« オオワシ2016-17Ⅲその③  そのまえのオオワシ | トップページ | オオワシ2016-17Ⅴその②  漁の瞬間を連写 »

2016年12月 5日 (月)

オオワシ2016-17Ⅴ  ビックリするやないかいさ!

 今期5度目のオオワシ、腰の調子も回復しD5とロクヨンを持って行こうと思ったが、もう一日様子を見ることにして出発直前に手持ちに変更する。カメラはD500、レンズはTCをロクヨンに付けていたので、付け替えが面倒で久しぶり80-400㎜にした。これまでで一番使い慣れているレンズ、オオワシでも実績がある。
手持ちということで、今日も湖岸に決めて8時過ぎに撮影現場に着いた。オオワシは、一昨日と同じ場所に止まっていたが、2日間餌を食べていないようで早く飛ぶと期待していたが、なかなか飛ばず。9時40分頃に飛んできたが、降下せず2回ほど旋回して山に戻る。居た場所の前まで飛んできたので、場所はOKの確認をして移動せず待つ。1時間後再び飛んできて、今度は降下したが場所が片山方面で遠すぎる。”そこはアカン、もっとこっちに来い”と念じたが、願いむなしく獲物を捕りよった。漁の瞬間撮影は、今日で3度目だがいずれも証拠写真レベル。ガッカリしながらファインダーを覗き続けると、湖面をどんどん尾上漁港方面に向かって飛ぶが遠すぎる。ところが奇跡が起き、丁度前に差し掛かる位置で方向を変えこちらに向かってきよった。ファインダーを覗いていると、どんどんこちらに飛んで来たので、ビックリ仰天で連写しまくった。頭上通過かと思ったが、やはり少し手前で方向を変え山に向かった。
山の麓に行くと南の方に飛んで行ったと聞いたので、急いで行くと工場裏の低い場所に止まっていたが魚無し。落としたようで直ぐに正面に戻ったので、再び湖岸に行ったが1時半まで待つも飛んで来ずで引き上げた。
証拠写真レベルながら漁の瞬間を連写出来、お魚掴んでの飛翔をこれまでに無い距離で撮れ、飛び出しも日差しが悪く直ぐに枝被りになったが撮れたので、オオワシ撮影の狙い3点セットが撮れ、”ワッハッハ~”の高笑いの撮影日となった。

今日は、漁の直前と撮ってから低空を飛ぶ姿の2枚と魚を掴んでの飛翔連写を掲載します。

先ずは飛び込む少し前、漁の瞬間もこのレベルで連写出来ているので整理後掲載します。
トリミングで4倍に拡大16120501

漁港に向かって飛ぶところ。グループAFで撮ったが、対岸がバックに入るとボケ画像も多かった。
トリミング4倍に拡大
16120502

    
   
以後は方向を変えてこちらに向かってくるところの抜き取り。
50枚以上連写したと思うが、少しあまいようにも思うが、全て自己基準ではOKの画像だった。
トリミングで2倍に拡大
   
16120503


16120504

オオワシが魚を持って飛ぶと何故かカモメが追いかける。過去の2度もカモメが追いかけていた。
16120505

今日はピーカン、白い部分の白とびはどうしようも無い。
16120506


16120507


16120508


16120509


16120510


16120511


16120512


16120513


16120514


16120515


16120516


16120517


16120518


16120519


16120520

2倍の拡大ではみ出したので、どうせならということで3倍に拡大した。
16120521

今日は、過去9年、90回ぐらいの撮影で最高の画像を得たと思うが、ロクヨンで無く80-400㎜のズームレンズだったことに、高額投資に対する虚しさを感じる。
D5とロクヨンなら、もっと解像感のある画像が撮れたと思うが、今日の画像で十分満足、もっと上手くソフト修正すれば、さらに良くなると思うがソフト修正のテクニックが無い。

    

撮影機材:D500、80-400㎜、手持撮影  撮影枚数:572枚
移動:車、歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

|

« オオワシ2016-17Ⅲその③  そのまえのオオワシ | トップページ | オオワシ2016-17Ⅴその②  漁の瞬間を連写 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

今晩は、、オオワシさん魚持っての飛翔、いいですね。
それも真上通過ですか、それにお魚さんの目もバッチり、
こちら向き、写真になりますね。なかなか撮れませんよ。punch
ちなみに私は琵琶湖での餌取りを狙いました。angry
何回も挑戦して、撮りました。距離はナント70Mです。coldsweats01

投稿: 岩兼 | 2016年12月 5日 (月) 19時45分

岩兼さん こんばんわ

距離70mとは良いですね。山に近い所で撮られたのですかね。
私は、寺の駐車場(かどうか?)近くにおり、山に向かって2ケ所にカメラマンが居られ、オオワシが飛んだの知るため動きを見ていました。降下から餌捕りの瞬間を50枚ほど連写しましたが、距離が200m以上あり解像せずです。明日掲載します。
尚、オオワシは、こちらに向かってきたものの、土壇場で山に進路を変えて迂回していきました。

投稿: 管理人 | 2016年12月 5日 (月) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオワシ2016-17Ⅲその③  そのまえのオオワシ | トップページ | オオワシ2016-17Ⅴその②  漁の瞬間を連写 »