« オオワシ2015-16Ⅹ(2/2)  ”オオワシが飛んでるやないか” その② | トップページ | カワセミ  ♀が昨日から行方不明 »

2016年2月 5日 (金)

オオワシ2015-16Ⅺ  漁の瞬間を撮る

 今日もオオワシへ、狙いは湖岸で漁の瞬間を撮るで、撮れたがあまりにも遠すぎた。現地では魚を掴んでいるのが分からず、山に帰ってきてからもう一度飛ぶと思い、2時過ぎまで待ったが時間の無駄だった。

9時頃野鳥センターに到着、取り合えず麓に向かうが、途中でムクドリ相手に機材(D800Eに300㎜f4+1.7倍TC)のチェック。まずまずで問題無し
16020500

麓に着いて何枚か撮影し、山に沿って飛ぶだろうと山寄の湖岸に行った。
16020501


<以後の画像はトリミングでフルサイズから6.75倍の拡大>

湖岸からの撮影、最初は曇り空でカメラを覗けばよく見えたが、日が差しだしてからモヤっとして不鮮明さが増しTCを1.4倍に変えた。
16020502

10時半前の飛び出しを期待していたが飛ばず、飛んだのは11時半頃だった。
16020503

そのまま、琵琶湖に行くかと思ったら一旦トンネル上の木に止まったので急いで向かう。
16020504

かなり近づいたが、更に近づいて湖岸の広場まで行くか少し手前で待つか迷い、琵琶湖にかなり飛ぶと予測して少し手前で待った。これが判断ミス
16020505

一旦琵琶湖の沖方向に飛び出したが、旋回しよった。
16020506

一旦山の方に戻り
16020507

山の斜面に沿って急降下
16020508


16020509


16020510

岸近くで居た場所からでは遠すぎた。トンネル上の木から飛び出すまで10分ぐらいの時間があったので、もっと近づくことは出来た。
16020511

トリミング頼りのD800Eと430㎜のレンズでは無理な距離、連写もコマ数不足だった。まさにD一桁機に856の世界だろう。
16020512

モニターで拡大して確認した時は不鮮明で魚を掴んでいるのが分からなかった。
16020513


16020514


16020515


16020516


16020517

一旦沖に向かい旋回して山の影に入り姿が見えなくなった。
16020518

ノートリ画像
16020519

しばらく待ったが姿見せず。おかしいと思っていたが、獲物食べていたなら当然のこと。山の麓に戻る途中、何度も振り返りなが歩いたがオオワシが戻ってきた。
この画像もトリミングで6.75倍に拡大している。
16020520


16020521

山に戻りかなり高い場所に止まったので、もう一度飛ぶと思い1時間半ほど粘った。獲物を食べて戻ってきたと分かっていたら、直ぐに帰ったのだが・・・・
この画像はTC1.7使用で、トリミングで6.75倍に拡大している。
16020522


オオワシの漁はミサゴほどの迫力が無くもう一つだが、近くで撮りたいのでもう一度チャレンジかな。レンズはシグマの150-600㎜の方が大きく撮るには良さそう。遠いのでカメラはD800Eで良いだろう。

<追伸>
猛禽の漁といえば”これでっせ~”・・・・オオワシさんよ、迫力を見せたり~な!
16020523

   
16020530

   

撮影機材:800E、300㎜f4+TC1.4Ⅲ(TC1.7Ⅱ)、手持撮影  撮影枚数:447枚
移動:車、歩き  天気:曇り後晴れ
撮影経費:0円

|

« オオワシ2015-16Ⅹ(2/2)  ”オオワシが飛んでるやないか” その② | トップページ | カワセミ  ♀が昨日から行方不明 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオワシ2015-16Ⅹ(2/2)  ”オオワシが飛んでるやないか” その② | トップページ | カワセミ  ♀が昨日から行方不明 »