« この冬の湖北通いラストでコハクチョウ | トップページ | カワセミ  ボチボチ »

2016年3月 5日 (土)

アリスイ  3/3の撮影

 カワセミの後D4と600㎜f4で撮ったアリスイ、長い舌を出すところ狙いで連写しまくったが、舌が伸びているのが1枚、嘴の間から見えているのが3枚しか無かった。地面を這い嘴で突っついて蟻を探すシーンが大半で、草が緑なら良かったが枯草では同じような色で画像としてはもう一つ。
地元近くで出没する場所があり、この冬も一度行ったが姿を見たこと無し。この地へ行くのは3年連続だが、行けば必ず姿を見ている。地元近くで出没を待っていた時間は何だったのかと思ってしまう。

01dsc_9845

飛びものも狙ったが、飛ぶタイミングがつかめず難しい。
02dsc_9879

近いと600mmf4では軽快に追えない。軽量機材手持ちの方が追い易い。
03dsc_0006


04dsc_0011


05dsc_0090


06dsc_0140

見る角度によっては爬虫類を思わせるが、横から見ると普通の鳥の姿。
07dsc_0220


08dsc_0228


09dsc_0252


10dsc_0463


11dsc_0487


12dsc_0509

舌を出したが狙っては撮れず、とにかく連写するしかなかった。無駄打ちが多く整理が大変だったが仕方なし。
13dsc_0553


14dsc_0654

   
15dsc_0733


16dsc_0803

 

天気が良かったためかも知れないが、600㎜f4はかなり明るい。これまで使っていたレンズと同様に設定すると露出オーバー気味だったので、ISOを小さくSSを速くしたが、少し暗くなった。ピーカン時の露出設定は難しい。

|

« この冬の湖北通いラストでコハクチョウ | トップページ | カワセミ  ボチボチ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« この冬の湖北通いラストでコハクチョウ | トップページ | カワセミ  ボチボチ »