« 雨で撮影休み・・・・在庫からハヤブサ幼鳥(雛) | トップページ | 雨で天気様子見・・・・V3と1用70-300㎜の猛禽画像を再チェック »

2016年6月20日 (月)

チュウヒ2016ⅩⅩⅤ 幼鳥(雛)を今シーズン初撮影

 そろそろ幼鳥(今年の雛)が登場する時期。少し前に道路近くの低木に止まっていたとか、木の茂みの中で動いていたとか聞いているが、別の日に道路近くの低木に♀が止まっていたのを見ており、また、木の茂みの中も♀が入りチョロチョロ動くのを見ているので、幼鳥ではなく♀だと思っていた。
昨日、地元のカメラマンさんから、10時頃に幼鳥が巣の周りを飛び、親が木の上で見張っていたのを見たとの連絡を受け、”出た~”で期待していつも通りの時間に行った。チュウヒの動きはいつも通り、今日は出ないかとも思ったが、とにかく粘った。10時半過ぎに♀が餌をぶら下げ巣の上を周回、ここしばらくこのシーンを見ているので珍しくなく見ていると、この後の行動が違った。水辺に餌を掴んだまま下り、飛び上がってきた時には餌を持っていなかった。”あれ~”と思っていると、色の黒いのが葭原から出てきて水辺に下りた。数枚撮ったので画像を確認すると間違いなく幼鳥だった。残念ながら葦にピントを取られボケ画像ばかり、ならば巣に戻るところをと待っていると、餌を食べた後と思うが戻って来た。今度はバッチリ撮れたが、今シーズン初撮影、まずわ良かった。予想通り餌で釣って巣から誘い出したのだろう。
その後も親は巣に餌を持って入り巣材も運んでいたので、複数羽育っているのは間違い無し。7月に入れば間違いなく、親が餌を持って来れば一斉というほどの数ではないが、飛び出して親を追う姿が見られるだろう。餌は、早いもの勝ちではなく昨年同様順番に渡すのかな。

今日は、明るい曇り空だったが残念ながら白くガスっていて条件はもう一つ。画像ももう一つパッとしないのでアンシャープマスクを強めに処理した。ピーカンで滲むよりはマシだったと思う。
D500を使用したが、大きく撮れないがD5の方が良かったように思う条件だった。今日のような条件なら、フルサイズ機とAPS-C機の鮮明さの違いがあったと思う。

   
●今シーズ初の雛
昨年は6/23が初撮影だったが、6/20に撮影した人も居ると聞いている。丁度ドンピシャの日だった。

16062003


16062004


16062005

巣に下りる時も親と違い、慣れていないのか多少ふらついていた。
16062006


16062007


16062008

  
●今日の餌渡し
♂から♀への餌渡しは5度、別に♂が持って帰ってきたが♀が登場せずで直接巣に下りたのが1度あった。見るのは今季2度目。

一度目は、この後木の茂みでまともに撮れず
16062009

2度目は後ろ向き
16062010

3度目は丁度良い角度だったが、もう少し近づいてくれないと、トリミングで大きく出来ない。
16062011


16062012

4度目は横向き
16062013

                
16062014

5度目は畑の上で遠かった。
前の木に止まっていて待ちきれなかったのか、飛び出して舞いがったところで♂を見つけ飛んで行きよった。餌渡しの時は、♀が低い場所に止まって♂が十分前に来てから出ないと遠い場合が多い。
16062015

日差しももう一つでボケている。
16062016

   
●その他適当に掲載(今日も枚数が多く、全画像をチェックしていない)

珍しい場所に止まった。止まることがあると聞いているが見るのは初めて。
16062017


16062018


16062019


16062020


16062021


16062022


16062023

今日も前の木に何度か止まった。飛び出しは相変わらず背後。
16062024


16062025

カラスか飛びを追い払いに近くへ飛んできた
16062026


16062027

ミサゴばりのホバを披露、ホバをしながら何かを見ていた。
16062028

背打ち、もう少しシャキッと撮れていれば言うこと無しだったのだが。
16062029


撮影機材:D500、600㎜f4(+TC14Ⅲ)、三脚使用  撮影枚数:1029枚
移動:車  天気:曇り
撮影経費:0円

|

« 雨で撮影休み・・・・在庫からハヤブサ幼鳥(雛) | トップページ | 雨で天気様子見・・・・V3と1用70-300㎜の猛禽画像を再チェック »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨で撮影休み・・・・在庫からハヤブサ幼鳥(雛) | トップページ | 雨で天気様子見・・・・V3と1用70-300㎜の猛禽画像を再チェック »