« 撮影休み・・・・ムクドリの飛翔 | トップページ | ヤマセミ後ミサゴ »

2016年5月30日 (月)

チュウヒ2016ⅩⅢ  葦原上の飛翔狙い

 朝は雨、止んだらカワセミに行こうと思っていたが、川の増水が気になりチュウヒに予定変更。びわこ放送の「大江戸捜査網」を見てから9時頃に出発、機材をロクヨンに変えるのが面倒で、D500に300㎜f4+TC14Ⅲを持って行った。いつもと趣向を変え葭原を飛ぶチュウヒ狙い、初撮影だが今日の機材では遠すぎた。

狙いからいつもと場所を変更し一番端に行った。いつもの場所の正面の木に♀が止まっていたので飛び出しを狙ったが、遠すぎて話にならず。TC17Ⅱも持っていたので変えた方が良かったかもしれないが、このTCはD5に300㎜f4では使っているが、D500では未知で画像落ちが気になり使わず。
ノートリ画像
16053001

しょっぱなに何時もの場所近くで、餌渡しが見られたので保険に餌渡しを撮ろうと、いつもの場所に移動した。

二度目の餌渡しは、630mmでは少し遠かった。トリミングで3.75倍に拡大。
16053002

しばらくいつもの場所で様子を見ていると、今日も♀の巣材運びが頻繁に見られたので端に再び移動。
16053003


16053004
    

♀の動きは良くかなりの枚数を撮ったが、周囲の葦にピントを撮られ大半がピンボケ。MFで撮った方が良かったかも・・・・・?。少し手前の葦にピントを合わせ連写すれば、同じ距離に来た時にピントが合うと思ったのだが止めた。D500のAFを信じたのだが、遠かったにも関わらず何枚か撮れたので良かったのかな。

画像は一部を除き、トリミングで3.75倍に拡大。
16053005


16053006


16053007


16053008


16053009


16053010


16053011


16053012


16053013


16053014


16053015


16053016


16053017
                  

いつもの場所で、カラスを追い払う♂の怒りの急降下を近距離で撮れた。
16053018

猛禽の急降下は、どんな鳥でも速い。
16053020

 

尚、チュウヒの飛びもの撮影は、空抜けを除けば薄曇りの方が、ピントが合い易く綺麗に撮れる。ここしばらくの撮影での教訓だがカワセミも同様である。ピーカンは鳥がテカり、ピントが合い難い。


撮影機材:D500、300㎜f4+TC14Ⅲ、手持ち撮影  撮影枚数:923枚
移動:車  天気:曇り
撮影経費:150円

|

« 撮影休み・・・・ムクドリの飛翔 | トップページ | ヤマセミ後ミサゴ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 撮影休み・・・・ムクドリの飛翔 | トップページ | ヤマセミ後ミサゴ »