« D500とシグマ150-600㎜でハヤブサ後カワセミ | トップページ | 黄色はピントが合い難い? »

2016年9月 6日 (火)

D500と300mmf4+TC17Ⅱでハヤブサ後カワセミ

 蒸し暑さがぶり返してきた。ここ3日クーラーを入れて寝ているが、切タイマーを以前より早く設定しているので、夜中に何度か目が覚めた。
今日の天気予報は曇り、朝に小雨がぱらついていたので、出発を少し遅らせハヤブサに行ったが、またしても天気予報に欺かれる。着いた頃は曇り空だったが、直ぐに日が差し青空が広がったので、湿度が高かったことも有り、汗が一気に噴き出した。ハヤブサは煙突天辺の手摺に止まっていたが、しばらくして飛び立った。少し場所移動で歩いている時で飛び出しは撮れず、直ぐに戻ってきて何時ものパイプに止まったが、蒸し暑さが我慢出来ず木陰のあるカワセミに移動した。
今日の課題は、D500と300mmf4+TC17Ⅱでのカワセミ撮影見極め、ヤマセミ、ミサゴ、チュウヒでは少し使ったことがあるが、カワセミでは初めてと思う。手持ちで撮影したが結果は非常に良好、フォーカスはTC14Ⅲ装着と比較して気になるほどの遅れは無く、正確さも十分で画像も十分シャキッとしていると思う。ただ、750㎜オンリーでの撮影となるので、向こう岸は良いが手前では焦点距離が長過ぎ、飛びものを追いにくく撮影失敗が多かった。使い勝手(軽量)に画像はシグマ150-600㎜より良いと思ったが、価格が2倍ぐらいなので当然なのだろう? 以前、328や70-200mmf2.8で1.7倍TCを使うと1.4倍TCより画像が落ちるのをハッキリ感じたが、300㎜f4PFではあまり感じない。
300㎜f4の手持ちでカワセミを撮る場合、近くのみを狙うならTC無しでOK、遠くを主体で餌取を狙うならTC17Ⅱ、どちらも狙うならTC14Ⅲ、結局撮影バランスを考えるとTC14Ⅲが一番良いかな。実際は80-400㎜の方が近くも狙えるので良いが、最近このレンズでも待ち時間も考えると手持ちがしんどい。

撮影仲間がD500とニコン200-500㎜を持って来ていたので触らせてもらったが、やはりフォーカスは遅い。300㎜f4+TC17Ⅱ、80-400㎜、シグマ150-600mmより遅いように思う。あくまで実際に触った個人的感覚で、人によって感じ方は違うだろう。写りは・・・・?
(追記:遅いと言っても感覚的なもので、カワセミの動きを捉えられないようなものでは無い。)

●ハヤブサを1枚、止まっている場所が高すぎ話にならず。
16090601

 

●カワセミ

向う岸の枝に止まる。750㎜では十分な距離
16090602

こちらの岸、450㎜ぐらいでも撮れる距離、750㎜では長すぎて餌取を追えず。
16090603

仕方なく飛び出しを狙った。TCを装着した時は、絞った方が良いかも知れない。
16090604

しらすのような小さな魚を咥える、このサイズを咥えていても絵にならず。
16090605

近距離でのホバは日陰の暗い場所
ISO2000でもSS1/1250しか確保できずだったが、f6.7では仕方無し。ISOを半分ぐらいにしてSSも遅くすれば良かったかもしれないが、近い場合はブレが気になりSSが少しでも速くなるよう設定した。
16090606


16090607


16090608

日の差す場所に止まる。
16090609


16090610

対岸の1番遠い所、トリミングで3倍の拡大だが750㎜あれば十分かな。
16090611

連写の追従も上手く追えば問題無し、23連写からの抜き取り。
16090612


16090613


16090614


16090615


16090616


16090617


16090618


16090619


16090620


16090621


16090622


16090623


16090624

遠い飛翔は満足
16090625


16090626

近いとシャキッと撮るのは難しい
16090627   
   
    
16090628

   
16090629



●おまけのチョウゲンボウ
ハヤブサ幼鳥と思ったがチョウゲンボウだった。遠すぎて証拠写真のレベル
16090630



撮影機材:D500、300㎜f4+TC17Ⅱ、手持ち撮影  撮影枚数:492枚
移動:地下鉄、歩き  天気:曇り後晴れ
撮影経費:600円(地下鉄一日乗車券)

|

« D500とシグマ150-600㎜でハヤブサ後カワセミ | トップページ | 黄色はピントが合い難い? »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« D500とシグマ150-600㎜でハヤブサ後カワセミ | トップページ | 黄色はピントが合い難い? »