« チュウヒ中締めでカワセミ後ハヤブサ | トップページ | 今日はハヤブサ後カワセミ »

2016年7月 3日 (日)

撮影休み・・・6月までのチュウヒ撮影を振り返る

今日は撮影休み、朝から蒸し暑くてクーラー入れる。真夏でも朝からクーラーは滅多に無いが蒸着くては仕方無し。
ここしばらくの画像の整理がてら、6月までのチュウヒ撮影をまとめてみた。

チュウヒ撮影は、昨年以上に通っている。出が例年より良くなったわけではなく、春先に購入したロクヨンを使うのに近場で他に適した鳥が居ないだけのこと。自宅から走る距離は往復50km弱、ガソリン満タンで10回は通え、駐車場があり歩く距離も大したこと無し。冬の湖北オオワシは、満タンで2回半しか走れずチュウヒほど通えない。チュウヒ撮影地近くの田んぼには、冬にノスリやチョウゲンボウ狙いで時々行っており、チュウヒが飛んで来れば撮っている。今年の冬も何度か飛翔に止まりものを撮っている。

画像は各日1枚、特に良い画像を選んだわけで無く、既に掲載済みのものが多い。 

●3月
チュウヒ狙いではあったが、主目的は機材チェックで今シーズンのチュウヒ撮影にはカウントしていない。

・3月12日 D800Eと600㎜f4
D800Eでロクヨン、1.4倍TCを付けた時のチェックで行った。期待通りチュウヒが登場、空高くトビに交じりチュウヒが4羽飛んだのには驚いた。4羽を見たのはこの日1日限り。
160312d800e600f4_2
   
・3月17日 D7200と600㎜f4
オオワシやミサゴ相手の旧500㎜f4との組み合わせでアカンと判断したD7200、新600㎜f4との組み合わせではどうかのチェックで行った。遠いと滲む画像が多くアカンと判断したが、天気の関係で条件が悪かったのかも知れない。300㎜f4+TCなどで近ければ問題無く撮れているので、もう一度曇り空で試した方が良いかも知れないとは思っているが、D500を入手したので試していない。
160317d7200600f4

・3月21日 D4と600mmf4
D4最後のお勤めで名残を惜しんで(?)撮影したが、TC無では遠過ぎ遠い猛禽での”フルサイズ機はアカン”とのあたり前の結果。3時間半粘り出たの短時間の1度だけ。
160321d4600f4

 

●4月
本格的に狙っての撮影開始で、ブログ上で行った回数のカウントを始める

・4月12日 D5と600㎜f4(+1.4倍TC)
D5でチュウヒ初撮影、出はそこそこでTC有/無、AFダイナミックエリアの点数変更等色々試した。♂から♀への餌渡しが見られ、この日をチュウヒの今シーズン撮影開始日とした。
160412d5600f41

4月20日  D5と600㎜f4
ピーカンの日で、D5で撮影したわりには画像がもう一つだった。大きなウシガエルを駐車場方向で捕り飛んだが、ユラユラの陽炎がはっきり分かる。天気の良い日は、湿度によるが朝の8時頃までが良いところかな。 
160420d5600f4

・4月26日 D5と600㎜f4+1.4倍TC
出が悪く2度登場したのみ。餌渡しが見られ、繁殖は順調のように思った。
160426d5600f4

 

●5月
雛誕生で動きが活発になる。GW辺りに親が卵の殻を巣から持ち出したと聞いた。

・5月2日 D500と600㎜f4
D500の猛禽デビュー戦だったが、天気が良すぎて結果はもう一つ。♀が巣材を何度か運んでいた。
160502d500600f4


・5月12日 D500と600㎜f4
早朝から行き10時頃まで動きは良かったが、その後2時間動きがバッタリ止まり引き上げた。天気が良く炎天下だったが、この頃は暑さはあまり気にならず。
160512d500600f4

・5月17日 D500と300㎜f4+1.4倍TCの手持ち
雨後晴れの朝の内は好条件の日だったが、腰の調子が悪く軽量機材の手持ちで行った。こういう日に絶好の撮影チャンスが訪れる。出は悪かったが近くで餌渡しが見られる。レンズが600mmf4なら、最高の画像が撮れたと思った日である。
160517d500300t14

・5月20日 D5と600mmf4+1.4倍TC
朝の内9時までは出は良かったが、その後2時間さっぱりで引き上げた。チュウヒは、そこそこ撮れた段階で帰るのが良いが、良いチャンスがまだあると思って粘ってしまう。見切りが肝心。
160520d5600t14

・5月23日 D5と600㎜f4+1.4倍TC
この頃になると天気が良いと日が昇るにつれ暑さが増す、撮影結果も大気状態が悪くなりもう一つ。撮影を早朝にシフトし始める。
160523d5600t14

・5月24日 D500と600㎜f4+1.4倍TC
チュウヒの飛翔は、近くを飛ぶことがあるので換算600㎜ぐらいあれば軽量レンズで撮れるが、餌渡しは近くもあるが大半は遠いので、大きく撮るためには長いレンズが必要。D500に600mmf4+1.4倍TCの換算1270㎜で撮ってみた。思っていたより満足出来る結果だったので、以後D500でもTCを多用することになる。
160524d500600t14

・5月25日 D500と150-600㎜手持ち
雨が降るような天気予報だったので、直ぐに帰れるようシグマ150-600㎜の手持ちで行った。画像は少し落ちるが十分。
160525d50015600

・5月26日 D5と600㎜f4
気合を入れて6時過ぎ到着で行ったが、動きが良く色々撮れた。比較的近くでの撮影が多かったため、D5でも十分の距離だった。D5にロクヨンは流石に綺麗に撮れる。 
160526d5600t14

・5月27日 D500と600mmf4+1.4倍TC
この日も早朝からの出勤、曇り空で条件が良く満足の結果だった。この頃から大半早朝に行くようになる。薄曇りでも9時を過ぎると大気の状態で撮影条件が悪くなることが多いからである。
160527d500600t14

・5月30日  D500と300㎜f4+1.4倍TC手持ち
朝雨だったので様子見で待機、9時を過ぎての出発だったので場所を変えての様子見。道路側の端からの撮影、遠いが朝の順光での撮影は綺麗と聞いていたので、距離的にどうかのチェックで試しに撮ってみたが、意外にとれたので以後早朝に何度か撮っている。
画像はいつもの場所での近距離撮影、近くを飛べば600㎜手持ちでも十分。
160530d500300t14

   
●6月 調子が良かったので連日通う
昨年、通いだしたのは6月後半からだったと思うが、5月後半から調子が良くなったので連日通った。狙いの餌渡しは、雛が巣に居る間は♀も巣か近くで待機していたので、正面の左右辺りでよく見えたが、後半雛が巣から出てから♀は左の方に隠れ、雛も木の茂みに入ることが多く、餌渡しが左の木後ろが多くなり撮りずらくなった。

・6月1日 D500と600㎜f4+TC1.4倍
♂が餌を落とす瞬間、爪に引っかかったのか落ちて来ず。♀は突き出した足を引っ込め唖然とする。この餌渡しは山バックで一連の画像は綺麗だった。
160601d500600t14

・6月2日  D500と600㎜F4+TC1.4倍(1.7倍TC)
道路側端からの撮影、巣のある葭原の中から飛び出し、葭原すれすれを飛ぶのを狙った。これまでに撮ったことが無いシーンが色々撮れ良かった。1.7倍TCも試したが画像は少し落ちるものの、まずまずの結果だった。画像は1.4倍TCによるもの。
160602d500600t14

・6月4日 D500と600㎜f4+1.4倍TC
この日も道路側端から撮影を楽しんだ。葭原を飛ぶ姿をSS1/100での流し撮りで試したが、まともに撮れず。
160604d500600t14

・6月5日 D500と300㎜f4+TC1.7倍TC
朝は雨だったので11時頃に手持ちで行き、2時間ほど撮影した。300㎜に1.7倍TCだったが、AFは安定しており、それなりに撮れるのを確認した。
160605d500300t14

・6月8日 D500と600㎜f4+1.7倍TC
ザハトラーFSB8のデビュー戦、600㎜に1.7倍TCを装着し撮影したが、FSB8の動きが滑らかで撮影絶好調。この頃、雛が大きくなり餌の数を多くする必要があったのか、♂が餌を持って帰って来た後に休憩していると、♀が”早く餌を捕りに行け~”とばかりに追い払うシーンが何度か見られた。♀は頻繁に巣材を運び、♂の帰りを待ちかねて♀が見える所で♂を待つシーンも何度か見られたが、♀は働き者で♂は働きが足らないが、撮影現場での評価だった。
160608d5600t17

・6月9日 D500と300㎜f4+1.7倍TC手持ち
天気予報で雨が降りそうな様子、雨が降れば直ぐに帰ろうと思い手持ちで行った。雨は降りそうになかったので粘り対岸からも撮影した。
対岸からの撮影、ノートリ画像
160609d500300t14

・6月11日 D500と600㎜f4+1.7倍TC
対岸から1500㎜で撮影した。この頃の餌渡しは、♀は♂が獲物を持って帰ってくると直ぐに見つけ飛び出してくるので、♂が帰ってくる方向によっては対岸からでも十分撮れた。
160611d500600t17

・6月14日 D500と600㎜f4(+1.4倍TC)
最初は対岸から撮ったが、餌渡しが後ろ向きだったので道路側に行った。比較的近い距離で向きの良い餌渡し3連発が撮れた。
掲載画像は、今シーズン一番大きく撮れた餌渡し、バックが空抜けだったのが残念。
160614d500600t14

・6月16日  D500と300㎜f4+1.4倍TC手持ち
雨が気になり手持ちで行った。餌渡しが3回あったが場所が悪く撮れず。
160616d500300t14

・6月17日 D5+600㎜f4+1.7倍TC
撮影開始は小雨が降る中、レンズにレインカバーを被せポンチョを着ての撮影で開始、この頃チュウヒの出は絶好調になっていたが、この日は何故か悪かった。
160617d5600

・6月18日 D500と300㎜f4+1.7倍TC
この日も出は少し悪く、晴れで撮影はもう一つ。木の下の方の茂みで休む♀を撮影だが枝被り。
160618d500300t17

・6月20日  D5と500㎜f4+1.4倍TC
今シーズン生まれの雛(幼鳥)を初撮影、前日に登場したそうだが、この日も撮影中に2度飛んだ。ガスが少し漂い撮影条件は悪かった。
160620d500600

・6月21日 V3と1用70-300㎜
朝は雨だったが、昼頃に様子見に行った。不十分ながら撮れたので行って良かった。今シーズ今のところは一度だけのミニ856による撮影。十分とは言わないが撮れる。
160621v370300

・6月22日 D500と600㎜f4+1.4倍TC
幼鳥が何度か飛んでくれたが、♀の動きが道路側からでは分からず。幼鳥登場で賑やかになると思ったが動きは不調。
160622d500600t14

・6月24日 D500と600㎜f4+1.7倍TC
対岸から撮ったが、この日は姿がよく見え動きも活発だったので退屈しなかった。雛は2羽登場しており、早くも親から餌渡しが見られたが、3度で受け取ったのは1度のみで2度はう受け取り失敗。
160624d500600t17

・6月25日 D7200と300㎜f4+1.4倍TC手持ち
雨が気になったので手持ちで行った。トリミングで少しでも大きく出来るようD7200を使ったが、D500に慣れてしまっているのでAFに多少イラつく。珍しく早朝は出が悪く、良くなったのは9時頃からで、1時間ほど撮影を楽しみ引き上げた。
160625d7200300t14

・6月27日 D500と600㎜f4+1.7倍TC
対岸からの撮影で餌渡しを2度撮ったものの、出が悪くもう一つだった。
160627d500600t17

・6月28日 D5とシグマ150-600㎜+1.4倍TC
早朝に幼鳥の3羽止まりが見られたそうだが、到着が9時過ぎになり以後のサービスは悪かった。
目的が”D5ならシグマ150-600㎜にTCを付けても普通に使えるだろう”とのチェックだったので目的は達した。結論は使える。
160628d5150600t14

・6月29日 D500とシグマ150-600㎜(+1.4倍TC)
餌渡しは何度か見られたが、出がもう一つで雛が出そろい状況が少し変わったような?
この日も機材のチェックだったので、目的は十分達成した。
160629d500150600

  

雛(幼鳥)登場で、もっと動きが活発になるのかと思ったが、6月終盤は尻すぼみだった。昨年は7月に通い色々撮っているが、今年はどうなることやら。これからは行く回数を減らし、対岸からはこれまで通り600㎜f4+TCを使うが、道路側は例年通り(今年は例年以上?)カメラマンが多くなったこともあり、気軽に手持ちで撮ろうかと思っている。手持ちなら移動しながら、どこからでも撮れる。
幼鳥が遠くへ飛ぶようになれば、チュウヒ撮影は終了で7/E頃かな。

|

« チュウヒ中締めでカワセミ後ハヤブサ | トップページ | 今日はハヤブサ後カワセミ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チュウヒ中締めでカワセミ後ハヤブサ | トップページ | 今日はハヤブサ後カワセミ »