« ミサゴ2016Ⅲ  着水間際狙い   5/31撮影 | トップページ | 風邪気味で撮影休み・・・・チュウヒ飛翔 »

2016年6月 2日 (木)

チュウヒ2016ⅩⅤ  働きの悪い♂が♀に叱られる

 5時過ぎに撮影ポイント着で4時間ほど粘った。早朝は、♀が何度も巣材を運ぶ姿が見られ良かったが、8時頃からはさっぱりとなり風が強く薄着で寒かったこともあり9時半頃に引き上げた。餌渡しは1度だけで休憩時間が長くチンタラした動きの♂に、働きものの♀が”餌取に励め”とばかりに、突っかかるシーンが見られたが2度目。機材はD500にロクヨンでTC17Ⅱを初めて試した。
    

●TC17Ⅱでの撮影
 14Ⅲに比べれば、多少AF精度が悪くなりシャープさに少し欠けるが、満足できる程度には撮れており、大きく撮るには良いかも知れない。しかし、TC14Ⅲで十分な距離なら、大きく撮るためだけで使うことは無いだろう。
また、1500㎜での撮影になるのでファインダーでは捉え難くく、、近くに飛んでくるとファインダーからはみ出すことも多かった。

巣材を咥えて飛ぶ♀16060201

そこに♂が獲物を掴んで戻って来た。
16060202

♀が後を追いかける。
16060203

巣材をどうするかと思っていたら捨てよった。
16060204


16060205

後ろ向きの餌渡し、今日も一番端からの撮影、いつもの場所なら横から撮れていただろう。APS-C機にロクヨン+TCなら、端からでも十分撮れるが、餌渡し狙いだけならいつもの場所が近い。
16060206


16060207

餌を受け取って巣に戻る。
16060208

流石に1500㎜での撮影、かなり大きく撮れる。
16060209


16060210

巣材を持って下りるところ。
16060211


16060212

♀が♂を追いかけるところ。
16060213

♀はよく働くが、今日の♂はあまり働かず。♀が怒るのも当然だろう。
16060214


16060215

巣の上空を飛んだトビに♀が攻撃を仕掛ける。
16060216

巣を守る♀は大変、雛が外に出れば♀も餌を捕りに行く。そうなれば面白くなるが、問題は照り付ける夏の日差し、街中のハヤブサよりはマシだがここも炎天下で暑すぎる。
16060217

   
●TC14Ⅲでの撮影
 葦原からの飛び出しを狙ってみた。モグラ叩き撮影且つ周囲にピントを取られることが多く難しかった。連写に連写で練習あるのみ。
16060218


16060219


16060220


16060221


16060222


16060223


16060224


16060225

  
今日もハヤブサ幼鳥が一瞬登場した。チュウヒと違い速くて、あっという間に前を横切り飛び去った。
16060226

オオバンにイタズラを仕掛ける。
狩りの練習かも知れないが、ハヤブサの体の大きさと飛ぶ速さでは、水面のオオバンを掴んで上昇するのは無理だろう。
16060227

驚いたオオバンは頭を水面に隠す。
16060228

昨日、撮影中に虫がまとわりつき不愉快だったので虫よけスプレーを持って行った。帽子やリュックに吹きかけたが嫌な臭い。家に帰っても臭いが残っているが、嗅いだことのある臭い。何かと考えるとカメムシの臭いに似ているように思う。カメムシの臭いほど強烈では無いので使い続けるかな・・・・


撮影機材:D500、600㎜f4+TC14ⅢにTC17Ⅱ、三脚使用  撮影枚数:1073枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:0円

|

« ミサゴ2016Ⅲ  着水間際狙い   5/31撮影 | トップページ | 風邪気味で撮影休み・・・・チュウヒ飛翔 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミサゴ2016Ⅲ  着水間際狙い   5/31撮影 | トップページ | 風邪気味で撮影休み・・・・チュウヒ飛翔 »