« 朝カワセミ、夕方ハヤブサ | トップページ | 撮影休み  D500とD7200の感度別画像比較 »

2016年4月30日 (土)

朝カワセミ、夕方ササゴイ   <21:40に追記>

 待望の高速連写のAPS-C機入手で浮かれた2日間、天気が悪かったこともあり実際に撮った画像は、高感度撮影としては良かったが冷静に見ると画像は甘すぎてもう一つだった。今日は天気が良かったこともあり、通常の設定で普通に撮影を試した。
カワセミは、150-600㎜の三脚撮影で主に600㎜で撮影したが、家で見た画像はなぜかピントがもう一つ、400㎜でも撮影したがこちらはOK、D5ではあまりに気にしなかったがシグマの600㎜T端はD500と相性が悪いのかな。家でAFの自動微調整を適当にやってみたが、上手く出来ているかどうか分からない。D500にシグマの150-600はあまり使う気は無いが(今日は試し)、再度撮影で確認しなければならない。
昼からは、300㎜f4+TC14Ⅲ手持ちの確認でササゴイに行った。魚を捕る瞬間か飛び立つところを撮りたかったが瞬間を逃した。これで、鳥撮影レンズで確認していないのは600㎜f4のみとなる。

ササゴイ撮影中に電池の残量がほとんどなくなっているのを表示で知り、電池チェックで確認すると6%の残量で撮影枚数が500枚弱、あまりにも少なすぎ ”何じゃこれは”と思ったが予備の電池を持っていたので変えた。考えてみると入手してから1600枚程度の撮影で電池は4本目、家に帰って入れ替えた電池をチェックすると残量77%で81枚しか撮っていない。何か設定で不要なものが動いているのか、慣らし運転でも必要なのか(これまでのカメラはそんことは無かったが)、それとも初期不良か・・・・。自分の使い方では、これまでのカメラから1000枚以上撮れると思っているので、少し様子を見て変わらなかったら販売店に持って行こう。予備の電池は過去のものが2本あるので一日の撮影は出来る。
まずわ電源OFFで、一晩置いてどのぐらい減るかチェックする。

<追記>
 価格comの掲示板を見ると、D800Eで使用している電池をD500に入れると残量表示が変わると掲載されていた。早速調べるとD800Eで使用中の65%表示の物がD500では11%に、D7200で使用中の57%表示の物がD500では34%と表示される。これまでD500で使用した電池は全て古い予備電池だったのかな。気になるのが0%になっても使えるかどうかだが、今日撮影現場で撮影仲間からD7100で使っていた電池をD500に入れると使えないとの表示が出た聞いたが、関係しているかも知れない。とにかく古い電池で一度使いきってみよう。

●朝のカワセミ

ピーカンの時に止まりものでもシャキッとしないことがあるが、甘いのはそのためかも知れない。
16043001


16043002


16043003


16043004


16043005

以下2枚は400㎜での撮影、トリミングで600㎜と同サイズにしている。
16043005400mm

これは遅れてピントを外した
16043006400mm

   
16043007

  
16043008


16043009


16043010


16043011


16043012


16043013


16043014


16043015

橋桁の日陰、ISO6400で撮影
160430176400

ISO12800での撮影
1604301812800

 

●昼からのササゴイ

16043019


16043020


16043021


16043022


16043023


16043024

SS1/13のスローシャッタを試す。ISO100から1段減感し絞り込む。
16043025


撮影機材:D500、朝は150-600mm三脚使用/昼から300㎜f4+TC14Ⅲ手持ち
撮影枚数:309枚/207枚
移動:地下鉄、昼から歩き  天気:晴れ
撮影経費:520円

|

« 朝カワセミ、夕方ハヤブサ | トップページ | 撮影休み  D500とD7200の感度別画像比較 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝カワセミ、夕方ハヤブサ | トップページ | 撮影休み  D500とD7200の感度別画像比較 »