« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月31日 (木)

桜2016Ⅱ 祇園白川、丸山公園、知恩院、南禅寺  <昼からD5入手>

 持って行くレンズを間違えた。D7200にタムロン16-300㎜のつもりだったが、現地でバッグから取り出すと重い、何とニコン28-300㎜を装着していた。朝にD800Eに付けて高感度の確認をするため使用し、机の横においていたため間違えた。広角側が足らず物足りなかったが、まあエエやろう。2~3日早かったかな。
昼前に自宅に帰り昼食後、レンズを付け替えて醍醐寺に行こうと思ったが、空が白くなり今日は止めて夕方のハヤブサに変更した。2時過ぎにキタムラネットショップのマイページでD5の状況を見ると、D5が販売店に入ったとのことでハヤブサも中止し引き取りに行った。

地下鉄東山駅から祇園白川に向かう途中
16033101

  
祇園白川
枝垂れは見頃、ソメイヨシノが満開になった時の夜間ライトアップが奇麗だが人の多さにウンザリする。
16033102


16033103


16033104


16033105


16033106

   
丸山公園の枝垂れ桜
年々貧相になっている。奇麗な桜は満開時のライトップでしか見れないだろう。
16033107


16033108


16033109


16033110

  
知恩院
2日後ぐらいに見頃かな、花の咲いている木撮影している。
16033111


16033112


16033113

   
南禅寺
見頃になり始めたところかな。そこそこ良かった。
16033114


16033115


16033116


16033117


16033118


16033119

 

D5
持って帰って直ぐに液晶の保護フィルムを付けたが、失敗して半分ぐらいに埃を巻き込む。これまで何度も失敗し保護フィルムを買い直している。
D4の初期不良だったメディア挿入部蓋のがたつき(ニコンは品質範囲内とぬかしとったが)が無くなり、手で持った時のフィット感が良くなった。
高感度での色のムラは出たり出なかったりで、同じような場所を撮っていてもフォーカスポイントによって変わるようである? 朝に調べたD800Eも同様だったので、これまでの機種も同様なのかな。レンズをマクロ105㎜と300㎜f4に変えても出る時は出た。感覚的に見ての結果で詳しいことは暇な時に調べる。これまでにも夜桜撮影でおかしい色が出た記憶はある。
明日はカワセミでデビュー戦、レンズは使い慣れた80-400㎜を使用するつもり。

16033120



撮影機材:D7200、28-300㎜、手持撮影  撮影枚数:160枚
移動:地下鉄、歩き  天気:晴れ
撮影経費:600円(地下鉄一日乗車券)

| | コメント (0)

高感度画像のムラ D800Eでチェック

 D5の高感度画像のムラ、28-300㎜で出るという情報が多少気になり、”D800Eならどうじゃ”で28-300㎜と旧24-70㎜f2.8で調べて見た。
部屋の電気を消しPC液晶モニターを広角側で撮る・・・・何じゃいな、D800Eでも出るやないか、レンズ変えても大して変わらず。液晶の画面固有の結果かな?

モードAで露出補正-1.3、f4、f5.6、f8、f11で撮影したが、f4では見事に現れF11でかなりマシになる。

●28-300㎜  VR・ON
上からf4→11
01f4dsc_5794


02f56dsc_5793


03f8dsc_5792


04f11dsc_5791


●24-700㎜f2.8(旧タイプ)
上からf4→f11
05f4dsc_5795


06f56dsc_5796


07f8dsc_5797


08f11dsc_5798

| | コメント (0)

2016年3月30日 (水)

今年初のミサゴ(2/2)  獲物はボラの大物

結局今日は撮影休み、誕生日で64才となったが後1年で前期高齢者の仲間入り。
    

朝にヨドバシへ行ったが、バックは思っていたより大きかったので購入中止、もう一度探さねばならない。D5とD500の液晶保護フィルムとレンズの汚れ拭き取り用のクロスとセーム皮を買ってきた。昼から桜撮影で醍醐寺に行こうかと思ったが、日差しはあるものの空が白かったので止めた。桜は青空の元で撮りたい。

昨日のミサゴ、魚を掴んで水面から飛び出すところです。
飛び込む所も撮りたかったがホバの時点で諸に逆光、近すぎたこともあって追わず。

飛び込んだ後、しばらく動かずで状況から獲物は大物と推測01dsc_5632

魚が暴れたが、デカ~
02dsc_5633


03dsc_5634


04dsc_5635

引き抜きを試みるも
05dsc_5639


06dsc_5640


07dsc_5642


08dsc_5645

失敗、飛び出すか放棄か・・・・
09dsc_5648

渾身の力を振り絞って
10dsc_5651

飛び上がる
11dsc_5653

水面上を引きずり
12dsc_5654


13dsc_5655

羽ばたきながら魚を引き抜く
14dsc_5658

全身が見えるとデカさが分かる
15dsc_5663

完全に浮き上がればミサゴのもの、後は風に乗って上昇するのみ
16dsc_5667


17dsc_5669


18dsc_5673


19dsc_5677

上昇しようと上を見ている
20dsc_5679

ミサゴが飛ぶ時のは、魚のお頭はほとんど前、過去に一度だけ頭を後ろにして飛んでいるのを見たことがあるが、獲物は小さかった。
21dsc_5686

| | コメント (0)

予定変更で撮影休み(昼から撮影に出るかも)

 朝起きて朝食前にPCでメールを見ると、キタムラネットショップから”ご注文製品の納期お知らせ”が入っていた。D5の納期だがマイページを見ると3/29メーカー出荷と出ていた。明日か明後日ぐらいには手に入ると思うが、2番目以降のロットでもっと遅れると思っていたので少し驚いた。
しんどかったこともあり撮影休みにして、ヨドバシへバックと液晶保護フィルムを買いに行くことにする。バックはD5を風景撮影に使用する時用だが、リュックにバックは揃えているものの、丁度入るサイズの物が無かった。以前風景撮影がメインだった頃は、2台体制で出かけることが多くリュックを使用していた。たまの風景撮影で、D5に24-70㎜か28-300㎜と傘や他の小物が入れば良い。
今年の桜撮影はD7200と16-300㎜と思っていたが、D5が入るならD5と28-300㎜とするのも良いかな。

D5にD500の高感度撮影でムラの出る場合があるレンズとか、D5のダイナミックレンジがどうとかの情報を目にする。後者はどうでも良いが、前者が気になる。所有するレンズでは28-300㎜と16-35mmf4が該当する。特に28-300㎜は夜景撮影のメインで使ったレンズ。どのくらいの感度から出るのか、どの程度のムラなのか・・・・実使用で確認するしかないか。
D800Eの購入時にも被写体によっては何かが出るというような話があったが(何jか忘れた)、結局これまで一度も気になるようなことは無かった。出ても気にしなかっただけと思うが、今回の高感度のムラも同じようなものなら良いのだが。特に、D5は高感度のみが魅了で買ったカメラで、高感度での使用で撮影の幅を広げようと思っているが、自分の撮影感度では関係無いかな?。
鳥撮影に使用しているレンズは、リストに上がっていなかったと思うので問題無しだろう。


D800Eと現行600㎜f4の組み合わせは非常に良い。ここまで撮れれば800系のカメラが新しくなっても買い替える必要は無いだろう。鳥撮影用に撮影止めるまで使用(保存)かな?
Dsc_5331

                             

水浴びのための着水で角度が緩いDsc_5500

| | コメント (0)

2016年3月29日 (火)

今年初のミサゴ(1/2)   至近距離での頭上通過にビックリ仰天

 週一の車運転の日、D800Eにロクヨンでクマタカ様子見かと思ったが、確実なところで今年初のミサゴとした。9時過ぎに到着したが、1時間ほどは全く姿を見せず。諦めて海のハヤブサに行こうかと思ったが、来た以上はもう少し粘ろうと、コンクリの護岸に腰掛け海と空を見ていると、しばらくして飛んだが高くて話にならず。今日のミサゴは3~4羽登場したが、サービスが悪く飛び込みを見たのは3度で2時半まで粘ったが、ショータイムは無かった。しかし、良いことも2度あった。最初は見えない場所で魚を捕り飛んできたが、目の前で何と方向を変え頭の上を通り過ぎよった。”飛びつけば魚の尻尾を掴めた”は大袈裟だが、5~6mの距離だったと思う。2度目は、近くに飛び込んで大きな魚を捕りよった。残念ながら日差しと飛んでいく方向が悪かったが、久しぶりの近距離での漁撮影だった。
たまたま良い場面に遭遇したが、飛び込みが3度のこの状況なら行くのをためらう。京都市内の池の方が費用はかからないかな。

今日は、魚を掴んでの頭上通過を掲載、画像はトリミングでフルサイズから3倍に拡大しています。

気が付いた時は魚を掴んで飛んでおり、飛び込んだ所は見ておらず。16032901


16032902

ロクヨン、画像の綺麗さは比べものにはならないが、フォーカスの速さは80-400㎜やシグマの600㎜ズームの方が勝っているような・・・・気のせいかな?
500㎜f4もそれほどフォーカスが速いとは思わなかった。
16032903


16032904


16032905

進路を変え始め
16032906

こちらを見よった。ほぼ目線の高さ
16032907


16032908


16032909


16032910


16032911

少し上昇しながらどんどん近づいて来る。
16032912

シャッターを押し直す余裕などなく、連写を続けたためピンボケが多かった。こちらに近づいて来る時のピント追従は、どんなカメラでも悪い。

こんな画像は2度と撮れないだろう
16032913

ピンボケ連発後の1枚
16032914

   

ファインダーに収まった最後の1枚、ノートリ(1.2×で撮影)
10m~∞のLIMIT設定のため、何処にもフォーカスせずであたり前。
16032915

出が悪すぎ疲れたが、これまでに無い場面が撮れてヤレヤレの一日だった。ミサゴが飛べば連写にカモメやカモの撮影で枚数は多いが、今日の画像は直ぐにゴミ箱行きばかり。

 

撮影機材:D800E、600㎜f4、三脚使用  撮影枚数:726枚
移動:車  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:6,920円(高速料金)

| | コメント (3)

2016年3月28日 (月)

カワセミ早朝サービス狙い、夕方はハヤブサに行くが姿見ず

 最近のカワセミ、早朝はサービスが良いと聞いているので、7時頃に現着で行った。着いたら♀がいきなり餌取連発、カメラの設定は家の中での置物撮影したままで慌てる。モード、ISO、絞り、SSを設定して撮影に取り掛かるも、AF-SにVRはONのままにしていたのを途中まで気づかず。とにかく餌取の連発で設定をじっくり確認する余裕が無かった。それでもシャッターを押す機会が多かったので、それなりの画像が有りホッとする。いつも行く時間の9時を過ぎると動きが悪くなったので10時半前には引き上げた。
地下鉄一日乗車券を買ったので夕方のハヤブサに行った。3時半過ぎから5時半まで待ったが姿見せず、カワセミが居たのでホバを撮って時間をつぶすも、2回連続の今年になってボーズ2度目でガッカリして引き上げた。

今日の朝の画像は、トリミングによる拡大・リサイズ以外は無修正。いつもはSSを確保するため暗めに撮りソフトで明るく修正した後、シャキッとした画像が好みなのでノイズ感を無視してアンシャープマスクで仕上げている。夕方の画像はアンシャープマスクの処理をしている。

朝のカワセミ
今日の主役は♀だったが、♂も登場し交尾に餌渡しが撮れる。肝心の水際は、♀の飛びl込みがチャボンなので、飛び出してしか撮れずで残念。

飛び出してからショートホバ、スローで間があったので飛び込む前が撮れた。16032801

♀が捕る獲物は小物ばかり、20回以上飛び込み休憩するまで何匹も捕ったので驚く。
16032802
    

♀が止まっている止まり木に♂が止まる。
16032803

機材の設定不十分の時に交尾が始まり、慌ててシャッターを押す。
16032804


16032805


16032806


16032807


16032808


16032809


16032810
     

♀の餌取撮影は、着水が短いため苦手
16032811


16032812


16032813


16032814


16032815


16032816


16032817
    

♀が止まっている所に♂が魚を咥えて飛んでくる。
16032818

給餌、♀が来ると逃げていた♂もやる時はやるようになった。
16032819


16032820


16032821


16032822


16032823
   

今日見た二度目の給餌は、♀が飛んできた。
16032824


16032825


16032826


16032827

給餌が終わった後の♂のどや顔
16032828

 

夕方のカワセミ
ここのカワセミは綺麗、たまに見るがいつもはハヤブサメイン、おまけに夕方は逆光になるので撮影しない。今日は、他に撮影するものが無かったのでカメラを向けたが、たまたまホバをしてくれラッキー。

16032830


16032831


16032832


16032833


16032834


16032835


16032836

 

撮影機材:D7200、150-600㎜、三脚使用  撮影枚数:朝607枚/夕方99枚
移動:地下鉄、歩き  天気:朝は曇り、夕方晴れ
撮影経費:600円(地下鉄一日乗車券)

 

| | コメント (0)

2016年3月27日 (日)

桜2016Ⅰ 山科

撮影休み

今年は、D7200とタムロン16-300㎜で桜撮影を復活させようと思ってるが続くかどうか。特に、この組合せで夜桜を撮影出来ないか、D7200の高感度を事前再チェックをしてみたが、ノイズは目立たないよう処理されているものの細かい描写が完全につぶれている。本番でどうなることやら、やはりD4と28-300㎜VRの登場となるかな。24-70㎜f2.8を使用したいが望遠不足、以前に紅葉撮影で使用したことがあるが、暗い中でのレンズ交換に苦労した経験があるので、夜間撮影は画像が多少落ちても高倍率ズームだろう。30日頃からスタートと考えている。

昨日、手始めに撮影した山科の大石神社と岩寺の桜です。昼からの撮影だが桜は朝から昼までが良い。

大石神社
2時半頃に行ったので逆光
16032701

以前に夜桜を撮りに行ったことがあるが、今もライトアップされているのか?
16032702

30日頃が良いと思っているが、どうかな~
16032703

大石内蔵助ゆかりの神社、座像がある。
16032704

ファラベラ・ミニホースの花子、久しぶりの対面
16032705

  
寺(大石内蔵助が隠棲した寺だそうだが、ひっそりしている。)

枝垂れ桜は見頃だったが逆光、朝に行かないとアカン。
16032706


16032707


16032708

寺の前の広場の桜も見頃、こちらは日差しが良かった
16032709


16032710

| | コメント (0)

D7200とシグマ150-600㎜の高感度撮影チェック

 最近の街中のハヤブサの登場は遅い。ここ数日は5時を過ぎてからと聞いている。遅くなると高感度の撮影となるが、D800Eの高感度撮影でトリミングするとかなりノイズが出る(ただし、軽量レンズの手持ち撮影)。画像処理で上手くノイズを消している(?)と思われるD7200で、極力トリミングせずに撮ればどうかの下調べをしてみた。レンズはシグマ150-600㎜の手持ちで6mぐらいから置物を撮影、これでアカンなら遠いハヤブサは無理と思ってやってみた。近ければそれなりに撮れるのがあたり前。
    
一度フィールで三脚を使用しやってみよう。600㎜f4が良いがアカンと思うので重いレンズを持って行くだけ無駄、シグマの150-600㎜でそれなりの画像が撮れれば持って行く。
D5、D500を入手すれば夕暮れ時なら問題無く撮れると思っている。満月の夜に月明りでカワセミが撮れれば面白いが、街中で夜に望遠レンズをセットしていれば直ぐに警察が来るだろうな。
     

●TC無し画像をトリミングで1.4倍に拡大

 ISO6400、f6.3、SS1/100Dsc_3653iso6400

 ISO12800、f6.3、SS1/200
Dsc_365812800
    

1.4TC装着
暗いと多分AF出来ないと思う。MFで合わせられるか?

 ISO6400、f9、SS1/40、傾き修正でわずかにトリミングされている。
Dsc_3670tc14iso6400

 ISO12800、f9、ss1/80
Dsc_3676tc1412800

 

以前にD4と600mmf4のISO1250で撮影した画像
適当にトリミングで拡大、シグマは手持ちで三脚使用との差が上乗せで出ている。
Dsc_9386

| | コメント (0)

2016年3月26日 (土)

朝はカワセミ、昼からブラブラ

 今日のカワセミは、全く駄目でアカン日だった。早朝はボチボチだったようだが、着いてから2時間で姿を見たのは2度だけ、一度目は顔見世で直ぐに下流に飛び去る。2度目は多少は遊んでくれたが、これまた下流に飛び去ったので諦めて引き上げた。

昼から大石神社・枝垂れ桜の様子見とカワセミ探索で川をブラブラ歩く。

朝のカワセミは、水浴びしか撮れずで飛び込むのが見えない場所でどうしようもなし。枝からの飛び出しと飛びつきを狙ったが、飛び出しはシャッターを押すタイミングが難しい。

16032601


16032602


16032603


16032604


16032605


16032606


16032607


16032608


16032609


16032610


16032611


16032612

       

昼からの撮影
帰ろうと橋を渡っている時にカワセミ登場

上の♂
16032613

♀が後を追いかけてきた
16032614

畑前、飛び込むかと思ったが下流に飛び去り、♀も後を追って下流に飛んで行った。4時を過ぎていたので諦めて帰る。
16032615

かなり上空をチョウゲンボウが飛んでいたが2羽登場
16032616

    
大石神社の枝垂れは後数日で満開だろう。ソメイヨシノはチラホラ
16032617

岩屋寺前の枝垂れは満開、この桜は毎年早い。残りは明日掲載
16032618


撮影機材:D7200、朝80-400㎜/昼から16-300㎜、三脚使用/手持ち
撮影枚数:294枚/191枚
移動:地下鉄/歩き  天気:曇り後晴れ
撮影経費:520円

| | コメント (0)

2016年3月25日 (金)

カワセミ  寒くて出も悪かった~

 今日はD5発売の日、正式には明日だが発売日受け取り品は、いつも前日には受け取っている。予約したのが2/Eなので、かなり遅れると覚悟している。予約殺到とかで発売延期になったD500は、今だに発売日お渡しになっている。発表当初は予約が殺到し、以後はそれほど増えていないということか。D5は元々製作台数が少ないと思うが、製作台数に対しての予約数がかなり多いのかな。よう分からんが入る日が待ち遠しい。初日は、80-400㎜か150-600㎜でカワセミ、夕方に600㎜f4でハヤブサを考えている。最近のハヤブサは登場が5時を過ぎるが、D5の高感度フィールドチェックにちょうど良い。D5の前にD500が入るかな。

今日のカワセミは寒かった。9時前には着いたがホバ連発は終わった後、その後の動きはさっぱりで寒さが身に堪え11時には引き上げた。

《この記事から拡大画像を少し大きくします》

今日も水際は失敗ばかり、撮れたのは飛び出し直後から16032501


16032502


16032503


16032504


16032505


16032506


16032507

ホバは一度撮影チャンスがあり撮れたと思ったがピンボケ、2段の2回目はピントがあったが向きが悪かった。
16032508

ホバから飛び込んだが追えず。
16032509

飛び出して飛行態勢に入ってからピントが合う。
16032510

対岸近くでの飛び込み、400㎜ズームでは遠い。
16032511


16032512

木瓜の枝に止まったのは一度だけ、水浴びで何度か飛び込んだので花周りを狙う。
16032513


16032514


16032515


16032516


16032517


16032518


16032519


16032520


撮影機材:D7200、80-400mm、三脚使用  撮影枚数:135枚
移動:地下鉄、天気:曇り一時晴れ
撮影経費:520円

| | コメント (0)

D7200とD800Eの高感度画像の比較(参考にD4との比較も追加)

 D7200とD800Eの1.5×の高感度(ISO1600~25800)画像を比較した。実使用での両機の比較は、遠い猛禽ならD800Eの方がかなり良い、近いカワセミは天気が良ければどっこい、曇り空でISOを大きくするとD800Eというのがこれまでの実使用上での認識。スペック上、D7200のISO上限は25600、D800Eは6400で当然D7200の方が高感度に強いはず。しかし、D7200の高感度画像はV3ほどでは無いにしろノッペリ感があり、あまり好みでは無くアンシャープマスクを強めに処理するため、ノイズが出て画像は悪いと評価していた。
今回は、室内で同じものを撮影し見比べた。結果、ノイズに関しては無修正ならD7200の方がD800Eより少なく、スペック通りであるように思う。フィールドでの実写は、カルガモぐらいなら良いが、カワセミのように毛が細い鳥の描写なら、ノッペリ感とフォーカス精度等でD800Eの1.5×に軍配が上がる。D7200のISO1600以上、過去にアカンと評価しているが、機会が有ればもう一度使ってみよう。
      

レンズはマクロ105㎜、モードAでf5.6(特に意味は無い)、SS1/40~1/800、高感度ノイズ除去はNORM、三脚使用。
D800Eは1.5×で撮影、機材セットの状況で多少大きさが違ったのでトリミングで共に若干補正した。トリミング以外の修正は無し。

上がD7200、下がD800E
D7200の絵作りは若干派手、D800Eは地味だが視覚的には正確というところ。これがオオワシ撮影でD7200の画像がテカりアカンと判断した原因の一つかも。

●D7200:1.34倍に拡大  D800E:1.33倍に拡大(1.5×画像で)
 ISO1600
01iso1600

 ISO3200
02iso3200

 ISO6400
03iso6400

 ISO12800(D800Eは1段増感)
04iso12800

 ISO25600(D800Eは2段増感)
05iso25600


●共に更に2倍に拡大
 ISO1600
11iso1600

ISO3200
12iso3200

 ISO6400
13iso6400

 ISO12800
14iso12800

 ISO25600
15iso25600

 

<参考>
D7200とD4のISO25600画像の比較
ほぼ同じ位置からの撮影、D4はISO12800の1段増感画像、トリミングで更に1.5倍拡大しているので、トリミングによる画像劣化が加味されている。

25600133


25600266

| | コメント (0)

2016年3月24日 (木)

カワセミ 長~・・・・い超々ロングホバを見てビックリした

 今日のカワセミ、出は悪かったがカワセミ撮影歴12年で、信じられないような超々ロングホバを見てビックリした。これまで2段や3段程度のホバは何度も見ているが、今日のは5段以上あったと思う。特に1段目は長く途中でモニター画像を確認、暗かったのでSSを少し遅くし更にもう一度遅くする余裕があった。その後も何度かホバをしたので、ホバの終わりから川への飛び込みを狙ったが、飛び込みは少なかった。飛び込んで出てきてから上昇しホバをするところも見たが、今日は期待の魚咥えての飛び出しは無く、短時間のホバ祭りになったような・・・・。
あまり出て来ないならホバは目の前1回でOK、後はもっと魚捕りに励んでくれい。

16032401


16032402


16032403


16032404


16032405


16032406


16032407


16032408


16032409


16032410


16032411


16032412


16032413


16032414

飛び出しを狙ったが、D800Eでは秒コマ数不足
16032415


16032416

天気がもう一つ、暗くてフォーカスが遅れ水際は撮れず。
16032417


16032418


撮影機材:D800E、80-400㎜、三脚使用  撮影枚数:208枚
移動:地下鉄  天気:曇り時々晴れ間
撮影経費:520円

| | コメント (0)

2016年3月23日 (水)

気合を入れて、朝はカワセミ昼からハヤブサ

 数日で64才、ロクヨンは担いで歩くのが70才、車直付けで75才まで使おうと思っている。猛禽対象のレンズだが、有効に使うためにはカワセミでも使うしかないと、D800Eを装着し行ったが結果はアカンかった。普段、軽量レンズの400~500㎜手持ちで撮影することが多い。、600㎜の大口径レンズでは動くカワセミを追えず、上手く撮れれば奇麗だが歩留まりが悪く使用するメリットがない。慣れるしかないが、今のところカワセミでは時々使用ということにして、D5が入れば頑張ってみよう。

今日も一日乗車券を買い、昼からはハヤブサ通い。続けて行かないと状況が分からないので3日連続としたが、3時から5時まで待つも姿見せずでガッカリして引き上げた。
懲りずに行くしかない。

今日のカワセミは、サービスが悪く移動も多かった。上のカワセミと違い、遠くへ行ってもしばらくすれば帰ってくるので追うだけ無駄かな。軽量レンズなら良い運動になるが、重いレンズでは疲れるだけ。

16032301


16032302


16032303

アンシャープマスク処理が強すぎたかな
16032304


16032305


16032306


16032307


16032308


16032309

連写は、V3と1用70-300㎜の方が追える。
16032310


16032311

日の差す方向によってグリーン色になる。
16032312

ホバも撮ったが角度が悪い。16032313


16032314


16032315

飛びつきも陣取った場所が悪かった。
16032316


16032317

適機材適所(鳥)、上手く撮るには機材を考えないとアカンが、上手く撮れた画像の綺麗さは所有機材ではロクヨンがNO1。あたり前で綺麗に撮れないと価格が泣く。

 

撮影機材:D800E、600㎜f4、三脚使用  撮影枚数:246枚
移動:地下鉄、歩き  天気:晴れ
撮影経費:600円(地下鉄一日乗車券)

| | コメント (0)

2016年3月22日 (火)

ロクヨン担いで疲れた翌日は

 遠出(ミサゴ様子見)を止め、楽しようと思ったわけではないが、V3と1用70-300㎜で朝からカワセミ昼からハヤブサに行った。この機材のVR・OFFはどうかを調べるのが目的だったが、近いカワセミではON時と同じようなもの、遠いハヤブサではONでないとアカンかなというところ。

●朝のカワセミ
水際狙いだったが撮れたの2回、後は飛び出してから数枚後にピントが合ったという状況。VRのON/OFFは関係無く単なる振り遅れ・・・疲れが原因かな?

枝への飛びつきを掲載16032201


16032202


16032203


16032204


16032205


16032206

頼りない♂を追い出して♀が止まる瞬間、AFの良いV3だから撮れたと思う。
16032207


16032208


16032209


16032210


16032211


16032212

ボケの枝に止まる瞬間、咥えているのがゴミでなく魚なら絵になったのだが、街中の水は綺麗だがゴミだらけの川ならでは光景だろう。
16032213


16032214


16032215

 

●昼からのハヤブサ

最初の登場は、3時前で数分の顔見世でどこかに消えた。
16032216


16032217


16032218


16032219

この後直ぐに飛び出したが、カメラを下した瞬間で撮れず。
16032220

次に現れたのは4時半頃、2羽が煙突の天辺に止まり、1羽が獲物を解体(毛が飛んでいたので分かる)、もう一羽が傍で見ていた。常連数人が見ていたが、飛んできたのを誰も気が付かず。川で子供(中学生かな?)が釣り竿で亀を引っ掛けたのを、どう取り込むか見ていた。
30分ほど煙突の上で何が起こっているか全く見えず。
動きが有ったのは5時過ぎで、ミニ856(ハヤブサは300㎜オンリーの810㎜で撮影)で画像がもう一つ。こういう時こそロクヨンの登場なのだが・・・・
16032221


16032222


16032223


16032224

2羽は親♀と昨年生まれの若♂と思われ、昨日の若♀とは違う。喉元の縦縞の食い込みに尾羽が1本抜けているので違いが分かる。
まだ親に付きまとっているのかな?
16032225

街中のハヤブサ、もう少し早く出てきて良いいところを見せて欲しい。地元近くとはいえ帰ったら6時を過ぎ、後の写真整理が大変ではないか。

  
撮影機材:V3、1用70-300㎜、手持撮影  撮影枚数:朝298枚/昼から518枚
移動:地下鉄、歩き  天気:晴れ夕方曇り
撮影経費:600円(地下鉄一日乗車券)

| | コメント (0)

D800Eと新600㎜f4の画像をトリミングで超拡大

 昨日のハヤブサ若の画像を、トリミングでフルサイズから6倍(面積で36倍)に拡大してみた。カワセミなど近くの鳥を撮っていればあまり価値を感じないが、遠くの鳥でトリミングにより拡大すれ高価レンズの価値を十分感じる。

カメラ内トリミング1.2×で撮影しソフトで5倍、合計でフルサイズから6倍に拡大し、そのままサイズ(約1200pixel)で容量を100KBぐらいに減らしています。

元画像
ソフトではトリミングせず、1200pixelにリサイズ01dsc_44850

  
以下はトリミングで拡大
4時半頃の撮影で赤く染まり始め色が悪い。ソフトで色は変えれるがそのままで掲載。

02dsc_4485


03dsc_4489


04dsc_4492


05dsc_4493


06dsc_4500


07dsc_4515


08dsc_4517


09dsc_4536


11dsc_4546


12dsc_4556

| | コメント (0)

2016年3月21日 (月)

ロクヨン担いで足腰を鍛えよう

 ということで朝はD4でチュウヒ、昼からD800Eでハヤブサに行ったが共に不調だった。ロクヨンのための筋力トレーニングは不要、担いで歩けばトレーニングになる。

●朝のチュウヒ
6時半過ぎに家を出て7時半から11時まで粘ったが、8時半前に一度登場したのみでガッカリ、きつね蕎麦定食を食べて帰った。これまで3年のチュウヒ撮影では最悪の日となった。トビ、アオサギ・・・・を撮りまくり。

D4でのTC無では少し遠かった。16032101


16032102


16032103


16032104

 

●昼からのハヤブサ
2時過ぎ到着で4時半まで粘ったが、登場は2度で良い所は無し。冬場は寒かったのであまり行かなかったが、近場なのでこれからは懲りずに行くつもり。

最初は♀
16032105


16032106


16032107


16032108


16032109


16032110


16032111


16032112


16032113


16032114


16032115


16032116


16032117

2度目の登場は♂
16032118

オマケで若(多分♀)が付いてきた。昨年生まれの”おね~ちゃん”だろう。
16032119

直ぐに飛び去った。
16032120


撮影機材:朝はD4に600mmf4、昼からD800Eに600mmf4 共に三脚使用
撮影枚数:朝は267枚(他の鳥が多かった)、昼から244枚
移動:朝は車、昼から地下鉄に歩き   天気:晴れ
撮影経費:730円(地下鉄の下りる駅を間違え、無駄な出費210円也)

| | コメント (0)

2016年3月20日 (日)

カワセミ  水際狙い、ワンテンポ遅れで撮影失敗が多かった

 朝から天気が良いかと期待していたが、朝の内は曇り空でパッとせず。今日もD7200に300㎜f4での撮影、水際狙いは連写枚数の多いD4に150-600㎜か600mmf4を持って行かねばと思うが、軽量カメラとレンズに馴染んでしまうと、カワセミぐらいでは重い機材を担ぐ気がしない。
一昨日と違いカワセミの出は良く何回も飛び込んでくれたが、浅い飛び込みが多くて飛び出すのが速く、手持ちではワンテンポ遅れの失敗連続となる。次回はレスポンスの良いD4を持って行こう。

16032001


16032002


16032003

水面から飛び出し後の木への飛びつきも狙ったが、これまた失敗の連続。TCを付けカワセミを大きく見えるようにした方が良いかな?
16032004


16032005

唯一撮れた水際
16032006


16032007


16032008

ワンテンポ遅れ
16032009


16032010

ホバ、ピントが合いにくく、合っても途中で外れる。ホバはVR・ONの方が良いかな?
16032011


16032012


16032013


16032014


16032015


16032016


16032017


16032018


16032019

花が残っていたので花がらみも狙った。
16032020


16032021

下のつぼみが開いてきたので、まだいけそう。しかし、止まる場所が離れているので絵にはならないだろう。
16032022

完全なピンボケ。花は撮っている場所の関係で近くに見えるが離れている。先の花に置きピンし、ファインダーにカワセミが入れば連写では、どうしてもカワセミがボケる。着木する前にカワセミにピントを合わせたいが難しい。MFなら狙う場所によってはジャスピンで撮れるかも知れないが、花の周りを飛ばれるとボケ画像しか撮れない。
16032023


16032024


16032025

   
D5の発売日が近づいてきた。いつ入手出来るか分からないが、メモリーカードのスロットを有償交換出来るとの情報を目にしたので、片側だけを変えることは出来ないかカスタマーサポートに電話で聞いた。片側だけは出来ないとのことで残念。


撮影機材:D7200、300mmf4、手持ち撮影  撮影枚数294枚
移動:地下鉄  天気:曇り後晴れ
撮影経費:520円

| | コメント (0)

2016年3月19日 (土)

朝は撮影休み、昼から地元カワセミ探索  <夕方追記>

雨で午前中は撮影休み、昼からぶらっとカワセミを探索した。

最近のカワセミ、下流へ地下鉄で行っているので、上・中流の状況が分からない。中流のカメラマンも下流に来ることが多く、あかんのかなと思っているが、実態はどうなのか気にはしている。下流に行くと交通費がかかるので毎日となると出費が痛い。
上・中流は、2~3年前は4か所ぐらいで餌取連発の飛び込みが撮れたが、カワセミの代が変わってから良い場面無し。近くで撮れる支流も冬の初めは姿を見ていたが、直ぐに逃げよるので行かなくなった。以前通った寺は、昨年何回か行った時には姿を見ているが、拝観料が必要で行くことが無くなった。
暖かくなってきたこともあり、たまには体力維持を兼ね上・中流でのカワセミ探索の歩きを復活させるかな。昼から雨の心配が無ければカワセミ探索に出てみようか。

 
先日、D4とシグマ150-600㎜で撮影した在庫画像

01dsc_1172


02dsc_1190


03dsc_1192


04dsc_1205


05dsc_1206


06dsc_1207


07dsc_1351


08dsc_1353


09dsc_1362


10dsc_1363


11dsc_1499


12dsc_1580


13dsc_1581


14dsc_1583


15dsc_1630

 

●夕方の追記
2時過ぎにカワセミの探索に出る。上流から出合に行き支流を往復したが、帰りに上のカワセミ♂を見つける。いつもの場所に出没しているようだが、動きは変わらずで徐々に上流へ移動、用水路の出口近くで小さな魚を捕り座ったので引き上げた。突然姿を消した♀は今日も姿見ず。何処へ行ったのか?
200枚少々撮影したが大半はイワツバメの飛翔、曇り空でまともに撮れず。

16031901


16031902


16031903


16031904


16031905


16031906


16031907


16031908

撮影機材:D7200、300mmf4、手持ち撮影  撮影枚数:207枚
移動:歩き  天気:曇り後晴れ間
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2016年3月18日 (金)

カワセミ  300㎜f4、VR・OFFでの撮影

 朝、青空が見え撮影に出れそうだったのでカワセミへ。今日の課題は300㎜f4のVR・OFFでの撮影、先日タムロン16-300㎜の試し撮り(?)でOFFの方が良かったので試してみようと思った。結果は全く問題無し、むしろ良いかも知れない。これまで手持ちの場合はAF速度は落ちるが、VR・ONでないと歩留まりが悪いと思っていたが認識間違いかな? それとも16-300㎜に300㎜f4は共に軽量で軽量レンズのなせる業か、まさかとは思うが腕が上がったのか・・・・80-400㎜でも試してみよう。とにかくAFが速くなる分、良いようである。ただし、曇り空でSSが速く出来ない場合はアカンやろな。

今日のカワセミは、山で本格的に穴掘りに入ったのか出は悪かった。山に飛び去ると出てくるまでの時間が長く、間延びして暇を持て余し立っているのがしんどかった。

まずはカモでブレをチェックしたが全く問題無し。SS1/1600以上確保していたので当然かも知れない。手持ちはVR・ONの固定観念があったので、今までこのレンズでVR・OFFを試したことが無い。
16031801

カワセミ飛びものも問題無し。少し甘めだが、タイミング的なものでVR・ONと差は無い。
16031802

二羽並び
16031803

今日も♂は直ぐに逃げよった。餌渡しは撮っており交尾も見られたようだが、どうなっているのかな。
16031804

肝心の水際、撮影結果は十分。
16031805


16031806


16031807


16031808

 

今日も花が咲いていたので、水際より花がらみを狙った。16031809

花に置きピン、水際は捨てファインダーに戻りでカワセミが入れば連写した。カワセミの止まる場所にもよるが、飛び出した瞬間に揺れてピントが外れることもある。
16031810


16031811


16031812


16031813

戻って来た時にピントが合っていれば連写はOK、外れた状態で連写するとあたり前だが枝に止まるまでピントは合わない。
16031814


16031815


16031816


16031817


16031818


16031819

これがホンマの花止まり、左足で花を掴んでいる。16031820

今晩から明日は雨、降り方によっては散るかな、少し離れた場所のつぼみは開きかけているが、どうなることやら。
次回からはいつも通り水際を狙う。カワセミは、花止まりもたまには良いが、大きな魚を咥えて水面から飛び出すところが、躍動感が有り一番絵になる。
16031821


撮影機材:D7200、300㎜f4、手持撮影  撮影枚数:239枚
移動:地下鉄  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:470円

| | コメント (0)

2016年3月17日 (木)

チュウヒ  D7200に600㎜f4

 D7200と新600mmf4の遠い猛禽の写り確認で、チュウヒへひとっ走りした。天気は快晴、しかし遠くの山を見ると少し霞んでいたので、条件は悪いと思っていたが、帰ってきて見た画像は、やはりビビり画像ばかりだった。撮影条件もあるが、D7200は500mmf4から600㎜f4に変えてもアカン、D800Eのトリミングでの拡大画像の方が良い。レンズが良くなってもカメラの性能が同じなら結果は同じ、アカンものはアカンで当たり前のことを確認した。
D500は大丈夫やろな~・・・・? D5購入時にD800Eを下取りで出すか迷っているが、置いておいた方が良さそう。
今日のチュウヒは出が悪く、出ても短時間の飛翔、おまけに遠い距離の低空飛行が多かった。低空を飛ばれると背後にピントが取られ、ピンボケ(ズレ)の連発となる。9時前に到着、11時には帰るつもりだったが、出が悪くもう一つ満足出来ずで様子を見ていると、前の木に止まりよった。枝被りだったが、抜けた方に飛び出してくれることを期待し1時間少々待ったが、飛び出しは木の茂み方向で粘ったのがアホらしくなり、気落ちして1時前に引き上げ、やけくそで950円の定食を食べイチゴを買って帰った。

D7200で十分の枚数が撮れれば、V3も試そうと持って行ったが取り出す機会は無かった。トビ、カラス、カルガモ、サギ、飛行機にヘリコプターと、飛ぶものを見れば連写したので撮影枚数だけは多くなった。

16031701


16031702


16031703


16031704


16031705

トリミングで大きくしなければ(2羽の撮影)、そこそこの画像なのだが
16031706


16031707

   
16031708


16031709


16031710


16031711


16031712


16031713


16031714

仕草を見ていると、エンジェルポーズを除きハヤブサ、オオワシに似ている。猛禽は全て似ているのかな?
16031715

反対に飛んだらアカンがな、1時間少々の待ち時間が一瞬でパア~になる。
16031716


撮影機材:D7200、600mmf4、三脚使用  撮影枚数:435枚
移動:車  天気:快晴(見ている方向は雲一つ無かった)
撮影経費:950円(定食代、予定通り帰っていれば不要だった)

| | コメント (2)

2016年3月16日 (水)

カワセミ 久しぶりに朝から4時まで粘る

 シグマの150-600㎜のファームウェアをアップデートしたので確認のため、D4を装着しカワセミ後ハヤブサの予定で出た。昼から暖かくなるとの予報だったが、風が冷たく寒かったため吹き曝しのハヤブサは止め、昼からもカワセミで粘る。昼を過ぎしばらくしてから暖かくなったので久しぶりに4時まで粘った。
カワセミの出は良かったが飛びまくり、朝はいつもの水際にホバ狙いで追いかけたが、疲れて昼からは近くで撮れる場所に陣取り飛んでくるのを待った。おかげで花止まりに、大きな水生昆虫咥えものを近くで撮れ粘った甲斐はあった。

久しぶりの花止まり、近くから撮れるとは思っていなかった。カメラマンが多いとあまり止まらないようで、粘ってラッキーだった。
16031601


16031602


16031603


16031604


16031605


16031606


16031607


16031608


16031609

 

水生昆虫を捕まえる。足が長いので呑み込むのは無理と思ったが、最後は呑み込んだそうな、途中で撮るのは止めた。
16031610

    
16031611

  
16031612


16031613


16031614


16031615


16031616


16031617


16031618


撮影機材:D4、シグマ150-600㎜、三脚使用  撮影枚数:887枚
移動:地下鉄  天気:曇り後晴れ
撮影経費:600円(地下鉄一日乗車券)

| | コメント (0)

2016年3月15日 (火)

タムロン16-300㎜お試し撮影  カワセミ、隋心院(風景)、ハヤブサ

 昨日、購入したタムロン16-300㎜を早速フィールドで使用した。D7200に装着しカワセミで鳥撮影、隋心院で風景撮影、ハヤブサでV3を付けてどうかを確認する。いずれも価格からは期待以上、高倍率を活かしての万能レンズとして、遊びに散歩で満足の撮影が出来る。V3での遠いハヤブサ飛びものは歯が立たないと思っていたが、歩留まりは悪かったものの上手く撮れた画像が有ったのには驚いた。

●カワセミ
 こんな日に限って動きが良い。天気が不安定で条件は悪かったが十分だろう。所有している純正フルサイズ用の28-300㎜より軽くて使い易いので、このレンズの方が使い勝手が良い。VRをONにするとフォーカス遅れがあるようで、水際狙いはOFFの方が良い。
写りは望遠系レンズより少し劣るので、カワセミや鳥狙いの時にこのレンズを持って行くことは無い。あたり前と思うが、思っていたより踏ん張った。

16031501


16031502


16031503


16031504


16031505


16031506


16031507


16031508


16031509


16031510


16031511


16031512


16031513


16031514


16031515


16031516


16031517


16031518


16031519


16031520


16031521


16031522


16031523


16031524


16031525


16031526


16031527


16031528


16031529


16031530


16031531

 

●隋心院での風景撮影
 風景はD4にD800Eを使用しているので画像は劣る。レンズよりカメラの性能によるものが大きいと思う。
梅は終盤かな?

16031532


16031533

 

●ハヤブサ
 最近では珍しく低い場所に止まってくれた。それでも100mぐらいあったかもしれない。風が強く体が煽られたので歩留まりが悪かったと思うが、三脚を使用すれば良くなるだろう。
このレンズにV3を装着して撮ることは無く、今日はお試しのチェックのため参考に撮ってみた。

16031534


16031535


16031536


16031537


16031538


16031539


16031540


16031541


撮影機材:D7200/V3、16-300㎜、手持撮影  撮影枚数:771枚/653枚
移動:地下鉄、歩き、車に乗せてもらう  天気:曇り時々晴れ後快晴
撮影経費:600円(地下鉄一日乗車券)

| | コメント (0)

2016年3月14日 (月)

雨で撮影休み・・・タムロン16-300㎜入手

 朝から雨で撮影休み

取り寄せを頼んでいたタムロン16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO 入荷の連絡が入ったので取りに行った。何でも下取り5千円でF100を出し、溜まったポイントを利用して67mmフィルターと合わせて5万円也。
用途は7200との組み合わせで渓流釣りに持ち込み、左手に竿を持ち右手片手で水面に浮いてきたイワナを撮ることと、渓流歩きで花や渓流風景を撮ることで、最軽量の高倍率ズームを選んだ。シグマの18-300㎜とどちらにするか迷ったが、ヨドバシで実際にD7200を付けてフォーカスを確認したところ、タムロンの方が速かったように思ったので決めた。感覚的な判断で実際は大差無いと思う。釣り以外の遊びや散歩にも使用するが、D7200では24-450㎜で更に1600万画素換算のトリミングで考えると550mm相当までカバー出来る。カワセミなどの鳥撮影にも利用でき、水際も歩留まりは悪いと思うが撮れると思っている。

さっそくD7200に着け望遠端に伸ばす16031401

重量を測る
16031402

1.35kgぐらいでVRも着いており、片手で撮影出来るだろう。
16031403

   
さっそく所有しているフルサイズ機用レンズ、28-300㎜に旧24-70㎜との撮り比べを行った。

D7200の設定 モードA、ISO1000、f7.1、中央部重点測光、焦点距離70㎜、AF-C21点は共通の手持ち撮影。
トリミングで1.5倍ぐらいに拡大、リサイズに容量縮小以外は修正無し。

●タムロン 16-300㎜ VR・ON
 SS1/25、露出補正-0.3
Dsc_1051

   
●ニコン28-300㎜ VR・ON
 SS1/25、露出補正-0.3
Dsc_1053

   
●ニコン 旧24-70㎜f2.8 VR無
 SS1/25、露出補正-1.0
Dsc_1056


24-70㎜f2.8はVRが無い分、SS1/25では若干ブレているように思うが、どの画像も大差ないような。外で風景を撮り比べれば違うやろな・・・・違わなければ高額純正レンズの値打ちが無い。しかし、どの程度の差があるか、単純に考えればカメラもレンズも同じ価格帯なら新しい方が性能は良いが、価格差で負けて当然だろう。

       
これで今回の臨時収入による爆買いは、数万円を残して終了(D5、D500は予算計上)。ジッツオ三脚の3シリーズからのアップと、ザハトラーのビデオ雲台を取り合えず諦めたので色々買えた。先日のハヤブサ撮影は風が強く、ファインダーを覗いているとかなり揺れ、ウインバリーではやはりアカンかと思ったが、撮った画像はそれほどブレていなかった。SS1/1000以上で撮っていたためと思うが、猛禽撮影では圧倒的に多いザハトラーもウインバリーと大した違いは無いかな。狙うのは飛びもので機材を動かしながらの撮影、キッチリ追えないとどちらも同じ。未練はあるが使って同じなら、約20数万円の買い増しの価値が無い。
                                 

シグマ150-600㎜Cのファームウェアをアップデートした。フォーカス速度が20~50%アップすると記載されていたが、感覚的に速くなったように思う。正確さはどうなのか、カワセミ相手に試さねば。カワセミ撮影ではズームレンズということもあり、ロクヨンよりこのレンズの方が使い勝手が良い。写りはロクヨンだがコストパフォーマンスは、間違いなく150-600㎜だと思うが、ロクヨンなら撮れてもこのレンズでは背伸びしても撮れないものがあり、その差は腕では克服出来ない。

| | コメント (0)

2016年3月13日 (日)

撮影休み・・・・カワアイサ♀

 今日は所用で撮影休み

ヨドバシのネットショップ見るとR440MB/S、W400のXQDが大幅に値下がりし、64GBが15,750円になっていた。先日、カメラリュックを買いに行ったついでにSONYのR440、W150の64GBを27,000円で購入したが、しまったしまった・・・・・である。今はD4で使っているがD500用に買った物、もう少し待っていれば良かったか。
CFは64GBに16GB、8GB2枚を持っているので、D5はCFタイプを予約したが、この価格なら2枚買えたのでXQDタイプでも良かったかな。200枚の連写は不要、最も連写枚数が欲しいのはカワセミの水際にチュウヒの餌渡しぐらい、5秒も連写出来れば御の字で一度の連写で200枚も撮れば後の整理が大変。これまでの一日の撮影枚数MAXはミサゴの2,000枚超え、後の整理にウンザリした。
大相撲の春場所が始まり、もう直ぐプロ野球も始まるが日が立つのが早い。D500の発売日まで、ざっと1ヶ月半だが待ち遠しい。D5の予約は遅かったのでかなり後になるのかな、D5で久しぶりに夜桜を撮影したいのだが間に合わないやろな。

     
今日の画像は、先日撮影の左足を痛めたカワアイサ♀

01dsc_3448_2


02dsc_3461


03dsc_3477


04dsc_3481


05dsc_3488


06dsc_3520


07dsc_3592


08dsc_3603


09dsc_3625


10dsc_3629


11dsc_3638


12dsc_3648

| | コメント (0)

2016年3月12日 (土)

チュウヒ相手にD800Eと600㎜f4+TC1.4Ⅲの写り確認

 最低週一の車運転の日、チュウヒ狙いでチョイと走る。チュウヒ撮影の本番は6、7月、今日は機材の確認で猛禽なら相手は何でもよく、様子見を兼ねてチュウヒを選ぶ。相変わらず登場は1時間に1回程度だが、ハヤブサと違い登場するとしばらく飛んでくれるので、機材のチェックには好都合である。ただ、餌渡しの無いチュウヒの空抜け飛びものは面白みが無く、おまけに近くを飛んでくれず。最初、2羽と思っていたが途中でかなり高い場所だが4羽が飛んでいたので驚く。それにトビが加わりバトルが始まると、訳が分からなくなったが連写しまくった。8時過ぎに到着、目的を達したので粘らず10時半には引き上げた。
D800Eと600㎜f4+TCだが、上手く撮れた画像は良しというところだが、歩留まりが悪くボケ画像連発だった。特に遠過ぎるとほとんどボケで、これはTCが有ろうが無かろうが関係無し。近くを飛んだ時にキッチリ撮ることを考えると、TC無しの方が良いように思う。500㎜f4でTCを使った時よりはシャキッと撮れているが、TC使用はD一桁機限定にし、D800Eでは遠すぎても証拠写真だけは撮りたい、という時の緊急使用に留めるのが良いのかな。

近々、D7200で600㎜f4のTC無しを試す。相手はチュウヒでもトビでも何でも良いが、本番に向け距離に日差しの関係があるので同じ場所に行くつもり。
   

●1.4倍TC使用・・・画像はトリミングでフルサイズから3.6倍の拡大

16031201tc


16031202tc


16031203tc


16031204tc


16031205tc


16031206tc


16031207tc

 

●TC無し・・・TC有との比較のためフルサイズからトリミングで5倍に拡大

1603120842


1603120942


1603121042


1603121142


1603121242


1603121342_3

    
1603121442

 

★適当にトリミング

トビとのバトル?
距離は近かったが前に少し木の枝の茂みがあった。
16031215

これもトビとのバトル?
16031216

相手もチュウヒだった。
16031217

関係がよく分からず。
16031218


16031219

 

☆突如ノスリが現れた・・・TC使用画像

1603122042

 

☆タゲリの群れが飛んでいたが この冬のシーズン初見、おそらく最後だろう。
16031221

    
16031222

 

☆すごい数の群れが飛んでいたが全てオオバン

16031223

                     

撮影機材:D800E、600㎜f4(+TC1.4Ⅲ)、三脚使用  撮影枚数:501枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2016年3月11日 (金)

朝はカワセミ、昼から新気合を入れてハヤブサ 3/12訂正

 朝はミニ856でカワセミに行った。カワセミの動きは良く天気も良かったので、まあまあ撮れた。やはりカワセミはズームレンズが良い、近くに来れば短くし遠くなら長くする。今日は換算で400~810㎜で撮った。V3の画像は使い始めて直ぐから、少し甘いと思っている。フォーカスが原因では無く、ベタっとした絵作りに問題があると考えているが、カメラとレンズの相性で前ピンか後ピンだったりして・・・・。アンシャープマスク処理でそれなりの画像になるのでどうってことは無い。
昼から久しぶりハヤブサに行った。目的は600㎜f4にTC14Ⅲを装着しD4でどうかを見ることだったが、TCを付けても写りは十分で旧500㎜f4よりかなり良い。D800EもTCを付けて試さねばならない。
    

着くなりホバ、追いかけが間に合わず完全順光では撮れず。16031101


16031102


16031103

二度目も立っていた場所が悪かった。
16031104


16031105


16031106

近くに止まれば換算400㎜ぐらいに設定し、逃げないところまで更に近づく。
16031107

飛び込んだところは撮れたが
16031108

飛び出してからは前の止まり木にピンを取られる。
16031109

ピンボケが続いたが、シャッターを押し直し何とかカワセミにフォーカスする。
16031110


16031111

2羽並びが見られ、♀が♂に何か言っているようだが♂は♀の方を向かず。
16031112

止まりものを近くから810㎜で撮っていると飛びこみよった。
16031113


16031114


16031115

当然追えず水際は撮れずで残念、810mmの近距離撮影ではマグレでしか撮れないであろう。
16031116


16031117


16031118

 

ハヤブサは抱卵期と思うが、いつもの休憩場所に登場してくれた。しかし、これまでのように前に出てきてゆっくり(といっても速いが)低い場所を旋回することは無かった。高い場所での旋回は見たが一直線に速く飛ぶことが多く、飛翔の撮影は軽量手持ち機材では遠すぎて大半が敵わなかっただろう。

獲物持ち帰りがあった。16031119


16031120


16031121_2

飛び出しも時間をかけて飛び出すのではなく、姿を見せると直ぐに飛んだので驚いた。
16031122


16031123


16031124


16031125


16031126


16031127


16031128


撮影機材:朝はミニ856、昼からはD4に600㎜f4+TC14Ⅲ
撮影枚数:朝は278枚、昼から363枚
移動:地下鉄、歩き  天気:朝は晴れ、昼からは曇り後晴れ
撮影経費:600円(地下鉄一日乗車券)

| | コメント (0)

久しぶりにF100を持ってみると

 タムロンの16-300㎜の購入に、F100を何でも下取り5千円(壊れていても可)に出すが、久しぶりに取り出して触ると裏蓋のラバーが溶け始めべたついた。8年間使用していないが、数年前に一度取り出し触った時は何ともなかった。
カメラは20代中頃に始めオリンパスOM1、2を愛用していたが一旦止めた。50歳頃に再びデジカメに懲りだし、オリンパスはデジカメ購入の下取りに全て出した。その時の見て触っての感触だが、レンズは何ともなく、カメラはゴム部分の一部に劣化が見られたが大したことは無かった。F100は、その後フィルム撮影を復活させようと購入したもので、使用したのは4年ぐらいだったと思う。
保管は使用期間も含め、オリンパスは書棚で約25年。F100も最初は書棚で使わなくなってからはジュラルミンケースに入れ約13年、ジュラルミンケースは防湿剤を入れ半年で交換している。
ゴムは使わなくても経年劣化する。あまり使わない機材も時々取り出してチェックし、たまには風通しの良い場所で干す必要があるようだ。

F100
ポジフィルム独特の色は良かったが、フィルムと現像の出費大でデジカメほどの枚数が撮れず。フィルム専用スキャナーで取り込んでいたので、デジカメの進歩とともにデジカメの方が良くなり完全に止めた。00a1

     

F100で撮った上高地観光写真
ISOの関係でSSを速く出来ず三脚を使ったと思う。スキャナーで取り込まず業者でプリントしてもらえばどうかは知らないが、スキャナーで取り込んだ画像をPC画面で比較するならD800Eの方が奇麗だろう。
2003年5月3日
00b1_2



カワセミも80-400㎜の手持ちで増感し撮ったことはあるが、今から思えば話にならず。
2006年11月5日  トリミングで2倍に拡大00c1

| | コメント (2)

2016年3月10日 (木)

カワセミ  今日もアカン日

 カワセミに行ったが、天気がもう一つでカワセミの動きも今一、少し薄着で行き寒くてこりゃアカンで1時間半ぐらいで引き上げた。今日はカワセミ上流組は我一人、上流が良いのかもと思い歩いて様子を見ながら引き上げたが、コンビニ近くで1羽姿をみたのみでカメラマンは不在、結局は撮影休みの日だったのかな。

D7200と300㎜f4+1.4TC、止まりものは撮れたが(当たり前)、飛びものにピントを合わせられず。曇り空でカワセミの動きが見難くAFも遅かったということにしておこう。近づいて撮ったのでTCは外した方が良かったかな。
他の人より早く引き上げたので、後がどうだったのか気になる。

16031001


16031002


16031003


16031004

2羽止まりが撮れたが給餌は無し。♀が近づくと♂は逃げるが、この2羽はどうなっているのかな?
16031005


16031006


16031007


16031008


16031009


16031010


16031011

ホバも撮れたが後ろ向きはアカン。
16031012


16031013


16031014


16031015

  
帰ってから来期(4月~来年3月)の日常撮影経費、車関係、酒・たばこ、撮影遠征、釣り、宴会、他特別経費の月次予算の見直しを行った。今期は色々と急な入用があり、泊りでの撮影旅行に行かなかったが、来期は久しぶりに信州に行ってみたい。
ついでに株売却に伴う所得税を確定申告フォーマットで計算、府・市民税に国民健康保険も概略計算方法をネットで調べ算出したが、結構取られるので驚いた。
しかし、まだ少しだけ余裕が有ったのでタムロンの16-300㎜を注文した。600㎜f4購入時ののポイントが有り、何でも下取り5千円というのも利用しF100を出すつもり。フィルムとは完全におさらばになるが、今更フィルムで撮ることは無く整理する。

 

撮影機材:D7200、300㎜f4+TC14Ⅲ、手持ち撮影  撮影枚数:264枚
移動:行きは地下鉄、帰りは歩き  天気:曇り
撮影経費:260円

| | コメント (0)

2016年3月 9日 (水)

撮影休み・・・・今シーズンのオオワシ撮影を振り返るⅡ

雨で撮影休み

ネタ切れでは無いが今シーズンのオオワシ撮影を振り返ってみた。2月28日に機材の価格を元に撮影結果を振り返ったが、今回は時系列での真の回想です。

オオワシ初撮影から丸8年、今シーズンは延べ16日撮影した。同じような画像連発だったがボーズが無く良かったと思う。ただ、目標だった獲物を掴む瞬間を近くで撮れなかったのが残念だが、オオワシ任せの運次第なので仕方なし。湖岸で待つのが退屈で、シーズン半ばに腰砕けになったが、来年こそ頑張ろう。

画像は、ブログ掲載画像から抜粋しています。

★2015年11月25日 
 最低週一の車運転日、もしかしたらオオワシが来ていないかと思って行ったが姿無し。

湖岸でコハクチョウを撮影15112501

人のいない山の麓に狐が現れた。 
15112502

 

★11月28日 
 今日こそはと思い行ったが飛来しておらず。長旅の後、山本山に止まる瞬間が撮れたら感動ものだっただろう。

静かな山の斜面にオオタカが止まっていた。15112801

琵琶湖でチュウヒが飛んでいたが、日差しの関係かも知れないが色が汚い。
15112802

    

★11月30日
 天気が良かったのでひとっ走り、2時間少々ウロウロしながら期待して待ったが姿見せずでガッカリ。

この日もオオタカが止まっていた。15113001

       

☆12月6日 
 12月5日に今津の箱館山麓で恒例の蟹パーティーを開催、翌日帰りの寄り道で様子を見に行ったが姿見ず。今年はアカンかなと一旦諦めた。

15120501

              

●12月9日
 前日、野鳥センターの鳥情報でオオワシ飛来が記載されていたので、D800Eと500㎜f4とミニ856の2台態勢で気合を入れて行った。
湖西道路の坂本あたりで車の後輪がパンク、初めてのタイヤ交換で工具の場所とスペアタイヤの取り外しが分からず、取説を見ながらの作業でかなりの時間ロス。出鼻をくじかれたが、何とかオオワシの朝の漁に間に合いヤレヤレ。

今シーズンの初撮影はミニ856、機材をセットする前に挨拶代わりのまず数枚15120901v3

琵琶湖へ飛ぶ
15120902

獲物を持って帰ってきたが、バックに紅葉が入り良かった。
これは2度目の獲物持ち帰り、最初の獲物は食べている最中に落としよった。最初の獲物持ち帰りは遠すぎて歯が立たなかったので、落としたのはラッキーだった。
15120903


●12月24日
 ミサゴとチュウヒで遠い距離はアカンと判断したD7200に500㎜f4、オオワシではどうかと試そうと思った。何回試してもアカンものはアカン、近くは良かったが遠くはダメ、おまけに近くても横からの日差しが強すぎるとダメの同じ結果。良いシーンがボケ画像になりショックだった。

近い飛翔、まあ十分だろう
15121401

太陽が少し移動し条件が良くなってからの画像だが、D800Eのトリミングに比べれば劣る。
15121402



●12月22日
 手持ち2台体制(D800Eに300㎜f4+TC、ミニ856)で行った。小型軽量の300㎜f4では、遠いオオワシではアカンかもと思っていたが、意外に踏ん張ったので少し驚いた。軽いので何ども使う。

300㎜f4にTC1.7、TC1.4に比べれば画像は少し劣るが十分使える。15122201

ミニ856での連写、AFは良いが少し色が潰れ一眼とは異質の色合い。何度も使っているので分かっている事だが。
15122202

       

●12月28日 
 再び、D800Eと500㎜f4でV3も持って行った。この頃は山の斜面の死んだイノシシを食べているとかで、漁はあまり期待できずの時期。オオワシは元気で飛んでいるとのことだったので、取り合えず飛び出しと飛翔狙い。

到着した時に止まっていた場所は遠く、これまで止まっているを見たことが無い場所で、先に来ていた人から聞くまで分からなかった。500㎜では全く歯が立たず。15122801

正面に止まったので、V3の連写で飛び出しを狙った。
曇り空で撮影条件としてはもう一つだったが、AFがそこそこ追従したので良かった。30数枚の連写だったが、28枚ぐらいはそこそこのフォーカスだった。
15122802v3

   

●2016年1月4日
 漁狙いで途中から湖岸で待ったが飛んで来ず。諦めて山の麓で様子を見てから帰ろうと行った時に飛んでくれ、近くで飛翔だけだが撮れてラッキーだった。麓に行かず帰っていれば、さっぱりの一日に終わっていた。

D800Eと150-600㎜の手持ち、飛び出しを狙わず飛びものだけ狙えば、手持ちで十分撮れる。飛び出しを手持ちで狙うにはちょっと重い。16010401


16010402

    

●1月6日
 初撮影から丸8年のオオワシ記念日、動きが悪く今シーズンでは最悪の日だった。

16010601


16010602

     

●1月22日
 天気は良かったが風が強く寒かった。登場したのは昼前で一度山の前を旋回したが、その後は飛ばず。諦めて駐車場へ引き上げたが・・・・・

16012201

駐車場へ向かう途中何度も振り返り、オオワシを確認しながら歩いていると姿が見えなくなった。漁港の上方辺りでオオワシ発見、山に向かっていたので連写したが魚を掴んでいた。画像は悪いが最後に幸運が訪れ良かった良かったの一日になる。
16012202



●1月27日
 この日は良く飛んだ。今シーズン行った中では一番良く飛んだ日だったと思う。ただ、獲物掴んでが無かったのが残念。

かなり近くの飛翔
16012701

昼頃から頻繁に吠えよった。鳴くというより吠えるがピッタリの言葉だった。上を見て吠え捲ったので、上を見ると何とオオワシがもう一羽飛んでいたのでビックリ。羽の色から若鳥、♂か♀か知らないが後継になりえるのかな?
16012702

     

●2月2日
 この日は魚を持って近くを飛んでくれた。

16020201

残念ながら逆光気味、琵琶湖に飛んでから帰りのコースを予測して場所を移動したが、裏を突かれ移動しなければ順光で撮れた。
16020202

●2月4日
 2度魚を捕りよった。1度目の食事の時間が早かったので、もう一度飛ぶと思い漁港に行ったが、予想より早く漁にでて獲物を掴んで帰り、ミコアイアサを撮っていたので見たのは後ろ姿。

飛び出しが撮れる。
16020401

近くで飛翔が撮れたが、獲物無しではもう一つ絵にならない。
16020402

   

●2月5日
 今日こそは漁の瞬間をと湖岸で待った。期待通り山に沿って飛んできたのは良いが、琵琶湖に向かわずトンネルの上の木に止まる。手持ちだったので急ぎ足で途中まで追いかけたが、琵琶湖に向かって沖へ飛ぶか、近くで水面に下りるかで迷い、前者と思いトンネル方向に行くと帰りが逆光になるので行かなかった。結果は後者、時間はたっぷりあったのでもっと近くへ行けば良かった。

岸近くに降下したが、立っていた場所からは遠過ぎた。
16020501

この後山に戻らず、反対方向に飛び去った。
帰ってPCで見るまで魚を掴んでいるのが分からなかった。
16020502

    

●2月8日
 再び魚を掴んで近くを飛ぶところが撮れたが、ソーラーパネル設置場所方面に飛んだので逆光。

またしても逆光
16020801

道路の直ぐ近くに止まったので急いで行った。トビが邪魔しにきたので半分ほど食べた後、残りを持って山の正面に飛んでいった。
16020802

トリミングでドアップ
500㎜f4での三脚撮影だったが、軽量機材手持ならもっと色々場面が撮れたと思う。16020803

    

●2月11日
 撮れたのは飛翔のみ、150-600㎜の手持ち撮影で肩を痛めた。150-600㎜での長時間の撮影は、使うか使わないか別にして現場へ三脚を持参せねばと思う日となる。

16021101


16021102

           

●2月18日
 動きが悪く今シーズン初めて塒入りまで粘り、飛び出しを撮った。夕方になると色が赤く染まるのでアカン。

16021801


16021802

         

●2月22日
 コハクチョウも撮ろうと、今シーズン初めて80-400㎜ズームを使用した。曇り空で撮影結果はパッとせず。

16022201


16022202
    
       

●3月2日
 600㎜f4を購入、レンズをリュックに入れようとしたら入らず、今シーズンのオオワシでの初撮影は諦めたが運良く北帰しなかった。翌日リュックを購入し、その翌日に行ったが2度も飛翔が撮れラッキー、北帰は翌日で行くのを待ってくれたのかな?

初めて雪がらみが撮れる。16030201
  

16030202_2

目がクッキリ入る。
16030203

 

来年は11月の後半には来て欲しい。
ロクヨンで紅葉バックを十分撮り、それから移動しやすい150-600㎜で湖岸で待つ。運が良ければ漁の瞬間をバッチリ撮れるだろう?

| | コメント (2)

2016年3月 8日 (火)

撮影休みで買い物

 朝、外を見ると小雨が降っているような明るさ、雨は降っていなかったが花粉、黄砂、PM2.5のミックスか、けったいな空模様。カワセミの様子を見てからヨドバシへ行こうと思っていたが、カワセミは中止で早目の9時過ぎに家を出てヨドバシに向かう。買い物は、取り寄せを頼んだレンズコート、鳥撮影軽量機材用のリュックに三脚のアームウオーマ(足の保護カバー)。30分ぐらいで買い物を済ませ、渓流釣りに持ち込むかと思っている高倍率DXレンズを見た。シグマ18-300mmとタムロン16-300㎜をD7200に付けてAFを確認したが、タムロンの方が少し速くて良さそう。片手撮影で釣り上がった魚の水際を撮る、明るい場所ならV3と30-100㎜でも撮れるが、森の中の暗い場所では使い物にならない。万能のお散歩機材にもなるので検討してみよう。

●600㎜f4用レンズコート
まずは三脚座を慎重に外す。328やゴーヨンでも外したことがあるが、奥の六角穴付きボルトがレンチだけでは回せず、モンキーも使う。ネジ山が小さいので潰したら大変。16030801


16030802

全面に被せ終る。表面の汚れに傷の防止、このレンズは買い替えることは無く、今度は買い取りとなる。査定で一番重要なポイントは外面だろう。
16030803

 

●軽量機材用リュック
今まで使ってきたものがかなり傷んだので買い替えたが、同じフリップサイド300を購入した。
16030804

このタイプのリュックは、328を使用していた時に購入したのだが、カメラとTCを装着しても入った。ただし、D一桁機では多少無理して押し込んでいた。
シグマ150-600㎜ならD一桁機でも十分なスペースで、傘におにぎり、お菓子ぐらいなら詰め込める。80-400㎜、300㎜f4には少し大きすぎるが、色々と詰め込める。
16030805

簡易椅子は三脚取り付け部へ、ペットボトルは横のネットに少し無理はあるが差し込む。
16030806

   
●アームウオーマー
特に必要は無かったが買ってみた。3型は支払ったが2型はポイントで買えた。
16030807


今回の予定外収入による爆買い、カメラとレンズ以外で102,260円也。雲台と三脚買い増しは止める方向としているので、タムロンの高倍率ズームもいってまうか~?
しばらくビールを飲んだが昨日から金麦に逆戻り、ウイスキーも角瓶にアップさせたが次回からトリスやな。株利益の所得税、10%と思っていたが20%だったのが痛い。

予約も含め色々買えたが、車買い替えなら(乗って2年なので買い替えは頭にも浮かばないが)、一瞬に消えただろう。

| | コメント (4)

2016年3月 7日 (月)

新気合を入れてカワセミ  D800E編

 気合を入れて行ったが、カワセミの出が悪すぎ、おまけにどんよりした曇り空で撮影はもう一つだった。巣作りのためカワセミ不調(出が悪くなる)の時期に突入かな、時期が早いように思うが。
カワアイサ♀が飛んできたので(地元の川で見るのは初)、カワセミより多く撮りまくり。左足を怪我しており痛々しく、川面を走って飛び上がれるのかと心配していたが、上流に飛び去った。

今日も水浴びから始まった。巣穴掘りの途中に出てきたのか、何度も飛び込んでいた。
16030701


16030702


16030703


16030704


16030705

直ぐ前に止まる。
16030706

少し下流でホバ
16030707


16030708


16030709


16030710


16030711

近すぎて大型レンズ600㎜では振りにくく、また撮影条件が悪くAFが遅れピン甘。D800Eは、D4に比べとろくさい。
ロクヨンでのカワセミ撮影はD4や!・・・・天気が良ければ結果は違ったと思うが。
APS-C機では大きすぎて離れないと追えない。離れるとロクヨンを使う意味が無く、軽量機材で近くから撮る方が上手く撮れる。とにかくD7200も一度試してみよう。
16030712


16030713


16030714

魚と落ち葉を咥えて出てきた。
16030715


16030716


16030717

トリミングによるドアップ
16030718


16030719


16030720

 

突如現れたカワアイサ♀、琵琶湖では何度も撮っているが、近距離で撮ったのは初めて。
16030721


撮影機材:D800E、600㎜f4、三脚使用  撮影枚数:384枚
移動:地下鉄  天気:曇り
撮影経費:520円

| | コメント (0)

2016年3月 6日 (日)

カワセミ アカン日

 今日は暖かかく花粉の飛散が多かったのか、撮影地で途中からクシャミが連発。50代後半まで花粉症など関係無いと思っていたが、数年前に発症を感じるようになり年々症状が悪くなっている。

今日のカワセミは出が悪く、少ないチャンスも曇り空で撮影条件が悪く苦戦した。D800Eに300㎜f4+TC1.4を持って行ったが、フルサイズ機420㎜の画角でカワセミを追い、帰ってからトリミングで拡大して、APS-C機並みの大きさの画像を得る。カワセミを追い易く画像もAPS-C機より良いが、連写コマ数が足らないのが難点。
D500導入に備え、カワセミでもD7200の420㎜、630㎜で使いこなさなければと思うが、つい歩留まりを考え、D7200ではTCを外しTC使用ではD800Eを使ってしまう。

  
まずわ水浴び、対岸近くで遠かった16030601


16030602

こちらに飛んできたので追ったが、途中の飛行はピント合わず。
16030603

餌取の飛び込み、”行きま~す”
16030604


16030605

獲物無し
16030606


16030607


16030608


16030609


16030610


16030611


16030612

少し下流
手持なので直ぐに移動できるが、ロクヨンなら移動する気がしないやろな。
16030613

少し大きな魚を捕った
16030614


16030615

上流に飛び、更に山に飛んで休憩。巣穴を掘っているのかどうかは知らないが、山に行き出すと見る機会が少なくなる。
16030616


帰ってからネットでレンズコートを注文した。キタムラで探したが合うサイズが無く、ヨドバシで見つけた。明後日に入荷予定。
レンズコートは500㎜では使用していなかったが、フードに擦れ傷が何か所有ったので、600㎜では最初から付ける。家でレンズを持って何かする時、狭いので色々な物に当る。屋外では滅多にないがコンクリに置く時が要注意、また雨や潮風の中で使う時に保護になると考えている。ネオプレン製なので軽くなら水洗い出来ると思っているのだが、どうかな。

撮影機材:D800E、300㎜f4+TC1.4、手持撮影  撮影枚数:173枚
移動:地下鉄   天気:曇り
撮影経費:520円

| | コメント (0)

ノスリ VS カラス

 D4と新600㎜f4での撮影、新600㎜f4の解像感は抜群、私にも綺麗(?)に写せます。少し遠い鳥の撮影は、やはり”機材じゃ~”というところ。

AF速度は旧500㎜f4とあまり変わらないように思う。狙う方向によって迷う時は迷う(AFが遅くなる)が、逆光気味には強くなったように思う。
色々良くなっているが、使い込めばボロが出るかもしれない。その時は腕が悪いということになるか。

追記:画像はトリミングで3倍に拡大(1600万画素機D4の許容上限)

01dsc_9633


02dsc_9634


03dsc_9642


04dsc_9643


05dsc_9644


06dsc_9652


07dsc_9657


08dsc_9658

ここからは、VR・OFFでの手持ち撮影。SSが速い時の連写はVRは関係しないのかな。
09dsc_9663


10dsc_9664
       

11dsc_9685


12dsc_9686

| | コメント (2)

2016年3月 5日 (土)

カワセミ  ボチボチ

 朝は曇り空、撮影休みにしようかと思ったが、予報では明日の天気がさらに悪いので、8時を過ぎてからボチボチ出かけカワセミへ。9時頃から2時間ほど居たが、カワセミの動きはボチボチ、撮影もボチボチでこんなものやろうで引き上げた。天気がもう一つだったこともあるが、画像はもう一つでパッとせず。
機材はD7200に300㎜f4で450㎜、少し遠かったかなとも思うが、軽量機材手持ちは飛ぶカワセミを追い易い。重量機材にも慣れないと・・・・

   
飛び込みが浅いと、飛び出してからしか撮れない。
16030501


16030502

飛びながらの追っかけを撮れたが珍しい。
16030503

ズボッと深く潜ると水際から撮れる。水面に頭が出るところから撮れるのが理想だが、時々しか撮れない。
16030504

獲物が小さすぎる。
16030505


16030506


16030507


16030508


16030509


16030510


16030511

少し大きな魚、立っている場所から遠かった。TCが欲しい距離だが、今日は持って行かず。
16030512

黒い線が入っているが、獲物はカワムツかな?
16030513


16030514

水浴びは対岸、450㎜撮影では遠すぎる。
16030515


16030516


16030517

同じような態勢で飛び上がっているが、多少は羽ばたいているのだろうか、12コマ/秒なら中間が入るかな? 
16030518


撮影機材:D7200、300㎜f4、手持撮影  撮影枚数:223枚
移動:地下鉄、天気:曇り後晴れ
撮影経費:520円

| | コメント (0)

アリスイ  3/3の撮影

 カワセミの後D4と600㎜f4で撮ったアリスイ、長い舌を出すところ狙いで連写しまくったが、舌が伸びているのが1枚、嘴の間から見えているのが3枚しか無かった。地面を這い嘴で突っついて蟻を探すシーンが大半で、草が緑なら良かったが枯草では同じような色で画像としてはもう一つ。
地元近くで出没する場所があり、この冬も一度行ったが姿を見たこと無し。この地へ行くのは3年連続だが、行けば必ず姿を見ている。地元近くで出没を待っていた時間は何だったのかと思ってしまう。

01dsc_9845

飛びものも狙ったが、飛ぶタイミングがつかめず難しい。
02dsc_9879

近いと600mmf4では軽快に追えない。軽量機材手持ちの方が追い易い。
03dsc_0006


04dsc_0011


05dsc_0090


06dsc_0140

見る角度によっては爬虫類を思わせるが、横から見ると普通の鳥の姿。
07dsc_0220


08dsc_0228


09dsc_0252


10dsc_0463


11dsc_0487


12dsc_0509

舌を出したが狙っては撮れず、とにかく連写するしかなかった。無駄打ちが多く整理が大変だったが仕方なし。
13dsc_0553


14dsc_0654

   
15dsc_0733


16dsc_0803

 

天気が良かったためかも知れないが、600㎜f4はかなり明るい。これまで使っていたレンズと同様に設定すると露出オーバー気味だったので、ISOを小さくSSを速くしたが、少し暗くなった。ピーカン時の露出設定は難しい。

| | コメント (0)

2016年3月 4日 (金)

この冬の湖北通いラストでコハクチョウ

 コハクチョウ5羽ぐらいが横一列で、青空をバックに飛ぶところを撮りたく湖北に行った。野鳥センター前に100羽以上居たが、ゴジャゴジャした動きはあったものあまり飛ばず。隊列は撮れずだったが1羽だけの青空バックの飛びものは撮れた。
ここ2回のオオワシ撮影で、山本山西に田んぼに飛んでくるのを見ているが、今日はどうなっていたのかな?
      

最初にオオハクチョウらしき小群が飛んだ。前の枯れた葦の背が高く撮影に邪魔。16030401

南側を飛び諸逆光で空抜けは絵に居にならず。この後、次から次へと飛ぶと期待したが飛ばす。
16030402

しばらくして、3羽が飛んだが沖に出て直ぐに戻る。
16030403


16030404


16030405

いつも群れで居るので仲が良いのかと思っっていたが、そうでも無く頻繁に小競り合いをしていた。
16030406


16030407

2羽が飛ぶ
16030408

西の沖に向かって飛び
16030409

途中で北に進路を変える
16030410

漁港上辺りで旋回
ノートリ
16030411

田んぼへ行くかと思っていたら戻って来た。
16030412

2羽が離れたので1羽を狙う。
16030413

近くを通過
16030414

待望の青空バック、1羽だったが撮れただけでもマシ
16030415


16030416


16030417


16030418


16030419


16030420


16030421


16030422

この2羽も再び湖面に下りた。今日はどうなっていたのか?
16030423

島のコハクチョウは静か
16030424

少し南の湖面にいるコハクチョウは賑やかだった。
16030425

コンデジで撮る。朝は霧が出ていて鳥撮影にはもう一つだったが、途中から一面に青空が広がり空気も澄んできた。今日は9時から12時半まで粘る。
16030426

   

帰りに山本山の麓に寄ったが、オオワシが帰り静けさが漂う。今日は暖かくヒバリの囀りがそこら中から聞こえたが、本格的な春の訪れである。
16030427

この冬の湖北は、オオワシ飛来を期待して行った3回に飛来してからの16回、そして今日で合計20回になるが、今日でこの冬の湖北通いはラストにする。


撮影機材:D800E、80-400㎜f4.5-5.6にCOOLPIXS9900、手持ち撮影
撮影枚数:564枚/7枚
移動:車  天気:曇り後晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2016年3月 3日 (木)

”新気合を入れてカワセミ”後アリスイ

 D4に600㎜f4でカワセミに行った。日頃、軽量レンズ400~500㎜~時々600㎜の手持ちで撮り慣れているため、デカい600㎜の三脚撮影はカワセミを追いにくく、ピンボケの連発に終わる。慣れれば上手く撮れるのは間違いないが、上流へ下流へと移動しまくるカワセミに重量機材ではウンザリする。せっかく買った高額レンズ、日々カワセミ撮影が多いので、カワセミでも使わないと元が取れない。週一ぐらいで使おうとは思う。

カワセミの動きが悪くなり、急遽撮影仲間4名とアリスイに行った。狙いは梅の木に止まり長い舌を出すところだが、大半が枯草の地面を這いまわるところで、木に止まったり杭に止まったりしが、梅の木には止まらなかった。地面を突っつく場面が多かったので、舌が写らないかと連写の嵐で1000枚ぐらい撮ったが、多分写っていないだろう。カワセミ撮影地からの移動でD4と600㎜f4を持って行ったが、軽量機材手持ちで十分な相手。
    

カワセミ、適当に掲載

16030301


16030302


16030303


16030304


16030305


16030306


16030307


16030308


16030309


16030310


16030311


16030312


16030313


16030314


16030315


16030316


16030317


16030318


16030319

 

カワセミ撮影地でのノスリとカラスのバトル

頭上近くに来たので三脚から外し手持ち撮影、短時間ならまだまだ大丈夫Dsc_9701

 

アリスイ
    
人が少なくなり我々4名と2~3名になり、ビックリするぐらい近くに来た。人が多いと多少警戒しているのかな?
撮り過ぎて整理が大変なので後日
16030320

撮影機材:D4、600mmf4、三脚使用  撮影枚数:1,416枚
移動:地下鉄、途中車同乗  天気:晴れ
撮影経費:870円(地下鉄、高速料金割り勘)

| | コメント (0)

2016年3月 2日 (水)

オオワシ2015-16ⅩⅥ  ”新気合を入れてオオワシ”で今シーズンを締める  

 先日買った新ロクヨンでのオオワシ撮影、今シーズンはあきらめていたが何とか間に合った。猛禽対象に買ったレンズ、中でも一番重要なのはオオワシで結果は目が入り十分満足だった。

9時前には山の麓に到着、雪が少し残っており雪の中のオオワシを初めて撮った。6時前に来ていたカワセミ撮影仲間の話では、塒から出て枝に止まろうとした時に、雪が積もっていた枝を掴み損ね下まで落ちたそうである。そのシーンを撮りたかったが、暗くて今のカメラでは駄目だろう。

フルサイズ・ノートリ画像
16030201

以下の画像はトリミングで3.6倍に拡大。

雪の積もっている間に飛んで欲しかったが飛ばず。
16030202


16030203

飛んだのは、3時19分頃で待ちに疲れたが、知り合いのカメラマン4名でワイガヤで一人撮影の時ほど退屈しなかった。周囲の人に迷惑だったかな。
16030204

飛び出し時、ポケットに左手を入れ右手でカメラを掴んでいたが、空抜けになるまでそのまま撮影した。慌てて適当にシャッターを押したが何とか撮れていて良かった。
16030205


16030206


16030207


16030208

   
16030209

    
16030210


16030211


16030212

ここからは両手で撮る。
16030213


16030214


16030215


16030216


16030217

琵琶湖に行くかと思ったが旋回しただけで、更に高い場所の木に止まった。枝被り止まっている間はまともに撮れず。
16030218

         
  
もう一度飛ぶと信じて待ったが、飛んだのは4時18分頃で琵琶湖へ一直線。
16030219


16030220


16030221


16030222


16030223


16030224

魚を掴んで帰ってくることを期待したが
16030225

沖まで飛んで直ぐにUターンして戻って来た。
16030226


16030227


もう一度琵琶湖に飛ぶとは思えず、諦めて引き上げた。
明日北帰しなければ明後日にもう一度行くかも知れないが、多分今日が今シーズンラストになるだろう。

撮影機材:D800E、600mmf4、三脚使用  撮影枚数:442枚
移動:車  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:2,730円(帰りの高速料金)

| | コメント (6)

2016年3月 1日 (火)

カワセミ  涙が止まらず撮影に苦労する

 ”新気合を入れてカワセミ”でロクヨンデビューと思っていたが、朝首を振ると120度少々なら普通に触れたが、それ以上の真横に振ると痛みが走る。上下は下に振った時に痛いで、外を見ると薄っすら雪が積もっていたこともあり、今日のデビューは見送り、一番軽量のミニ856を持って出た。今日はどんな機材でも一緒だったと思うが、花粉の影響により(と思う)涙が出っぱなしで、ファインダーが見難く撮影に苦労した。年々、花粉症の症状が悪くなっているように思う。
撮影中に首のリハビリで右見て左見てを何度も繰り返したが、帰ってから首の調子は少し良くなっていた。朝が悪く時間が経てば徐々に良くなるのは腰も同じ。夜寝て次の日の朝に更に良くなっているかどうかで回復状況が分かるが、かなり良くなっているのは間違い無し。日曜日が最悪だったが、これまでで一番長引いている。

天気が安定しておらず、晴れたり曇っりの繰り返しで画像はもう一つ。V3での飛びもの撮影は、晴れの日でないとアカン。

これでも雪バック、もう少し積もっていれば良かったのだが16030101

今日は寒くて指の感覚が途中からおかしくなり、シャッターの押し間違いや上手く押せないことが何度かあり、ホバも途中からしか写せず。
16030102


16030103


16030104


16030105


16030106


16030107


16030108

連写の追従はV3が良い。10コマ/秒、抜き取りで掲載
16030109


16030110


16030111


16030112


16030113


16030114

日差しが良ければ、もう少しピリッと撮れたのだが
16030115


16030116


16030117


16030118


16030119


16030120


16030121

風向きを考え正面から撮れる位置に移動した。これも日差しがあれば良い画像になっただろう。
16030122


16030123


16030124


帰ってから昼過ぎに野鳥センターのTwitterを見ると、オオワシは吹雪で塒に入ったとのこと。明日も居るなら”新気合を入れてオオワシ”が、ロクヨンの実力をみるのに一番良いのだが、朝起きて首の状況がどうかで決めよう。

 

撮影機材:V3、1用70-300㎜、手持撮影   撮影枚数:521枚
移動:地下鉄  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:520円

| | コメント (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »