« カワセミ  不調 | トップページ | オオワシ2015-16Ⅹ(2/2)  ”オオワシが飛んでるやないか” その② »

2016年2月 4日 (木)

オオワシ2015-16Ⅹ(1/2)  ”オオワシが飛んでるやないか” その①

 昨日の夜は前日の寝不足解消で7時半に寝た。3時頃に目が覚めたが再び眠り、次に目が覚めたのは4時半で睡眠は十分、7時過ぎに湖北を目指して家を出た。

いつも通り9時過ぎに野鳥センターに到着、一発用を足して山本山に向かう。途中、カメラで中腹を見るとオオワシが見えた。今日はD800Eに300㎜f4+TC1.4Ⅲの430㎜、これで十分と機動性重視で選定したが、本当のところは最近腰の調子が良いので500㎜f4にした方が良かったかなとの思いはあった。飛ぶのは10時を過ぎてからと思っていたので、ムクやトビを撮影して写りのチェックをしながら歩いた。しばらくして前を見ると、何と”オオワシが飛んでいるやないか”、時刻は9時18分で魚持ち帰り狙いだったので急いで歩く。何とか間に合ったが帰りはどちら?、飛んだのは山に沿ってだったが、前回のことがあるので正面で待つ。帰ってきたのは山に沿ってだったので、直ぐに山裾の道に行ったが間に合わずでまともに撮れず。直ぐに前に行けば良かったと思ったが、帰ってきてから後悔しても遅い。仕方なく食べ終わってからの飛び出しを狙う。
10時20分頃に飛び出し松の木に止まった。朝早かったので昼からもう一度飛ぶと期待して、取り合えアズミコアイアサを見に行った。漁港でかろうじてミコアイサ1羽を見つけて撮り、何気なく北を見ると今日二度目の”オオワシが飛んでいるやないか”、でアチャ~。まさか一度食べているので、午前中にもう一度琵琶湖に飛んでくると思わずで予想が外れた。やはりオオワシのことはオオワシに聞かないと分からない。

仕方なく山の麓に戻ると魚を食べていた。ミコアイサをしつこく探さず、北の波よけの提に行き琵琶湖を見ていれば、魚を捉える瞬間が撮れていたかも知れない。やれやれで、2度目の飛び出しを撮って12時半過ぎに引き上げた。
湖岸でミサゴとチュウヒを見た。

その①で1度目の飛び出しを掲載、2度目は写真を整理して早ければ明日にでも掲載します。

画像は大半をフルサイズからトリミングで3.6倍に拡大

遠すぎた
16020401

前に行かなければ、着木まで連写出来たと思うが、フルサイズ機の430㎜では遠すぎただろう。
16020402

軽量機材の機動性を生かし近くで撮れる所を探す。
16020403


16020404

正面に戻る
16020405


16020406

間違って4.5倍に拡大
16020407


16020408

運良く飛び出しが最初から撮れたが、日差しが強いとアカン
16020409


16020410


16020411


16020412


16020413


16020414


16020415


16020416


16020417


16020418

この距離に来てくれれば430㎜でも十分、飛翔は軽量機材の手持ちの方が追い易く(人によるが)これまた十分。
16020419


16020420


16020421


16020422

目が入っとる
16020423


16020424


16020425


16020426

松の木に止まったので当分は飛ばないと思った。
16020427

漁港からの撮影、この時は魚を持っているとは思わなかった。
16020428

その②に続く

     

ミコアイサは今シーズン初の♂、居たのは1羽のみ
トリミング6倍に拡大
16020429

コハクチョウの群れが飛んでいた。山の麓からの撮影
16020430


撮影機材:D800E、300㎜f4+TC1.4Ⅲ、手持ち撮影  撮影枚数:543枚
移動:車、歩き  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:0円

|

« カワセミ  不調 | トップページ | オオワシ2015-16Ⅹ(2/2)  ”オオワシが飛んでるやないか” その② »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワセミ  不調 | トップページ | オオワシ2015-16Ⅹ(2/2)  ”オオワシが飛んでるやないか” その② »