« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月28日 (火)

カワセミ後ハヤブサ  不調

 朝起きるとしんどかった。3ヶ月に及ぶオオワシ撮影が終わり、一仕事終わった後の脱力感に、鼻がグツグツにクシャミ連発おまけに目が少しショボショボとくれば、花粉症が始まったようである。
D5にロクヨンでカワセミへと予定していたが、止めてV3と1用70-300㎜の超軽量野鳥撮影機材にして、8時頃に家を出た。カワセミは、出は良かったが動きがさっぱりで撮れたのは止まりものが大半、移動のための飛ぶところは何度も見たが、撮っても仕方ないので撮らず。少し下流では、♀がホバを連発したそうで、200mほど歩けば良かったかな。その場所にはベンチが無く、立ち続けるのがしんどく行かなかった。
夕方のハヤブサにも行ったが、2度一瞬飛ぶ姿を見ただけで撮れず。

      

17022801

2羽が並んだが何も無し
17022802


17022803


17022804


17022805


17022806

動きものは、この2枚のみ
17022807


17022808

久しぶりにメジロを撮る
17022809


17022810

 

2月の狙いの鳥をまとめた。オオワシが北帰し、ハヤブサも2羽姿を見るものの、あまり下りてこないとなると、3月はカワセミ以外では何を撮れば良いのやら。

17022811

撮影機材:V3、1用70-300㎜、手持撮影  撮影枚数:364枚
移動:地下鉄、歩き  天気:晴れ
撮影経費:600円(地下鉄一日乗車券)

| | コメント (0)

湖北で撮った画像の在庫整理(3/3)  カモ等、湖岸での撮影

 湖岸で撮影した画像、撮影機材はいろいろ使用。

モードMで撮っているため、日差しが変われば都度露出確認の撮影をしている。SSを変えることが多いが、SSが遅くなりすぎたりすると時々ISO感度も変えている。

01dsc_5933


02dsc_5960


02dsc_7137

  
03dsc_6083


04dsc_6084


04dsc_7894


05dsc_5671


06dsc_7855


07dsc_7897


08dsc_5917


09dsc_5939


10dsc_6690


11dsc_6046


12dsc_6072


13dsc_6715


14dsc_6707


15dsc_1065


16dsc_7252


17dsc_1136


18dsc_7122

| | コメント (0)

湖北で撮った画像の在庫整理(2/3) 猛禽の飛翔

 山本山の麓に立っていると猛禽が飛ぶ。トビはどこにでもおり一日中飛ぶが、他ではノスリが多く、次いでオオタカ、ハイタカ、ミサゴで、その次がハヤブサ、チョウゲンボウ。クマタカも登場したそうで、当ブログで餌渡しが見られた聞き記載したが、後日撮った方と会い、帰ってからみたらクマタカとオオタカのバトルだったそうである。撮りたかったな~。

2月24日に撮影した、ノスリ、オオタカ、ミサゴ、機材はD500と300㎜f4+TC14Ⅲ。ノスリは行けば必ず撮っており、オオタカは時々だがもう少し低い場所を飛んで欲しかった。ミサゴは、湖岸で待っていれば必ず撮っていたが、麓では時々で高すぎて見逃すことが多かったのかも知れない。ミサゴが飛べば、オオワシが吠えよる。

01dsc_3880


02dsc_3884


03dsc_4196


04dsc_3740


05dsc_3731


06dsc_4641


07dsc_4644


08dsc_4651

| | コメント (0)

湖北で撮った画像の在庫整理(1/3)  コハクチョウの飛び立ち

 湖北で撮り整理は終わっていたが、掲載機会の無かった画像です。

2月18日の撮影、機材はD500と300mmf4+TC14Ⅲ。コハクチョウは風上に向かって走り飛ぶことが多い、スキーのジャンプ競技で向かい風の方が飛びやすく距離が出るのと同じかな。カメラマンが立っていても、あまり関係ないようである。

抜き取りで掲載

01dsc_2645


02dsc_2646


03dsc_2647


04dsc_2648


05dsc_2654


06dsc_2666

| | コメント (0)

2017年2月27日 (月)

冬の湖北 ラストはコハクチョウ

 コハクチョウ狙いで湖北に行った。コハクチョウは、オオワシ撮影の合間に、湖岸や畑で十分に撮っているが、今日の狙いは、一斉に次々と飛び立つところを標準域のレンズで全体を撮ることだった。コハクチョウの数が少なく、次々に飛び立つことも無かった。
オオワシを撮り始めた頃だが、興味はその前から撮っていたコハクチョウにあった。北帰前の時期だったと思うが、数十羽が次々に飛び出すのを見ている。その時は、D2Xに328の450㎜の撮影だったので全体が入らなかった。一度撮りたいと思っていたが、湖北での撮影がオオワシメインになったため機会が無かった。
今日は、いつものお手軽手持ち機材に、D800Eと28-300㎜を持って行ったが、50~100㎜ぐらいで飛び立ちを撮る機会が無かった。あの時が、たまたまだったのかも知れず、この冬はもう行く気は無く、最後の湖北での撮影とする。春以降にキジ狙いなどで気が向けば行くだろう。

出るのが少し遅かったので高速で行き、9時過ぎから撮影開始。時々、コハクチョウの小集団が飛んだり、帰って来たりで撮影は出来たが、11時前に動きが無くなったの引き上げた。

17022701


17022702


17022703


17022704


17022705


17022706


17022707


17022708


17022709


17022710


17022711


17022712


17022713


17022714

湖北を去る前に山本山を記念に撮影する。麓には誰も居ない。
17022715

 

帰りに、今年は撮るのを忘れていた今津のザゼンソウを撮りに行ったが、これまでで最悪の状態だった。数年前までは、たくさん咲いていたが、昨年頃から悪くなっている。

17022716


17022717


17022718


17022719

   
撮影機材:500、300㎜f4+TC14Ⅲ/D800E、28-300㎜  手持撮影
撮影枚数:331枚/129枚
移動:車   天気:晴れ
撮影経費:約5,000円(ガソリン代と行きの高速料金)

| | コメント (0)

オオワシ2016-17の画像ベスト5

 今シーズンのオオワシ画像のベスト5を選んでみた。ベスト5と言っても適当に決めた。

<第5位> 大きな魚を掴んでの飛翔
 曇り空の空抜け、おまけにISO1000での撮影でもう一つだが、魚全体が写っている画像ということで選んだ。(画像差し替え)
05dsc_0149
   

<第4位>  紅葉バックの飛翔
 日が差していれば紅葉が鮮やかだったと思うが、日差しが無かったので仕方なし。山本山の紅葉も京都の名所と同様、年々汚くなっているような。
045085d500600tc14


<第3位>  飛び出しの正面画像
 飛び出す瞬間の撮影は、個人的な思いだが足が木に着いていないとアカン。羽の白い部分が白とびしているが、オオワシでは撮影距離が遠いと仕方なし。
034237d5600tc14
  

<第2位> 魚を掴んでの飛翔の正面画像
 湖岸での撮影で高さが低かったので良かった。撮影場所が少し違えば撮れない構図、滅多にないと思う。
025004d50080400


<第1位> 一番好きな飛翔姿
 魚を掴んでいないのが残念だが、目が綺麗に入る。鳥画像は目が綺麗に入らないとアカン、距離が近くて上手く撮れたと自画自賛。
012335d500300tc14


1位と2位が軽量機材手持ちだったのが、”高額ロクヨン、何ぼのもんじゃ~!”の複雑な思いが残る。鳥に限らず写真撮影は自己満足の世界、画像を見ての感じ方は人それぞれ千差万別、自分で気にいればそれで良い。機材にも人それぞれに、適した物があるのかな。

2016-17年のオオワシ劇場は、これにて幕引き。

| | コメント (0)

2017年2月26日 (日)

オオワシが北帰したようで、今シーズンの総集

 今日は撮影休み
 
 夕方に野鳥センターHPの鳥情報を見ると、オオワシが10時頃に北に飛んで北帰したようである。明日、もう一度行くつもりだったが帰ってしまった。オオワシが終われば、冬の鳥撮影も終わりである。しばらく寂しさを感じるが、これからは日常撮影(カワセミ、ハヤブサ)+αで頑張ろう。明日は、コハクチョウ撮影で湖北に行くつもり。  

数日前から、今シーズンの総集を作っており、最終仕上げが終わったので掲載します。     

 毎年11月半ばになると、オオワシの飛来が気になる。今シーズンも期待通り飛来してくれ、撮影を楽しませてくれたが、例年に比べ自分の腕としては画像が綺麗に撮れたと思う。レンズは、三脚使用でロクヨン(+TC14Ⅲ)、手持では300㎜f4+TC14Ⅲを主に使用した。ロクヨンは昨シーズンの最後に一度、手持レンズは昨シーズンに同じであるが、撮影結果は昨シーズンより良かったと思う。撮影条件の良かった日が多かったのかなとも思うが、D5とD500のAF性能アップによるところが大きいような気がする。撮影日数は24日、その内半分が手持ち撮影、近くを飛んでくれさえすれば手持軽量機材でも十分だった。しかし、ロクヨンを使っていれば、更に綺麗に撮れていたのかなと思うが、気楽に撮影し楽しめたので良いだろう。
今シーズンのオオワシ撮影は、過去9年で一番充実していたように思う。

画像はブログ掲載から適当に抜粋

●16年11月28日  D500に300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影
 飛来した翌日だったが、様子見ということもあり手持ちで行った。風が強すぎ塒から出て来ずで、遠くから証拠写真数枚の撮影に終わる。様子見とはいえガッカリだった。
01161128d500300tc14



●16年11月30日  D500に600㎜f4、三脚使用
 リベンジを果たすべく気合を入れて行った。紅葉バックの獲物持ち帰りが撮れたが、遠すぎた。飛び出しも撮れたが枝被りで残念、とはいえ撮れて良かった良かったの日になる。02161130d500600

 

●16年12月2日 D500、300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影
 D5とロクヨンで一発決めるつもりだったが、前日に腰を痛め(度々の再発)仕方なく手持ちで行った。手持ちだったので獲物持ち帰りを下から撮ろうと、撮影場所をいつもと違う用水路横にした。何度か飛んでくれ、3度目で魚を掴んで頭上を飛んでくれたが、真下過ぎてオオワシの下面の色が出ず、以後麓で待つのは正面道路とした。03161202d500300tc14_2

 

●16年12月3日 D500と300㎜f4+TC14Ⅲ、手持撮影
 二日連続で行ったが、二日連続は往復200㎞近い車の運転もあり、しんどくこの日のみ。腰に不安があったのでこの日も手持ち、土曜日で麓は人が多いだろうと、漁狙いで湖岸で待つ。漁港から少し東で待ったが、この場所で待っていたのは一人だけだった。オオワシは飛んでくれずだったが、ミサゴにコハクチョウの飛翔が近くで撮れた。
04161203d500300tc14

 

●16年12月5日  D500と80-400㎜、手持撮影
 腰の様子をもう一日みようと手持ちで行った。手持ちなら湖岸で漁狙いということで同じ場所で待つ。期待通りオオワシが魚を捕ってくれたが遠すぎた。前後を連写しまくり、証拠写真にはなった。
051161205d50080400

魚を捕った後、漁港方面に飛び、何を思ったのか撮っていた場所の前で方向を変え、こちらに向かってきたのでビックリした。かなり低い位置を飛び、少し手前で上昇しながら方向を山に変え飛んで行った。魚を持っての飛翔を真正面から撮る機会は2度と無いかも知れず、帰ってから画像をじっくり見て興奮した。
052161205d50080400

 

●2016年12月7日 D5、600mmf4+TC14Ⅲ、三脚使用 
 紅葉もそろそろ終わりと思い、紅葉バック狙いで麓で気合入れて狙った。何とか紅葉バックは撮れたが、曇っている時間帯が長く色がもう一つ、ソフトで紅葉の彩度を上げた。06161207d5600tc14

 

●2016年12月9日 D500、600mmf4+TC14Ⅲ、三脚使用
 気合を入れて湖岸で待つ。期待通り飛んでくれたが、山に沿って飛びトンネルの左上の松に止まる。琵琶湖に出てくれることを期待したが、山の正面に帰りよった。雨が降り出したので心残りだったが引き上げた。湖岸で待った場所は、連続3回同じ場所。07161209d500600tc14_2

 

●16年12月12日  D500、600㎜f4+TC14Ⅲ、三脚使用
 湖岸で待ったが、4回同じ場所でこの日も一人。場所を変えよかと思ったが、どこで獲物を捕るのか、日によって違うので同じ場所に拘った。
期待通り飛んで来たが、漁港東あたりで降下、途中でトビとの絡みが見られたが、帰ってからの確認では、オオワシがトビを驚かし、落とした獲物を略奪したのがわかった。081161212d500600tc14

獲物はハジロカイツブリだったが、トビがハジロカイツブリを襲うのか多少疑問が残ったが、トビが掴んで飛んでいる画像も撮れていた。
082161212d500600tc14

  

●16年12月19日 D500、600㎜f4+TC14Ⅲ、三脚使用
 湖岸の同じ場所で待つ。3時頃の2度目の発進で、かなり沖まで飛び捕りよった。またしても遠過ぎでヤレヤレで見ていたが・・・・
091161219d500600tc14

持って帰る途中、麓道路が湖岸道路に突き当たるT字路直ぐ南の低い場所に止まったので、機材を担いで必死のパッチで歩いた。何とか山の正面に戻る飛び出しが撮れてヤレヤレの日となる。重量機材担いでの歩きは肩が痛かったが、歩いた甲斐があった。
092161219d500600tc14

    

●16年12月21日  D5、600mmf4、三脚使用
 湖岸で待つつもりで行ったが、朝から濃い霧で周囲が見えず麓で待つ。時々霧が流れ、オオワシが止まっているのは確認できたが撮影にならず。昼から霧が無くなり期待して湖岸に行ったが飛ばす。
10161221d5600tc14

  

●16年12月24日  D500、300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影
 手持でSS1/100の流し撮りを試したが難かしかった。獲物を掴んで帰ってきたが、南のソーラーパネル前の低い場所に止まったので、食事後の飛び出し狙いで前に行き、通常設定で満足に撮れてヤレヤレ。
111161224d500300tc14ss100

枝が邪魔だったが仕方なしで、撮れただけで良かった。
112161224d500300tc14



●16年12月26日  D500、600㎜f4、三脚使用
 三脚使用の大砲での流し撮り狙いだったが全く飛ばずで、退屈な時間だけが流れた。オオワシがアクビ、こちらもアクビの連続だった。
12161226d500600


  
★17年1月4日 D500、600㎜f4、三脚使用
 今年のオオワシ初日、湖岸かと思ったが確実に撮ろうと麓で待った。大きな魚を捕って帰り、山の前を何回か旋回してくれたのでビックリした。
13170104d500600


  
★17年1月6日  D5、600㎜f4(+TC14Ⅲ)、三脚使用
 オオワシ初撮影から丸9年の記念日、当然気合を入れて所有最高機材で行った。高額機材を使えば上手く撮れるとは限らないが、撮れない時に諦めがつく。ただ、それだけの事である。
TCを着けて魚を持ち帰りを撮る。141170106d5600tc14

魚持ち帰りが撮れたので一安心、TCを外し、失敗覚悟でSS1/100の流し撮りに挑戦し何とか撮れたが、流し撮りとしては不十分。SS1/60に設定しておけば良かったかと思うが、来シーズンにチャレンジする。出来れば軽量機材の手持ちで撮りたいが、山の前を低く飛んでくれるどうか、比較的低い木で獲物を食べた後の木移りは、低い場所を飛ぶのでチャンスと思っている。
142170106d5600ss100


  
★17年1月10日 D500、300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影
 漁狙いで湖岸で9時過ぎから待ったが、向きを何度か変えよったので湖岸の3ヵ所を移動した。2時を過ぎ、諦めて止まりものを撮って帰ろうと麓に移動したが、しばらくして飛びよった。琵琶湖に出て沖に向かいかけたが戻り直ぐに降下、飛び込んだ場所は見えなかったので想像だが、3ヶ所目の斜め前ぐらい、距離はおそらく100mぐらいで降下の角度から斜め前から撮れたのでは無いかな。この日のショックは大きかった。15170110d500300tc14



★17年1月18日  D500、300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影
 雪の日の後、田んぼの上を飛んでくれれば照り返しで下面が綺麗に撮れる。頭上を飛ぶことを期待して手持で行った。思い通りには飛んでくれず高かった。16170118d500300tc14



★17年1月26日  D500、300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影
 再び雪の後の撮影、この日も期待通りの低い場所を飛んでくれず。おまけに、2度飛んだが共に直ぐに帰って来ずで、中途半端な撮影日となる。
せめて塒入りの飛び出しを撮ろうと粘り、5時15分まで待ったが飛ばず。
171170126d500300tc14

夕日で赤く染まる。この後、日が落ち暗くなったので諦めた。
172170126d500300tc14



★17年2月1日 D5、600㎜f4+TC14Ⅲ、三脚使用
 10時頃に着いたが、朝に食べたとのことでガッカリした。もう一度飛ぶことを期待して待ったが、なかなか飛ばず。昼から雪がショボツキだし、北の空を見ると本降りになりそうだったので、寒かったこともあり引き上げた。
18170201d5600tc14



★17年2月3日  D500、シグマ150-600㎜、手持撮影
 漁狙い、どうせ遠いと思い少しでも大きく撮ろうと、APS-C機との組み合わせではレンズの解像に多少不安もあったが、シグマのレンズを持って行った。前回同様、沼の駐車場横の少し西側で待った。期待通り飛んで来たが、遥か彼方の沖へ飛び捕りよった。一旦漁港近くに止まったので急いで移動、戻りは近くで撮れた。
この日は、昼頃にも魚を捕り山に持って帰ったが(センター近くで見ていた)、道路に落としたのことで、3度目を期待して待った。2時半頃に飛んだが、高く上昇し野鳥センター方向に向かう。野鳥センターに行き、今シーズン初めて前の旗に止まるのを撮影した。
191170203d500150600

獲物はフナのようだった。
192170203d500150600


  
★17年2月8日 D500、300㎜f4+TC14Ⅲ、手持撮影
 湖岸で待った。沖に飛んだがミサゴを追いかける。ミサゴがオオワシの邪魔をしに出てきたように思ったが、帰ってから画像を詳しく見るとミサゴが獲物を掴んでいるようだった。オオワシは、ミサゴの獲物を略奪に行ったようである。201170208d500300tc14

帰りは、手ぶらだったが近くを飛んでくれた。
202170208d500300tc14

★2017年2月16日  D5、600mmf4+TC14Ⅲ、三脚使用
 2時半まで飛ばずで完敗かと思ったが、飛んでくれたので飛び出しを正面か44連写出来て、バンザ~イの日となった。21170216d5600tc14


★17年2月18日  D500、300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影
 漁狙いで湖岸で待ったが、またしてもかなり沖まで飛び捕りよった。漁港方面にかなり飛び、方向を変えて帰りよったので魚掴んでの飛翔は遠すぎた。仕方なく麓に行くとかなり低い所に止まっていたので、飛び出しを狙い撮った。221170218d500300tc14

お食事後の木移りの飛翔、今シーズンでは一番近い距離での撮影だった。
222170218d500300tc14


  
★2017年2月22日  D5、600mmf4+TC17Ⅱ、三脚使用
 今シーズンラストかもと思い気合を入れて行った。山の止まりものから飛び出しは、TC17Ⅱを使い、獲物持ち帰りはTCを外そうと思ったが飛ばす。4時半に諦めて引き上げた。
2317022d5600tc17


  
★17年2月24日  D500、300㎜f4+TC14Ⅲ、手持撮影
 まだ、行けるで手持ちで行った。近くも飛んでくれ撮り捲ったが、高く舞い上がり山を越えるのかのシーンもあり、北帰が刻々と近づいているのを感じる日になった。241170224d500300tc14

こちらの予定もあり、最後のショットかもと沼横の駐車場近くから数枚撮影が、これが今シーズンのラストショットとなる。
ノートリ
242170224d500300tc14


来シーズンも期待してるで~!

| | コメント (0)

2017年2月25日 (土)

街中のハヤブサ  今日も下りて来ず

 夕方のハヤブサに行った。最近、下りて来ないので、トリミングで少しでも大きく出来るよう、カメラは画素数の多いD7200、レンズは外しかえるのが面倒で80-400㎜を持って行った。案の定煙突の高い所から下りて来ず。次回は、レンズを150-600㎜にして三脚を持って行こう。それでも大きな画像は撮れないが、一寸ぐらいはマシだろう。

3時過ぎに着いたが、煙突の天辺辺りに♀が止まっていた。
17022501

1時間ほどしてから羽を広げる。
17022502

   
17022504


17022505

一旦広げた羽をすぼめ
17022506

飛んだ
17022507


17022508

そのまま帰って来ず。
17022509

   
15分ほどしてから♂がやってきて、中段ステージの柵に止まる。
17022510

狩りに出でて獲物持ち帰るかと期待したが
17022511

飛び出し、そのまま♀の消えた方向に飛んで行った。
17022512


撮影機材:D7200、80-400㎜、手持撮影  撮影枚数:128枚
移動:地下鉄、歩き  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:520円(地下鉄往復)

| | コメント (0)

2017年2月24日 (金)

オオワシ2016-17ⅩⅩⅣ  今シーズンラストの予感・・・

 滋賀北部は曇りの予報だったがオオワシに行った。天気予報は当てにならず、朝から晴れで昼頃から時々曇りとなりにけり。毎度のことだが、気温と風の予報は当たっており、冷たい風が強く寒かった。手持ちで湖岸で待とうと思ったが、風が強かったので湖岸はさらに寒かろうと麓で待つ。正解で、最初の飛び出しはセンター方向、なかなか帰って来ずで、帰って来たと思ったら塒方面に直行して消えた。しばらく待っていると出てきて高い松の天辺に止まったが、直ぐに琵琶湖へ飛ぶ。獲物無しで帰ってきて再び松の木に止まる。少し立ってから再び飛んだものの、これまた獲物無しで帰ってきた。かなりお腹が空いていたようで、そろそろ北帰の時期、腹ごしらえをして体調を整えてから故郷に向けて発進かな。
今日は琵琶湖に飛んだ後、高く舞い上がり一度山を越えて帰るのかと思うようなシーンがあったが、風に煽られただけかもしれない。明日、明後日ぐらいには帰るのかな、帰らなければ月曜日にもう一度行ってみようと思うが、今日がラストの予感もする。昨年は3/3で3/1に入手して直ぐのロクヨンで撮影に行った。今年も3月に入ってからの北帰なら嬉しいのだが・・・・

今日は、3回飛んだので撮り捲ったが、大半が高すぎて良い画像無し。

掲載画像は、トリミングで3倍に拡大しています。

17022401


17022402


17022403


17022404


17022405

琵琶湖へ向かっての飛翔は、頭上通過する時は比較的低かった。手持ちだったので仰け反って撮影。
17022406

対岸の雪山バック、遠すぎて手持ちでは、まともに撮れず。
17022407

帰ってきてから塒方面に入る。
17022408

塒から出てきて松の木の天辺に止まる。
17022409


17022410


17022411


17022412

2回目は山に沿って飛び琵琶湖に出たが、直ぐに天敵ミサゴとバトル。
17022413


17022414


17022415


17022416

3度目の飛翔で山を越えて北帰かと思ったシーン
ノートリ
17022417

琵琶湖に向かい、旋回して帰ってきた。
17022418


17022419


17022420


17022421


17022422


17022423


17022424

高い枯れ木に止まったので、もう一度飛ぶかと思ったが、寒さに耐えきれず2時半頃に引き上げた。
17022425


撮影機材:D500、300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:998枚
移動:車  天気:晴れ後時々曇り
撮影経費:850円(ガソリンを帰りに補給、日常経費枠を超える)

| | コメント (0)

2017年2月23日 (木)

D5とロクヨンにTC17Ⅱ

 昨日の画像で、TC17Ⅱの無しと有りの画像を並べてみた。同時撮影の全く同じ条件では無いので、荒っぽい感覚的な比較だが、百数十mの止まりものならアンシャープマスク処理をかなり強くすれば、無と同じ程度の画像が得られるかも知れない。普段の狙いは飛びものなので、AFの速さに精度に差が有り、無しの方が良いのはチュウヒ撮影で分かっている。特に歩留まりに差がある。TCを使うとレンズの解像は落ちるが、綺麗に撮るためにはフォーカスをキッチリ合わせる方が重要だろう。レンズそのもの解像は、それからの話となる。自分の場合、上手く撮れていない画像の大半はフォーカス不十分。

最近、トリミングで3倍に拡大することが多いが、基本は2.4倍の拡大。2.4倍拡大を基本に、それぞれの画像を合わせてみた。

●TC装着画像を2.4倍に拡大し、無を合わせる。

 ・TC無 4倍に拡大
  拡大し過ぎで、ちょっと苦しい。 
101tc14dsc_52634

 ・TC装着、2.4倍に拡大
102tc17dsc_524924

   
●TC無画像を2.4倍に拡大し、TC装着画像を合わせる。

 ・TC無、2.4倍に拡大
103tc14dsc_526324

 ・TC装着、1.44倍の拡大
  アンシャープマスクを、かなり強めで処理。拡大が少ないので強めの処理可能。
104tc17dsc_5249144

| | コメント (0)

オオワシ2016-17ⅩⅩⅢその②  TC無の画像

 昨日はオオワシが飛ばず残念だった。飛び出し狙いは、TC17Ⅱを装着し、飛べば直ぐにTCを外して、帰ってくるところを撮影するつもりだった。山に止まっているところは600㎜では足らず、帰ってくる時は山沿いでなければ600㎜で十分、頭上近くを飛べばTCを装着していれば長すぎて追いにくい。オオワシは、期待通りには行動してくれない。

昨日のTC無の600mmで撮影した画像です。比較的低い場所で、それでも150m近くあったと思うが(街中のハヤブサ天辺止まりぐらいかな?)、600㎜では少し苦しかった。
画像は、トリミングで3倍に拡大

10時40分頃の撮影、快晴の斜光で画像が悪かった。
オオワシに限らずカワセミも同様だが、快晴の日差しが強い日は、慎重に撮影場所を考えないと綺麗に撮れない。以前、同様条件下でD7200と150-600㎜で撮影し、全く解像しない画像ばかりだったことがあるが、D5と600㎜f4でもその時よりはマシな画像だがやはりアカン。しかし、晴れの日の日の方が撮影気分は良い。

01dsc_4889_01


02dsc_4895_01


03dsc_4898


04dsc_4904

 

3時20分頃の撮影、天気が薄雲にになってからの撮影だが、かなり良くなっている。距離が遠い猛禽は薄曇りが良い。空抜けでは、背後が白くなるので青空の方が良いが、オオワシそのもは薄曇りの方が綺麗に撮れる。個人感覚で違いはあるが・・・・

05dsc_5433


06dsc_5435


07dsc_5440


08dsc_5442


09dsc_5443


10dsc_5446


12dsc_5459


13dsc_5461


14dsc_5462

 

ノスリ、逆光気味

15dsc_5462


16dsc_4920


17dsc_4927

 

雪山バックのコハクチョウ、野鳥センター近くを飛んでいたが、山の麓からの撮影では、これが目一杯かな。

18dsc_5413

| | コメント (0)

2017年2月22日 (水)

オオワシ2016-17ⅩⅩⅢ 9時から4時まで待ったが飛ばず

 湖北の天気が良かったのでオオワシへ。手持ちにして湖岸で待つつもりだったが、そろそろ北帰してもおかしくない時期、ラストとなるかも知れないと思い、朝にD5とロクヨンに変更した。ラストなら最後に奇麗な画像で締めくくろうと思ったのだが、早朝に飛び1時間ほどしてから帰って来たそうだが、9時に到着して4時まで待ったが飛ばずで、天気が悪くなり暗くなったこともあり、ガッカリして引き上げた。次回行くなら月曜日を考えているが、日曜日頃に北帰するだろうか? 
今日のテレコンは、TC17Ⅱを持って行った。14ⅢをD500と300㎜f4に着けていたこともあるが、今シーズンTC17Ⅱを使用していないので確認しておきたかった。結果は、TC有無ともにもう一つ、特にTC装着画像は、いつもよりアンシャープマスク処理を強くしないと、D5で撮ったとは思えない画像だった。また、天気が良かったので朝の画像は×、それなりに良くなったのは昼からだった。晴れの日の山の斜面止まりもの画像でのこの結果は、以前から分かっていたが、朝の画像は10時以後でも思っていたより悪かった。止まりものは、薄日の10時以後か曇りの日が良い。

今日は、TC17Ⅱ装着画像を掲載、TC無画像は流し見した程度で、明日じっくりチェックする。

17022201


17022202


17022203


17022204


17022205


17022206


17022207


17022208


17022209


17022210


17022211


17022212

飛び出しをTC装着、帰ってくるところをTC無で考えていた。オオワシ飛びものチェックが出来なかったのは残念だが、代わりにノスリが飛んでくれた。
チュウヒで使っているので、ノスリでチェックするまでも無いのだが・・・・
  
17022213


17022214


17022215


17022216


撮影機材:D5、600㎜f4(+TC17Ⅱ)、三脚使用  撮影枚数:613枚
移動:車  天気:晴れ後曇り
撮影経費:2,730円(帰りの高速料金)

| | コメント (0)

2017年2月21日 (火)

カワセミ 油断大敵

 今日のカワセミ、距離的に少し難があるかと思ったが、D5と80-400㎜の三脚撮影で行った。対岸は捨て手前側狙いだったが、対岸で動くことがが多く、少し苦しかったような。ここのカワセミも、大した芸をせず動き回りよったが、地元に限れば他所も同じようなもの。捕る餌も小さな虫が多く、手前からの飛び込みは、直ぐ下に飛び込まれピントが合わない。ところが、最後の飛び込みは十分見える場所で、大きな魚を捕りよった。どうせ見えない所に飛び込むと、カメラを構えておらず、油断大敵を反省する撮影日となる。2時間は動かないだろうと引き上げた。

こちら止まりは、正味400㎜でも十分17022101

対岸は少し足らず、最低でも600㎜ぐらいが欲しい。
17022102

♀2羽の威嚇が見られた。バトルになるかと期待したが直ぐに離れる。
17022103
17022104
17022105
17022106

鬱陶しい天気だったが、一度日が差した。
17022107

こんな画像があったが、何をしとったのかな?
ペリットを吐く時に見かけるポーズだが、前後の画像に兆候なし。
17022108

枯草への飛びつき
止まり木にも止まるが、腰の弱い枯草によく止まる。
17022109
17022110
17022111
17022112

止まり木への飛びつきは、対岸から飛んだ時に予測して狙った。
17022113
17022114


17022115

ホバが有り連写したが、バックが枯草で近すぎた。こちらからの距離は遠かったが、せめて川の真ん中ぐらいには飛び出して、ホバをして欲しい。
17022116

この止まり木から飛び込んでくれれば撮り易いが、近くに居た時に飛び込んだのは一度だけ。
17022117

反応出来ず水際を撮り逃がす。
17022118

途中から粉雪が降ってきたので、雪の中のホバを期待したが披露してくれず。
17022119

大きな魚を咥えて飛ぶ。獲物が大きければ、水からの飛び出しが遅く撮り易いかったのだが、ボ~っと見ていたのが残念。
17022120
17022121
17022122

対岸の止まり木に止まる。せめて、こちら側に止まってくれればよかったのだが。
17022123

 

オマケは、ウグイス

突然対岸から飛んできて、直ぐに枯草に潜る。久しぶりの撮影だが、嘴が枯草に隠れたのが残念。
17022124

 

撮影機材:D5、80-400㎜、三脚使用  撮影枚数:563枚
移動:地下鉄  天気:曇り一時雪に晴間
撮影経費:420円(地下鉄往復)

| | コメント (0)

様子見で在庫のハヤブサ

 起きて直ぐに寒~で、ガスファンヒータを付けTVの前のソファーにどっかり座った。しばらくして立つと直ぐに腰が伸びず、無理して伸ばすと少し痛い。外は、少し前に雪が降っていた。カワセミに少し早めに出るつもりだったが、腰と天気の様子見でしばらく自宅待機とする。

整理は終わっていたが、機会が遅れたハヤブサ画像を掲載。
2/14、15の撮影で、この2日間は撮れたが以後がサッパリ(行ってない日は人に聞いた話)、どうなることやら?

●2月14日  D500と150-600㎜で三脚使用

02dsc_1333


04dsc_1337


06dsc_1490


07dsc_1533


08dsc_1534


09dsc_1535


10dsc_1536


12dsc_1632


13dsc_1633


14dsc_1634


15dsc_1635


21dsc_1714

   

●2月15日撮影  D5と600mmf4+TC14Ⅲ

♂と♀
ハヤブサを撮り始めた頃は違いが判らなかった。大きさの違う個体を見て、単に生まれてからの年数が違うのかと思っていたが、2年ほど前に♀の方が♂より一回り大きいことが分かった。喉元も♂は白く、♀は縦に点が何本か走っている。幼鳥と呼べる時点で大きさに違いが出ているようで、昨年生まれの個体は親♂と並んで飛ぶと幼鳥の方が大きかった。


101dsc_2869

♀   
102dsc_3078

  
103dsc_2876


104dsc_2877


105dsc_2878


106dsc_2879


107dsc_2880


108dsc_3062

 
尚、この地の撮影は角度が急なのでレンズは小さい方が振りやすい。真上近くを飛ぶと、三脚使用では角度的に振れず、諦めるしかないので手持ちが良いが、手持用の軽量レンズでは焦点距離が足らないことが多い。1.2~1.5kgぐらいの軽量600㎜単焦点レンズが欲しい。f6.3で良いのでレンズメーカーから出してくれないかな。150-600㎜の手持ちでは、カワセミなど少し下に向けての撮影ならマシだが、長時間上に向けての撮影はしんどい。

| | コメント (0)

2017年2月20日 (月)

カワセミ ホバで同じような画像連発

 一日乗車券を買い、昼までだったがハヤブサ→カワセミ→ハヤブサとぶらぶらした。
最初にハヤブサに行ったが、止まっていたのは煙突の天辺辺り、2度ほど飛んだが下りて来ず。諦めてカワセミに行ったが、そこそこ遊んでくれたものの良い所無し。何度かホバをしたがハマった~。シャッターとカワセミの羽ばたきが同期し、同じスタイルの画像量産、時々あるが今日は3回もあった。D500の10コマ/秒でも、なる時はなると認識した。
カワセミ後に再びハヤブサに行ったが、天辺の傘の下に止まっており、動きそうになかったので引き上げた。オオワシが終了すれば、ハヤブサの撮影を増やそうと思っているが、街中は期待できないかも。以前は、下りていることが多く、窓の前や下駄で休憩していることが多かったが、最近は煙突の天辺近くがほとんどで、下に止まっても直ぐに飛ぶ。

カワセミ画像を掲載
今日は、ここしばらくの撮影で足が疲れていたので、最下流は止めベンチのある下流に行った。

着くと♂が前に居た。17022001

何度か飛び込んだが、直ぐ前に飛び込むので、水際が枯草に邪魔され撮れず。少し下流の♀を狙う。動きは同じようなものだが、対岸で動くので見やすかった。

先ずはホバ、この時は普通に撮れた。
17022002
17022003
17022004
17022005

最近、どこのカワセミも同じだが、よく動きよる。
17022006
17022007
17022008
17022009


17022010
17022011


17022012
17022013
17022014

型にハマった
抜き取り、羽を振っているのに、同じようなポーズばかり撮れるのが不思議に思う。
17022015
17022016
17022017
17022018
17022019
17022020

このホバも同じポーズの画像が続いた。
17022021

久しぶりに撮れた餌捕り水際、咥えている魚が小さい。
17022022

飛びつき、今日は天気が悪く、画像の鮮明さに欠けた。
17022023


撮影機材:D500、300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:328枚
移動:地下鉄、歩き  天気:曇り
撮影経費:600円(地下鉄一日乗車券)

| | コメント (0)

2017年2月19日 (日)

ハヤブサ相手に300mmf4+TC17Ⅱを再チェック

 撮影休みの予定だったが明日の天気予報はもう一つ、今日は昼からも晴れていたので3時に家を出て街中のハヤブサに行った。目的は、D500と300mmf4+TC17Ⅱの再チェック、少し絞ればどうじゃでf8で撮影した。
ハヤブサの出は、ここ3日ほど下りて来ず不調との事だったが、今日もサッパリで5時まで居たが、一度撮れる範囲を通過したのみで、後は遠かった。撮影結果も、やはり食い付きが悪く、画像もボケが多くアカンかった。

トリミングで3倍に拡大

17021901


17021902


17021903


17021904


17021905


17021906


17021907


17021908


17021909


撮影機材:D500、300㎜f4+TC17Ⅱ、手持撮影  撮影枚数:241枚
移動:地下鉄、歩き  天気:晴れ
撮影経費:520円

| | コメント (0)

コウノトリ  ゆめちゃん

 2/16のオオワシ撮影の最中に突如飛んで来たコウノトリ、この時オオワシは湖岸近くの山の高い場所に止まっていたが、コウノトリ優先で撮影した。
現場では輪っぱが無いとの話が出たが、帰ってから画像を見ると、足に輪っぱ、背中には発信機が取り付けられていた。
昨日も田んぼに居り、何人ものカメラマンが撮っていたので、農道から近づき撮った。周りにコハクチョウが平然といたためか逃げなかった。
野鳥センターのツイッターに”ゆめちゃん”なる名前が出ていたので、ネットと調べると越前市のHPに掲載されていた。発信機からの信号を元に、何処にいるか追跡調査がなされていた。

コウノトリの撮影は、2年前だったか西浅井で撮って以来の2度目

●2月16日の撮影

南から北に飛び、直ぐに戻って来て、少し離れた田んぼに下りた。01dsc_3742


02dsc_3743


03dsc_3745


04dsc_3759


05dsc_3768


06dsc_3823


07dsc_3829


08dsc_3831


09dsc_3837


10dsc_3842


11dsc_3865

アップで見ると怖い顔をしている。
12dsc_3877

   
●2月18日の撮影

コハクチョウとのツーショット101dsc_2547

飛びものを撮影、後ろの電線が邪魔。飛び出しを見逃したのは残念。
102dsc_2855


103dsc_2856


104dsc_2859

かなり近くを飛んだが、手持だったので全枚数収まった。大砲に三脚なら何枚かはみ出しただろう。
105dsc_2861


106dsc_2862


107dsc_2871


108dsc_2901

| | コメント (0)

オオワシ2016-17ⅩⅩⅡその②  残りの画像

 昨日は土曜で人が多かったが、今日は昨日以上に人が多いかもしれない。
オオワシの次回予定は、今のところ天気予報から2月22日を予定しているが、漁狙いで湖岸で待つつもりで手持ちを考えている。ロクヨンで湖岸で待っても、遠いと大した画像が撮れず、近ければ手持ちでも600㎜なので十分撮れる。手持ちの良さは、ウロウロと歩けるところにあり、昨日もオオワシが獲物を持ち帰った後直ぐに麓に行き、近い飛翔を撮ったり、田んぼでコウノトリやコハクチョウ、野鳥センターに帰る途中では遠かったがハヤブサ幼鳥を撮っている。昨日は5kmぐらい歩いたが、ロクヨンなら歩けない。
今シーズン22回の撮影での機材を調べると、半分の11回が手持ちで、レンズは80-400㎜に150-600㎜が各1で、残りは300mmf4+TC14Ⅲだった。

昨日の残り画像の一部です。

●飛翔
麓前での飛び出し後の空抜け、今シーズン一番近かい距離だったかも知れず、日差しとの関係の角度も良かった。フォーカスは十分と思うが、ロクヨンと何か画質が違うような・・・、これでも十分満足。

01dsc_2335


02dsc_2336


03dsc_2337


04dsc_2341

 

●昼からの飛び出し
 麓の道を湖岸に向かって歩いている時に、止まっている場所を見ると全身が見えた。立ち止まって見ていると、飛び出しそうだったのでカメラを向けた。ロクヨンなら一旦機材をリュックに入れて歩いたと思うので撮影できなかっただろう。

この距離になると、画像にロクヨンとの差を感じるが、まあ、”エエかな”という範疇で撮れている。ロクヨンの画像を”優”とすると、”良”ぐらいの画像と思う。

05dsc_3035


06dsc_3036


07dsc_3037


08dsc_3038


09dsc_3040


10dsc_3041


11dsc_3042


12dsc_3043


13dsc_3044


14dsc_3045


15dsc_3063

| | コメント (0)

2017年2月18日 (土)

オオワシ2016-17ⅩⅩⅡ 湖岸で待ったが、又しても遠かった

 漁狙いで軽量手持ち機材で行き湖岸で待った。湖岸の自分の定位置について、しばらくして飛んでくれたが、山沿いにどんどん飛び沖で獲物を捕りよった。遠すぎて、しかも後ろ向きで話にならず。麓に戻ると低い場所に止まっていたので、飛び出しを狙い何とか撮れた。獲物持ち帰りの画像を見せてもらったが、小さいように思ったのでもう一度行くと信じて待つことにした。
時間つぶしに、田んぼにコウノトリが残っていたので撮り、ついでにコハクチョウも撮った後、野鳥センターに戻り建屋下のベンチで昼食、昼から麓でオオワシの様子を見てから湖岸に行った。3時まで待ったが飛んで来ずで諦めて帰ることに。今日は、野鳥センター駐車場に車を止めたが、戻る途中に山を見るとオオワシが飛んでいた。塒方面に飛んだので、塒入りだったのだろう。
野鳥センターの前の看板に、北帰の早い時は2/19と書かれていたが、せめてもう一回行って湖岸で今シーズン最後の勝負をしたい。昨年のように3月に入ってからなら、2、3回行けるかな。

●湖岸での撮影
トリミングで3倍に拡大しているが、ロクヨンと1.4倍TCならもう少しマシに撮れただろうか。撮れても後ろ向きでは、どうしようもないが。

17021801


17021802


17021803


17021804

一旦漁港方面に飛ぶ、画像はノートリ
17021805

最近の帰還進路か、公民館近くを横切り帰りよった。麓ではセンター方向から帰ってきたと聞いた。
17021806

  
●食事後の飛び出し狙い

止まっていた場所は低く、トリミング2倍に拡大しているが大きく撮れた。

トンビにピントが合っている。
17021807

最初の2枚はボケで、3枚目から上手く撮れた。
抜き取りで掲載
17021808


17021809


17021810


17021811


17021812


17021813


17021814


17021815


17021816


17021817

  
17021818

 

★オマケ

コハクチョウ
風上に立っていたので、こちらに向かって飛びよった。
ノートリ
17021819

コウノトリ
17021820

  
今日の撮影枚数は久しぶりに1,000枚を超えたが、コハクチョウとコウノトリをかなり撮影した。


  
撮影機材:D500、300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:1,136枚
移動:車、現地では歩き  天気:昼から晴れ後曇り 
撮影経費:0円(ガソリン代は日常経費内) 

| | コメント (0)

2017年2月17日 (金)

オオワシ2016-17ⅩⅩⅠその③  空抜けの飛翔

 朝に東山税務署へ行き、確定申告書を提出してきた。帰りに東山界隈をブラブラ歩こうかと思っていたが、小雨ながら雨が降って来たので真っすぐ帰った。

今日は撮影休み
昨日は、車を最近止めている沼の公園の駐車場に止めた。麓まで数百m歩かねばならないが、野鳥センター駐車場より近い。ところが道の雪が残っており、凍っていたので食い込んだ足を抜くのに力が要る。麓に到着した頃には、息切れがして暑かったので上着を脱いだ。野鳥センターから歩いた方が、距離は長いが道に雪は無かったので楽だったかもしれない。昨日は暖かく、夕方まで上着を着ることは無かった。
昨日の狙いは、雪の積もった田んぼの上をオオワシが魚を掴んで帰ってくるところだが、飛翔は撮れたものの、魚は掴んでいなかった。快晴での条件、オオワシの下面が雪の照り返しで明るくなるので、青空バックでも綺麗に撮れる。普段の快晴での青空バックは、オオワシが黒くなってまともに撮れないが、昨日は絶好の条件だっただけに残念である。まあ、魚は無かったが撮れたので良しとして、来年の楽しみとしておこうか。
関東と北陸で春一番が吹いたとニュースで流れていたが、オオワシの滞在も後僅か。後何回行くかは天気次第だが、気合を入れて麓で待つか、お手軽手持ちで湖岸で待つか・・・・。昨日撮影の飛翔も最接近は、センター方向から山に戻って来た時で、ロクヨンの三脚使用では上に振れなかった。手持ちなら間違いなく撮れていたが、どちらが良いのやら?

空抜け飛翔を掲載

01dsc_4053


02dsc_4055


03dsc_4058


04dsc_4059


05dsc_4064


06dsc_4078


07dsc_4083


08dsc_4281


09dsc_4283


10dsc_4288


11dsc_4289


12dsc_4290

  
オマケ画像

コオハクチョウ、遠かった。
13dsc_3352

ノスリ、南側を飛んだので逆光気味
14dsc_3514

| | コメント (0)

オオワシ2016-17ⅩⅩⅠその② 飛び出し44連写は完璧と自己満足

 昨日は撮影条件が良かったので、飛翔のピンボケはあまり無かった。中でも塒入りの飛び出し連写は44枚まで自分の感覚では完璧。その後2枚バックにピントが取られたが、シャッターを押し直した空抜けも、16枚連続でピントOKだった。珍しいことだが、D5のAFが腕をカバーしてくれた。D500ならTC無でも何枚かボケたかも知れない。
AFはAF-C・グループエリアを使用。AF・LOCKを使っている人が多いが、右手親指にも気をまわす必要があるので使用していない。どこかで一度試してみるかな。

同じような画像が多く、いつもなら抜き取り掲載にするところを、正面からの飛び出しが撮れ嬉しいこともあり、44枚すべてを掲載します。
トリミングで2.4倍に拡大

止まっている時に飛ぶと予感したので、止まりものからの連写で、屈んだ瞬間から撮れた。
17021607


17021608


17021609


17021610


17021611

風が弱く、飛び出し時に羽ばたきが多かったような?
17021612


17021613


17021614


17021615


17021616


17021617


17021618


17021619


17021620


17021621


17021622


17021623


17021624


17021625


17021626


17021627


17021628


17021629


17021630

多少の枝被りも連写の途中なら撮れる。
17021631


17021632


17021633


17021634


17021635


17021636


17021637


17021638


17021639


17021640


17021641


17021642


17021643

右に曲がらず羽を水平にして、そのまま頭上を通過してくれれば良かったのだが滅多に無い。
17021644


17021645


17021646


17021647


17021648


17021649

この画像の後ボケたが、無意識でシャッターから指を離したような?
D5は、CFを少し高速タイプに変えたこともあり、90枚ぐらいまでは連写可能、多く撮れば後が大変だが、漁の瞬間狙いなどは気をつけねば。
一旦、シャッターを離すと次にピントが合うまでタイムラグが生じる。
17021650

| | コメント (0)

2017年2月16日 (木)

オオワシ2016-17ⅩⅩⅠ 完敗かと思ったが最後に逆転勝利

 気合を入れて行ったが2時半まで飛ばず。今日は完敗かと思ったが、その後飛翔と飛び出しだけだったが、撮りまくって逆転勝利となる。

4時過ぎまで粘り、家に着いたのが6時半頃で整理が追い付かず、今日は少しだけ掲載。とにかく疲れた。

170216001


170216002


170216003


170216004

 

コウノトリが飛び、一時騒然となる。今日は、天気が良かったことも有り、平日というのに人が多かった。今日はかなり前で撮影、もう少し後ろで撮りたかったが場所がなかった。

170216005

ほぼ、ノートリ
170216006


後は後日

  
撮影機材:D5、600mmf4+TC14Ⅲ、三脚使用  撮影枚数:962枚
移動:車  天気:快晴
撮影経費:0円(ガソリン代は日常経費)

| | コメント (0)

2017年2月15日 (水)

気合を入れてハヤブサ

 朝は撮影休み、夕方のハヤブサに行った。今日も3時頃に一度姿を見せたが、本番は4時前頃から30分程度だった。その後見える所に止まっていたが動きが無く、塒入りの飛び出し狙いで5時15分ぐらいまで待ったが、日が沈む寸前で色が悪くなったので引き上げた。
D5とロクヨン+TC14の850㎜での撮影、やはり飛翔は追い難かったが、飛び出しと交尾が撮れた。交尾は、これまでこの地で2度、山でも2度の4度撮っているが、遠かったり障害物があったり、今日は抜けた所で撮れた。

今日は交尾を掲載、50枚ぐらいからの抜き取りで、トリミングで3倍に拡大しています。
4時半頃の撮影で色が悪い、30分早ければ奇麗な色で撮れたと思う。撮れた角度から考えると、二度と無いチャンスだったが仕方無し。

17021501


17021502


17021503


17021504


17021505


17021506

♂は爪で♀を傷つけないよう考えている。
17021507


17021508


17021509


17021510


17021511


17021512


17021513


17021514


17021515


17021516


17021517


撮影機材:D5、600㎜f4+TC14Ⅲ、三脚使用  撮影枚数:706枚
移動:車  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2017年2月14日 (火)

カワセミ&ハヤブサ

 早朝、天気が悪かったので今日は撮影休みと思い、昨日のカワセミホバの残りを整理した。7時半頃に外を見ると、曇り空ながら明るかったので、雨が降ると直ぐ帰れるようにと、D500と300㎜f4+TC14Ⅲ手持ちでカワセミに行った。何度かエサを捕り休憩に入ったのでハヤブサに移動。煙突の天辺に居たが、3度飛び3度目にヒヨドリらしき獲物を持って帰って来たので終了、カワセミに戻る。何度かエサを捕った後に上流に飛び去ったので、いつもより少し早かったが引き上げた。
昼から天気が良くなる方向だったので、2時半頃にレンズを150-600㎜に代え、三脚も持ってハヤブサへ行く。カメラマンは居らず一人待っていたが、しばらくしてハヤブサが帰ってきた。4時頃になると地元の常連さんも数人やって来たが、以前と変わらず4時を過ぎてからが良いようである。今日は、短時間ながら飛び回ってくれたのでシャッターを押しまくり、撮影枚数は702枚となる。流石にD500、枚数だけはよく撮れた!
カワセミにハヤブサ、やっと元のペースに戻って来た。

●カワセミ
 狙いは飛んでからだが、手持では昨日より歩留まりが悪かった。

餌捕り
水際撮影は失敗で、止まり木への戻りも途中がピンボケ。天気のせいと思うが、腕も落ちているのかな?
17021401
17021402
17021403
17021404
17021405
17021406

飛び込み
ピントがそこそこ合ったのは1枚のみではアカン。17021407
17021408

ハヤブサから帰ってきてからの餌捕り
ピンボケ連発、そこそこ良かった画像のみ
17021409
17021410
17021411
17021412
17021413
17021414

  
●ハヤブサ

朝の獲物持ち帰り抜き取り
獲物持ち帰りが撮れる機会は年数度、飛翔画像を見ると色々な表情がある。曇り空で撮影条件が悪かったの残念。

17021415
17021416
17021417
17021418
17021419
17021420
17021421

昼からの飛翔
最初は三脚を使用したが、速すぎて900㎜の撮影ではまともに追えず。手持で撮影した画画像は何枚か良かった。三脚使用は飛び出しぐらいしかアカン。前に鉄塔や電線などの邪魔なものがあり、ピントが外れる都度追い直しとなるが、三脚が有ると動きが限定されるので、ここでは使わない方が良いような・・・ロクヨンを使えないやないかい。これまで、数度使っているが、思えば飛び出ししか狙っていなかったかな~?
  
17021430


17021431


撮影機材:D500、朝300㎜f4+TC14Ⅲ手持ち/昼から150-600㎜三脚に手持ち
撮影枚数:朝541枚/702枚 
移動:地下鉄、歩き  天気:曇り後晴れ
撮影経費:520円

| | コメント (0)

2017年2月13日 (月)

気合を入れてカワセミ

 昨年6月のお寺以来だろうか、気合を入れてD5とロクヨンでカワセミに行った。対岸辺りは600㎜では足らず、こちら側も連写画像にもう一つの物が多く、腕から考えるとこんなものかというところ。機材が怒っているだろう、次回(多分、明日)は、より気合を入れるが、気合で上手く撮れれば苦労しない。

連写画像から抜き取りで掲載、画像はトリミングで3倍に拡大

水際を撮り逃がす
17021302
17021303
17021304
17021305
17021306
17021307
   

水際はボケ
17021308
17021309
17021310
17021311
  
   
ホバ後飛び込まずに移動
今日は対岸から飛び出し、飛び込む前にホバが多かった。ホバの場所が悪く、対岸のコンクリバックが大半。
17021312
17021313
17021314
17021315
17021316

  
ホバ後に飛び込むが飛び出しは後ろ姿。ホバ後水面に落ちる所を撮りたかったが、動きが遅くて追えず。
17021317
17021318
17021319
17021320
17021321

   
魚2匹咥え物
止まり木に止まってから小さい方を落としよったが、その瞬間を撮りたかった。
17021322
17021323
17021324
17021325
17021326

 
<追記>
 GoogleMAPで撮影距離を測ったら、対岸土手コンクリの肩まで約30m、蕎麦屋辺りの川岸対岸までは約20m、いずれも平面での直線距離だが、やはり最下流の方が遠い。D500かTCを使用した方が良いかも。D5にロクヨンならTCを使用しても、それほど画像が悪くならないのはオオワシやチュウヒで実証済みだが、カワセミで立っている場所側に止まられると、近すぎて飛び込みが追えない。今日は、対岸からの飛び込みが多かったが・・・・


撮影機材:D5、600mmf4、三脚使用  撮影枚数:705枚
移動:地下鉄  天気:曇り後晴れ
撮影経費:520円

| | コメント (0)

お試し・・・アニメ(スライドショウ)作成

 以前から他の人のブログで、アニメというのか自動スライドショウを目にしていた。かなり以前に何のソフトか忘れたがクリックで動くスライドショウを作成し、HPに張り付けたことはある。ブログでやってみようと、数日前に ”アニメ作成” で検索すると ”GIFアニメ作成・・・” なるフリーソフトを見つけた。ソフトをダウンロードするのではなく、画面で作成し結果をダウンロードする方法。ブログに貼り付けようと16枚で作成したが、容量が8MBぐらいになり投稿できない。ブログの1枚の投稿は1MBまでで一旦諦めた。
再度、枚数と大きさに容量を1MB以下に減らしやってみたら何とかできた。

画像クリックで別ウインドウで動きます。
オオワシにしては動きが速すぎたが、これは設定可能。バックは動かないようにトリミングする必要があると思ったが、鳥を追うためバックがズレるので、これは難しい。大きくして枚数を増やしたいが、ブログの1枚の投稿制限で無理やな。

170213

 

| | コメント (0)

2017年2月12日 (日)

撮影休み  在庫より湖北のノスリ

 今日は撮影休み

昨日の夜と今日の朝に国税庁HPの確定申告書作成コーナーで、申告書を作成しダウンロードした。昨年、株を売ったが特定口座では無く一般口座だったので今回申告が必要、確証を探しスキャナーで取り込みプリントした。原紙を提出しないといけないのかどうか知らないが、取り合えず控えを作る。もう一度見直して今週末ぐらいには税務署に提出するつもりだが、今の生活で考えると結構な金額を納税しなければならない。今年の住民税に健康保険もアップする。その分儲かったのだから仕方ないが、カメラ2台とロクヨン、その他諸々の購入に今年の税金・保険料の支払いで残りは僅かとなる。噂は聞かないが、もしV3の後継機が出たら買い替えが出来るぐらいは残ったかな。現役時代に毎月給料天引きでコツコツと買っていた勤め先の持株、退職時に処分してパッと使わずに残しておいて良かった。

掲載画像は、先日湖北で粉雪が降る中撮影したノスリ。

01dsc_9338


02dsc_9346


03dsc_9347


04dsc_9352


05dsc_9353


06dsc_9354


07dsc_9355


08dsc_9358

| | コメント (0)

2017年2月11日 (土)

カワセミ 最下流へ地下鉄で行く

 地元の撮影に地下鉄利用解禁ということで、以前通った最下流に行った。朝、雪が積もっていたので、雪バックのカワセミを期待していたが良いシーンは撮れず。対岸での移動が多く上流の中域より撮影距離は遠くなるが、枯草があまり入らないので撮り易い。また、餌捕りダイブもゆっくり飛び込むので追い易いが、飛び出しが後ろ姿になるのが多かったので、水絡みはもう一つ。
上流へ下流へと動きよったが、移動距離はそれほど長くなく追い易かった。こちらの岸にも飛んで来たので、近くから動きものが撮れ行って正解だった。

餌捕り
前にフワッと飛び出し、ホバにホバ擬きで飛び込むことが多かった。17021104
17021105
17021106
17021107
17021108
17021109
17021110
17021111

近い距離でのロングホバは、久しぶりの撮影、かなり撮ったが抜き取りで掲載。目が入らなかったのは残念。
17021112
17021113
17021114
17021115
1702111617021117
17021118

止まり木への飛びつき
17021119
17021120
17021121
17021122
17021123

お魚咥えもの、飛び込んだ場所は直ぐ前で見えず。
17021124
17021125


撮影機材:D5、150-600㎜、三脚使用  撮影枚数:593枚
移動:地下鉄  天気:曇り後晴れ
撮影経費:520円

| | コメント (0)

2017年2月10日 (金)

D500と高倍率ズームで鳥探索のお散歩

 8時頃にD500にタムロン16-300㎜を付け撮影に出た。狙いはカワセミだったが、いつもの場所が不調で下流へ行き、最後はハヤブサの様子を見に行った。要所で撮影を行いながら、3時間で約7.5㎞歩き疲れたので、帰りは当然地下鉄を使う。
コミミも1月で終わらせたので、カワセミにハヤブサの撮影を増やす。ここしばらく、コミミで撮影経費予算(ガソリン代以外の交通費に入園料で月1万円、コミミ撮影では予算オーバとなっていた)を使っていたので、カワセミは歩きの範囲に留めていた。これからは、地下鉄利用を復活させる。
D500とタムロン16-300㎜での野鳥撮影は、多分2度目と思うが、300㎜でのAFの速さは使える範囲でカワセミ飛翔も撮れる。ただ、天気が悪くISO1000~1600で撮影したこともあり、川の真ん中より向うのカワセミは、解像感がかなり悪かった。カワセミのように小さな鳥では、15~20mぐらいで使用するのがせいぜいかな。
遊び時の五目撮り用のレンズ、まあ こんなものだろう。これでコミミを撮りに行くか?

アオサギ
望遠レンズの画像と何か違う?
17021001

    
コサギ
17021002

   
ジョウビタキ♀
7mぐらいの距離と思うが、天気が良ければ十分な画像が得られたかもしれない。
17021003

     
コゲラ
距離は5m以内かな、これぐらいの距離になると十分と思う。
17021004

   
ツグミ
これも十分
17021005
   

以後はカワセミ
17021006
17021007
17021008
17021009
17021010

飛翔の写りは悪いが、天気が悪くISO1000で撮影したためだろう。
17021011
17021012
17021013

連写は、上手く捉え確実に追えればOKと思う。
17021014
17021015
17021016
17021017
17021018
17021019

止まりもの
17021020
17021021

飛び出し、
17021022
17021023

  
ハヤブサ
距離が遠くて解像しない。MAX450㎜ということもあり、ハヤブサで使うレンズでは無いが、緊急時は使える。
17021024


17021025

    
撮影機材:D500、タムロン16-300㎜、手持撮影  撮影枚数:524枚
移動:歩き、地下鉄  天気:曇り一時粉雪
撮影経費:260円(帰りの地下鉄)

| | コメント (0)

コミミズク2016-17総集

 コミミズクは、飛べば撮っていて楽しい鳥だが、飛びまくれば1時間も撮ると、その日は飽きてしまう。この冬で3シーズン目、バトルと獲物咥えてか掴んでの飛ぶところ狙いで、3ヵ所に計18回行った。バトルは、空中で接近するところは撮れたが、足を突き出してのコンタクトは撮れず。獲物絡みの飛びものは、見ることが出来なかった。多少心残りもあるが、撮影時間が夕方ということもあり(毎日、遅くても5時には家に帰っていたい)、一人で行くのは終了とした。18回で撮影ボウズは2回だったが、完全に日が暮れるまで粘れば撮れていただろう。
今シーズンの撮影を振り返ってみた。

★2016年12月15日  D500、80-400㎜、手持撮影 ゴルフ場跡
 12月の前半は、オオワシに詰めて行ったが紅葉バックが撮れてひと段落、コミミが撮れるようになったとの情報を得て行ったが、近くを飛んでくれず悪戦だった。また、雑草がこれまでより高くなっており、これも悪戦の理由の一つだったが、何とか撮れたので一安心。
01161215d50080400


★2016年12月16日  D5、300mmf4+TC17Ⅱ、手持撮影 ゴルフ場跡地
 この日は出が遅く姿を見たのは4時を過ぎてからで一瞬だけ、その後20分程してから動きがあり、撮れるようになったが動きは悪かった。5時を過ぎても粘り、結局はD5の高感度フィールドテストとなる。ISO25600まで上げたが、D5の検証としては良かったのかも知れない。
02161216d5300tc17


★2016年12月28日  D5、150-600㎜、手持撮影  ゴルフ場跡地
 少し下流で撮影したが、バトルも3度見られ今シーズンとしては良かった日だった。空中戦が撮れたが、接触は無しだったのが残念。雑草が高いのでロクヨンで後ろの少し高い場所からの撮影する必要有りかと思ったが、前にも出てきたので必要無しを確認した日であった。
03161228d5150600


★2016年12月29日  D5、80-400㎜、手持撮影 ゴルフ場跡地
 登場する時間が遅く、SS1/60で流し撮りを行ったが遠すぎた。
04161229d580400ss60

    
 
●2017年1月2日  D5、80-400㎜、手持撮影  ゴルフ場跡地
 この日はさっぱりでボウズかと思ったが、帰り際の5時頃に止まりものが撮れてボウズにはならず。
05170102d580400

 
●2017年1月3日  D5、80-400㎜、手持撮影 ゴルフ場跡地
 流し撮りをSS1/60、1/100で再挑戦したが、遠すぎて失敗の連続だった。普通の設定で遠かったが空中戦が撮れただけでもマシの日になる。
06170103d580400

   
●2017年1月7日  D500、80-400㎜、手持撮影  ゴルフ場跡地
 手持ち流し撮り狙いで、ほとんどSS1/60で撮影したが、20枚ぐらいはまともに撮れた。SS1/200ぐらいなら歩留まりがかなり良くなるが、バックの流れ方が不十分。枯草が倒れバックが抜けているところは撮り易く、流し撮りの雰囲気も出て良かった。
07170107d50080400ss60
 
   
●2017年1月11日  D500、150-600㎜、手持撮影  ゴルフ場跡地
 今シーズンでは、良く飛んでくれた日だった。D500にシグマのズームレンズ、T端の900㎜の手持ちでは、少しあまくなるが大きく撮れて良かったと思う。手ブレに注意して慎重に撮れればと思うが、一旦飛べば飛びまくりの鳥では慎重に撮るのは難しい。下手な鉄砲も数撃ちゃ当るの方が良い。
08170111d500150600

   
●2017年1月12日  D500、150-600㎜、手持撮影  ゴルフ場跡地
 コミミの出の良さは日替わり、前日と比べて出たのが遅く20分ぐらいしか撮影出来ず。飛びまくりなら20分も有れば十分なのだが。
09170112d500150600

   
●2017年1月13日  D500、300mmf4+TC14Ⅲ  ゴルフ場跡地
 この日は良かったが、コミミの出の良さは一日置きかと思った日であった。近くでの空中戦が撮れたが、フルコンタクトは無し。今シーズンで一番出が良かった日かな。
10170113d500300tc14

   
●2017年1月16日  D5、300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影 ゴルフ場跡地
 飛んでは止まるの繰り返しで、撮れたがもう一つの感が残る日だった。SS1/30の流し撮りを初めて試したが、まともに撮れず難しかった。
11170116d5300tc14

   
●2017年1月19日  D500、300mmf4、手持撮影  ゴルフ場跡地
 登場したのが4時半、この日の狙いはSS1/30の流し撮りだったので、出が遅いのは撮影に影響なし。意地でも撮るぞとSS1/30オンリーだったが結果は散々、満足出来る画像が2枚あったので良しというところだが、マグレで撮れたのだろう。
12170119d500300ss30

   
●2017年1月21日  D500、300mmf4+TC14Ⅲ  少し下流の荒れ野
 ゴルフ場跡地から歩いて20分の場所、出が良いと聞いたので行ったが、聞いた通りこの日は良かった。この地も出の良い日と悪い日が有るようで、たまたま良い日に当たって良かった。もう一度行こうと思っていたが、悪い日に当たればどうしようもないで結局行かず。
131170121d500300tc14


132170121d500300tc14

  
●2017年1月23日  D500、300㎜f4+TC14Ⅲ、手持撮影  河川公園
 朝から飛んでいると聞いた場所の様子見に行ったが、飛ぶのを見たのは知り合いに車に乗せてもらい土手を走っている時だった。この場所も出の良い時と悪い日があるのは同じ。

   
●2017年1月25日  D5、600mmf4、三脚使用  河川公園
 コミミも一度は気合を入れてということで、D5とロクヨンで撮影仲間3人で行き12時過ぎから4時過ぎまで待ったがボウズ。朝から来ていた人に、朝は飛びまくったと聞きガッカリ。

   
●2017年1月28日  D500、300mmf4+TC14Ⅲ ゴルフ場跡地
 数はゴルフ場跡地が一番多いようで、バトル狙いで再び行った。3時頃に到着し直ぐに飛んだので期待したが、飛んでは直ぐ止まり長い休憩の繰り返しで、飛翔を撮ることは出来たが、バトル無しでもう一つの日だった。
161170128d500300tc14


162170128d500300tc14

 
●2017年1月30日  D5、600㎜f4、三脚使用  河川公園
 撮影仲間と2人で気合を入れて行った。着いて直ぐに登場し前でロングホバをしてくれたが、後はチョロッと飛んだだけでもう一つだった。D5とロクヨンで初めてコミミを撮ったが、コミミの距離では効果をあまり感じず、軽量機材に比べこの程度の良さかに終わる。飛翔を撮り易いコミミでは、軽量機材手持ちの方がフットワークが良いので、ロクヨンの価値は無いと再認識した日だった。今シーズンも手持ちで行ったのは正解だった。
17170130d5600

   
●2017年年1月31日  D500、300mmf4+TC14Ⅲ  河川公園
 コミミ撮影を撮り捲りで終わらそうと2日連続で行ったが、出は良かったがかなり移動しよった。軽量機材手持ちだったので追うことができ、満足する日となった。
この日で中締めとしたが、D500kかD7200にタムロン16-300㎜も試しておこうとの思いが出てきており、番外編でもう一度行くかも知れない。
181170131d500300tc14


182170131d500300tc14

| | コメント (0)

2017年2月 9日 (木)

オオワシ2016-17ⅩⅩその② 山近くでの飛翔

 今日は天気が悪く撮影休み

昨日は終日北寄りの風が吹いていた。オオワシが昼頃に飛んだ時も北よりの風(だったと思う)、まさかセンター方面に飛ぶとは思わなかった。今シーズンの撮影で何度も飛び出しを見ているが、前回の上空に舞い上がり、フラフラとセンターに飛んだシーン以外は、全て山沿いから漁港方面の間だった。色々と推測して待っているが、経験で考えても外れが多い。琵琶湖への飛び出しに戻りの方向は自分が見なかった時でも、見た人に出来る限り詳しく聞いているが、やはりオオワシの事はオオワシに聞かないと分からない。知ったか振りで近くに居る人と色々話をしているが、止めた方が良さそう。
到着する前の7時頃にもセンター方向に飛んだようだが、センター前にも飛ばれると湖岸で待つ時は、何処で待つかに困る。昨日で、湖岸での撮影は終わりと思っていたが、もう1回待つかな・・・???
風が多少強い時はよく飛ぶが、風に煽られ湖面に下り難いからだと勝手に想像しているが、昼からの飛翔が真にそうだった。3時過ぎに飛び琵琶湖辺りまで出てきたが、上空を旋回して戻り、木に止まって休憩後に再び飛ぶということが3回ほどあった。3回目は、4時前で水面まで降下したものの失敗、山の正面に戻ったのが昨日の掲載である。

今日は、3時過ぎからの飛翔を掲載する。撮影距離は、300m~(500m以上?)で、軽量機材の手持であろうがロクヨンの三脚撮影でも、アカン距離で大した違いは無いだろう。多少、ロクヨンの三脚撮影の方が、無茶なトリミングで大きく出来るぐらいの違いと思う・・・? 体が大きく、黒と白のコントラストが強いオオワシで、且つ撮影条件も良かったので撮れたが、ミサゴやハヤブサなどでは、この距離の手持ちはまともに撮れない。
普通なら数枚参考程度に撮る距離だが、なかなか飛んで来ずでイライラしていたこともあり連写しまくり、D500の10コマ/秒のRAWで200連写可能の性能もあり、枚数は400枚を超えた。

画像はトリミングで3倍に拡大。ロクヨンに三脚使用なら、画像は劣化するが4倍ぐらいの拡大は可能。
  

飛び出し
この木に止まる、となかなか飛ばないことが多い。01dsc_9653


02dsc_9658


03dsc_9665


04dsc_9679


05dsc_9718

高く上昇、尾根を越えて北帰かいなと一瞬思う。
06dsc_9747

どうんどん上昇して旋回したのでホッとする。
07dsc_9757


08dsc_9761

何回か旋回し、琵琶湖に近づいてきたので期待したがアカンかった。
09dsc_9764


10dsc_9767

背後の山の木に止まるかと思ったが止まらず。
11dsc_9793


12dsc_9799

山の正面方向に戻り
13dsc_9808


14dsc_9820


15dsc_9824

少し北側の枯れ木に止まったので、軽量手持ち機材の強みで歩いて行ったが
16dsc_9825

それほど長く止まらず飛び出したので戻る。
17dsc_9848


18dsc_9865

一旦、木の茂みに見えなくなったが、止まったように思う?

次に見たのは戻る少し手前で空抜け。
19dsc_9951


20dsc_9962

山の前で旋回を繰り返し
21dsc_9974


22dsc_9979


23dsc_9983


24dsc_9988

正面に止まった。

この画像はノートリ
この距離を手持ちで気軽に撮り、トリミングで拡大して証拠写真として見られる。300mmf4+TC14Ⅲの630㎜(D500で)、非常に写りが良い。
”高額のD5と600㎜f4、何ぼのモンや~!”・・・所有しているので考えたくは無いが、時々考えてしまう。
”D5と600㎜f4は多少条件が悪くても綺麗に撮れ、30~200mぐらいの距離なら解像感が違いまっさ~!” ・・・というところかな。もしかしたら、所有しているD5と600mmf4が、”もっと上手く使え~!” と怒っていたりして・・・・
25dsc_9990

 

昨日湖北で歩いた距離をGoogleMAPで計測してみたら約5.2kmあった。軽量機材の手持ちだったからこそ歩けた。

| | コメント (0)

2017年2月 8日 (水)

オオワシ2016-17ⅩⅩ  湖岸で漁狙い・・・怒りの急降下を見た  :2/9追記

 オオワシに行った。明日からしばらく寒気が来るので、少ししんどかったが無理して7時過ぎに家を出る。頭がボーっとしていたが、9時頃には普通の状態に戻ったので、しんどさは単なる二日酔いだったようである。
湖岸での漁狙いで手持ち、D500に300㎜f4にTCは1.7倍かと思ったが、結局遠くの撮影は捨て近く狙いで1.4倍とした。9時半頃に麓に行き、居られた人と少し雑談して湖岸に行く。風が冷たくて寒い、少しイラついたが我慢して待っていると、12半ごろに飛んだ。山のオオワシが見えない場所に居たが、見える場所に居た人の動きで分かった。確認に行くとセンター方面に飛んだそうで、風向きから当然北方面に飛ぶと思っていたので驚いた。仕方なくセンター前まで歩き、前に止まっていなかったので山の麓に行く。カワセミ撮影仲間が居たので、バカ話をしながら色々状況を聞くと、オオワシは直ぐに戻って来たそうで、ショックだったのはオオワシが飛ぶ前にクマタカの餌渡しが前で見られたとの話。撮った人に写真を見せてもらったが、今日の手持ち機材で十分撮れる大きさで、麓で待てば良かったと後悔してもしゃ~ないが後悔した。
その後再び湖岸に行って待つ。3回飛んだが、2回は山の周辺を周回したのみ、4時前の3回目で琵琶湖に出て沖まで飛んだが、獲物無しで直ぐに戻って来た。まだ飛びそうだったので4時40分まで待ったが諦めて引き上げる。

今日の画像は、全てトリミングで3倍に拡大

最後の飛び出しの時はオオワシが見える場所に居た。17020801

止まってから短い時間で飛び出した。
17020802


17020803


17020804


17020805


17020806


17020807

この辺りで琵琶湖に出た。
17020808

期待むなしくどんどん沖に飛んで行きよった。
17020809

かなり沖で降下
17020810

水面上を飛ぶ
17020811

しばらく(数秒)飛んだので連写したが、獲物を捕ったのかどうか遠すぎてわからず。
17020812

突如、左上からミサゴ登場、ミサゴがどこに居たのか全く気付かず。
17020813

オオワシがミサゴを追う。
17020814


17020815

オオワシは一旦上昇
17020816

急旋回で怒りの急降下
17020817


17020818

ファインダーでは、急降下が続いたように見えたが、直ぐに態勢を変えていた。
17020819


17020820


17020821

ミサゴは逃げたが、オオワシも威嚇で追いかけただけだろう。
17020822

2/9追記
ミサゴとオオワシの絡み、よくよく見るとオオワシがミサゴの獲物を略奪しようと追いかけたように思う? ミサゴが獲物を掴んでいるような?
Dsc_0109
Dsc_0114


山に向かって戻って来たが獲物無し。
17020823

TCを1.4倍にして正解だった。1.7倍でこの距離なら、シャキッとした画像が得られていないだろう。
17020824


17020825


17020826


17020827


17020828

APS-C機に300mmf4は、TC1.4に留めるのが正解やな。フルサイズ機ではTC1.4なら足らず、TC1.7を使わないと仕方ないが、それなりに撮れている。17020829

  
オオワシ撮影も残り数回、次回は気合を入れてロクヨンで麓で待とう。今シーズンはロクヨンを使い捲るつもりだったが、今のところ半分以上手持ちになったかな。移動することを考えれば楽で良い。


撮影機材:D500、300㎜f4+TC14Ⅲ、手持  撮影枚数:323枚
移動:車、現地は歩き  天気:曇り時々雪後晴れ
撮影経費:0円(ガソリンは日常経費内)

| | コメント (0)

2017年2月 7日 (火)

カワセミ 岸辺の枯草周辺をウロチョロと動きまくりで ”さっぱりや~”

 7時半頃に撮影に出ようと外を見ると、雪がしっかり降っていた。直ぐに止むだろうと待ち、9時頃には止んだので出発、防寒対策十分で出たが日が差し歩くと暑くて汗が出た。昼間に帰り、昼食後に画像チェックしていると眠たくなり、久しぶりに昼寝をした。
カワセミは、今日も岸辺の枯草周辺をウロチョロ飛びまくり、追うのに疲れ撮影も枯草が邪魔でもう一つだった。
しばらく、コミミ行きで交通費がかかったので、カワセミは歩いて通える範囲にとどめていたが、そろそろ地下鉄利用で下流にも行った方が良いのかな。

最初の撮影は畑前、昨日の帰りに♂を見たので期待したがいつもの♀だった。
17020701

徐々に下流へ移動、結局はいつもの場所での撮影となる。

腰の弱い枯草に止まるので、上手く止まれずチョロチョロ移動しまくる。
17020703
17020704
17020705
17020706
17020707
17020708


17020709

ホバが一度あったが、バックの枯草ににピントが取られ、撮れたのは最後のみ。
17020710
17020711
17020712

この場所の対岸は、枯草バックとなり汚い。こちら岸では枯草にピントが取られる。
17020713
17020714
17020715

止まり木にも止まるが直ぐに移動しよる。止まり木の近くに、この時期魚が居ないのかな。
17020716

捕った魚も小さく絵にならず。
17020717
17020718

土手の肩、ここから川の真ん中に飛び込んでくれれば嬉しいのだが・・・
17020719
17020720
17020721

以前のカワセミ♂は、土手からよく飛び込んだが、今の♀は滅多に飛び込まない。
17020722


撮影機材:D5、300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:323枚
移動:歩き  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2017年2月 6日 (月)

カワセミ  見づらかったが連写しまくり

 久しぶりにカワセミに行った。時々日が差す曇り空で露出変更(ISOとSS)が忙しく、日が隠れると見難かったが、動きは良かったのでシャッターを押しまくった。ただ、動きが良かったと言っても、移動が大半で餌捕りは少なく、飛び込んでもポチャンでもう一つ絵になる画像は撮れず。

少し暗かったので、ISO640、SS1/1000を基本に撮影した。17020601
17020602
17020603

ペリットを吐いたので期待したが・・・・
17020604

今日のカワセミ♀、飛び込んでも出てくるのが早すぎる。
17020605
17020606
17020607
17020608

ピントが少しあまいが、飛んでからカメラを向けシャッターを押しているので仕方なし。
17020609

腰の柔らかい枯草に止まることが多く、風が多少あったのでフラフラと飛び回っていた。
17020610
17020611
17020612
17020613


17020614

捕る魚も小さく絵にならず。
17020615
17020616


17020617

直ぐ近くの枯草に止まる直前にホバ、止まる場所を探していたようである。今日の止まる直前にバタバタすることが多かった。
17020618
17020619
17020620
17020621
17020622
17020623

11時を過ぎて引き上げたが、帰る途中の上流田んぼ前に♂登場、この♂は最上流を縄張りにしているのかな。最上流に定着しているなら、中流まで歩かなくて済むのだが、あまり見かけない。見るのは2度目
17020624

 

オマケ画像

越冬イワツバメ、20羽以上居る。
17020625

モズ♀
17020626


撮影機材:D500、300㎜f4+TC14Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:930枚
移動:歩き  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2017年2月 5日 (日)

撮影休み  コチョウゲンを探して田んぼを歩く(昨日の撮影)

今日は休養日で撮影休み

昨日、11時頃に家を出て、12時過ぎから2時間弱、コチョウゲンボウ探し田んぼをウロウロした。ウロウロといっても同じ場所をグルグル回っただけだが、ほとんど歩いていたので足が疲れた。

機材は、D500と300㎜f4+TC17を持って行ったが、前日のオオワシ撮影150-600㎜では終日手持ちで歩くには重かったので、300㎜にTC17の500㎜ではどうじゃろうと試してみた。近くは良いが、遠いと解像感の悪さがハッキリ分かり、フォーカスも劣りもう一つだが使えないことは無い。昨シーズンのオオワシでは、D800EとD7200で使用したがお試し程度、TC14も持って行き主にTC14で撮影した。次回湖岸でのオオワシ手持ち撮影で試してみるかな、150-600㎜に比べVRの効きは良いはずで軽くてブレも少ないと思うが、AFが遅くなるのでシャッター全押しのタイミングを少し遅らせる必要があるかも知れない。少し遠くなると解像感が悪いのは共に同じ。

   
猛禽で最初に登場したのは、チョウゲンボウ♀
河川敷のフレンドリーな個体と違い、この地のは敏感で直ぐに逃げる。カメラで見て向うを向いている時に、急いで近づき立ち止まるを繰り返したが、電柱2本ぐらいまで近づいたら飛ばれた。
17020401

雪山バック、そのまま飛びさるかと思ったら
17020402

戻って来た
17020403

飛ぶと平気で近づいて来る。
17020404


17020405

頭上近くを旋回
連写1枚目はセンターに捉えられるが、後は端に入るか、体の一部がはみ出すショットが多かった。750㎜になると近くは追いにくい。
17020406


17020407


17020408


17020409


チョウゲン以外は目ぼしい鳥は居らず、40分ほどで場所移動と思い駐車場に向かうと電線に鳥が止まっていた。モズと思い近づいてカメラで見ると、コチョウゲンボウ♂ではないか。今シーズンも飛来していた。
17020410

遠回りして正面から近づこうかと思ったが、歩いている間に飛ばれたらどうしようもないで、そのまま歩いて近づいたが電線が邪魔。
17020411

更に大きくということで電柱に隠れながら近づき、少し大きく撮ろうと横に出て数枚撮ったところで、こちらを見て田んぼに飛びよった。前に木の茂みがあったので、何処に飛んだか見えず。
17020412

その後、1時間ほど探したが見つけられず。これまでコチョウゲンは、田んぼに下りているところしか撮ったことが無い。電線にも止まるなら注意して見る必要有り。遠くから見ると分かり難く、これまでに見逃しているかも知れない。

田んぼをブラブラしているとノスリが2羽飛んでいた。湖北で複数飛ぶのを何度も見ているが、この地で2羽は初めて、以前から2羽飛来するとは聞いていた。
17020413


17020414


17020415


17020416

  
チュウヒも2羽飛んだが遠かった。掲載画像は共に♀かな?
17020417


17020418

  
田んぼで近くから撮るには車で近づき、中から撮るのが良いと聞くが、自分の車の大きさでは極たまに走っている地元の車とのすれ違いが難しい。また、車を運転しながら、わき見運転で鳥を探し、脱輪させれば大変。狭い範囲しか探せないが歩くしかない。”しんどいわ~”。

    

撮影機材:D500、300㎜f4+TC17Ⅱ、手持撮影  撮影枚数:346枚
移動:車、現地歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2017年2月 4日 (土)

オオワシ2016-17ⅩⅨその②  漁の瞬間を撮ったが、またしても遠すぎた

 今日の掲載は漁の瞬間で、撮影の順番から言えば、今日が①で昨日が②である。

今シーズンは漁(魚)3度に狩り(鳥 トビの獲物略奪)1度の撮影に成功しているが、いずれも遠過ぎ証拠写真レベル。150-600㎜の900㎜手持ち撮影で、おまけに風が強くて体が揺れ、遠くの撮影ではブレで輪郭が2重になっている画像が多かった。多少近い漁港からロクヨン+TCで三脚を使用して入れば、遠いながらも綺麗に撮れていたかも知れない。北西~北風の強い日は沖まで飛び、風が弱い日は片山の湖岸近くで捕るのだろうか・・・・

沼の横で西寄りの湖岸で待った。湖岸近くで捕獲した場合を想定し、風向きから出来る限り横から撮ろうとこの場所にした。山の見える場所なら後ろ向き、橋の方に行くと日差しが悪い。

北を向いていたこともあり山沿いをと飛ぶと期待していたが、待っていた場所背後の木の茂み上に登場した。
01dsc_7305

沖に飛んでいくコースでガッカリ
02dsc_7309


03dsc_7320

沖に向かってドンドン飛んでいく。
04dsc_7335

ノートリ
05dsc_7362

対岸の山バックでオオワシが小さい、当然ピントは山に合う。湖岸から見ていると対岸近くかと思ったが、オオワシがボケボケで対岸からかなり離れているようである。
06dsc_7380

湖面近くに降下し、バックがオオワシから近い湖面となるのでボケはマシ。
07dsc_7390

水面を飛ぶ態勢になる。
08dsc_7396


09dsc_7408

獲物に狙いをつけ両足を突き出す
10dsc_7414

キャッチ
11dsc_7415

魚を跳ね上げる
12dsc_7416

掴んでいたのは右足
13dsc_7417


14dsc_7418

両足で掴み直したが、目で見ながらの作業かな、魚を見ているような?
15dsc_7424

旋回して漁港の方へ飛ぶ
16dsc_7434_01


17dsc_7439

何か人工物に止まる。
18dsc_7472

ここで食事と思い急いで歩いたが、一度場所移動をして直ぐに飛んだ。
19dsc_7478

直ぐにミサゴが近寄ったが、何処にいたのか? ミサゴの主食は魚、オオワシが捕ると腹が立つのだろう。
20dsc_7512

しばらくしてミサゴが離れる
21dsc_7539


22dsc_7551

こちらにどんどん向かってきた。
23dsc_7569


24dsc_7577


25dsc_7588

途中で進路変更
26dsc_7599


27dsc_7605

逆光になる
28dsc_7610


ここ数年で度目の撮影、遠くからなら”しょうもないシーン”だが、一度は近くから撮りたいシーンでもある。近くで魚を跳ね上げるところを連写、絵になるシーンかも知れない。魚の目も入るところを撮りたいが、近くで撮れるかどうかの運次第、運を呼び込むには湖岸で待つ回数を増やすしかないが、風の向きと強さで何処に飛び込むか予測が必要と思うが、今年も無理かな?

| | コメント (0)

2017年2月 3日 (金)

オオワシ2016-17ⅩⅨ  今シーズンのオオワシは元気

 19回目のオオワシ、D500とシグマ150-600mmの手持ちで行き、主に漁狙いで湖岸で待ち、寒かったが9時から3時まで頑張った。

10:40頃に飛んでくれたが、漁は遥か彼方で後ろ向き、待っていた場所は沼横の湖岸でまともに撮れず。後で漁港に行った時に、手持ちで撮った人から聞いた話では、そこそこ撮れたとのことで場所が悪かった。持ち帰りは近くを飛んでくれたので撮れた。
直ぐに山の麓に行ったが、途中で止まった場所から塒方面に入るのが見えた。しかし、11時過ぎには出てきたので、食べてる最中に落としたのかも知れない。
12時に沼横の東屋に行き昼食、風が強かったので漁港にミコアイサが入っていないかと思い移動。車を野鳥センターの駐車場に止め、漁港に向かって歩いている時に、山の方向を見ると、何と獲物を掴んでオオワシが山に向かっている。南側のソーラーパネル方面まで飛び、方向転換で道路の上の低い位置を正面に向かい、そのまま低い場所に止まりよった。行かねばと漁港は一旦止めて山の麓に向かったが、麓辺りに着いた時に飛び出し高い場所に移動しよった。魚を道路に落としたと聞いたので、再び飛ぶと思い湖岸に行った。今度は漁港に行き、ミコアイサが居なかったので漁港近くで待ったが中々飛ばず。
2時を過ぎて再び山の麓に行ったが、諦めて野鳥センタ-駐車場に向かって歩いている時に振り返ると北に飛んだ。高く上昇し、山を越えて北帰かいなと思うところまで上昇後、向きを変え野鳥センター方向に飛んだので、急いで行くとセンター前の旗に止まっていた。しばらく様子を見ていたが、逆光だったので諦めて引き上げた。

取り合えず、今日の掲載は山の麓で撮った飛翔。漁の瞬間は撮影枚数が多く、じっくり見てから掲載。

2回目の獲物持ち帰り後ろ姿、気づくのが遅く遠すぎた。17020300

   

止まった場所、右下の電柱と比較して低いのがわかる。
17020301

正面に飛び出した。
17020302

  
17020303


17020304


17020305

そのまま琵琶湖に行くかと思ったが戻り寄った。17020306


17020307


17020308

        
17020309


17020310


17020311


17020312


17020313

野鳥センターに向かっている時の飛翔
17020314

普段、あまり見かけない高いところまで上昇してから、野鳥センター方向に向かう。
17020315

野鳥センターの前、チュウヒがモビング
17020316

  

朝の獲物持ち帰りを1枚、直ぐ近くを飛んだが獲物はフナかな?
Dsc_7607_1



●昨日の夜に1月の撮影を集計した。

1月の狙いの鳥を調べてみたが、カワセミ、ハヤブサ(様子見)、オオワシ、コミミにしか行っていない。
この冬、コチョウゲンも狙いの一種だったが、今シーズンは悪いと聞いたので一度行ったのみ、そろそろ行かないと撮りそびれそうである。

201701

  
撮影機材:D500、150-600㎜、手持撮影  撮影枚数:925枚
移動:車  天気:曇り後晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2017年2月 2日 (木)

撮影休み・・・1/31撮影のコミミ残り画像

 昼から撮影に出ようと思ったが、寒くて出る気力なし。湖北での待ちの撮影で足元が冷えるので、防寒用のブーツが無いか好日山荘のネットショップで調べると、ノースフェイスのスノーブーツが1万円少々であったが高い。待ちの撮影では足元が冷えてくるので欲しいが、普段の撮影は歩くので不要とも思う。ネオプレン製磯ブーツで、もう一度試してから考えよう。先日、ズボンの裾を無理やり押し込み足の筋が痛くなったが、押し込まなければどうじゃ。釣りでたまに履いているが、夏場ということっもあり厚手のタイツを履くことも無く、ズボンも薄手で裾は無理やり押し込まなくても入る。
    

一昨日に撮影したコミミの残り画像です。

手持でコミミの動きに合わせ移動したので、これまでに無く近くで撮れ満足。野鳥は近くで撮るのが一番、鳥の習性や人の多さによって近寄れないことも多いが、移動がしんどい大口径レンズで待ちの撮影をするより、軽量レンズ手持ちで近寄れるなら近寄った方が結果は良いだろう。ただし、止まりもの狙いで近寄り過ぎると、飛び出しの瞬間にファインダーから外れるので、適度な距離を確保する必要がある。コミミの場合は、羽を広げると大きいので注意が必要だったが、この日は後のことを考えず止まりもので近づき過ぎた。単焦点よりズームレンズの方か良かった。

飛び出しを狙うにはちょうど良い距離01dsc_6681

体をブルブルと震わせる。飛び出す前の合図と少し前に気がついた。
02dsc_6725


03dsc_6726

飛び出しは連写出来たが、枝被りが多く残念。
04dsc_6733


05dsc_6742

人工物への止まりもの、この地の下流域では人工物に止まることが多かった。
06dsc_6764

近づいて止まりものを撮影、そのまま飛び出しを狙ったが、近すぎて無理があった。
07dsc_6776


08dsc_6786

ボケ画像をアンシャープマスクで処理したが、まだボケている。ブレかな?
09dsc_6787


10dsc_6788

看板への飛びつき
11dsc_6811


12dsc_6812


13dsc_6815


14dsc_6817

これも近づいた
15dsc_6879

飛び出す瞬間は収まったが、後は1枚だけ
16dsc_6883

  
17dsc_6884

ショベルカーに止まる。
グループエリアAFで撮影していたが、このシーンは何処にもフォーカスせずで、早故障かと慌てる。他の物に合わせると普通にフォーカスしたので、再びコミミに持って行ったが時々瞬間合うだけ。仕方なくAF-C25点で撮影した。グループエリアAFは、周囲の条件によって時々アカン時がこれまでにもあるが何でかな?  
18dsc_6983

トリミングでかなり大きくする。 
19dsc_7111

以後は飛翔画像、土手からの撮影では無く下からの撮影、背の高い枯草が少ないので撮り易い。
20dsc_6707
  
2羽登場で少し近づく時もあったが、空中戦には至らず。
21dsc_6715


22dsc_6805


23dsc_6828


24dsc_6831


25dsc_6836


26dsc_6840


27dsc_6846


28dsc_6859


29dsc_6930


30dsc_7066

 

171号線の大山崎-高槻間を走るのが嫌で行かなかったが、もう少し早い時期から行けば良かったかな。
171号線は、池田に帰るのに30年ほど前はよく走ったが、大山崎-高槻間は右折レーンが少なく、右車線を走っていると右折車があるたび左車線に変更しなければならず、左車線を走れば当然左折する車がいるので、右に変更するか止まらなければならない。流れは良いのでそれなりに走れるが、この運転操作が面倒で、しばらくして亀岡経由で帰るようになり、今では京都市内を走るのが面倒で、豊中まで高速を利用している。

| | コメント (0)

2017年2月 1日 (水)

オオワシ2016-17ⅩⅧ  寒さに負けて早退した

 カワセミに行く予定だったが、朝にオオワシに変更し10時頃に到着した。朝の9時前に獲物を捕り食べたと聞いたのでガッカリ、食べ終わるのが早かったとも聞き、取り合えず3時まで待つことにした。今日の湖北は、風はそれほど吹かなかったが寒く、特に足元の冷えはたまらず。地元に人にすれば大して寒くないのかも知れないが、京都に比べると冷え方が違う。オオワシはなかなか飛ばす、1時半頃になるとショボツキ、北の山を見ると白く霞んできたので、”こりゃかなわん”で降る前に引き上げた。湖西周りで帰ったが、途中の雪は積もるような感じではなかったが本降りに近かった。
尚、今日のカメラマンは山の麓で数人、天気が悪いと人は少ないのかな。

始めに麓脇の道路に行ったが、数枚撮影して大して良い画像が撮れないので、いつもの正面道路に行く。
17020101

完全な枝被りだが、止まりもの狙いなのでどうでも良し。
17020102

時々向きを変えるが、いつものこと。
17020103

糞噴射5発(6かも?)、他に大した動きが無かったので4回は撮った。
17020104

少し前に出てきたので、飛ぶと期待したが飛ばず。帰ってから飛んだかも知れないが、今日は寒くと我慢できず。
17020105

エンジェルポーズ
17020106

足を踏み外しそうになりバタバタ。
17020107


17020108

仰け反って吠える。
17020109


17020110

残すところ1ヶ月も無いと思うが、これからが踏ん張りどころで次回に期待。

  
オマケはノスリ
  
17020111


17020112



撮影機材:D5、600㎜f4+TC14Ⅲ、三脚使用  撮影枚数:300枚
移動:車  天気:曇り
撮影経費:0円(日常経費内)

| | コメント (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »