« 朝はハヤブサとカワセミの様子見、夕方はコミミズク2016-17Ⅹ | トップページ | 撮影休み・・・コミミズク2016-17Ⅹその③ 飛翔と止まりもの »

2017年1月14日 (土)

コミミズク2016-17Ⅹその②  バトルに至らない空中戦

 朝から快晴だが寒い、少し様子見で昨日の画像を整理する。夕方の天気がどうなるか、このまま良い天気ならコミミに行きたいが無理かな?

撮影が難しいバトル、一羽が居る場所に他のコミミが一直線に飛んでいくのを見つければ、一直線に飛ぶ方にピントを合わせる。途中までピントが合い続けても、近づくと2羽とも上昇しスピードも変わるので、ファインダーから外れるかピンボケになることが多い。大砲でコミミを撮っている人が多いが、この瞬間が撮れるのかなと思う。撮れるなら車で行きロクヨンを持ち込むがどうだろう。遠ければ良いが近すぎることも有り、撮れれば奇麗に撮れるのは分かっているが、自分の腕では大砲で近くを追うのは無理と思い、軽量機材手持ちで通っている。ここ3シーズンの結果は良好ながら、一度D5とロクヨンで行き自分腕で撮れる範囲の最上の画像を撮っておこうと思うが、距離が近いので大した違いは無いかなとも思い躊躇している。

次回もバトル狙い、昨日は近い場所でも見られたので、D500に300㎜TC無かD5に300㎜+TC14Ⅲで撮ってみようかな。カワセミ同様、近すぎると600㎜では追えず400~500㎜ぐらいが良く、シグマの150-600㎜となるが手持ちはやはり重い。

01dsc_2523

この後、1羽がファインダーから外れた。
02dsc_2524

近すぎて直ぐに外れる、実質400㎜で十分な距離。
03dsc_2561


04dsc_2562


05dsc_2582

向うからくる方にピントを合わせば良かったが、撮影中はどちらにピントを合わせば良いかなど分からない。
06dsc_2650


07dsc_2651


08dsc_2653

ノスリを追い払うコミミ、コミミの方が気が強い・・・ノスリが温厚なのか?
09dsc_3028


10dsc_3037


11dsc_3038


12dsc_3061


13dsc_3062

ノスリの受難が続き、遠くでカラスに攻撃されていた。
14dsc_3077

 

オマケはイタちゃん
カメラマンの直ぐ近くまで近寄ってきていたが、連日のカメラマンで人馴れしたのかな。
15dsc_3083

|

« 朝はハヤブサとカワセミの様子見、夕方はコミミズク2016-17Ⅹ | トップページ | 撮影休み・・・コミミズク2016-17Ⅹその③ 飛翔と止まりもの »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝はハヤブサとカワセミの様子見、夕方はコミミズク2016-17Ⅹ | トップページ | 撮影休み・・・コミミズク2016-17Ⅹその③ 飛翔と止まりもの »