« 首の調子が良くならず撮影休みに予定変更 | トップページ | 今日も撮影休み »

2016年2月28日 (日)

撮影休み・・・・今シーズンのオオワシ撮影を振り返る

 今日は所用で撮影休み

昨日はまだ居たようだが、今日あたりに北帰するのかな。今シーズンは飛来するのが遅く、紅葉バックの撮影が不十分で残念だったが、魚掴んでの飛びもの、証拠写真レベルながら漁の瞬間、若は飛来した日に撮れ、充実したシーズンだったと思う。
15回行き500㎜f4を使用したのは3回、三脚を使用したのは150-600㎜も含め4回で、あとの9回は全て手持ち。D800E、D7200、V3を使用し、D4はレンズの焦点距離が足らずで使用せずだったが、保有している野鳥撮影機材総出で楽しめた。
撮影結果は、当然D800Eと500mmf4が一番だが、他はどれもどんぐりの背くらべながら、いずれも”良しとしよう”のレベルで撮れた。

来シーズンは、多分D500に600㎜f4が大半で、もしかしたらD5に600㎜f4+TC1.4Ⅲがあるかもだが、山麓から湖岸をブラブラする時は、やはり軽量レンズの手持ちとなるだろう。オオワシは琵琶湖に飛んで帰ってくるのパターンなので、近くを飛ぶ機会が多く換算600㎜程度の望遠があれば、軽量機材の手持ちでも十分撮れることがある。止まりものは、獲物持ち帰り時以外は遠すぎて、大口径レンズでも綺麗に撮れないことが多い。

今シーズンの撮影結果抜粋、機材の価格順に並べてみた。

●D800E、500㎜f4
 一番写りは良いが重くて現地での場所移動(麓から湖岸、再び麓)がしんどい。

011d800e500f4


012d800e500f4

少し逆光気味にも強い。
02d800e500f4


03d800e500f4

 

●D7200、500㎜f4
 ミサゴにチュウヒの撮影で分かっていたが、500㎜f4に着けても距離が遠かったり日差しが強すぎるとアカン。近いとそれなりに撮れるが、D800Eのトリミングに比べると劣る。価格相応ということだろう。遠い猛禽は、レンズだけでなくカメラも重要なことを再認識した。2400万画素のAPS-C機、フルサイズに換算すれば5000万画素クラスのセンサーをAPS-Cサイズにカットしていると同等と思うので、技術的に難しいのは当然かもしれない。

ちょっとボケているが、これは腕の悪さによるもの
04d7200500f4jpeg

距離が比較的近く絶好の条件と思ったがアカンかった。横からの日差しが強かったためと思うが、これが上手く撮れなかったのが、このシーズン一番のショック。
05d7200500f4tc14jpeg


06d7200500f4jpeg

日差しが弱ければ問題無いのだが・・・・
07d7200500f4jpeg

     
   
●D800E、80-400㎜
 曇り空で条件が悪かったのでもう一つの画像だが、所有手持ち機材では一番と思う。
300mmf4のTC無は良いがTCを付けると少し劣る。軽いので今シーズンは300㎜f4+TCを多用した。

08d800e80400

 

●D800E、300mmf4+TC1.7Ⅱ
 TC1.4Ⅲよりフォーカスが遅くなり画像も少し劣るが許容範囲

09d800e300tc17

   

●D800E、300mmf4+TC1.4Ⅲ
 近ければ写りは十分だが、遠いと距離が足らない。80-400㎜も同じだが、手持ちは三脚使用のように無茶なトリミングで超拡大が出来ない。

10d800e300tc14

待っていた場所からかなり移動しての撮影。500㎜f4に三脚使用なら移動する気がせず撮れなかっただろう。証拠写真だけでも撮れて良かった。
11d800e300tc14

手持は真上でも撮れるのが良い。魚を掴んでいなければ撮る価値が無いかもしれないが、デカい魚を掴んでいれば空バックの腹からの撮影でも絵にはなる。
12d800e300t14


13d800e300tc14

   

●D800E、150-600㎜、三脚使用
 500㎜f4に比べれば劣るのは当たり前だが、多少遠くても十分撮れる。
   
13d800e15600sannkyaku


14d800e15600sannkyaku


15d800e15600sannkyaku


16d800e15600sannkyaku

 

●D800E、150-600㎜、手持
 手持ちでも十分撮れるが、飛び出し狙いで長時間構えたり、長時間持ち歩くのはしんどい。基本は三脚使用で、咄嗟に三脚から外して手持ちで撮るが良い。
     
17d800e15600temochi


18d800e15600temochi


19d800e15600temochi

 

●D7200、300mmf4+TC1.4Ⅲ 
 D800Eに比べれば少し劣るが、”良しとしよう”というところ。

20d7200300tc14

かなり接近すれば同じ大きさでの比較ならあまり変わらないように思う。少し画像が崩れるが、トリミングでD800Eより大きく出来るのが良い。
21d7200300tc14

 

●V3、1用70-300㎜
 フォーカスが良くシャキッと撮れるが、少し塗りつぶし気味の画像になるのが残念。飛び出しの連写追従性は、この組合せが一番良い。300㎜f4に装着すればもう少し奇麗に撮れたと思うが、このカメラの魅力は連写追従性で専用レンズが良い。そこそこの画像しか得られないのは仕方無し。

21v3e300

|

« 首の調子が良くならず撮影休みに予定変更 | トップページ | 今日も撮影休み »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 首の調子が良くならず撮影休みに予定変更 | トップページ | 今日も撮影休み »