« 街中のハヤブサ  今日も下りて来ず | トップページ | オオワシ2016-17の画像ベスト5 »

2017年2月26日 (日)

オオワシが北帰したようで、今シーズンの総集

 今日は撮影休み
 
 夕方に野鳥センターHPの鳥情報を見ると、オオワシが10時頃に北に飛んで北帰したようである。明日、もう一度行くつもりだったが帰ってしまった。オオワシが終われば、冬の鳥撮影も終わりである。しばらく寂しさを感じるが、これからは日常撮影(カワセミ、ハヤブサ)+αで頑張ろう。明日は、コハクチョウ撮影で湖北に行くつもり。  

数日前から、今シーズンの総集を作っており、最終仕上げが終わったので掲載します。     

 毎年11月半ばになると、オオワシの飛来が気になる。今シーズンも期待通り飛来してくれ、撮影を楽しませてくれたが、例年に比べ自分の腕としては画像が綺麗に撮れたと思う。レンズは、三脚使用でロクヨン(+TC14Ⅲ)、手持では300㎜f4+TC14Ⅲを主に使用した。ロクヨンは昨シーズンの最後に一度、手持レンズは昨シーズンに同じであるが、撮影結果は昨シーズンより良かったと思う。撮影条件の良かった日が多かったのかなとも思うが、D5とD500のAF性能アップによるところが大きいような気がする。撮影日数は24日、その内半分が手持ち撮影、近くを飛んでくれさえすれば手持軽量機材でも十分だった。しかし、ロクヨンを使っていれば、更に綺麗に撮れていたのかなと思うが、気楽に撮影し楽しめたので良いだろう。
今シーズンのオオワシ撮影は、過去9年で一番充実していたように思う。

画像はブログ掲載から適当に抜粋

●16年11月28日  D500に300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影
 飛来した翌日だったが、様子見ということもあり手持ちで行った。風が強すぎ塒から出て来ずで、遠くから証拠写真数枚の撮影に終わる。様子見とはいえガッカリだった。
01161128d500300tc14



●16年11月30日  D500に600㎜f4、三脚使用
 リベンジを果たすべく気合を入れて行った。紅葉バックの獲物持ち帰りが撮れたが、遠すぎた。飛び出しも撮れたが枝被りで残念、とはいえ撮れて良かった良かったの日になる。02161130d500600

 

●16年12月2日 D500、300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影
 D5とロクヨンで一発決めるつもりだったが、前日に腰を痛め(度々の再発)仕方なく手持ちで行った。手持ちだったので獲物持ち帰りを下から撮ろうと、撮影場所をいつもと違う用水路横にした。何度か飛んでくれ、3度目で魚を掴んで頭上を飛んでくれたが、真下過ぎてオオワシの下面の色が出ず、以後麓で待つのは正面道路とした。03161202d500300tc14_2

 

●16年12月3日 D500と300㎜f4+TC14Ⅲ、手持撮影
 二日連続で行ったが、二日連続は往復200㎞近い車の運転もあり、しんどくこの日のみ。腰に不安があったのでこの日も手持ち、土曜日で麓は人が多いだろうと、漁狙いで湖岸で待つ。漁港から少し東で待ったが、この場所で待っていたのは一人だけだった。オオワシは飛んでくれずだったが、ミサゴにコハクチョウの飛翔が近くで撮れた。
04161203d500300tc14

 

●16年12月5日  D500と80-400㎜、手持撮影
 腰の様子をもう一日みようと手持ちで行った。手持ちなら湖岸で漁狙いということで同じ場所で待つ。期待通りオオワシが魚を捕ってくれたが遠すぎた。前後を連写しまくり、証拠写真にはなった。
051161205d50080400

魚を捕った後、漁港方面に飛び、何を思ったのか撮っていた場所の前で方向を変え、こちらに向かってきたのでビックリした。かなり低い位置を飛び、少し手前で上昇しながら方向を山に変え飛んで行った。魚を持っての飛翔を真正面から撮る機会は2度と無いかも知れず、帰ってから画像をじっくり見て興奮した。
052161205d50080400

 

●2016年12月7日 D5、600mmf4+TC14Ⅲ、三脚使用 
 紅葉もそろそろ終わりと思い、紅葉バック狙いで麓で気合入れて狙った。何とか紅葉バックは撮れたが、曇っている時間帯が長く色がもう一つ、ソフトで紅葉の彩度を上げた。06161207d5600tc14

 

●2016年12月9日 D500、600mmf4+TC14Ⅲ、三脚使用
 気合を入れて湖岸で待つ。期待通り飛んでくれたが、山に沿って飛びトンネルの左上の松に止まる。琵琶湖に出てくれることを期待したが、山の正面に帰りよった。雨が降り出したので心残りだったが引き上げた。湖岸で待った場所は、連続3回同じ場所。07161209d500600tc14_2

 

●16年12月12日  D500、600㎜f4+TC14Ⅲ、三脚使用
 湖岸で待ったが、4回同じ場所でこの日も一人。場所を変えよかと思ったが、どこで獲物を捕るのか、日によって違うので同じ場所に拘った。
期待通り飛んで来たが、漁港東あたりで降下、途中でトビとの絡みが見られたが、帰ってからの確認では、オオワシがトビを驚かし、落とした獲物を略奪したのがわかった。081161212d500600tc14

獲物はハジロカイツブリだったが、トビがハジロカイツブリを襲うのか多少疑問が残ったが、トビが掴んで飛んでいる画像も撮れていた。
082161212d500600tc14

  

●16年12月19日 D500、600㎜f4+TC14Ⅲ、三脚使用
 湖岸の同じ場所で待つ。3時頃の2度目の発進で、かなり沖まで飛び捕りよった。またしても遠過ぎでヤレヤレで見ていたが・・・・
091161219d500600tc14

持って帰る途中、麓道路が湖岸道路に突き当たるT字路直ぐ南の低い場所に止まったので、機材を担いで必死のパッチで歩いた。何とか山の正面に戻る飛び出しが撮れてヤレヤレの日となる。重量機材担いでの歩きは肩が痛かったが、歩いた甲斐があった。
092161219d500600tc14

    

●16年12月21日  D5、600mmf4、三脚使用
 湖岸で待つつもりで行ったが、朝から濃い霧で周囲が見えず麓で待つ。時々霧が流れ、オオワシが止まっているのは確認できたが撮影にならず。昼から霧が無くなり期待して湖岸に行ったが飛ばす。
10161221d5600tc14

  

●16年12月24日  D500、300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影
 手持でSS1/100の流し撮りを試したが難かしかった。獲物を掴んで帰ってきたが、南のソーラーパネル前の低い場所に止まったので、食事後の飛び出し狙いで前に行き、通常設定で満足に撮れてヤレヤレ。
111161224d500300tc14ss100

枝が邪魔だったが仕方なしで、撮れただけで良かった。
112161224d500300tc14



●16年12月26日  D500、600㎜f4、三脚使用
 三脚使用の大砲での流し撮り狙いだったが全く飛ばずで、退屈な時間だけが流れた。オオワシがアクビ、こちらもアクビの連続だった。
12161226d500600


  
★17年1月4日 D500、600㎜f4、三脚使用
 今年のオオワシ初日、湖岸かと思ったが確実に撮ろうと麓で待った。大きな魚を捕って帰り、山の前を何回か旋回してくれたのでビックリした。
13170104d500600


  
★17年1月6日  D5、600㎜f4(+TC14Ⅲ)、三脚使用
 オオワシ初撮影から丸9年の記念日、当然気合を入れて所有最高機材で行った。高額機材を使えば上手く撮れるとは限らないが、撮れない時に諦めがつく。ただ、それだけの事である。
TCを着けて魚を持ち帰りを撮る。141170106d5600tc14

魚持ち帰りが撮れたので一安心、TCを外し、失敗覚悟でSS1/100の流し撮りに挑戦し何とか撮れたが、流し撮りとしては不十分。SS1/60に設定しておけば良かったかと思うが、来シーズンにチャレンジする。出来れば軽量機材の手持ちで撮りたいが、山の前を低く飛んでくれるどうか、比較的低い木で獲物を食べた後の木移りは、低い場所を飛ぶのでチャンスと思っている。
142170106d5600ss100


  
★17年1月10日 D500、300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影
 漁狙いで湖岸で9時過ぎから待ったが、向きを何度か変えよったので湖岸の3ヵ所を移動した。2時を過ぎ、諦めて止まりものを撮って帰ろうと麓に移動したが、しばらくして飛びよった。琵琶湖に出て沖に向かいかけたが戻り直ぐに降下、飛び込んだ場所は見えなかったので想像だが、3ヶ所目の斜め前ぐらい、距離はおそらく100mぐらいで降下の角度から斜め前から撮れたのでは無いかな。この日のショックは大きかった。15170110d500300tc14



★17年1月18日  D500、300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影
 雪の日の後、田んぼの上を飛んでくれれば照り返しで下面が綺麗に撮れる。頭上を飛ぶことを期待して手持で行った。思い通りには飛んでくれず高かった。16170118d500300tc14



★17年1月26日  D500、300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影
 再び雪の後の撮影、この日も期待通りの低い場所を飛んでくれず。おまけに、2度飛んだが共に直ぐに帰って来ずで、中途半端な撮影日となる。
せめて塒入りの飛び出しを撮ろうと粘り、5時15分まで待ったが飛ばず。
171170126d500300tc14

夕日で赤く染まる。この後、日が落ち暗くなったので諦めた。
172170126d500300tc14



★17年2月1日 D5、600㎜f4+TC14Ⅲ、三脚使用
 10時頃に着いたが、朝に食べたとのことでガッカリした。もう一度飛ぶことを期待して待ったが、なかなか飛ばず。昼から雪がショボツキだし、北の空を見ると本降りになりそうだったので、寒かったこともあり引き上げた。
18170201d5600tc14



★17年2月3日  D500、シグマ150-600㎜、手持撮影
 漁狙い、どうせ遠いと思い少しでも大きく撮ろうと、APS-C機との組み合わせではレンズの解像に多少不安もあったが、シグマのレンズを持って行った。前回同様、沼の駐車場横の少し西側で待った。期待通り飛んで来たが、遥か彼方の沖へ飛び捕りよった。一旦漁港近くに止まったので急いで移動、戻りは近くで撮れた。
この日は、昼頃にも魚を捕り山に持って帰ったが(センター近くで見ていた)、道路に落としたのことで、3度目を期待して待った。2時半頃に飛んだが、高く上昇し野鳥センター方向に向かう。野鳥センターに行き、今シーズン初めて前の旗に止まるのを撮影した。
191170203d500150600

獲物はフナのようだった。
192170203d500150600


  
★17年2月8日 D500、300㎜f4+TC14Ⅲ、手持撮影
 湖岸で待った。沖に飛んだがミサゴを追いかける。ミサゴがオオワシの邪魔をしに出てきたように思ったが、帰ってから画像を詳しく見るとミサゴが獲物を掴んでいるようだった。オオワシは、ミサゴの獲物を略奪に行ったようである。201170208d500300tc14

帰りは、手ぶらだったが近くを飛んでくれた。
202170208d500300tc14

★2017年2月16日  D5、600mmf4+TC14Ⅲ、三脚使用
 2時半まで飛ばずで完敗かと思ったが、飛んでくれたので飛び出しを正面か44連写出来て、バンザ~イの日となった。21170216d5600tc14


★17年2月18日  D500、300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影
 漁狙いで湖岸で待ったが、またしてもかなり沖まで飛び捕りよった。漁港方面にかなり飛び、方向を変えて帰りよったので魚掴んでの飛翔は遠すぎた。仕方なく麓に行くとかなり低い所に止まっていたので、飛び出しを狙い撮った。221170218d500300tc14

お食事後の木移りの飛翔、今シーズンでは一番近い距離での撮影だった。
222170218d500300tc14


  
★2017年2月22日  D5、600mmf4+TC17Ⅱ、三脚使用
 今シーズンラストかもと思い気合を入れて行った。山の止まりものから飛び出しは、TC17Ⅱを使い、獲物持ち帰りはTCを外そうと思ったが飛ばす。4時半に諦めて引き上げた。
2317022d5600tc17


  
★17年2月24日  D500、300㎜f4+TC14Ⅲ、手持撮影
 まだ、行けるで手持ちで行った。近くも飛んでくれ撮り捲ったが、高く舞い上がり山を越えるのかのシーンもあり、北帰が刻々と近づいているのを感じる日になった。241170224d500300tc14

こちらの予定もあり、最後のショットかもと沼横の駐車場近くから数枚撮影が、これが今シーズンのラストショットとなる。
ノートリ
242170224d500300tc14


来シーズンも期待してるで~!

|

« 街中のハヤブサ  今日も下りて来ず | トップページ | オオワシ2016-17の画像ベスト5 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 街中のハヤブサ  今日も下りて来ず | トップページ | オオワシ2016-17の画像ベスト5 »