« D500と300㎜f4+TC14Ⅲの手持ちで月を撮る | トップページ | D500の電池の件Ⅱ   12時過ぎに追記 »

2016年5月13日 (金)

カワセミ 子育ては順調

 朝からカワセミへ、カワセミの動きは活発で魚を捕り山への持ち帰りを繰り返している。雛が順調に育っている証拠だろう。ただし、朝の早い時間帯で餌取が遠くへ飛んでからと、見えない場所が多いのが残念。巣に帰って再び出てきて時には、体に付いた土を落とすため必ず水浴びをするので、水際の撮影チャンスは多い。

水浴び
飛び出しから狙ったが、シャッターを押すのが相変わらず遅れる。カメラはD500、連写可能枚数が多いので、少し早い目から押せばよいのだが、身に付いた習性は直し難い。16051301


16051302


16051303


16051304


16051305


16051306


16051307


16051308


16051309

珍しく着木まで、そこそこ追えた
16051310
    

16051311

       
16051312

   
    
ホバ
前向きは遠く
16051313

近いと後ろ向き
16051314

途中で体をこちらに向け
16051315

飛び込まずに手前側の土手に止まる。
16051316

もう少しで横から撮れたのだが
16051317

ホバ後の飛びこみまで狙ったが、振り過ぎて途中で見失う。手持ちでは振り過ぎることが多い。
16051318


16051319


16051320

再び捉えた時は水から飛び出していた。
16051321

 

魚咥えての止まりもの
16051322


16051323

カワセミと魚の目が入らないとアカン。
16051324

 

巣への持ち帰り、いつも枝から足が離れる瞬間を狙っているが難しい。
16051325

 

2羽止まり
横に止まると問題無いが、川にせり出した止まり木では前後となり、両カワセミにピントを合わせるのは不可。咄嗟にMFに変え、共にそこそこピントに合わせれれば良いのだが、短時間では無理で良い場面を撮り逃がす可能性の方が大きい。
16051326


16051327


16051328


16051329

   

今日のオマケ画像は、コシアカツバメの水切り。何が撮れるか分からないのが、高速連写の面白さである。
16051330

  
今日もカワセミ待ちの間はパイプ椅子に座っていたが、立って直ぐには腰が伸びない。痛みはそれほど無いが、治るのに数日かかるかな?
ロクヨンを担げないことは無いが、しばらく様子を見た方が良さそう。


撮影機材:D500、300mmf4+TC14Ⅲ、手持ち撮影  撮影枚数:773枚
移動:地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:520円

|

« D500と300㎜f4+TC14Ⅲの手持ちで月を撮る | トップページ | D500の電池の件Ⅱ   12時過ぎに追記 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« D500と300㎜f4+TC14Ⅲの手持ちで月を撮る | トップページ | D500の電池の件Ⅱ   12時過ぎに追記 »