« 天気様子見・・・今年の野鳥撮影での狙いの鳥 | トップページ | カワセミ 出もサービスも悪かった »

2016年10月17日 (月)

田んぼ2カ所巡り後湖北へ

 11時頃に車を引き取りに行き滋賀の田んぼへ。一カ所目は冬に時々行く場所で、目ぼしい鳥は居らず。2カ所目はチュウヒ撮影時に人から聞いた場所の下見で、広大過ぎて狙いの鳥の居場所全く分からず。もっとも、まだ入っていない可能性は大きいが、場所が特定できないと探せないだろう。代わりにチョウゲンボウとケリを撮る。ついでということで湖北まで足を延ばしたが、ノビタキは姿見ずで遅かったようだ。電線止まりのニュウナイスズメとヒシクイの後姿は撮れたが見るに堪えない。ミサゴが遠くで急降下したが、遠すぎて途中で見失う。帰りは湖西から帰ったが、若い頃によく走った琵琶湖一周のドライブのような日となった。
D500に300㎜f4+TC17Ⅱを使ったが、滋賀はどんよりした曇り空だったので、AFも画像もパッとせず。この組合せは、明るい条件でないとアカンと認識した。

チョウゲンボウ♀
16101701


16101702


16101703


16101704


16101705

ケリ
16101706


16101707


16101708


16101709


撮影機材:D500、300㎜f4+TC17Ⅱ、手持ち撮影  撮影枚数:228枚
移動:車  天気:どんよりした曇り空
撮影経費:0円

|

« 天気様子見・・・今年の野鳥撮影での狙いの鳥 | トップページ | カワセミ 出もサービスも悪かった »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天気様子見・・・今年の野鳥撮影での狙いの鳥 | トップページ | カワセミ 出もサービスも悪かった »