« オオワシ2015-16Ⅹ(1/2)  ”オオワシが飛んでるやないか” その① | トップページ | オオワシ2015-16Ⅺ  漁の瞬間を撮る »

2016年2月 5日 (金)

オオワシ2015-16Ⅹ(2/2)  ”オオワシが飛んでるやないか” その②

 昨日の続きで、その②

漁港からの撮影、こんなに早く琵琶湖に飛ぶとは思わずびっくりしたが、取り合えず麓に戻ろうと歩いた。野鳥センターから時間を置いての一往復後、湖岸に着いてチュウヒが東方向へ飛ぶのを見て追いかけ、ぶらっと畑を歩いてから行った漁港しんどかったが休憩無で再び麓へ。軽量機材で良かった。
ノートリ画像
01dsc_8546

正面道路に戻ると、どうしようも無い枝被り
02dsc_8554


03dsc_8570

側道からは抜けていると聞いたので移動
04dsc_8597


05dsc_8604

椅子の置ける所を探し粘る。少し枝被りだったが仕方なし。

椅子に座って待っていると動きがある。
06dsc_8652

そして飛び出した。
07dsc_8653


08dsc_8654

完全な枝被り
09dsc_8655


10dsc_8656

枝被りから抜けたが、飛ぶ方向が遠ざかる方向で悪い。
11dsc_8657

遠くてバックが近いとピントが外れる
12dsc_8658


13dsc_8661

北に飛んだので”アカンわ”と思いながらも追う。
14dsc_8669


15dsc_8679

遠すぎてアカンと思ったところでUターン
16dsc_8685


17dsc_8688

山に沿って引き返してきたので遠かった。
18dsc_8694


19dsc_8698


20dsc_8700


21dsc_8702

松に入り撮影終了。
22dsc_8707


厚着で行ったが暖かく、途中で一度上着を脱いだ。
”ああしんど!”の撮影日となったが、手持撮影としては十分満足出来る飛翔が撮れ、良かった良かった。

遠いオオワシは7200よりD800E、山の前で近ければD7200でも十分。
遠い被写体はレンズ次第と思っているが、やはりカメラの差もある。フルサイズ機とAPS-C機の差というより値段の差やろう。D7200の2倍近い価格のD500には期待している。所有カメラではD4が重さを除けば一番使い易く画像も奇麗(カメラまかせで綺麗に撮れる)。焦点距離の短いレンズでは遠いと大きく撮れないのが欠点、D5も2000万画素なら大して違わないだろう。しかし、高感度画像は綺麗やろな~
D500発売の延期のアナウンスがあった。予約殺到で製作台数が追い付かないとのことだが、予約殺到は初めから分かっていたと思うが、完成度にまだ問題があるのかな。来シーズンのオオワシは、D500に500㎜f4をメインに時々D7200とD800Eの軽量機材で撮ろう。

今日もオオワシへ、行って状況を見てからだが、D800Eに300㎜f4+TC1.7Ⅱで湖岸を考えている。

|

« オオワシ2015-16Ⅹ(1/2)  ”オオワシが飛んでるやないか” その① | トップページ | オオワシ2015-16Ⅺ  漁の瞬間を撮る »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオワシ2015-16Ⅹ(1/2)  ”オオワシが飛んでるやないか” その① | トップページ | オオワシ2015-16Ⅺ  漁の瞬間を撮る »