« シグマ600㎜ズーム、D5とD500で月を撮り比べれば・・・・ | トップページ | D500とシグマ150-600㎜ 月での再チェックは”あれま~” »

2016年11月16日 (水)

多分コチョウゲン♂

 コチョウゲンを探して田んぼ2ケ所を巡る。最初に行ったコチョウゲン♂、♀の撮影実績のある場所では、チョウゲンは見たものの直ぐに飛ばれ、1時間ほど歩いたがコチョウゲンはおろか目ぼしい鳥の姿見ず。2ケ所目は広くて途方に暮れていたが、ミサゴがロングホバをしていたので、ミサゴを撮って帰ろうと車を走らせ撮ったが、田んぼを見ると何やらカメラを向けている人が見えた。かなり離れた距離だったが、田んぼの真ん中辺りに鳥が居り、止まっている場所から直ぐコチョウゲンと思い、シャッターを押したが遠すぎた。飛翔が撮れ拡大して見ると背中の色からコチョウゲンの♂と推測した。行ってみるとチュウヒ撮影で知り合った人も来ており、撮影地の状況を現場で多少なりとも聞けてラッキーだった。大よその場所が分かったので、後は行って自分の足で探すしかない。舗装された農道が何本か走っているのは何処も同じで道幅が狭いのも同じ。自分の車はそれほど大きくは無いが3ナンバー、軽ならともかく農道に入れば地元の人の通行の邪魔になり、鳥探しの脇見で脱輪でもしたら大変で歩いて探すしか無い。車から撮らないと直ぐに逃げると聞くが、鳥の様子を見ながら慎重に近づけば何とか撮れるだろう。他所では遠くから撮っているが、近くから♂と♀を1度綺麗に撮れれば、以後は行かないつもり。餌取などはチョウゲンで十分。

●多分コチョウゲン♂
何か獲物を掴んでいるように見える。トリミングで4.5倍ぐらいに拡大しているが、証拠写真レベルなら良いだろう。
16111601


16111602

    
●チョウゲンボウ♂
ウロウロ歩いていると直ぐ前に止まっていた。コチョウゲンボウと思ったが、ファインダーで見るとチョウゲンボウだった。
16111603

慎重に近づいたが、直ぐにこちらに気付く。
16111604


16111605

風向きが悪く反対側に飛ばれた。
16111606


16111607

かなり遠くに止まったので急ぎ足で行き何とか間に合った。
16111608

直ぐに飛ばれたが、敏感さは河川敷のチョウゲンボウとはエライ違う。
16111609


16111610

  
●ミサゴ
コヤツがホバをしてくれなかったらボーズで帰る所だった。撮影は残念ながら逆光、風に押し流されてたが、先読みして車をもっと先へ走らせ待てばよかった。
16111611


16111612

  
しばらくコチョウゲンを探して歩いたが見つからずで帰る。途中、朝に行った場所に寄ってみた。
  
●ノスリ
今年も来ているようで良かったが、今年は別場所でノスリを何度も撮っている。

トビに威嚇される。
16111613


16111614

ノスリは敏感で近づくと逃げるのが分かっていたが、止まりものは数枚撮れば良しで近づく。
16111615


16111616

斜め横に飛び出したので、後ろ向きにならず良かった。
16111617


16111618


16111619

 
●チュウヒ
30分ほど歩いて駐車場に戻ると頭上を飛んだ。  
16111620

7月以来の撮影だが、この画像はノートリ 
16111621

飛び去る画像に目が入ったものがあったのでトリミングしてみた。何を見ているのかな?
16111622


田んぼは広くて鳥を探すには手持ちで歩くしかない。しかも、人の少ない場所の鳥は近づくと逃げるので遠くから撮るのが良い。こういう時にAPS-C機にシグマ150-600mmのT端900㎜で奇麗に撮れれば良いのだが、D500はアカンとしてD7200でやってみるか。D7200とシグマ150-600㎜の相性は、オオワシの距離ではアカンと思ったがコチョウゲンぐらいの距離ならどうだったかな・・・最近お蔵入りに近い定年退職記念機のD800Eを再登場させる手もあったか。
    

撮影機材:D7200、300㎜f4+TC14Ⅲ、手持ち撮影  撮影枚数:284枚
移動:車、歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

|

« シグマ600㎜ズーム、D5とD500で月を撮り比べれば・・・・ | トップページ | D500とシグマ150-600㎜ 月での再チェックは”あれま~” »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シグマ600㎜ズーム、D5とD500で月を撮り比べれば・・・・ | トップページ | D500とシグマ150-600㎜ 月での再チェックは”あれま~” »