21日 (月)

コミミズク2015-16Ⅳ 撮影場所は今のままで良いのかな      <昼過ぎに追記>

 雨で撮影休み

12月も残すところ10日程度、オオワシが飛来した時点で12月は湖北に通うと決めていたが、天気予報を見ていると行ける日が少なかった。当てに出来ない天気予報、思い切って行けば良いのかもしれないが、片道100kmでは躊躇してしまう。昨日は天気が良く行くつもりだったが、前日の帰りが遅く早く家を出るのがしんどかったのと、日曜日で人が多いだろうと思い中止した。前回も平日というのに人が多く驚いたが、昨年は今年ほど人が多くなかったように思う。
オオワシの代わりにコミミに行っているが、昨日で早4回目となる。昨年ほどの思い入れは無いが、やはり撮っていて楽しい。高速連写で撮るのが目的でD4を持って行ったが、奇麗には撮れたものの少し距離が遠かった。大きく撮りたいのでD7200の方が良いのだが、遠かったり暗かったりするとフルサイズ機に比べアカン。遠い距離でアカンのはミサゴとチュウヒ撮影で分かっていたが、先日のオオワシでも試した。やはり、今シーズン初撮影のD800Eのトリミングによる拡大に比べアカンかった。コミミなら遠くを捨てれば十分だが、夕方遅くの撮影を考えるとやはりD4となる。シグマ150-600㎜ならもう少し大きく撮れるが、D4との組み合わせを次回試してみよう。撮影の大半が飛びもの、重い機材手持ちの歩留まりはどうかな。
たまたま撮れたので昨年よりかなり下流で撮影しているが、昨年の場所なら今でも近くで撮れるかな、駐車場が近いこともあるのか人は上流の方が多い。

昨日の画像(D4と300mmf4+TC1.7Ⅱ)

D4の500㎜での撮影では無理な距離、明るかったのでミニ856も持って行けば良かったかな。
15122101

空抜け、もう少し上流に居れば大きく撮れたかな
15122102


15122103


15122104

木からの飛び出しは羽で顔が見えず
15122105


15122106


15122107


15122108

着枝
15122109


15122110


15122111


15122112


15122113

この距離ぐらいなら良いのだが
15122114

空中戦は何度も見たが接触があまり無かったような。近づいた瞬間ピントが合わず撮れなかったので、そう思っただけかも知れないが。
15122115


15122116


15122117


15122118


15122119


15122120


15122121

体を捻っての降下、これを近くで撮りたい
15122122

ネズミ掴んでの飛びもの
15122123

ここは街はずれの河川敷、バックの風景もこれはこれで良いのかも。
地元でもオオタカ、ハイタカ、ハヤブサ、チョウゲンボウなどが住宅の直ぐ上を飛び、TVアンテナなどに止まっているのも時々見かける。街中で鳥と共存しているが、鳥に興味の無い人は知らない。
15122124

コミミの近くにカラスが2羽、コミミが先に飛んだがその後カラスがコミミが捕まえたネズミを持って逃げたとか・・・。
ここでは観衆の多さに我関知せずで、度が過ぎなければ鳥は自然の中の普段の暮らしをしているようだ。
15122125

 

<昼過ぎに追記>

撮影休みで年賀状をプリントした後、ViewNX-iをインストールした。以前に一度インストールしたが、開いた画像をCaptureNX2に飛ばす方法が分からずViewNX2を使っていた。今回は簡単に分かったので、今後の画像整理にはこのソフトを使い、D7200のRAW撮影も復活させる。

後はすることも無く暇にまかせ、今年の撮影機材出費を算出してみた。

●購入
  ・カメラ  : D7200、COOLPIX S9900
  ・レンズ  : シグマ150-600mmC、フィルター、USBドッグ
          ニコン300mmf4PF、RT1
  ・テレコン : シグマTC1401、ニコンTC1.4Ⅲ

●下取り及び売却
  ・カメラ  : D7000
  ・レンズ  : 70-200㎜f2.8VRⅡ、300㎜f2.8VR
  ・テレコン : ニコンTC1.4Ⅱ、TC2.0Ⅲ 
     70-200㎜f2.8VRⅡは自分の用途では望遠が少し足らず80-400㎜
  の方が使いやすい、300㎜f2.8VRは重さが中途半端、手持ちで撮り
  続けるのは無理、三脚を使用するなら500㎜f4があるので手放した。
  共に良いレンズだったが未練はない。(328には多少あるかな?)

収支は162,247円の出費となる。

タバコ代に換算すれば31個/月で1日1箱相当。
タバコが如何に無駄な贅沢品かということを物語っている。
月40箱少々吸っているので止めれば3年分でD5が買える・・・(ホエ~)

Dsc_4241

| | コメント (2)

2015年12月20日 (日)

D4に300㎜f4+TC1.7Ⅱ初撮り・・・・違ったかな?

 今日はオオワシの予定だったが、多少しんどかったのと天気の良い日曜で人が多いだろうと思い、午前中は休養で昼からコミミに行った。コミミの方が人は多いが、撮影場所は広範囲で今の時期は余裕がある。天気が良いので出が遅いだろうと思っていたが、2時半頃到着で既に飛んでいたので驚いた。
D4の高速連写で瞬間狙い、150-600㎜を持って行こうかと思ったが、重いのでずぼらをかまし軽量の300㎜f4+TC1.7にした。この時期はまだ近づいて来ずで、500㎜では被写体が小さく捉え難いのか、歩留まりは悪かった。ピントが合えば流石に奇麗な画像が得られるが、1600万画素機ではトリミングで大きく出来ず。重くて手持ちはしんどいが、D4なら150-600㎜かな。昨年は、シロちゃんとかで80-400㎜の400㎜でも十分撮れたのだが。

コミミは撮り過ぎ今日は整理が出来ず、数枚のみ掲載で残りは明日。15122001_2


15122002_2


15122004_2

トビのノートリ
15122005_2

遠いノスリ止まりもの
15122006_2

ホオジロの飛び出し
15122007_2

モズ♂
15122008_2


15122009_2


撮影機材:D4、300㎜f4+TC1.7Ⅱ、手持ち撮影  撮影枚数:753枚
移動:地下鉄、阪急、歩き  天気:晴れ後曇り
撮影経費:1120円

| | コメント (0)

コミミズク2015-16Ⅲ もう少し早く出て欲しいな~

 コミミは登場が遅く帰宅も遅くなる。その日の内に写真を整理しブログにアップしたいが、遅くても9時には寝るので翌日になってしまう。11時頃まで起きていれば良いのだが、今の習慣では遅くまで起きていても、朝は3~5時の間に一度目が覚める。昔から一度目が覚めるとその後は眠れない。若い頃は夜型だったが今は朝型、人間変われば変わるもの。見たいと思うようなTV番組を放送してくれれば変わるかも知れないが、今TVで見ているのは、時代劇の再放送(BSが多い)とニュースに報道、時々放送されるスポーツぐらい。

                    
昨日の画像です。
コミミは登場直後は遠くを飛び、しばらくすると近づいてくる。昨シーズンは目の前の道の上を飛ぶこともあり驚いたが、今のところそこまでは近づいてくれない。、場所を変えているので状況が違うのかもしれない。場所を変えているのは、今シーズン最初に撮れたからで、昨シーズン人が多かった場所は、人が多くなり始めている。出にサービスは、そちらの方が良いのかな?

背後に車が走る。4時前の撮影、この時間ならまだ奇麗な色で撮れる。
15122001

止まりものは遠い、止まり木で無い自然の枯れ木。杭でも何でも良いのだが、近い所に止まり顔の表情を変えるパフォーマンスを見せてくれ。
15122002

もう少し体を捻ったところを狙っているが、連写で偶然に撮れることに期待するしかない。秒コマ数が欲しい、時間が早ければV3、撮影距離が近かくなれD4を持って行くのだが。
15122004

少し顔の表情を変えてくれたが遠すぎる。
15122005

荒れ野を撮ぶ姿、なかなか良い。
15122006

荒れ野の枯れ木に止まる姿、もう一つ。
飛びものは鳥の姿のみが撮影対象、ピントさえ合えば絵になると思うが、止まりものは周りの方が重要で良い場所に止まらないと絵にならない・・・と思っている。あくまで個人感覚、人によって思いは違う。
15122007

夕方の撮影は、日が差すと鳥の飛ぶ景色と思えば良いかも知れないが、ドアップはアカン。
上流側のコミミ、トリミングで少々拡大
15122008

ノートリ、少しセンターからずれている。
15122009

撮影場所の前のノートリ。後ろの杭とロープが邪魔、
街近くの荒れ地は最近どこでも柵かロープが張ってある。場所の環境保護ではなく、何かあった時に”管理して立入禁止にしていた”の証だろう。
15122010

日が差すと明るくなり撮り易いが、色が好みでない。WBを調整すれば変えられるが、D7200はソフト都合でJPGで撮影している。カラーを触れば何とかなるかも知れないが面倒。
15122011


15122012


15122013


15122014


15122015

ネズミを掴んでの飛びもの、左足を下げて欲しかったな~
15122016


15122017

4時半頃、ISO400に抑えるためSS1/100で撮った。横移動なら追えるが、複雑な動きはブレブレばかり。こんな時に限って比較的近くで空中戦を何度かしよったが、当然ながらまともに撮れず。
SS1/60~1/125ぐらいを流し撮りというようだが、一度1/60ぐらいで試してみよう。横移動なら撮れるかもしれないが、VRの設定はSPORTSモードが良いのかな。
15122018

おまけのノスリ
15122019

| | コメント (0)

2015年12月19日 (土)

朝はカワセミ、昼からコミミ

 今日は3時直ぐにトイレタイムで目が覚め、その後眠れず4時には起きた。昨日の寝たのが9時過ぎで直ぐに眠ってしまったので、6時間ぐらいは寝たが朝からしんどかった。撮影を止めようかと思ったが取りあえずカワセミへ。蕎麦屋の♀は、着く前に大きな魚を捕り休憩に入ったとのことだったが、11時過ぎまで一度顔を見せただけで直ぐに休憩場所に入る。その後は、その場所で餌取を行っていたようで、いつもの餌取場でまっていたので撮影できず。
昼には帰る昼食後、このまま一日終わらせてなるものかよ予定通りコミミズクへ行く。今日は飛び出したのが3時50分頃で、4時半過ぎまで撮りまくった。4時を過ぎたらもう一つ、せめて3時頃には飛んで欲しい。

6時頃に帰ってきたがしんどい、明日オオワシに行く予定だったが朝早く出る必要がある。予定変更で午前中は家でゆっくりし、昼からコミミに行くかな? 朝に決めよう。

●朝のカワセミ
メスが休憩している間に下流の♂が魚を咥えて飛んできた。食べ終えると直ぐに下流に飛び去ったが、何しにきたのかやることが分からない。15121901


15121902

♀が休憩の途中に出てきたが、下流をじっと見つめていた。♂が縄張りに入ってくるのを警戒して出てきたようである。
15121903

何の芸もせず休憩場所に戻り寄った。
15121904


15121905

休憩場所の♀、ここで餌取をやられるとどうしようも無い。
15121906

帰る途中に上の♂がいたが、コヤツも休憩中で直ぐに引き上げた。
15121907

モズ♀がずっとこの場所辺りを徘徊している。♂はたまにしか見ず。
15121908

 

●昼からのコミミズク
今日も飛ぶのが遅かったが、飛び出すと撮影に熱中し時間を忘れてしまう。今日は、少しだけ掲載、後は整理してから。

幸先よくバトルの接近戦が撮れたが、ピントが少し甘すぎた。撮れただけでも良いかな。
15121909


15121910


15121911

ネズミを掴んでの止まりものは暗かった。
15121912


撮影機材:D7200、300㎜f4+TC1.4Ⅲ、手持ち撮影  朝105枚、昼から542枚
移動:歩き、地下鉄、阪急   天気:曇り時々晴れ間
撮影経費:1,120円

| | コメント (0)

2015年12月18日 (金)

朝はカワセミ、昼から予定変更で久しぶりのハヤブサ

 空模様がパッとしていなかったので、遅い目に家を出て最近撮影しているカワセミに行った。カメラマンは誰も居ない、30分ほど待ったが諦めて場所を移動。昼からコミミを予定していたので、地下鉄一日乗車券を買いハヤブサへと思い乗ったが、久しぶりに下流のカワセミの様子を見たくなり途中で下車する。下流のカワセミはボチボチ撮れたので昼まで粘り、ハヤブサには行かず昼食で一旦帰宅した。昼からどうするか空模様を見ていたが良くならずで、コミミへ行くのが気分的に面倒くさくなり、一日乗車券の元を取るためハヤブサに変更し2時頃に再び家を出た。ハヤブサは居たが、空模様が良くならず条件が悪すぎてまともに撮れず。

●朝のカワセミ

15121801

久しぶりのホバもバックからではもう一つ
15121802


15121803


15121804

このカワセミのエサ捕りはチャポンよりまだ速く、手持ちでの飛び出してからカメラを向けるでは水際を撮影出来ず。
15121805


15121806

ホバは何度かしたが、ピントが合った時には終わっていた。
15121807


15121808


15121809


15121810

今日は少し暗く、場所によっては水面近くが見難かった。
15121811


15121812


15121813


15121814


15121815


15121816


15121817


15121818


15121819

所変わればカワセミの動き方も変わるで追いにくい。
15121820

 

●昼からのハヤブサ

♀と♂の2羽が居たが煙突の天辺で遠すぎた。おまけに空抜けは、色が出ずまともに撮れなかった。今日の悪条件でも、建屋バックなら奇麗に撮れたと思うが、下りて来ずでは仕方なし。

♂の飛び出し
140mぐらいの距離、今日の条件での630㎜撮影では解像せず。天気の良い日は何とか撮れている。
15121821


15121822


15121823


15121824

♀も一度飛んだが、直ぐに戻った。
15121825

♂が獲物を掴んで帰ってきた。大きさからムクかな?
15121826
  
もっと下に止まって欲しかったな~・・・残念。
15121827

 

今日はカラスは居らず。少し前にハヤブサが怒り狂って追い払ってから来なくなったとか。カラスを追い払うシーンを撮影したかった。


撮影機材:D7200、300㎜f4+TC1.4Ⅲ、手持ち撮影  朝:237枚/昼から276枚
移動:歩き、地下鉄  天気:どんよりした曇り
撮影経費:600円(地下鉄一日乗車券)

| | コメント (0)

オオワシが飛ぶ風景

 昨日、カワセミ撮影地で撮影仲間から先日のオオワシ画像、”オオワシを小さくして風景として見れば奇麗やろな~” との話があり、画像をノートリに近い状態にしてみた。長年風景を撮っていたが、飛ぶ鳥は動くので風景として狙って撮るのはシャッターを押すタイミングが難しい。飛ぶコースが分かっていれば、ロケーションをあらかじめ考え場所を選んで撮ることも出来るが、どのコースを飛ぶか分からない。

画像は、バックを強調するため少し暗めにして彩度を上げています。

Dsc_3119


Dsc_3198

少しトリミング、オオワシの位置を左に寄せる。
Dsc_3209


Dsc_3505


Dsc_3605


Dsc_3610

これはこれで良いかも知れないが、やはり鳥は大きく目がくっきり入っているのが好み。湖岸で水面とバックに山が入れば絵になるかな?

| | コメント (0)

2015年12月17日 (木)

カワセミ サービスに向上見られず

 蕎麦屋の♀狙いで行ったが、12月も半ばを過ぎたというのに、サービスは今だ向上しない。当たり前かもしれない、ここ数年冬にサービスが良かったのは上の♂やった。上の♂、今年は蕎麦屋近くで♀が頑張っているので下まで来ないかな。2年前までは出合まで行き支流まで入りよったが、今の♂は昨年も上流の畑前の見えない場所からの飛び込みが多かったかな。上の♂は気まぐれで上流に飛び去ると、一気に何処まで飛ぶのか分からないので最近は追っていない。

水浴び
大して大きな魚を捕っていないのに直ぐに休憩しよる。今日は水浴びをしたので水際が撮れたが、休憩場所前では場所が悪過ぎ。16121701


16121702


16121703


16121704


16121705

止まり木上での移動
16121706

勢いよく飛び出したが
16121707

行き過ぎて
16121708

止まる場所が無く引き返す
16121709


16121710


16121711

ペリットを吐く
16121712

   
16121713

  
16121714

最近、用心深く空をよく見る
16121715

オオタカにチョウゲンボウを最近よく見かけるが、今日はハヤブサ幼鳥だった。6月に楽しませてくれた♀の方かな? 今日はノスリも飛んだようだが、立っていた場所からは木が邪魔になり見えなかった。
16121716

横っ跳び、立っていた場所の直ぐ下
16121717


16121718

エサ取りに何度か飛び込んだが、タイミングが合わず
16121719

昼前に引き上げたが、上流に上の♂が登場した。10分程居たが、風が冷たかったこともあり、粘らずに引き上げた。
16121720


撮影機材:D7200、300㎜f4+TC1.4Ⅲ、手持ち撮影  撮影枚数:490枚
移動:歩き  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

コミミズク2015-16Ⅱ  ハイタカが飛ばなかったなら

 昨日の夜は、いつものように金麦1本をのんだが、ウイスキーは飲まず。寒くなると胃の具合が少しおかしくなり、現役の頃忘年会シーズンは毎年胃がおかしくなっていた。最近深酒はしていないが体が今も覚えているのだろうか。酔いが足らなかったのか、昨日の夜は中々寝られず色々と頭に浮かぶ。寝れない時は、寝ると念じながら目をつぶっているが、それでも色々な事が頭に浮かんでくる。途中から現実離れの内容になり時々正気に戻ったのを覚えているが、結局は眠って夢を見ていたのだろう。昨日は少し遅く10時頃に寝たが、起きたのは普段通りの4時半、少し寝が足らずでしんどいが何時間ぐらい寝たのだろう。

 

昨日のコミミ撮影です。
河川敷に着いて先日コミミを撮影した場所に行った。しばらく様子を見たが飛ぶ様子が無かったので、チョウゲンボウを狙いに行った。撮るには撮ったが間が悪く、ホバを一度撮っただけで戻る。チョウゲン♂と直ぐ前に居たアオサギ等を撮り時間をつぶしたが、待てどコミミは飛ばず。4時20分頃にミサゴが頭上を飛んだので撮り、帰ろうと機材をリュックに入れ土手の上に上がった。猛禽が羽ばたきながらこちらに向かって飛んできたので、機材を再び取り出し撮影、飛び去ったので駅に向かおうと機材を再び仕舞った時に何気なく下を見ると、コミミが飛び出したではないか。直ぐに中段に下りて機材を取り出し撮影開始、今日のコミミ撮影開始時間は4時31分だった。それから4時50分頃まで撮りまくったが、ISOは2000→4000、SSは1/320→1/200へ順次変更、約3kgの機材での飛びもの手持ち撮影、おまけにファインダーの中が目視より暗いでは撮れませんわ。ファインダーを覗いていて、最後はかすかコミミが見える程度だった。VRの効きが良くファインダー内も明るく、少し軽量の80-400㎜にすれば良かったが、ここまで粘るとは思ってもいなかった。意地の撮影だったが、晴れで青空なら結果は違っただろう。

悪条件の中、最後に目的のコミミ飛びものを撮れただけでもマシかな・・・と思わな仕方なし。ただ、狙いの体をひねる瞬間はブレブレ。
ISO2000、SS1/320
151216101


151216102


151216103


151216104


151216105


151216106

ISO2000、SS1/320
151216107


151216108


151216109

ISO3200、SS1/250
151216110

ISO4000、SS1/200
だんだん近づいてきたが見えん。カメラは人間の目より高感度のようである。
151216111


151216112

空抜けはノイズがかなり目立つ。今日の画像は、トリミングによる拡大を押さえた方が良かった。
151216113

  
●おまけの他の鳥
河川敷は色々な鳥が撮れます。コミミ狙いに絞らず色々探して歩けば面白いと思うが・・・・

久しぶりのホオアカ
151216115


151216116

チョウゲン♀のホバ
151216117

チョウゲン♂は久しぶり
151216118

飛び出しを狙ったが、タイミングが合わず。重くて構え続けるのに耐えれず、一呼吸置いた瞬間に飛ばれる。
151216119


151216120

頭上を飛んだミサゴ、近かったが時間が遅すぎる。
151216121

ハイタカ
もしこのハイタカが飛んで来なかったなら、そのまま駅に向かいコミミは撮れなかっただろう。ほんの数分の差だがハイタカが登場してくれ良かった良かった~。
151216122

| | コメント (2)

2015年12月16日 (水)

河川敷 ”アオサギよ~、・・・・・”

 コミミ狙いで昼から行ったが、飛んだのが4時半で5時前まで撮りまくったが、まともに撮れた画像があるかどうか、夕食後に画像をじっくり見る。

アオサギの食事
何か咥えていたので暇つぶしに撮ったが、帰って画像を見てびっくりした。
15121601

アオサギよ~、お前もネズミを食べるのか~
15121602


15121603


15121604


15121605


最後に撮ったコミミのノートリ画像を1枚
4時53分、D800Eにシグマ150-600㎜の600㎜手持ち撮影。ISO4000、SS1/200では、遠い飛ぶ鳥をまともに撮れませんわ!
15121606

 

撮影機材:D800E、150-600㎜、手持ち撮影  撮影枚数:504枚
移動:地下鉄、阪急、歩き  天気:曇り
撮影経費:1,120円

| | コメント (0)

オオワシ2015-16Ⅱ(4/4)  食事も楽じゃない

 今日は朝からカワセミで昼から河川敷の予定だったが、朝の天気がもう一つだったのでHPのリニューアルを開始した。リニューアルといっても、ニコンオンラインアルバムに続きBIRD WORLDも閉鎖になるので、写真アルバムを無くすだけのことだが、トップページも少し変更するつもり。作業を始めて直ぐに、先日散髪に行かなかったのを思い出し、作業ストップで急遽散髪に行き昼前に帰ってきた。
日々の撮影、以前はプリントアウトし部屋に飾っていたが高くつく、今はブログと写真アルバムに掲載しているのみで、後は枚数を削減してHDに保存しているのみ。撮るだけでは面白みが無いので、ブログの契約容量を増やして(5GB→10GB)ブログの写真枚数を、今でも多いが増やすかな?
新たな無料ブログを立ち上げ、並行して内容を変えて掲載する方法もあるが面倒。

昼からは予定通り河川敷に行くつもり。

先日のオオワシ画像の残りを掲載します。
オオワシが獲物を持って帰ってくると、必ずカラスが近寄ってきて邪魔をする。遠路はるばるやって来たオオワシ、”食事ぐらいゆっくり食べさせてやれ”と思うが撮影していると思わぬシーンも見られる。01dsc_7020


02dsc_7034


03dsc_7041


04dsc_7047


05dsc_7067


06dsc_7074


07dsc_7099


08dsc_7101


09dsc_7105


10dsc_7107


11dsc_7168


12dsc_7171


街中のハヤブサも獲物を持って帰ってくると、数十羽のカラスが集まり邪魔するので下に下りず食べることが多くなり、撮影に行かなくなった。その状態が今も続いているのかな? 

| | コメント (0)

オオワシ2015-16Ⅱ(3/4)  魚を持って木に止まる

 今年の年賀状は写真を使おうと裏面写真用紙の年賀ハガキを買っている。昨日、仕上がった年賀状を試しに古いハガキに印刷したが、右と下の端に印刷されない白い筋が残る。作成ソフトの筆まめからの処理だったが、プレビューを見てもわずかに印刷されない部分が残っているのが分かった。写真は少し大きめにしているが、ならばもう少し大きくと、やってみたが駄目だった。今日の朝、”どうすればべ~”と考え思いついたのが、JPEGに変換してのCaptureNX2からのハガキサイズでのフチ無し印刷、まだやっていないが上手く出来るだろう。年賀状だからといって印刷も年賀状作成ソフトに拘る必要は無かった。

 

 一昨日の500㎜f4+TC1.4Ⅲを装着しての撮影、条件にもよるが、この日は最新のⅢでもアカンかった。500㎜f4に着けるなら、カメラはD4しかないかな~、D4ならⅡでもそれなりに撮れた。Ⅲに買い替え多少は良くなったが、買い替えにそれほどの価値が無い・・・・D800Eで、もう少し使わないと分からないかな。D7200なら1050㎜になり、自分の腕では撮影が難しい。

魚を掴んで帰ってきた1回目の撮影、一旦止まってから移動の時だったと思う。
TC1.4を装着しての撮影、トリミングでかなり拡大しているが、この時の距離ぐらいなら奇麗に撮れて欲しいのだが、日差しの関係もあるのかな。木の枝が邪魔で撮影場所が限定されたのが残念。
01dsc_6744


02dsc_6746


03dsc_6747


04dsc_6748


05dsc_6749


06dsc_6754


07dsc_6762

獲物を持って止まると直ぐにカラスがやってくる。撮影者にとってはカラスが来ると動きがあって良い時もあるが、オオワシにとっては、さぞかし腹の立つ存在であろう。
08dsc_6770


09dsc_6775


10dsc_6847


11dsc_6867

●おまけでV3と1用70-300㎜の撮影画像、上2枚は少し移動して撮っている。
12dsc_9929


13dsc_9938

日差しが弱くなってから、V3もそこそこは撮れるが何か物足りない。
14dsc_9953

D5の情報が出ているが高いやろうな~。V4は出るのか出ないのか、発表があればその日に予約する。

| | コメント (0)

2015年12月15日 (火)

世界に一つだけのカレンダー

 今日の昼から来年の自作卓上カレンダーを完成させ、2L版の光沢写真用紙にプリントアウトした。
今年の各月に撮った鳥の写真を載せており、12月を除いて少し前にほぼ出来上げっていた。猛禽にカワセミ、アカショウビン、ヤマセミで構成したかったが、ヤマセミは良い画像が無しで諦める。12月にノスリを掲載する予定だったが、大きな画像が撮れておらず2月に撮った画像を使用、元々2月に入れていたオオワシは12月の最新画像に変更。
尚、画像は動きのあるものに限定している。
   

机に並べて記念撮影
1600

    

1月は河川敷のコミミ、何度も行った楽しい思い出
1601

2月は湖北のノスリ、オオワシ撮影待ち時間の撮影
1602

3月は海のミサゴ、この日はドデカいボラを捕ったので驚いた。
1603

4月は地元のカワセミバトル、強烈な噛み合いで橋脚の上から5mぐらい下の川に落ちたが、しばらく噛み合ったままだったのには驚いた。
1604

5月は里山の森のアカショウビン、止まりものは撮れたが飛びものがもう一つ。
1605

6月は地元近くでオオタカがムクを捉え山に向かうところ、掴む瞬間は見逃す。
1606

7月は初夏の恒例撮影でチュウヒの餌渡し、今年も炎天下での暑さと戦い。
1607

8月は近場街中のハヤブサの飛び出し、ここの暑さはチュウヒ撮影地以上。
1608

9月は伊吹山のイヌワシ、来年は春に行こう。
1609

10月は田んぼのハイタカ、何度か行くも近くを飛んだのはこの時のみ。
1610

11月は河川敷のフレンドリーなチョウゲンボウ、フレンドリー過ぎて驚く。
1611

12月は湖北のオオワシ、今年はもうダメかと諦めかけていたが、期待通りでは無いにしろ何とか紅葉バックも撮れた。
1612

| | コメント (0)

オオワシ2015-16Ⅱ(2/4)  飛翔

今日は撮影休み
天気予報では朝から曇りで昨日の写真の整理をしていたが、10時半頃外を見ると快晴ではないかえ。散髪に行こうかと思っていたが、”ゆっくりしよか”で家に居ることにした。卓上カレンダーの仕上げに年賀状の最終仕上げ、住所禄の整理を行い印刷する。年賀状は、”まだ生きてるで~”の連絡のようなもの。

画像は昨日のオオワシ飛翔編、獲物を捕りに飛んだ直後に場所を移動したため、戻りは頭上近くを通り過ぎた。一度目の空振りの戻りで、残念ながら獲物無し。昨日は朝の内湿度が高く大気の条件がもう一つだったようで、初日に比べ飛翔画像はもう一つが連発、さすがに近くを飛ぶとスッキリしていたが、いつもと何か違うようだ。D7200ならこんなものかな、D7200でのオオワシ撮影は初だがD7000よりは良い。

Dsc_6547_5

   

Dsc_6556

    

Dsc_6563

  

Dsc_6567

   

Dsc_6570

   

Dsc_6573

  

Dsc_6575

   
ミニ856手持ちなら、この後仰け反ってでも連写出来たのだが・・・行った以上は何でも連写する。目で見ていて分からない表情などが撮れていることもある。
Dsc_6576

   

Dsc_6579

   
おまけはハイタカの飛びもの。
前回も空高くタカが飛んだ。現地ではオオタカと思っていたが、家で画像を拡大するとハイタカだった。オオタカに比べ胸の筋がくっきりしている。
Dsc_6617

| | コメント (0)

D4とシグマ150-600㎜手持ちで月を撮影

 昨日の夜、月を撮影した。今シーズンのコミミで、この機材の手持ちが出来ないかの試し撮り。コミミ撮影の狙いは、空中戦に体を捻る一瞬で、昨シーズンの後半はD4に80-400㎜を使用した。近ければ良いが遠いと500㎜では物足りない、軽量の300mmf4+TC1.7の500㎜も考えているが、TC無の600㎜で撮影出来ればなおさら良い。ただ、重いのがネックだが、土手の中断からの撮影で他の猛禽のように上を向けての撮影が少なく、連写しまくりとなれば重いのもその間は忘れるで、何とかなるかなと思っている。次回のコミミ、これで行ってみるか。

数枚撮影した中の2枚、共にISO3200でマルチパターン測光、トリミングで拡大

モードA、f6.3、SS1/20、露出補正-2.7Dsc_4794

モードM、f6.3、SS1/800Dsc_4808

| | コメント (0)

2015年12月14日 (月)

オオワシ2015-16Ⅱ(1/4)  飛び出し狙い

 飛び出し狙い、高い場所からの飛び出しを少しでも大きく撮ろうと、D7200に500㎜f4で行った。今日はエサ取りの飛び出し3度(魚を持って帰ってきたのは2度)に、木渡りの飛び出しが1度見られ、シャッターを押しまくった。現地での画像確認では十分と、1時前に意気揚々で ”次回は手持ちで湖岸やな” と思いながら引き上げたが、帰ってPCで画像を確認すると ”何じゃこれ” のモジャモジャ画像ばかり。もう一度飛び出し狙いで行かねばならぬ。
やっぱりD800Eでないとアカンのかな~?、今日は目で見て条件はまずまずと思ったが日差しが強すぎたか?、と色々な考えが頭に浮かぶが、やはり腕が・・・・

今日もバカの一つ覚えで、トリミングにより3倍に拡大し、アンシャープマスクは滅茶苦茶強くかけた。こういう日の画像の拡大は2倍に抑えるべきだったかな。
今日は飛び出しからの飛翔のみを掲載、山に帰ってきた時の飛翔は良かった画像もありますが(?)整理してから。

1回目の飛び出し
15121401_2

15121402_2
      
15121403

15121404

15121405

15121406

15121407

   
2回目は撮影失敗(ボケボケばかり)で3回目の飛び出し
15121408

15121409

15121410

15121411

15121412

15121413

15121414

15121415

   
4回目の木渡りの飛び出し
15121416

    
15121417

15121418

15121419

15121420

15121421

15121422

   
15121423

15121424

   
おまけでV3と1用70-300㎜による止まりもの
15121425

撮影機材:D7200、500㎜f4(+TC1.4Ⅲ)、三脚使用  911枚
       V3、1用70-300㎜、手持ち          106枚
移動:車   天気;晴れ
撮影経費:0円(ガソリンは日常経費内)

| | コメント (0)

今日は今シーズン2度目のオオワシへ・・・・撮れるかな?

 オオワシへ行くが今日も腹具合様子見中、D7200に500㎜f4を使用する。サブにミニ856も持って行くので、機会があれば飛びものを撮ってみる。

昨シーズンにミニ856で撮った飛びもの、細かい描写は潰れ気味だがピントは大丈夫。

151214001


151214002


151214003


151214004


151214005

| | コメント (0)

2015年12月13日 (日)

コミミズク2015-16Ⅰ 初日にいきなり撮りまくり(昨日の画像)

 今日は撮影休みで昨日の画像です。

昨日ののコミミ撮影、今度こそ証拠写真だけでもと思っていたが、いきなり撮りまくりになり驚いた。やはりサービスの良い鳥だったが、昨日はあまり近くを飛んでくれず、おまけにどんよりした曇り空で撮影条件は悪かった。現地でモニターを見た時は、最後の止まりもの以外はどれもアカンと思ったが、PCでじっくり見てるとそれなりに撮れている画像もあり、取り合えず良かった良かったでホッとする。これから数が増え縄張りが狭くなれば、獲物探しで近くを飛んでくれバトルも見られることを期待している。
昨日は暗くて500mmff4が欲しかったが、次回からしばらくシグマの150-600㎜を持っていくつもり。広範囲を飛ぶので自由に追うには手持ちが一番、500㎜f4なら車で行く必要があり、5時に駐車場が閉まるので駐車場を出なければならず、4時半頃になるとゆっくり撮影していられない。自分の狙うそこそこの画像なら、デカい大砲に三脚を持ちこまなくても、バズーカ砲(150-600㎜)か高速マシンガン(ミニ856)の手持ちで十分撮れる場所である。近くを飛ぶようになれば、大砲に三脚を使用すれば自分の腕では近すぎて追えない。

掲載画像は、比較的大きく撮れたものをトリミングでかなり拡大しているため、ボケ+粗くなっています。・・・・毎度のことですが

15121301


15121302


15121303


15121304


15121305


15121306


15121307


15121308


15121309


15121310


15121311


15121312


15121313


15121314


15121315


15121316


15121317


15121318


15121319

 

12月はカワセミ以外ではオオワシがメインターゲット、1月になればオオワシは一時休止でコミミが中心になる。昼からの撮影なのでカワセミ後コミミは、今年はかなり多くなりそう。何といっても撮影していて楽しく、街はずれ河川敷のゴルフ場跡の元々の荒れ地で、ホンマもんの自然や公園を荒らすことも無い。コミミには迷惑なのかも知れないが、昨シーズンの状況では全く気にしていないように思う。ただ、カメラマンに土手から見ている観衆の多さは異様に思うが、広い場所で良かった。
その内、ロープを張っている杭を利用して止まり木を立てる人が出てくると思うが、どうせ立てるならセンス良く立てて欲しいな~。自分は飛びもの狙いなので、有っても無くてもどうでも良いが近くに止まれば撮りますので・・・・

<夕方追記>
大阪の池田に行ったが早目に帰ってきたので、途中下車でコミミに行こうと思えば可能だった。今日も曇り空だったが、昨日同様早めに飛んだのかな?
帰ってから昨日撮影仲間に貰ったKIRK ENTERPRISE SOLUTIONの80-400㎜の三脚座を付けてみた。80-400㎜を200-500㎜に買い替えて不要になったとのことだが、純正に比べがっちりしている。三脚座は、三脚使用時には重要な部品、ニコンも手を抜かずにしっかりした物を付けんかい、シグマの150-600mmの方がマシや! 
三脚座は、回転方向を調整しながら撮影するため少し緩めて使用するが、純正の座はガタつき回しにくい。
尚、200-500㎜は写りは良いがフォーカスは遅いとのこと。もちろん鳥の飛びも撮影に十分な範囲だろうと思うが。

左は今回貰ったもので、右が純正。Dscn0153


Dscn0154

レンズに付けると
Dscn0155

明日は湖北へ今季2度目のオオワシ撮影に行く。レンズは500mmf4を持っていくが、カメラはD7200にしてみる。天気予報を見ると朝は湿度が高い、もやっとして山バックでは11時頃まで撮影にならないかな。

| | コメント (0)

2015年12月12日 (土)

カワセミ後河川敷

 今日のカワセミ撮影のテーマは、ミニ84で撮ろうということでV3に300㎜f4を付けて行った。これでカワセミを追えれば、オオワシでも楽に追えると思ったのだが、やはり810㎜で近いカワセミを追うのは、少しの振りでカワセミがファインダーから消え難しい。
動きがもう一つだったので早めに帰り、先日の河川敷撮影で帰る間際の4時過ぎに見た”あんさん一体何者だんねん”狙いで河川敷に行った。カメラを向ける前に目で見ていたので正体は分かっていたが、ボケボケ画像しか撮れなかったので名前を書かなかった。

●朝のカワセミ

300㎜f4の画像はV3でも奇麗で止まりものを大きく撮るには良い。しかし810㎜のAF-C1点では動きものを上手く追えず、撮れたと思う画像もほとんどピン甘、撮り易い水浴びぐらいしかまともに撮れなかった。

15121201


15121202


15121203


15121204


15121205


15121206


15121207


15121208


15121209


15121210

そこそこ撮れた水浴び
15121211


15121212


15121213


15121214


15121215


15121216


15121217


15121218


15121219

止まりものなら大満足
15121220

オオタカが飛んだが気づくのが遅れ、オオワシの距離になっていた。ピント合わせに多少苦労したので、撮影機会の少ないオオワシ飛びもので使うには勇気がいる。
15121221

 

●昼からのコミミズク

4時以降の撮影を予想して、カメラはD7200を持って行ったが、3時頃に登場し40分ほど飛び回ったので撮りまくった。ただ、あまり近づいてくれなかったので飛びものは大きく撮れず。トリミングで大きくするしか無いが、どの程度の画像が得られるのかな? 撮り過ぎて整理できず、明日にじっくり見て改めて掲載、今日は2枚のみ。

今季初撮影画像
今日の画像は、飛ぶ場所が悪くかなりの枚数にロープが入った。その内、昨シーズンのように数が増えれば、近くにも来てくれるだろう。
15121222

4時を過ぎて少し下流側で近くに止まった。幸先よくコミミを立てたところが撮れた。
15121223


カメラマンは50人ぐらい(以上?)来ていて、土手から見る観衆もそこそこ居た。ざっと3ヵ所ぐらいに分かれての撮影で、今日は昨年撮影した場所より200~300mぐらい下流側で撮影した。上にも出ていたようだ。3羽目撃したが、4羽登場との話も聞こえた。
明日も行きたいが所用で行けず、明後日はオオワシ予定。

 

撮影機材:朝はV3に300㎜f4、手持ち撮影               325枚
       昼からはD7200に300mmf4+TC1.4Ⅲ、手持ち撮影  851枚
移動:朝歩き、昼から地下鉄、阪急、歩き  天気:朝晴れ、昼から曇り
撮影経費:1,120円

| | コメント (0)

2015年12月11日 (金)

撮影休み 一昨日のオオワシ、枝被りの止まりもの

 雨で今日も撮影休み

一昨日の撮影、オオワシが止まった場所は枝被りばかりで、飛び出しがまともに撮れず。止まりものは、サブに持って行ったV3と1用70-300㎜でもかなり撮影したが、飛びものは短時間だったこともあり、さすがに使用は躊躇した。昨年は撮れているので問題無く撮れると思うのだが、やはり何度か一眼で撮ってからということになる。
画像の良さを 優/良/可/不可 の四段階評価すると、オオワシでの自分の狙いは連写で良の画像を多く撮ること。撮影距離が遠いので良でも難しく、優は自分の腕と機材ではよほどのことが無い限り無理と諦めている。色々な場面で色々な姿を撮るためには、場所を変えて撮影する必要があり、機動力のある手持ち撮影となる。あと2度ほど500㎜f4での三脚撮影を行い、飛び出しで満足できる画像が得られれば、移動しやすい手持ち撮影のみでも行くつもり。なかなか飛ばないオオワシの飛び出しを、手持ちで待ち続けるのはしんどい。飛翔狙いや獲物持ち帰り後の止まりものなら、距離が近い時もあるので手持ちで撮れる。

一昨日の枝被り画像、最初の2枚はV3と1用70-300㎜のノートリ。あとはD800Eに500㎜f4が2枚にV3と500㎜f4が1枚、残り6枚はV3と1用70-300㎜での撮影で、いずれもトリミングで拡大している。

01dsc_9383


02dsc_9401


03dsc_9411


04dsc_9428


05dsc_9450


06dsc_9459


07dsc_9464


08dsc_9485


09dsc_9560


10dsc_3641


11dsc_3646

<夕方追記>
画像を比べて違うと思えば違うし、大差ないと思えば大差がない。多少の差なら少しでも楽して撮りたいが、あとから後悔しないためには、やはり大口径レンズということになる。
飛び出し撮影クリア後の手持ち撮影に何を使うか。順当なところは、D800Eに80-400㎜(+TC1.4)か天気が良ければV3に1用70-300㎜だが、D7200にシグマの150-600㎜を500㎜ぐらいで使う手もあるし(600㎜は遠いともう一つのような)、思い切ってV3に300㎜f4の軽量84も面白いかも知れない。まあ、どれを使っても条件が悪ければ上手く撮れず、良ければ問題無く撮れるかな・・・・

| | コメント (2)

2015年12月10日 (木)

オオワシ2015-16Ⅰ 今シーズン初撮影(2/2)

 今日は撮影休み

昨日のタイヤ交換でタイヤを外す際に、中腰で力を入れて袋ナットを緩めたり締めたりしたので、腰痛が心配だったが今のところ大丈夫。今日ディーラーに連絡してタイヤを交換するつもりだが、SUVのタイヤは大きいので高くがっくり。持っている株の配当金が入ったので、この時期撮影に着ているパーカーというのか服が、10年ほど経ち破れ始めたので買い替えようと思っていたが見送りになった。撮影に着る服、破れていようがどうってことはないが街には着て出れない。

昨日の昼からの画像、鳥画像は少しでも大きくシャープにと思っているので、フルサイズから3.75倍に拡大しアンシャープマスクをいつもより強めにしたが少しやりすぎたか。

止まっている体の向きから嫌な予感がしたが、顔は枝の間の方を見ている。どちらに飛び出すか?
15121001

”やっぱり~”で飛び出した方向が悪く太い枝被り
15121002


15121003

ピントが外れ再びピントがあったものの直ぐにまた枝被り、連続で飛び出し飛行が撮れず。
15121004

その後はピントが合わず、空抜けになってから追った。
15121005


15121006


15121007

直ぐ上を通過、この後は三脚使用では撮れず。
15121008


15121009

直ぐに頭のデカい獲物を持って帰ってきた。
15121010


15121011


15121012


15121013


15121014

帰りも比較的近い場所を飛んでくれた。
15121015


15121016

オオワシと魚の目が入った。魚咥えて或いは掴んでの飛びもの画像の基本基準クリア~??
腹を掴まず、背を掴んでくれていれば良かったのだが・・・・
15121017

一応、紅葉バック
15121018


15121019


15121020


15121021


15121022


15121023

またしても枝被りの場所に止まる。獲物は口の大きいブラックバスだろう。
15121024

<夕方追記>
タイヤ一本交換で28,512円也、ヤレヤレ。
タイヤ交換で外に出た以外は家に居たので少し片づけをした。壊れたプリンターに昔のフラットスキャナー、レコードプレイヤー他もう使うことが無い電化製品(使えるかどうかも分からない)を、廃品回収業者に引き取ってもらい少しはスッキリした。まだ不用品があり、もう使うことが無いかもう一度考えて廃却するが、古いノートPCは念のためCPUとHDを壊せば良いのかな。

| | コメント (0)

2015年12月 9日 (水)

オオワシ2015-16Ⅰ 今シーズン初撮影(1/2)

 ようやくやってきたオオワシ、様子見は止めて気合を入れD800Eに500㎜f4を担いで行ったが、これまでの経験で朝は10時台に飛ぶことが多く7時に家を出た。湖西周りで行ったが坂本の高架上でいきなりロードノイズが大きくなる。何じゃと思いながらスピードを落とさず走っていると振動し始め、”ありゃ~、パンクや~”と思い高架を超えた一般道からの流入口横のスペースに止め、タイヤを見たら完全にバーストしていた。後輪だったので数分走れたが前輪だったらと思うとゾッとした。面倒くさいでJAFを呼ぶかと思ったが、タイヤの交換ぐらい自分でしないとドライバーの恥と思いやろうとしたが、”ジャッキーに工具は何処、底に付いているスペアータイヤの外し方はどないすんねん”で、ダッシュボードに入れている取説を読む。タイヤの交換自体は難しくは無いので直ぐに出来たが、準備に時間がかかり40分ぐらいかかった。今度やれば15分で大丈夫だろう。
野鳥センターに車を止め歩いていると、以前に名刺交換した地元のカメラマンさんに、声をかけていただき車に乗せていただいて、何とか10時過ぎに山本山麓にたどり着いた。

今日は、十分撮れた方だが止まる場所が枝被りで、止まりものに飛び出しはもう一つだった。かなりの枚数を撮影したが、今日は午前の撮影分を掲載する。

今シーズンの初撮影はサブに持って行ったミニ856、機材をセットしている間に飛ばれたらと思い、挨拶代わりに数枚。15120901

D800Eと500㎜f4+TC1.4Ⅲをセットし、気合を入れてシャッターを押したが、色を除けばミニ856手持ちと大して変わらないような。  
15120902

ファインダーを覗き続けていたが、一瞬目を離した瞬間に飛ばれ直ぐにシャッターを押したがボケボケ。トリミングで拡大すればまともに見られないのでノートリ。
15120903

ピントを外しシャッターを押し、その後追ってもボケ画像が続く。
15120904


15120905


15120906

何度か押し直し、この辺りでそこそこ合ったように思うが遅かった。
15120907

飛び出しはTC有、帰りはTC無と決めていたのでTCを外したが、期待に反し帰りの進路は遠かった。以後の画像は全てTC無し。
15120908

獲物は魚
15120909


15120910


15120911

この後、止まった場所は見えず。
15120912

見える場所に移動したが、枝被りでおまけに反対向きでどうしようも無し。

それでもファインダーを覗いていると魚を落としよった。
15120913


15120914

魚は下の繁み(多分)に落ちる。オオワシは取りに行かない。多分、体が大きく中に入れないのだろう。
15120915

カラスが直ぐに下に飛んだが、オオワシは上から見るだけ。
15120916


15120917

しばらくして、カラスがちょっかいを出しにきてオオワシが怒る。
15120918


15120919

しばらく止まっていたが、前の枝が邪魔だった。
15120920

場所移動で飛び出したが
15120921

木の枝が邪魔
15120922


15120923


15120924

ようやく全身が見えた。
15120926

空気が少し淀んでいたような?  
15120925


15120927

再び木に入る。
15120929


15120930


この後、かなり時間が経ってから再び飛び出し魚を持って帰ってきたが、明日に掲載します。昼からで距離も朝より近かったので画像は少し奇麗に撮れている(・・・と思います)。

撮影機材:D800E、500㎜f4(+TC1.4Ⅲ)、三脚使用  618枚
       V3、1用70-300㎜、手持ち撮影        200枚
移動:車   天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

気合を入れてオオワシへ

オオワシに行くかどうか迷ったが(しんどくて気分が乗らない)行くことにした。ただいま、腹具合の最終様子見中。

来ているのが分かっているので、気合をいれてD800Eに500㎜f4+TC14Ⅲをリュックに入れ、サブにミニ856も持っていく。現地でしんどければミニ856のみを持って山麓へいくつもり。500㎜f4+TC1.4Ⅲは事前にチェックしたかったが、機会がなくぶっつけ本番となる。TC1.4Ⅱより悪くなることは無いだろう。

3年前にD800Eに500㎜f4+TC1.4Ⅱを用いて撮影した画像
151209

| | コメント (2)

2015年12月 8日 (火)

カワセミ  D7200と300mmf4の450mmで撮影

 今日はD7200と300㎜f4+TC1.4で三脚使用を試そうと出かけたが、レンズに装着していたはずのTCが付いておらず、無しの450㎜での撮影となった。三脚は、昨日の撮影(80-400㎜)で久しぶりに使用し、止まりものは手持ちより良く、飛びものは歩留まりが悪くなったが、撮れた画像が良かったので300㎜f4でも試してみた。結果は、三脚使用というよりTC無しの効果で、少し小さな画像となったが奇麗に撮れたと思う。ただ、小さい機材での三脚使用は、飛びものを追うのが面倒で、手持ち撮影の方が扱いやすい。

蕎麦屋の♀
15120801

少し移動してから、このカワセミにしては長いホバをした。追いつけず遠くからシャッターを押したが間に合わなかった。バックの真黒は橋の影
15120802


15120803


15120804


15120805

こちら側に止まってくれると、そこそこの大きさで撮れる。
15120807

少し上流で餌取りダイビング。少し上流に行くと川の流れがこちらに近づくので、川の何処に飛び込んでも450㎜で十分撮れる。
15120808


15120809


15120810


15120811


15120813


15120814

一旦、石に止まり直ぐに移動
15120815


15120816


15120817

この後日陰に入ったので奇麗に撮れず。
15120818

 

上の♂登場
15120819


15120820


15120821

 

今日は最近では珍しく下の♂も登場したが、何の芸もせず下流に飛び去った。
15120822


15120823


昼に帰ったが、湖北野鳥センターのHPを見るとオオワシの飛来が掲載されていた。朝に山本山に止まっていたそうだが、これまでで一番遅い飛来とも書かれていた。やっと来たかというところだが、明日はどうするか? 疲れがたまって少ししんどい、朝起きてから決めよう。
臨時駐車場が無いようで、昨年の途中からと同様、野鳥センターから重い機材担いで歩かなしゃ~ない・・・・ミニ856かD7200に300㎜f4+TC1.7あるいは80-400㎜+TC1.4の手持ちもあるか。

撮影機材:D7200、300㎜f4、三脚使用  撮影枚数:275枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (4)

2015年12月 7日 (月)

朝はカワセミ、昼から猛禽狙いで河川敷

 朝からカワセミへ、いつものごとく出は良かったがサービスが悪い。11時頃に家に戻り昼食後、猛禽狙いで河川敷に行った。一番のターゲットはノスリで、来年の卓上カレンダー12月用の画像、後はチョウゲンボウに現れた猛禽を適当に撮るだったが、今回もチョウゲンボウがサービスしてくれた。

●朝のカワセミ

D7200に80-400㎜で久しぶりに三脚を使用した。あまり良い画像が無く未整理、適当にピックアップした画像を2枚15120701


15120702

 

●昼からの河川敷

最近では3度目だが、チョウゲンボウは今日もサービスが良かった。
15120703


15120704


15120705


15120706


15120707


15120708

比較的近い距離でのホバ
15120709


15120710


15120711


15120712


15120713


15120714


15120715

ホバ後、こちらに向かって飛んできたので驚いた。
15120716


15120717


15120718


15120719

頭上近くを通過し、彼方に飛んで行った。
15120720

川の近くへ行った時に飛び出した猛禽、撮影した時はトビと思ったがノスリかな?
15120721

ミサゴが飛んだ
15120722

  
15120723_2

杭に止まるノスリ。12月はまだまだ日が残っているが、田んぼのノスリも最近姿を見ないので、以後撮れなかったらこの画像をカレンダーに使う。
15120724

最後にすぐ前を横切り、マンションの陰で見えなくなった鳥。気づいて直ぐにカメラを向けたが数秒ではピント合わず。マンションの影の中を飛び、彼方だがバックの山が明るかったためかな。
15120725

体はかなり大きく、棒に羽が着いているようで羽は長くて広い。尾羽は短かったが、”あんさん一体何者でんねん!”
15120726

河川敷も歩いて鳥を探していると面白い。

  
機材:D7200、80-400㎜、朝は三脚使用で昼からは手持ち
撮影枚数:朝391枚、昼から319枚
移動:朝は歩き、昼からは地下鉄に阪急  天気:快晴
撮影経費:1120円

| | コメント (0)

2015年12月 6日 (日)

蟹後湖北 熊川宿・小浜・今津・湖北で撮影色々

2年ぶりの蟹パーティー、昨日の夜蟹を始め海産物をたらふく食って、今日はオオワシ期待で湖北へ行ったが姿見ず。昨日は朝の7時半出発、色々撮影し今日の2時前に帰ってきた。蟹パーティーの詳細は、後日HPの行事記録に掲載。

10時に小浜集合だったが、時間が少し早かったので熊川宿に寄り道、以前風景撮影がメインの頃に一度撮影に行ったことがあるが、何年前か忘れた。
15120501


15120503

朝の9時というのに土産物屋が開いていた。”に~ちゃん何か買うて行って”とおばあさんに声をかけられ、とち餅を買ったが柔らかくて美味しかった。
15120504

京都へ15里、小浜へ4里半、昔の鯖街道の途中。鯖街道は何ルートかあったと聞く。
15120505

小浜のフィッシャーマンズで待ち合わせ、2年ぶりの小浜。
15120506

蟹の買い出しは、向かいの小浜お魚センター
15120507

今日も人が多かった。人の通行が少なくなった瞬間に撮影。蟹、サザエ、殻付き牡蠣、生ウニ、そぎ落としの中トロ(日本海の市場にもあったが・・・)を購入。
15120508

今津のパーティー会場へは、それぞれ行きたい場所があるとのことで別個で帰ることになり、漁港に行ってしばし撮影。
15120509

コンデジS9900でトビの飛翔に挑戦したが難しい。
15120510

漁船の船着き場、ここでの撮影は10年ぶりぐらいかな? 以前は時々小浜に来ていた。
15120511

今津箱館山麓のパーティー会場
15120512

今日の参加者は6名で、蟹は3匹(足が動いていたので杯ではないだろう)、16,000円だったが、”安ならんか”との一言で1,000円引いてくれ15,000円。一人一匹で翌日に残ったこともあるが、他の食材も豊富なので二人で一匹で十分。
今は他の食材買い出しは今津の平和堂。
15120513

火を熾す。粗大ごみとなったスダレを持って来て燃やした。5年使い洗えばまだ使えたかもしれないが、傷んでいたので廃却。
15120514

まずは一杯飲んでから焼き物でパーティースタート
15120515

6名参加だが5名で乾杯、体調が悪かったようでハウスのオーナーは先の一杯(?)で寝とった。
15120516

日が傾き寒くなったので庭での第一陣は終了、この時すでに食った食ったの状態。
15120517

ハウスの中で恒例の蟹を持っての記念撮影。
15120518

最後に出た一番大きな蟹、この時既にお腹が膨れていた。鍋の用意をしていたので、この後魚で鍋を作るが私は食べす。
15120519

 

今日の朝、明るくなってきた時に外を見ると三日月が見うたのでコンデジで撮影。S9900でも撮れんことは無い。
15120520

鍋の残りにうどんを入れ朝食、9時20分頃に解散。

多少飲みに食べ疲れが残っていたが、せっかく今津まで来ていたので湖北に回った。
V3と300㎜f4を撮りだし1時間少々歩いたが目ぼしい鳥は見ず。
15120522


15120523


15120525

今日の山本山、紅葉が残っているというか、ここにきて少し奇麗になったように思う。オオワシが来てくれたなら・・・・
15120526


撮影機材:S9900、手持ち撮影  153枚
      :V3、300㎜f4、手持ち撮影   107枚
移動:車  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:0円(費用は全て蟹パーティー予算)

| | コメント (2)

2015年12月 5日 (土)

 今夜は蟹パーティー、小浜で買い出し今津の箱館山麓のハウスで食べて一泊、明日天気が良ければ湖北へ。

4年前の香住で水揚げされたタグ付き松葉ガニ、15000円ぐらいだったと思うが足が一本無く少し安かったのかな。
01dsc_6371

月給取り人生最後のボーナスで記念に購入、安い北海道産に比べ足が長く身が詰まり重さが違った。
02dsc_6433

ホットプレートで蒸焼きにする時は、甲羅を下にしないとエキスがこぼれ落ちる。
03dsc_6450

北海道水揚げのズワイガニ、3500~4000円ぐらい。味は少し落ちる程度で、酒を飲みながら食べると違いに気付かず。
04dsc_6384

| | コメント (0)

2015年12月 4日 (金)

カワセミ 今日も蕎麦屋の♀が相手、風が強くて移動しまくり

 オオタカ狙いで南へひとっ走りを考えていたが、昨日の夜久しぶりに目がさえてなかなか眠れず睡眠不足、寒かったこともあり止めてカワセミに行った。最上流から歩いたが上の♂は姿を見せずで蕎麦屋の♀へ。風が強かったため水面が見難かったのか、あまり飛び込まずで風に煽られ移動しまくり。蕎麦屋より上には行かず、最近では珍しく出合まで行きよった。下流の♂若があまり出て来なくなったのかな。帰りに上の♂を見たが、動きが無かったので12時近くになったこともあり引き上げた。
風の強い日の手持ち撮影はアカン、風で体が押され撮り難かった。また、日差しがあったり日が雲に隠れたりで、明るくなったり暗くなったりの繰り返し、設定を頻繁に変えた。

15120401


15120402


15120403


15120404


15120405


15120406


15120407


15120408


15120409


15120410


15120411


15120412


15120413


15120414


15120415


15120416


15120417


15120418


15120419


15120420

帰える途中に居た上の♂
15120421

頻繁に上を意識していたので何が居るのかと思ったらチョウゲンボウが飛んでいた。
15120422


撮影機材:V3、1用70-300㎜、手持ち撮影  撮影枚数:596枚
移動:歩き  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2015年12月 3日 (木)

撮影休み 来年の卓上カレンダー作成

 朝から雨、天気予報では昼から晴れマークだったが、1時現在でパットせずの空模様で休養日にする。

2016年の卓上カレンダーを作成中で11月までの画像を選定した。今年の各月に撮影した猛禽にカワセミとアカショウビンを入れているが、12月はこれからの撮影となり、ノスリかコチョウゲンと思っている。撮れなければカワセミとするつもり。

 

1月 コミミズク
今年の1月は、何はともあれ通って撮りまくったコミミズク。この冬も来れば行く。
カレンダーの形式は2015年版に同じ。
1601
                   

<以後は使用している写真のみを掲載>

2月  オオワシ
雪が積もり日差しのある最高の条件での撮影、手持ち撮影の日だったが雪の照り返しがあり、これまでで一番良い画像が撮れた。ただ、この日の画像はPCのトラブルで全て消滅、残っているのはニコンオンラインギャラリーとブログ掲載のリサイズしたもののみで、もう少し早く外付けHDに移しておけば良かったと後悔している。
1602

3月  ミサゴ
大きなボラを掴んで近くの中州に止まる寸前、ミサゴ撮影で最高に良かった日。
1603

4月 カワセミ
5mぐらいの橋脚の上から、バトルで噛み合ったまま川に落ち、それでも離さなかった。落下中の空中も撮っているが残念ながらピンボケ
1604

5月 アカショウビン
三度行ったが、条件がもう一つで飛びものの良い画像は撮れなかった。昨年は撮れなかったので、二度撮れただけで良かったかな。  
1605

6月  オオタカ
カワセミを狙っていたら、オオワシがムクの群れを追ってきて直ぐ近くで捕獲、残念ながら気づくのが遅く、捕まえた瞬間が撮れず。 
1606

7月  チュウヒ
暑さとの戦いが今年もかなわんかった。チュウヒの餌渡しは距離を置いて落としよるが、獲物が大きいとかなり近づき手渡し状態、初めて見た。
1607

8月 ハヤブサ
飛び出し狙いで何度か行ったが、ここも日陰が無く街中でチュウヒ撮影地より更に暑い。
1608

9月 イヌワシ
かなり近かったが画像はもう一つ、日差しが強すぎたのかな。なかなか良い条件で撮れず通わないとアカンと思うが、ドライブウエイの通行料3090円が・・・・。来年は春に行こう。
1609

10月 ハイタカ
近いとオオタカとの見分けがつくが、遠いと肉眼では分からない。この時は直ぐ頭上を通過したので、はみ出し画像が多かった。
1610

11月 チョウゲンボウ
地元でも姿をよく見るが距離が遠い。この地は近距離で撮れ驚いた。
1611

12月  ノスリかコチョウゲンが撮れるかな

| | コメント (0)

2015年12月 2日 (水)

朝はカワセミ、昼からハヤブサ

 朝から快晴でオオワシかと思ったが、今日もアカンかも知れない、来たとの情報を得てからにしようでカワセミに行った。今日のカワセミ、上の♂の姿は見ず。蕎麦屋の♀が少し相手をしてくれたが、撮影はもう一つで不調だった。
しんどかったので早めに帰り昼からは休養と思ったが、最近足の筋肉が痛く湿布薬を買いに行くことに。ハヤブサ・ポイントの近くにも薬を売っているところがあるので、機材を持って出かけた。薬を買ってから1時間半ほど居たが飛ばず。

●朝はミニ856
上の♂の出没場所近くに釣りで人が入っており、カワセミが嫌がったのか?

蕎麦屋の♀
15120201

早朝は動きが良くホバも2回ほどやったそうだが、到着してからもう一つで勝負は上の♂に比べて遅かった。
15120202


15120203


15120204


15120205

水際を捉えたが、止まり木の後ろでピントを取られる。
15120206


15120207


15120208


15120209


15120210

モズが獲物を咥えて止まり木に止まったので、しばらく撮影した。
15120211


15120212


15120213


15120214


15120215


15120216

 

●昼からは、D7200に80-400㎜+TC1.4Ⅲ
80-400㎜にTCⅢを付けたのは初めてと思うが、まあエエのではないか。

いつもの場所で珍しく食事中、最近カラスが多いから高い場所で食べているのかな。
(この画像は川の対岸からで距離は200㎜ぐらい?)15120217

♀が止まる場所、今日も♀と思っていたら♂だった。15120218

食べ終わってからキョロキョロし、羽も広げたので飛んで場所移動するかと思ったが、背を向けて飛ばず。
15120219

代わりにチョウゲンボウが飛んでくれた。
15120220


撮影機材:朝 V3、1用70-300㎜、手持ち撮影           枚数:386枚
       昼から D7200、80-400㎜+TC1.4Ⅲ、手持ち撮影  枚数:119枚
移動:歩き、地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:520円

| | コメント (2)

2015年12月 1日 (火)

カワセミ  今日も上の♂

 今日から12月とは何と月日の過ぎるのが早いことか・・・
朝起きた時に肩に首筋がこりがしんどかったが、びわこ放送で大江戸捜査網を見てからカワセミに行った。今日も狙いは上の♂で着いた時は休憩中、少し待って動き始めたが直ぐに大きめの魚を捕り、再び休憩に入りよった。仕方なく待ち時間の間、蕎麦屋の♀の様子を見に行ったが、どこかに隠れたようで姿無し。今日は止めで1時間少々で引き上げた。
外に出た次いでということで、行きしなに郵便局により年賀状を買った。今年は写真用紙のものを買ったが10円高い。昨日、個人番号が送られてきたので帰りにはキタムラに寄り、駐車場横にあった撮影ボックスでカード申請用の写真を撮った。家で撮るつもりだったが、準備や後の処理(サイズを合わせてのプリント・・・・)を考えると面倒だったので止めた。800円也

 

動き出した直後
15120101


15120102


15120103

今日は上を見ることが多かった。つられて見たが猛禽は飛んでおらず。
15120104

エサ取り失敗は撮れたが、肝心の魚咥えものはピンずれ。
15120105


15120106


15120107


15120108


15120109


15120110

今日は、カワセミと魚の目が入ったが止まりものではアカン。
15120111

休憩場所の周りはゴミだらけ、街中ならではだが・・・・
15120112


撮影機材:V3、1用70-300㎜、手持ち撮影  撮影枚数:188枚
移動:歩き  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:0円

| | コメント (2)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »