« 撮影休み・・・・今シーズンのオオワシ撮影を振り返る | トップページ | カワセミ  涙が止まらず撮影に苦労する »

2016年2月29日 (月)

今日も撮影休み

 天気が悪く、痛めた首が完治していないので今日も撮影休み。
首が痛いと動くと激痛が走る腰痛ほどでもないが、動くと痛くて日常生活に支障をきたす。首を回すと痛いので上半身を回しながら横を見るが、外に出て道を歩く時の視野がかなり狭くなるので普通の速さで歩けず、ましてや車の運転など出来ない。昨日がピークで今日はかなり良くなったが、ロキソニンテープ50mgをもらい貼ったので、その効果があるかも知れない。これまでは市販の物を使っていたが、年と共に肌が敏感になったのか直ぐにかぶれるので2~3日しか貼れない。ロキソニンは、かぶれがマシと聞いている。
首を痛めた原因の一つに、PCモニターを見る時の姿勢があるかも知れない。モニターを置いている台(昔のオーディオラック)が高く、目線とほぼ水平位置にあるが、背中を丸めて座るために、少し斜め上を見るような格好になる。今日から椅子の上にハローページにタウンページを置き、その上に座布団2枚を置いて少し高くして様子を見ることにした。

先日キタムラに行った時、D5とD500のカタログが入ったとのことで貰った。第一印象はやはりD5のカタログの方が厚い?  D4に比べいろいろ進化しているが、目についたのはレンズとの組み合わせでのAF微調節の自動設定。これまでのカメラでも手動では出来たがこれが自動で出来るなら便利、D500にもついている。D5、カタログを読めば読むほど欲しくなる。D一桁機は、モードPで使用すると風景撮影などでは誰でも綺麗に撮れる究極のカメラ、費用対効果は使う者が決めること。大きいのと重いのが欠点だが、重さは何とか許容できても、大きいのは2台態勢で行く風景撮影では問題。鳥撮影ではレンズの方が大きいので問題無い。D500クラスの価格なら、生涯の予算計画に見込んでいるので、これからも数年に一度なら買い替え可能だが、一桁機は今しかないが・・・・・
カメラを1600万画素機に換算するとD800Eと500㎜f4で750㎜相当、D5と600㎜f4で660㎜程度。遠い鳥の飛びもの、D一桁機ならTC1.4を使っても画像は許容範囲。

00

<2時過ぎに追記>
 D5、”買った人の話を聞いてから/D500の結果を見てから”とも思ったが、”自分で使ってみないと分からない/ロクヨンにはD5やろう”と思い、2時過ぎにCFタイプを予約した。取り合えずD4は下取りに出すが、D800Eをどうするかは買う時までに決める。雲台と三脚を買い増ししなければ、降ってわいた特別収入で組んだ特別予算内に収まるでメデタシ。もちろん、来年の所得税に健康保険・府民税市民税のアップ分を含んでの話。悩んでいても仕方無し、後何年重い機材で撮影を楽しめるかを重要視した。毎日は無理でも時々重い機材を担いで歩けば、少しでも体力の維持にはつながるだろう。ギックリゴシが多少心配だが。
気変わりの早い性格もあるが、体力十分で居られる人生が徐々に短くなってきたことが頭によぎると、今や~今しかないと思ってしまう。

 

今日の画像は、1月のオオワシ若初飛来の日に撮った画像、修正を少し変えての再掲です。

01dsc_7756


02dsc_7767


03dsc_7789


04dsc_7791


05dsc_7792


06dsc_7799


07dsc_7829


08dsc_7834


09dsc_78392


10dsc_78512


11dsc_78542

|

« 撮影休み・・・・今シーズンのオオワシ撮影を振り返る | トップページ | カワセミ  涙が止まらず撮影に苦労する »

その他」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。
ご英断に驚愕しております。
ぜひミサゴ撮影にご一緒したいと思います。
お体お大事にしてください。

投稿: kuccyan | 2016年2月29日 (月) 18時45分

kuccyanさん ご無沙汰です

話を聞いてからと思っていましたが、ゴーヨンからロクヨンに買いかえた勢いで買いました。
4年間ほったらかしにしていた株(貯めた期間を入れると実質は20年数年)、株価が上がり売るなら今と思い売ってあぶく銭に変わり、直ぐに泡が弾けて消えました。
ミサゴ行きましょか。何ぼ何でもあの場所に買いたてのロクヨンは持ち込めません、しばらく150-600mmですな。

投稿: 管理人 | 2016年2月29日 (月) 19時22分

今晩は、、D5予約されましかpunchやりましね。これでD5とD500に600F4で野鳥撮影の楽しみが増えて、うらやましかぎりですhappy02
先日80歳になられる方が、クマタカを撮りに来てみえました、すごいと思いました。私も自分がやれる範囲で
野鳥撮影をやりたいと思います。お互いにできるだけいい機材を使って野鳥撮影を楽しみましようpunch

投稿: 岩兼 | 2016年2月29日 (月) 19時58分

岩兼さん こんばんわ

野鳥の飛びもの狙いは、如何に速くターゲットを捉え速くフォーカスさせ、シャッターを押すかが肝心ですが、どうしてもワンテンポ遅れます。動体視力に反射神経が鳥の動きに追い付けず、新しい機材が発売されると期待して購入してしまいます。しかし、上手く撮れなくても屋外で時間を過ごし、家に帰ってPCモニターを見ながら、次回はどう撮るかを考える時間は楽しいですね。

野鳥撮影は、状況によって軽量機材手持ちの方が上手く撮れるのは分かっていますので、使い分けで600㎜f4の使用頻度は少ないと思います。しかし、大口径レンズでしか撮れない鳥や状況もありますので、所有出来ただけでも大変嬉しいレンズです。

投稿: 管理人 | 2016年2月29日 (月) 21時02分

首も腰も野鳥を撮るには、大事なところです!
D5と600㎜が使えるようしっかり療養してください。

投稿: kazbou | 2016年2月29日 (月) 21時27分

kazbouさん おはようございます

首が痛ければ動く鳥を目で追えないので撮影にはなりませんね。
これまで何度か痛めていますので、またかという気もありますが、いつもより回復が少し遅いようです。結局、腰同様回復には時間がかかります。原因はPCの見る時の姿勢と寝姿と思っていますが、寝ている間はどうしようも無いので困っています。
120度ぐらいの角度なら、素早く首を振れる状態に回復していますので、重い機材を担いでも傷みなく歩けるなら、撮影に出ようかと思っています。
腰痛は、歩けるようになれば多少痛くても歩いた方が直りが早いですが、首はどうかは分かりません。

投稿: 管理人 | 2016年3月 1日 (火) 06時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 撮影休み・・・・今シーズンのオオワシ撮影を振り返る | トップページ | カワセミ  涙が止まらず撮影に苦労する »