« チュウヒ2016ⅩⅧ  出は良かった・・・こんな日ばかりなら良いのだが | トップページ | カワセミにハヤブサ探索でウロウロ »

2016年6月 9日 (木)

チュウヒ2016ⅩⅨ  昼からハヤブサ

 5時に目が覚めた。天気予報で今日は撮影休みかなと思っていたが、6時過ぎに外を見ると出れそうな雰囲気だったので、9時までは大丈夫だろうとチュウヒに行った。天気予報は当てにならない、9時を過ぎても雨が降りそうになく、結局いつも通り10時半まで粘って引き上げた。
途中から様子見で対岸に行き撮影したが、今期は初で過去三度目。雨が降れば直ぐに帰れるようにと、D500と300㎜f4+TC17Ⅱの手持ち撮影、流石に対岸からは苦しかった。しかし、ロクヨンに1.7倍TCなら何とか撮れるように思うので、曇り空の時にもう一度撮ってみよう。対岸からは、チュウヒの動きのほとんどが見られる。空抜けは解像せずアカンが、グリーンバックが撮れ面白そう。晴れの日は諸逆光になるので撮影にならないだろう。

朝の撮影、何か物足りず2時半頃からハヤブサの様子を見に行ったが、久しぶりに近くから撮れた。
   

着いて直ぐに餌渡しが見られたが、餌渡しの瞬間は見えず。
最近回数は増えたものの撮れなくなっている。♀が巣から出て待つため、♂が見えると直ぐに飛び遠くでの餌渡しになるか、木の茂みの見えない場所で待ちよるので餌渡しも見えないことが多い。
16060901

♂は前の木に止まり
16060902


16060903

♀はしばらく旋回して巣に下りる。
16060904

今日も巣材も持ち帰りが多かったが、巣で何をしているのやら?
16060905


16060906

2回目の餌渡しは遠すぎた。トリミングで3.7倍に拡大しているがD500では無理があるかな。
16060907


16060908


16060909

♀が餌を持って巣の上から見ながら旋回する。雛に外出てくるように促しているのか、最近は直ぐに巣に下りない。
16060910

   
以後は対岸からの撮影、全てトリミングで3.7倍に拡大

餌渡しが見られたが、曇り空とはいえ逆光気味で背後が明るく、空抜けの画像はパッとせず。距離も遠い。
16060912


16060913


16060914

今日も♂が木の上で休んでいると、。”もっと働け~” と♀が餌取を急かしに行きよった16060915

対岸で撮る人も地元の常連さん、昨年は行けば会ったように思うが、今年は確か2回しか会っていないように思う。
16060916

グリーンバックでなかなか良いと思うが750㎜では遠すぎる。ロクヨンと1.7倍TCなら、この2倍の大きさに撮れる。
16060917
   

16060918


16060919


16060920


16060921


16060922


16060923


16060924


16060925


16060926


16060927

 

昼からのハヤブサ
カメラはD500だが、レンズをシグマの150-600㎜に変えた。久しぶりに近くで撮れたので連写しまくり。もっと粘り状況を確認したかったが、大粒の雨が降り出したので一目散に退散した。

煙突の中段に止まっていた。この時は日が差して、バックも青空で良かったのだが・・・16060928

飛んで前の鉄柱に来た。
16060929

しばらくすると黒い雲張り出し条件が悪くなる。バックが白くハヤブサが黒くなるのISO3200にして露出を2段以上明るくした。
16060930

飛び出しを狙ったが、タイミングが合わず飛び出す瞬間が撮れなかった。
16060931


16060932


16060933

ハヤブサを久しぶりに近くで撮れたが、たまたまなのかどうか分からず、様子見で何度か行ってみるかな。ロクヨンを持ち込みたいが、状況が分かるまで軽量機材のV3に1用70-300㎜か300㎜f4が良いかな。

撮影機材:D500、朝300mmf4+TC17Ⅱ/昼から150-600㎜、手持撮影
撮影枚数:693枚/298枚
移動:朝は車、昼から地下鉄  天気:曇り、昼から一時晴れ後雨
撮影経費:520円

|

« チュウヒ2016ⅩⅧ  出は良かった・・・こんな日ばかりなら良いのだが | トップページ | カワセミにハヤブサ探索でウロウロ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チュウヒ2016ⅩⅧ  出は良かった・・・こんな日ばかりなら良いのだが | トップページ | カワセミにハヤブサ探索でウロウロ »