« カワセミ後ハヤブサ | トップページ | することも無いので・・・・ »

2016年10月25日 (火)

撮影休み・・・所有機材のカワセミ画像を見比べるⅡ

 昨日、ハヤブサ撮影時に鳥取の地震の話が出た。携帯に地震警報のメールが入ったそうだが、自分の携帯には入らなかった。朝に思い出してネットで「携帯 地震速報」で検索、気象庁→NTT・ドコモで調べると、形態のメール設定が緊急速報「エリアメール」を利用するになっていなかったことがわかった。携帯は電話以外ほとんど利用していないが、一度説明書を読む必要があるようだ。

今日は天気がもう一つで撮影休み。
画像は所有機材のカワセミ画像見比べ、以前に見比べを一度掲載しているが今回はその続編。

地元でのカワセミ撮影の距離は、通常10~30mぐらいで、時々5~10mで撮れることも有る。場所にもよるが、対岸土手の肩なら900㎜ぐらい欲しいが、川岸なら対岸でも600㎜で十分で、手前なら400~500㎜ぐらいの方が追い易い。日常の撮影なので、写りより使い勝手優先で考えると、単焦点より焦点距離を変えられるズームレンズが良い。
10m以下になると、止まりものならPC画面で見る限り、どんな機材で撮っても並べて見比べないと違いをあまり感じない。飛びものは、距離が近すぎると飛び出しぐらいしか撮れず、まぐれを期待してカメラを向けている。
10~30mぐらいになると、機材の性能と日差しなどの撮影条件が影響する。撮れた画像は、ピントが合っていれば大して変わらないようにも思うが、じっくり見ると上手く撮れたと思う画像でも、やはり機材で差が有り歩留まりになるとかなり違う。

 

★保有レンズのカワセミ撮影での使用感
・600㎜f4  
 カワセミでは重くて機動性に欠けるのであまり使わない。写りはの良さは群を抜いていると言いたいが、カワセミ程度の距離ではどうかな~・・・?

・300㎜f4+(TC)
 カワセミ撮影での機材軽量化を考え、一か八かで写りが良かった328を手放して購入した。写りは落ちるかも知れないが、起動性で十分カバーしている。今では、カワセミ以外も含め手持ちのメインレンズとなっている。主にTC14Ⅲを装着し、APS-C機で630㎜の撮影をしている。外せば450㎜で撮影出来るが、現場ではダストがカメラに入るので、たまにしか取り外しはしない。

・80-400㎜f4.5-5.6
 300㎜f4購入前の手持ちメインレンズ。現行レンズは、AFが速く写りも十分だが、このレンズの重さでさえ最近長時間の手持ちが出来ず、使用頻度が少なくなった。使っているカメラなら1.4倍TCを付けても十分撮影できる。

・シグマ150-600㎜f5-6.3
 フルサイズ機の600㎜撮影用に購入した。購入当初は手持ちでも撮影したが、今は三脚を使用するようにしている。価格から考えるとフルサイズでは満足しているが、APS-C機でのT端撮影がアカン。レンズの性能がアカンのか、900㎜撮影のブレによるものか、結論が出ずカワセミでは今のところAPS-C機での使用を止めている。400㎜の実質600㎜での撮影なら全く問題無いので、APS-C機なら225~900㎜までカバーでき、このレンズが一番良いのかも知れない。

 

過去に撮影した比較的良好と思う画像を、適当にピックアップして並べてみた。撮影日が違い条件が違うので、厳密な比較は出来ない。
画像は、全てトリミングで2.4倍に拡大しリサイズしている。

●D5
 流石に最新鋭のD一桁機、AFも写りも良い。下手でもシャッターを押せば綺麗に撮れる確率が高く、またレンズの性能引き出しもカメラがカバーしているようにも思う。ただ、フルサイズ機でトリミングによる拡大には限度があり、手持が多いカワセミでは出番が少ない。

・600㎜f4
 綺麗に撮れるが大きすぎてカワセミでは振り難い。慣れれば大丈夫と思うが、カワセミならこのクラスのレンズを使わなくて十分撮れる。
01d5600f4

・300㎜f4+TC17Ⅱ
 TCは1.4倍に抑えるのが良い。D5では距離が少し足らず1.7倍を使用する。D5ではバランスが悪いので手持ちせず三脚を使用するが、この組合せはあまり使っていない。
02d5300tc17

・シグマ150-600㎜
 少し重いが写りは満足している。手持ちも可能だが、D5の場合は必ず三脚を使用している。
03d5150600


●D500
 D5より早く予約したが遅れて入手。D5の高性能TC付きカメラの感覚で使用してみたが、暗かったこともあり写りはD5並みとはいかなかった。

・600㎜f4
 寺のカワセミ雛祭りで一度だけこのレンズを使用したが、カワセミの距離ではD5の方が良い。

・300㎜f4+TC17Ⅱ
 AFは多少遅れる程度で十分使用出来るが、画像が少し悪くなり距離が近い時に750㎜では追いにくいので、ほとんど使用していない。11d500300f17

・300㎜f4+TC14Ⅲ
 手持撮影は、この組合せが一番良い。近いと追いに難くTCを外そうと思う時もあるが、外している間に飛ばれることを考えると外せない。
12d500300f14

・80-400㎜
 この組合せを使用したいが、軽量レンズに慣れると重く感じる。
13d50080400iso1600

・シグマ150-600㎜
 焦点距離の範囲から考えると、この組合せがカワセミではベストと思うが、T端の写りがもう一つ・・・・。
14d500150600


●D7200
 写りに不満は全く無いが、食い付きに連写のAFはD500の方が優れていると実感している。秒間の連写コマ数が少なくカワセミでは使用しないつもりだったが、D500のショット数が予想以上に多いので併用している。画素数が多いので、トリミングでの拡大はこちらの方が有利。

・300㎜f4+TC14Ⅲ
 ホバに単なる飛びものはこの組合せで十分だが、水際飛び出しは連写コマ不足。連写の歩留まりは、腕にもよると思うが明らかにÐ500に比べ落ちる。21d7200300tc14

・300㎜f4のTC無
 この組合せは綺麗に撮れる。450㎜の撮影では、少しでも高画素というのが良い。
22d7200300f4

・80-400㎜
 写りは十分
23d720080400

・シグマ150-600㎜
 D500に同じでT端側がアカン。このレンズでの手持ちは、少しでも軽量にしたいのでこの組合せが良いかな。
24d7200150600

・タムロン16-300㎜
 散歩がてらの探索時に使ったが用途から十分。
25d720016300


●D800E
 フルサイズの画角でカワセミを追い、後のトリミングで大きな画像が得られるで使い勝手は良かったが、カワセミでは連写コマ数が少なすぎる。ショット数が17万回を超えていることもあり、風景専用(行くことはあまり無いが)として鳥撮影で持ち出す機会を少なくしている。

・600㎜f4
 撮影距離の遠いオオワシにミサゴで使った時は驚いたが、カワセミでは平凡かな。31d800e600f4

・300㎜f4+TC14Ⅲ
 お試しで撮った画像
32d800e300tc14

・80-400㎜
 ズームレンズでこのカメラを使えば、トリミングによる拡大でカバーできる範囲が広くなり、よく使っていた。
33d800e80400


〇V3
 軽量で連写能力にAF追従は申し分なく、明るい条件限定だがカワセミ探索には好都合。画像は一眼より落ちるのは仕方ないとしても、カワセミではISO400が限度なのがアカン。
どの機材も買って直ぐは良いと思ったが、最初に使ってアカンと思ったのはこのカメラのみ。使用したレンズは80-400㎜で手持ちだったが、後に1用70-300㎜を購入して認識が変わった。V4は出現しないのかな?

・1用70-300㎜
 AFの追従が良く20コマ/秒での撮影も可能なので重宝、写りが一眼より落ちるのは仕方なし。
41v370300

・300㎜f4
 AFは悪くなるが、上手く撮れた画像は1用70-300㎜より綺麗。
42v3300f4

|

« カワセミ後ハヤブサ | トップページ | することも無いので・・・・ »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワセミ後ハヤブサ | トップページ | することも無いので・・・・ »