« 10/31のミサゴ(2/2)  1.4倍TC使用編 | トップページ | 河川敷 チョウゲンボウ♂(TC装着編) »

2016年11月 3日 (木)

琵琶湖周辺で探鳥後、芋煮会

 昨日、釣り仲間の渓遊会で芋煮会を開催した。2時に箱館山麓に集合だったので、朝に琵琶湖東岸を走り、田んぼと湖北で探鳥してから行った。探鳥は片手間としてはそこそこの成果、夜は久しぶりに11時近くまで飲んで楽しく過ごし、今日の朝9時過ぎに現地解散。

●琵琶湖周辺での探鳥
 最初にコチョウゲンは居らんかえで田んぼを歩く。

トビ、カラス、ハト、スズメ、モズぐらいしか姿見ずで、諦めて駐車場に戻る途中で隠れているケリを見つける。田んぼの切株の間に上手く隠れるので見つけにくい。
16110301

ケリが飛ぶのを期待したが、こちらの動きを見ているようで微動だにしなかったので諦めて再び駐車場に向かう。

途中、遠くの電柱にモズぐらいの大きさ(に見えた)の鳥が止まっていたので、撮影し拡大するとチョウゲンボウかと思ったが、少し小さいように思いコチョウゲンかと期待して近づくと飛びよった。
16110302

コチョウゲンかチョウゲンか・・・・チョウゲンやろうな?
16110303

♂なら違いが分かるが、♀は分からない。
鳥のことをあまり知らない鳥撮影好きのカメラマン、もっと勉強する必要有りかな。もっとも、色々な鳥を撮るわけではないので勉強の必要もないか。図鑑ぐらいは見て調べているが、図鑑掲載の写真が少なくよく分からない。
16110304


16110305


16110306

駐車場に戻り湖北へ、コハクチョウを撮りたかった。
まずはセンター前のヒシクイ、日差しと鳥の向きが悪すぎた。この鳥も、ヒシクイとオオヒシクいの違いが分からない。以前はマガンとの違いも知らなかったが、今は見分けがつく。
16110307

コハクチョウは、センター前では姿を見なかったが、漁港横に20数羽が居た。
16110308

コハクチョウも以前はオオハクチョウとの違いが分からなかったが、去年やっと分かった。
16110309

幼鳥も数羽交じる。
16110310

山本山方面に向かい、正面道路を歩いて行くとコハクチョウが田んぼに数羽居た。コハクチョウも飛びものは撮っておきたいので、いずれはオオワシで行ったついでに飛びものを狙うつもり。
16110311

ブラブラ歩いていると、イソヒヨ♀が目の前に飛んできた。
16110312

電線にはニュウナイスズメ
先日来た時にはスズメに交じり数10羽居たが、昨日は2羽しか姿を見ず。
16110313

ジョウビタキ♀、ここ数日で見る機会が増えた。
16110314

 

●芋煮会
 集合場所は川北ハウス。初めて行ってから20数年になるが、周囲の別荘に永住型家は増えておらず、空き地の木は大きくなり荒れている。土地だけ買ってそのままにしている人が多いようで、持ち主も相続で代変わりしているのかな。
16110315

食材の買い出しは、いつも通り平和堂
16110316

買い物帰りに箱館山を撮る。
紅葉はもう少し先のようだが、奥の酒波林道(だったと思う)は紅葉しているかも知れない。
16110317

食材
里芋(仲間の菜園から)、牛肉、豆腐、コンニャク、マイタケ、ナメコ、ゴボウ・・・・、突き出しは鰹のタタキにマグロの切り落とし。
16110318

日本酒2本(1本は濁り酒)、ビール。
以前は、ワイン、ウイスキー、焼酎なども揃ったが、最近は皆酒量が減った。
16110319

日本酒の渓流、名前が会に合っている。
16110320

芋煮の鍋に惜しみなく注ぐ
16110321

出来上がり
16110322

味がどうだったかは集まった者にしか分からない。男の料理だが、釣り仲間が集まればこのぐらいは作れる。
ワイワイガヤガヤで時間が過ぎたが、色々と病気の話が増えたな~。
16110323

朝は、まずコーヒーを一杯
16110324


サトウのご飯に漬物、キムチ、味噌汁、味付け海苔で朝食を食べ解散。
次回は、12月初めに恒例の蟹パーティー。

  
撮影機材:D7200、300mmf4+TC14Ⅲと16-300㎜、手持撮影
撮影枚数:176枚
移動:車   天気:晴れ
撮影経費:(0円、費用はすべて別枠の芋煮会費用)

|

« 10/31のミサゴ(2/2)  1.4倍TC使用編 | トップページ | 河川敷 チョウゲンボウ♂(TC装着編) »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10/31のミサゴ(2/2)  1.4倍TC使用編 | トップページ | 河川敷 チョウゲンボウ♂(TC装着編) »