« 撮影休み  気になってD500の画像を再チェック | トップページ | カワセミ D5とシグマ150-600㎜ »

2016年8月22日 (月)

カワセミ D500とシグマ150-600㎜Ⅲ(チェック・ラスト)

 今日もD500とシグマズームのチェックで、下流域の上のポイントに行った。出てきたのは短時間3度で、風が蒸してきた11時頃に引き上げたので、設定を色々変えてのチェックは出来ず。
トリミングによる拡大を2.4倍ぐらいに抑えれば、それなりの画像が得られると判断しチェックは終了。体の小さいカワセミでは、少し遠くなると三脚使用とは言え900㎜で追うとブレが目立つ、先日は日差しが強い中での撮影だった、との2点が原因との結論にしておこう。900㎜での撮影はカワセミを少しでも大きくするため、当然拡大も通常の3倍にしたいのだが、止めた方が良さそう。
行きも帰りも地下鉄だったが暑さでのぼせ、帰ってシャワーを浴びた後のドライゼロは、今日も昼食前ながら連続2本だった。

●少しだけ設定を変えてチェックした

先日の画像、この場所のボケが一番気になったので拘り、今日もこの地に行った。
f値の変更、三脚を使用してのVR:ON/OFFの違い、600㎜→500㎜→400㎜などを調べたかっただが、カワセミの出が悪過ぎシャッターチャンスが少なかったので、焦点距離の変更はしなかった。
f6.3、VR:OFF  拡大は3倍
16082201f63off640_3

f6.3、VR:ON  
16082202f63on640

f8、VR:OFF
16082203f8off640

f10、VR:OFF
16082204f10off800  

   
近距離の手持撮影VR:ONでの比較
f6.3、SS1/1250  拡大は2倍
16082205f63onss1250640

f8、SS1/800
16082206f10onss800640
  

f値の変更にVR:ON/OFFで、厳密に見れば違いがあると思うが大した違いは無し。これからも使用する時は、少しでもISOを下げるためf6.3で、三脚使用時のVRはOFFとする。

追記:これにて一件落着、3日前の疑問は何だったのか・・・・毎度のことか

 

●通常の撮影画像
手持撮影

近すぎて水際捉えられず。  拡大は1.4倍
16082207

ピントが甘すぎる、特に目の周りがシャッキとせず完全な失敗画像。
16082208


16082209


16082210

以後の画像の拡大は全て2.4倍
16082211


16082212


16082213


16082214


16082215


16082216


16082217


16082218


16082219


16082220


16082221


16082222

イソヒヨがチョロチョロしていた。
16082223


16082224

 

明日は下に行こう。



撮影機材:D500、シグマ150-600㎜、三脚使用(一部手持ち)
撮影枚数:422枚(カワセミは少ない)
移動:地下鉄、天気:晴れ
撮影経費:520円

|

« 撮影休み  気になってD500の画像を再チェック | トップページ | カワセミ D5とシグマ150-600㎜ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 撮影休み  気になってD500の画像を再チェック | トップページ | カワセミ D5とシグマ150-600㎜ »