« 撮影休み①・・・・カワセミ撮影あれこれ | トップページ | 成果は、朝のハヤブサ飛び出しの一発勝負のみ »

2016年8月29日 (月)

撮影休み②・・・・シグマ150-600㎜Cの画像再々チェック

 昼から雨ですることもないので、シグマ150-600㎜CのD7200とD800Eの画像を再々度チェックした。
シグマのこのズームレンズは、当時600㎜のレンズを持っていなかったので、フルサイズ機で600㎜撮影をするのを主な目的に購入した。80-400㎜に1.4倍TCを付けてもD800EにD4(当時所有)ならそれなりに撮れたが、600㎜MAXにしては価格が安くTC無の方が良いだろうと思い購入に踏み切った。ロクヨン購入など考えもしなかった頃である。CとSでCを選んだのは、軽量で手持ちしやすいというのが理由、最近は三脚を使用することにしているが、これまでは手持ち撮影が多かった。
D500でのカワセミ撮影で結果がもう一つだったので、D500では使わないと思ったが、最近のカワセミはD5も?で、撮影条件が悪かったのかと思い、撮影条件の違うハヤブサでもう一度試そうと考えが変わった。ハヤブサは低い場所に降りてくることが少ない、D500と150-600mmで行った時に撮影失敗なら、何をしているのか分からないので、事前に同じAPS-C機D7200の画像をチェックした。
確認は2度目でかなりの画像を見たが、比較的近ければ結果は良好だが、猛禽で150mを超えるような距離なら画像を残していないので分からず。多分アカンかったのだろう。とにかく、ハヤブサでもう一度撮ってみよう。

    
画像はいずれもトリミングで拡大

D7200の900㎜(設定600㎜)での撮影

・三脚使用
01d7200sankyaku

 トリミングで3.75倍に拡大
02d7200sannkyaku375

 日差しの悪い条件ながら十分な画像。D7200でOKなら、上位機種の
 D500でもOKでないとおかしい。
03d7200sankyaku30

・手持ち撮影
04d7200temochi16

 少し斜光気味だが、止まりものが撮れなければ話にならない。
05d7200temochi24

   
●以下はD800Eの600㎜撮影
 D800Eでの撮影は、フルサイズ機の画角で撮影しトリミングでAPS-C機に近い大きさの画像が得られるので、カワセミなど近い距離では使い易い。連写能力が低いのが問題、猛禽では良いがカワセミの水際撮影では物足りず。

・三脚使用
06d800esannkyaku3


07d800esankyaku

・手持ち撮影
08d800etemochi36


09d800etemochi36


10d800etemochi36

|

« 撮影休み①・・・・カワセミ撮影あれこれ | トップページ | 成果は、朝のハヤブサ飛び出しの一発勝負のみ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 撮影休み①・・・・カワセミ撮影あれこれ | トップページ | 成果は、朝のハヤブサ飛び出しの一発勝負のみ »