« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月31日 (金)

カワセミ 朝にちょろっと撮影

 会社人生おさらばから今日で丸5年、仕事がそれまで趣味だった写真撮影に変わり、最初の1ヶ月は少し不安もあったが、今では日々変わり無く過ごしている。午前中が現場作業で、昼からが写真整理のデスクワーク、ブログが日報というところかな。週休二日は一日となり、日帰り出張に今は行かなくなった宿泊出張もある。早出は有りだが深夜残業は無し。もちろん給料は無いが、非常に気楽な毎日のお勤めである。

天気は下り坂だったがカワセミへ、少し暗いのが気になったが軽量機材の手持ちでカメラはD7200とした。ISO1600での撮影、トリミングするとD7200では少し画質に無理があり、D500にすれば良かった。

  
ホバ
対岸土手の肩から飛び出し直ぐにホバをしたので、バックにピントが取られほとんど合わず。少し下がってからピントが合ったが撮れたのは1枚のみ。17033101

下がりながら少し前に出て2段目のホバ、1段目より短時間だったがピントが合った。そのまま飛び込んだが追えず。
17033102
17033103
17033104

今日も前に止まるが、直ぐに上流へ下流へと飛び去るの繰り返し。
17033105

2羽並びも何度か見られたが、2羽が離れすぎ。
もう1羽のよそ者が登場、よそ者登場は時々あるが3羽同時に撮れたのは初めて。よそ者が通り抜けると2羽も飛んだ。
17033106
17033107
17033108

この時は、何かあるかと期待したが何も無し。
17033109

これは近かったが、直ぐに飛び去った。下の亀池に飛び込んで欲しかった。
17033110

少し寒かったので飛び去った後、帰るつもりで少し上のポイントへ。途中、大きな魚を給餌咥えで飛ぶ♂をみたので、急いで行ったが♀が居らず自分で食べたとのこと。水浴びをしたので狙ったが、タイミングが合わずで撮れなかった。
17033111

 

●オマケ画像

ツバメが飛んでいた。イワツバメは、越冬しているので真冬でも見ているが、普通のツバメは今年初めて。
珍しくツバメをセキレイがしつこく追いかけていたので、カメラを向け画面に収めたものの、ピントが鳥に合わずでボケボケ。
17033112

帰り道で撮影したチョウゲンボウ
17033113

春の花
17033114

   
帰ってから、3月の狙いの鳥をまとめたが、オオワシが北帰し代わりがチュウヒ、ハヤブサは小休止で本業のカワセミ撮影が復活というところ。

17033115_2

カワセミ現場で、D5の背面表示パネルのコマ数がCH14で撮影している人が居た。普通はCH12なので、”何じゃ~、ファームアップで14枚撮影できるようになったんかいな”と思い帰って調べると、ミラーアップにすると表示がCH14になるのが分かった。使ったことが無いので分からなかった。ミラーアップの設定でシャッターを押すとファインダーが見えなくなり、ピントと露出が一発目に固定されるので、カワセミを追うのは無理。照準器を使い一発狙いで撮影しているのかな?

撮影機材:D7200、300㎜f4+TC14Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:152枚
移動:地下鉄、歩き  天気:曇り
撮影経費:520円

| | コメント (0)

2017年3月30日 (木)

チュウヒ2017Ⅶ  遠くの山がボケていた

 高齢者になりにけり。老人、お年寄りだが、国連のWHOの定義や各種公的機関の人口調査では、65歳以上を高齢者としているようだ。9kg近いリュックを担ぎ、約4.5kgの雲台と三脚を持って、1kmぐらいある湖北の野鳥センターから山本山まで休憩無しで一気に歩く者を老人と呼ぶのかいな、何か特典が有るなら呼んで欲しい。何もせずにボーっと日々を暮らしていれば、これからボケるのは早いと思うが、何かしなければならない或いはやりたい事が日々にあれば、ボケるのも遅いだろう。

滋賀のBAさんと現地待ち合わせでチュウヒに行った。レンズはロクヨンだが、カメラは久しぶりにD800Eを持って行った。持ち出した理由は特に無く、単に使ってみよかと朝に思いついただけ。発売当初は、モアレがどうたらこうたら話題になったが、普通に見る限り画像に問題は無く5年間使ってきた。鳥撮影での高画素機の長所はトリミングによる拡大しか無い。フルサイズ機の画角で撮影し、後でAPS-C機に近い大きさの画像が得られる。飛びもの撮影では、はみ出しが少なく、大いにメリットがある。
今日の現地は、近くの周囲はそれほどでもなかったが、遠くの山がかすんでおり撮影条件が悪いと思った。帰ってから画像を見ると、撮れたのはせいぜい100mぐらいまでで、それ以上の距離の画像はボケていた。7時20分頃から4時間粘ったが、チュウヒの出は悪くもう一つの撮影日だった。

今日の画像は、3600万画素の長所を生かし、トリミングでフルサイズから3.6倍と4倍に拡大しています。

  
多分、昨年生まれの若の追い出しかな?
この時、葭原近くを♀が飛んでいた。今日も3羽登場、若が近くに居つき時々登場していると持っているが、実際のところは分からず想像の話。
遠くて綺麗に撮れず。
17033001
17033002
17033003
17033004

巣材運び
今日の狙いの一つは、巣材運びで葭原に下りるところ。いつもは琵琶湖向きで下りので、横から撮ろうと東の端から撮っていたが、珍しく道路向きに2度下りたので、場所を移動し正面から撮る。
17033005
17033006
17033007
17033008
17033009
17033010
17033011

♂の飛翔
17033012


17033013

♀の飛翔
17033014

♂の急降下
17033015
17033016
17033017
17033018
17033019

近ければ良かったのだが   
17033020
17033021
17033022
17033023
17033024

   
  
●オマケはオオタカ

幼鳥
逆光下での撮影、背後を飛んだので気づくのが遅かった。
17033025

成鳥
この画像では分からないが、お腹側も撮っている。遠すぎた
17033026



撮影機材:D800E、600mmf4、三脚使用  撮影枚数:459枚
移動:車   天気:曇り後晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2017年3月29日 (水)

朝はカワセミ、昼から買い物ついでにブラブラ

 遠征するつもりだったが、体調が優れず中止してカワセミに行った。体調が悪いのは毎年この時期に発症する体が怠い病で、3月から4月半ばぐらいまで続く。単にしんどいだけで車を運転することは十分可能だが、天気がもうひとつだったこともあり止めた。昼前に帰り昼食後、ホームセンターへ買い物に行き、ついでに岩屋寺と大石神社の桜の様子を見てから、支流から本流を歩きカワセミを探索して帰宅した。

●朝のカワセミ
 今日は、最下流へ行った。カワセミは20分に一度ぐらいは前に止まるが、芸をせずに上流へ下流へと飛ぶのみでさっぱり。2羽並びが何度かあり、ブログ掲載画像は撮れた。帰りに下流まで歩き、しばらく様子を伺ったが姿見ずで引き上げた。

最下流の♂
17032901


17032902

2羽止まりは離れすぎ、♂のところへ♀が飛んでくる。
17032903


17032904

♀が近くに止まると♂は逃げる。
17032905


17032906

     
17032907
17032908
17032909
17032910
17032911

  

●昼からの撮影 

買いものは幅広のマイナスドライバー。
80-400㎜と150-600㎜の三脚座のタップは1ヶ所しかない。雲台のプレートを取り付けるのに、500円玉などを使用してネジを締め付けているが、締め付けが弱く三脚ごと担ぐとネジが緩んでくる。以前使っていた70-200㎜は2ヶ所、ロクヨンは3ヶ所あるが、ケチったのだろう。
ちょうどよい水栓ドライバーなるものがあったが、かなり強力に締まる。
17032912

大石神社、岩屋寺の周辺
名前だけは知っていた山科神社がここにあるとは知らなかった。大石神社と岩屋寺は何度も行っており、山科神社にもかなり前に行ったように思うが、名前まで意識していなかったのだろう。
17032913

岩屋寺
大石内蔵助が討ち入り前に隠棲したところとかで、階段上の桜を門の近く見上げるように撮るのが良い。毎年なら満開の時期なのに今年は遅い。
17032914

岩屋寺前の枝垂れ桜、この桜も例年なら満開になっている。
17032915
17032916

大石神社
枝垂れ桜は蕾膨らむ程度。
17032917

花子(フェラベラ・ミニホース)
平成11年4月30日誕生(と書かれていた)の18歳
17032918


帰りに撮影した支流のカワセミ
D7200と16-300㎜だが、この支流は撮影距離が近いので十分撮れる。
17032919

以前は何度も通ったが、止まりものは金網が入ることが多くアカン。水際は関係無いので出が良ければ通うが、最近帰りの寄り道で歩いた時は姿をあまり見ない。
17032920


撮影機材:朝はD500、80-400㎜、三脚使用    枚数226枚
       昼からD7200、16-300㎜、手持     枚数76枚
移動:朝は地下鉄、歩き  昼からは歩き  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:470円(地下鉄)

| | コメント (0)

2017年3月28日 (火)

カワセミ  撮影結果に少し不満だったが、しんどくて早退

 ブログの不具合、サービス提供元に連絡してから今日で丸8日経つが音沙汰無し。連絡した時に日数がかかりますとは聞いているが、何か連絡ぐらいはあっても良いのではないかと思う。翌日に送信されてきたサポートに対するアンケート調査に”大変不満”と今日回答した。休日2日を含むが音沙汰無しでは当然だろう。もう少し待っても連絡が無ければ、構成や中身に関係するものでは無いので、バナー画像の掲示は止める。昼からチェックでプロフィールページを中身変更なしで更新すると、画像が変更され同じように画像の下に空白が出来た。トップページの画像変更でもデザイン変更となるが、反映してもプロフィールのページの画像は変更されず、プロフィールの更新で画像が変わるようになっている。

<追記>
 上記の不具合の件、サポートより連絡あり修正された。システム上で何か不具合があったようで一件落着、元通りになれば良し。

 

今日の深夜、2時半に目が覚めトイレに行った後眠れず。早寝なので3時半頃に目が覚めることは時々あるが、2時半はたまにしかない。普段は4時半~5時に起きているが睡眠時間は7時間ぐらいは取っている。寝不足でしんどかったが7時過ぎにカワセミ撮影に出た。撮影中もしんどく、肝心な水際が撮れず撮影結果に”少し不満”だったが、大変不満では無かったので10時で引き上げた。
尚、今日も歩きで行き中流、下流、最下流の3ヵ所で撮影した。

●中流での撮影
 ♀が居たが、カメラを向ける上流に飛び去った。カメラで見ていたが、かなり上流まで一直線で飛んで行ったので、追わず下流に向かった。少し遊んで欲しかった。17032801

  
●下流での撮影
 最近は少し下で活動することが多い。

♂と♀の入れ替わり、♂の居る所に♀が飛んで来ると♂は逃げよる。もう少し近づいて欲しかった。
17032802
17032803
17032804
17032805
17032806

  
●最下流での撮影

ホバしたので、そのまま飛び込むことを期待した飛び込まず。
17032807
17032808
17032809
17032810
17032811

2羽並びは並んだだけ、しかし飛び出しは同時。手持ちでカメラを下して直ぐだった。同時飛び出しは珍しいシーンなので、カメラを向けていれば良かった。
17032812

獲物無し、水面から飛び出すところから撮れなアカン。
17032813
17032814

小さいが魚咥えもの、これも水面からの飛び出しから撮れなアカンが、木止まりの瞬間が撮れたので良しとしよう。
17032815
17032816
17032817
17032818

これも少し遅い
17032819

水面を飛ぶ、最下流もよく飛びまわるようである。
17032820
17032821


●再び中流での止まりもの、本日唯一の満足画像
17032822


★オマケ画像はイワツバメ
遠すぎて虫は見えないが、フライングキャッチかな?
 
17032823

今日の疲れが明日まで残らなければ良いのだが・・・・明日は遠出を考えているが、朝起きてしんどければ止める。

撮影機材:D500、300㎜f4+TC14Ⅲ、手持撮影   撮影枚数:380枚
移動:朝は歩き、帰りは車  天気;晴れ
撮影経費:210円

| | コメント (0)

2017年3月27日 (月)

チュウヒ2017Ⅵ  対岸からの撮影

 カワセミと思っていたが、朝は天気がもう一つとの予報でチュウヒに変更した。次は対岸からの撮影を考えていたので、晴れでは日差しが悪く(逆光気味)曇りの日を狙っていた。曇り時々晴れで小雨も降り、おまけに期待していた西側の一番奥の葦原周辺まで来ずで、撮影距離が遠過ぎ画像はパッとせず。D5とロクヨン+TC14Ⅲの850㎜での撮影だったが、対岸はD500の1.5倍で撮影しないとアカン。期待していた場所に飛んで来ればOKなのだが、残念無念だった。前回は、反対側から飛んでいたのを見たのだが、風向きの関係かな?
今年のチュウヒ撮影は早6回目、昨年は3月と4月は各3回で、3月はチュウヒ撮影というよりロクヨンのチェックが目的だった。面白くなるのは5月後半からだが、ロクヨンを時々使わねばならないので、他にロクヨンを使う相手もおらず撮影回数が増えそう。

道路側からは、何処で撮影しても木が邪魔して見えない場所が多いが、対岸からはよく見える。♂はどこかに飛び去ることが多いと思っていたが、葭原の中での休憩が多いことがわかった。また、対岸から見えない場所が多いが、思っていたより飛んでる時間も長かった。

今日の画像は、全てトリミングで2.7倍に拡大

日差しがあれば、この位置はまともに撮れない。17032701

葭原の上を飛び岸辺に下りる。昨年と同じ場所と思う。休憩場所は、ここ以外も何ヶ所かあった。湖岸から撮っている時、正面で消えるのを何度か見ているが、この場所と思う。
17032702
17032703
17032704
17032705


17032706


17032707

2羽(もしかしたら3羽?)がよく飛んでいた。今日は、3羽同時は見ず。
17032708

巣材を咥えて下りる
17032709

巣は3ヵ所程度作ると聞いている。
17032710

2羽の絡み
17032711
17032712
17032713
17032714

葭原の上を飛ぶのは撮れるが、撮影距離が遠すぎる。前の湖面を飛んでくれれば良いのだが・・・
17032715


17032716


17032717


17032718


17032719

曇り空の空抜け飛翔はもう一つ、道路側で山バックに飛んでくれるのが良い。
17032720


17032721


17032722


撮影機材:D5、600㎜f4+TC14Ⅲ、三脚使用  撮影枚数:1,435枚
移動:車  天気:曇り時々晴れ一時小雨
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2017年3月26日 (日)

撮影休み  チュウヒ2017Ⅴその②

 所用で撮影休み

WindowsLiveメールのサポートは1月に終了したが、使用できるのでそのまま使用していた。問題無いと思うが、セキュリティー面で何かあれば面倒なので、別のメールを探したが、プロバイダ契約しているniftyのwebメールが即使用出来のがわかった。保存しているメールアドレスとメール(参考程度のものだが)のコピーが邪魔くさい。
ブログのデザインがおかしくなった件、niftyからの連絡なし。3/20に電話した時、日数がかかりますと聞いていたが、管理者のSEが見れば直ぐ修正出来るようなものと思う。トラブル対応の順番待ちか?、対応はどこの提供社も同じかな。カスタムテンプレートとはいえ、HTMLソースとやらの知識が無いので、デザインのカスタム編集を触ったのみ、来週まで待って連絡無ければ、タイトルバナーの画像を無くさな仕方ないか。

掲載画像は、一昨日のチュウヒ残り画像です。
飛翔撮影は、同じような画像を量産してしまう。少しでも違うシーンを逃さず撮ろうと思えば、連写するしかなく無駄な画像が多くなる。シャッター寿命は多少気にしているが、ユニット交換で何とかなるので仕方なし、後の画像整理が大変なのは堪らない。

急降下
ハヤブサの急降下ほどでは無いがかなり速かった。猛禽の急降下を見て速いと思ったのは、ハヤブサ以外にオオタカとイヌワシだが、ミサゴにオオワシはそれほど速くない。
少しピンアマ、この後の画像はピントバッチリだったが、尾っぽがはみ出していた。カワセミ撮影でも、はみ出した画像がピントバッチリというのはよくある。
01170326

この日の撮影結果は良かった。悪かった日はD500でこの日はD5、カメラは関係なく大気の澄み具合が諸に結果に影響していた。
02170326


03170326

急降下寸前のポーズ、ここから追えば急降下も苦労せず捉えられるが、日差しが悪くこの後の結果はもうひとつ。
04170326

口を開けて鳴く。鳴き声は、ミサゴも同様だが猛禽の声とは思えない。
05170326


06170326

山バックは画像としては綺麗な色(?)が出るが、チュウヒの色はもう一つ。
07170326


08170326

トビとのバトル、一番接近した時にピントが外れることが何度かあった。スピードが変わり振り過ぎるのかな?
09170326
10170326
11170326

トビに向かって急降下、途中で近くの木に邪魔される。撮影場所が限定されるのが難点。
12170326
13170326

以前は近くで撮れ喜んだ画像も、今はもうひとつで何か芸を披露してほしい。
14170326


15170326

  
16170326


17170326

トビに向かって仕掛ける
18170326
19170326

足を出しての掴み合い、距離が遠いのが残念。
20170326
21170326
22170326
23170326
24170326

逆光気味で途中でボケる
25170326
26170326

羽を窄めれば飛ぶスピードが速くなる。スピードを少し上げる前。
27172326


●オマケ画像は気合一発

チュウヒは、飛びながら糞をするのをよく見ている。止まっている姿は見るチャンスが少ないので糞をするのかどうか分からない。ハヤブサにオオワシは、止まっている時は何度も見ているが、飛んでいる時には見たことは無い。

28172326


29170326

| | コメント (0)

2017年3月25日 (土)

カワセミ  ヤレヤレ、ああしんど

 朝起きて体が怠かったがカワセミへ。今日は上流から下流まで探索で歩き、出が悪ければ最下流まで行くつもりだった。足の筋肉(脹脛に太腿)と膝が痛く、カワセミの出は悪かったが、行くタイミングを逸して下流止まりで引き上げた。最下流ももう一つのようで、この時期の地元の川は何処もアカン。毎年のことだが、今年は冬にもう一つの日が多かったのが違う。
来週辺りに一日乗車券を買い、地元が駄目なら久しぶりに植物園に行ってみるかな、カワセミの出はどうなのか、カメラマンの顔ぶれも通った頃から変わったかな?

今日はブラブラ歩くつもりでミニ856を持って行ったが、朝の内薄曇りでISOを400から大きく出来ずSSを遅くしたので、画像はもう一つだった。一眼なら薄曇りが一番良いのだが、V3は晴れの日でないと画像がパッとしない。

餌渡しが見られたが遠過ぎ、バックにピントを取られる。17032501
17032502

餌捕り、ピントそこそこが1枚とは情けない。
17032503

水浴び
何度か連続して行ってくれたので飛び出しから狙う。ピントがもう一つで、掲載はマシなのを抜粋。
17032504
17032505
17032506
17032507
17032508
17032509
17032510
17032511
17032512
17032513
17032514

帰りに中流で少し撮影
17032515
17032516
17032517
17032518
17032519
17032520


撮影機材:V3、1用70-300㎜、手持撮影  撮影枚数:343枚
移動:歩き  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2017年3月24日 (金)

チュウヒ2017Ⅴ  葦原を飛ぶ姿を撮る

 葦原を飛ぶチュウヒ狙いで行った。D5とロクヨン+1.4倍TCの850㎜での撮影では少し遠かった。今日は、山が見えていたのでD500でも良かったかもしれない。
8時前から11時までの撮影、最初の30分ぐらいは出が悪かったように思うが、外来魚駆除の船が入り、おこぼれ頂戴で多くのトビが船の周辺を飛びまくったので、トビを警戒してチュウヒも出てきてからは良かった。ただ、立っていた場所と反対側の西端辺りをよく飛んでいたので遠すぎた。風の向きにもよったのかも知れないが、次回は西の方を対岸から撮影してみよう。10時頃までなら逆光も大丈夫だろう。
尚、今日も餌渡しは見られず、トビとのバトルをちょっとだけ、餌渡しが本格化するのはもう少し先かな。大気の条件は良くて、少し離れた場所でもそれなりに撮れた。

久しぶりに1400枚ぐらい撮影、狙いの葭原を飛ぶ姿の撮影は少なかったが、適当に選んで掲載します。

17032401


17032402


17032403


17032404


17032405


17032406


17032407


17032408


17032409


17032410


17032411


17032412


17032413


17032414


17032415


17032416

  
●オマケ
本日の最接近画像、いつもの中間点なら大きな画像が撮れていたかも知れないが、平凡な飛翔は撮り飽きている。それでも、飛べばシャッターを押しているが・・・・。
17032417


    
撮影機材:D5、600㎜f4+TC14Ⅲ、三脚使用  撮影枚数:1,450枚
移動:車  天気:曇り時々晴れ(風が冷たかった)
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2017年3月23日 (木)

カワセミ  粘ってかろうじて撮れた

 ブログのデザイン構成がおかしくなって三日目、バナー画像の下が大きく空いている件はniftyから回答が来ない。電話した時調査に時間がかかると言われていたので良いのだが、翌日にサポートの満足度に対するアンケート調査のメールが入りよった。不具合に関する調査の回答も来ていないのに、アンケートの返信出来るかい。電話での受付で自動的に送付してきたと思うが、回答をしてからにして欲しいな。不具合は、HTMLソースとやらを見れば分かるのかも知れないが、知識が無くさっぱり分からない、下手に書き直すより回答を待つしかない。テンプレートをコピー、しバナー画像を無くすと空白が無くなるのは確認しているので、最悪はテンプレートを変えるしかない。

今日も朝からカワセミに行った。
8時過ぎに到着した時は止まり木に止まっていたが、機材準備中に飛び去った。その後、少し下に行き止まりものを撮ったが、どんどん下に移動したので諦め、いつもの場所に戻り待った。下でホバに給餌などが見られたそうだが、行けばよかったかな。その後2時間半ほど待ってからようやく♀が戻って来て、2度目の飛び込みで大きな魚を捕りよった。残念ながら枝被りでピント合わずでガッカリ、少し離れた場所の止まり木に移動し、木に叩きつけ調理して呑み込みよったが、かなりの大物で7分ぐらいはかかっていた。これで今日は終わり、11時頃に帰ろうと思ったところに♂が出てきたので、少し撮影してから引き上げた。
撮影場所を中流か最下流に変えた方が良いかな?

17032302


17032303
17032304
17032305


17032306
17032307
17032308
17032309
17032310
17032311
17032312
17032313


17032314
17032315
17032316
17032317
17032318


17032319
17032320
17032321

 

帰ってからWBC決勝の後半を見た。プエルトリコが勝つと根拠なしで予想していたが、予想に反してアメリカが大勝、僅差で負けた日本の奮闘は大したものだったのかと再認識した。メジャーリーガーは1人で他は国内リーグの選手で戦った日本は、名実ともにアメリカに次ぐ野球大国やなと思うが、各国の選手は大半がメジャ~関係、メジャーリーグと日本の国内リーグの差は有り過ぎる。

 

撮影機材:D500、80-400㎜、三脚使用  撮影枚数:423枚
移動:地下鉄  天気:曇り
撮影経費:420円(地下鉄往復)

| | コメント (0)

2017年3月22日 (水)

昼からぶらっと湖岸に行く

 朝はWBCの準決勝日本対アメリカ戦を見た。残念ながら2-1で負けたが、メジャー相手に奮闘したと思う。しかし、最終回の攻撃は、何が何でも勝つという気迫が感じられず、少し残念だった。アメリカの打線、もっと大飛球が飛ぶと思っていたが、完全に日本のピッチャーに抑えられていた。日本のピッチャーは、レベルが高いのかも知れないが、点が取れなければ試合には勝てない。メジャーの選手が各国の代表として本気を出せば、日本の4位は実力的に妥当なところなのか、しかし勝って決勝に出て欲しかった。

WBCを見終わり、車にガソリンを入れるため家を出たが、ついでに少し走りチュウヒの様子を見に行った。対岸の西の方で待ったが、1時間で1度姿を見せたのみ、田んぼの方に飛んでいった。V3と300mmf4だったので、証拠写真レベルしか撮れず。風が少し強くひんやりしたが、春を感じる風だった。

こんなんが飛んでいたが、いつもの場所なら見えていないだろう。昨年の夏に見た個体と同じかな。
17032201

カイツブリが水面を走る。
17032202
17032203

オオバン
17032204

チュウヒは遠過ぎで日差しも悪い
17032205

こちらに向かって飛んで来たので期待したが、方向転換で田んぼに飛んで行った。
17032206

ハシビロガモ
17032207


撮影機材:V3、300mmf4、手持撮影  撮影枚数:96枚
移動:車  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

名刺を作り直す

 先日、撮影仲間から名刺のプリントを頼まれ、昨日撮影に出なかったので作業を行った。ついでに自分の名刺も作り直し2種作成したが、今日WBC準決勝開始の待ち時間に4種追加した。カワセミ、オオワシ、ミサゴ、アカショウビン、チュウヒ、イヌワシの6種だが、カワセミにオオワシはプリント完了、後はプリントするかどうか決めていない。
名刺は、以前は撮影地で人からよく貰ったので自分も作成し渡していたが、最近はあまり貰うことも渡すことも機会が少なくなった。
名前、居住区、携帯、メールアドレス、ブログの名前を掲載している、以前は入れていた渓遊会は、最近釣りに行く回数が減ったので削除した。携帯も自分の電話帳に登録しているNOしか出ないので、入れるのを止めようかと思ったが、取り合えずそのままにした。

使用した画像
全体のバランスを考え構図を決める風景と違い、ほとんどトリミングする鳥画像は、バランスを考えて寄せることも時々あるが、主役を極力大きくして、顔周辺を真ん中に置く日の丸構図を基本としている。名刺では、文字の配置の関係でいつもより片寄らせている。

カワセミ
01kawasemi

オオワシ
02oowashi

ミサゴ
03misago

アカショウビン
04akasyoubinn

チュウヒ
05cyuuhi

イヌワシ
06inuwashi

| | コメント (0)

2017年3月21日 (火)

撮影休み・・・・在庫からカワセミホバ

 雨で撮影休み、朝からWBCの準決勝プエルトリコ対オランダ戦を見ていた。明日は、日本がアメリカと対戦するので期待している。
WBCのHPで本戦出場16か国の選手所属を見ると、アジア4ヶ国にキューバを除けば、大半がアメリカのメジャーとマイナーの選手。これならアメリカではオープン戦を見ているようなものと思うが、アメリカ戦の観客数を見ると日本ほどでは無いが、そこそこ観客が入っており”ホ~”と思う。また、各国の代表選手、メジャーの大物が出ているようだが日本は一人だけ。今はメジャ~の選手かも知れないが、元々は日本の球界で育ったのではないかい、日本の球界とファンのために戦ってくれと思うが高額年棒を支払う所属チーム優先か、他の国では年棒25億とか18億とかの選手が出場しているというのに・・・・。まあ、選手それぞれの考え方に事情があるので仕方なし。
明日アメリカに勝って、決勝戦でプエルトリコに前回の雪辱を果たして欲しい。
国際大会のサッカーはたまにしか見ないが、野球はアマチュアクラスも含め放送が有ればほとんど見ている。国際大会以外に見るのはオールスターと日本シリーズぐらいで、普段は時々見る程度。
   

掲載画像はカワセミのホバ
ホバは、ピントが合う時は簡単に合うが、バックに取られて合わない時は合わない。特に、バックが草や構造物で日差しで明るい時はアカン。AFをM/Aにしているのでマニュアルアシストしたり、一旦下の川などにピントを合わせ直し、カワセミに向け直して救われることもあるが、ロングホバしか上手くいかない。

2月の在庫で、いずれも抜き取り

01dsc_2125
02dsc_2129
03dsc_2131


04dsc_2173
05dsc_2174


06dsc_2219
07dsc_2222
08dsc_2225
09dsc_2230
10dsc_2234
11dsc_2235


12dsc_2315
13dsc_2317
14dsc_2318
15dsc_2321
16dsc_2322


17dsc_2371
18dsc_2372
19dsc_2374
20dsc_2383


21dsc_2407
22dsc_2408
23dsc_2410

| | コメント (0)

2017年3月20日 (月)

ブログのデザインがおかしくなる

 タイトルバナーの画像を新しいものに変更したら、画像の下に大きな空欄が出来た。元の画像に戻しても変わらず。niftyに連絡すると、カスタムのテンプレートで生じることを確認したので原因を調べるとの回答だったが、しばらくはこの状態が続く。

| | コメント (0)

カワセミ 益々出が悪くなる

 朝からカワセミに行ったが、到着する前に♀が大きな魚を捕ったとか。こりゃアカンかと思ったが、今日もカワセミが出が悪く、益々悪くなる方向で少し上の状況チェックの必要性が高くなったが、歩くのが最近しんどい。もう少し暖かくなり着る服が薄くなれば、歩くしんどさもマシになる。もうしばらくの我慢かな。

今日のカワセミ

17032001


17032002


17032003

ホバは一度だけ、途中でピントがバックに取られ外れたが戻らず。AFはグループエリアで撮影したが、AF-C25点ぐらいが良かったかもしれない。
17032004


17032005


17032006


17032007


17032008


17032009


17032010


17032011


撮影機材:D500、80-400㎜、三脚使用  撮影枚数:99枚
移動:地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:420円

| | コメント (0)

チュウヒ2017Ⅳ番外編  上手く撮れなかった画像

 昨日の即ゴミ箱行き画像、ブログに掲載するようなものでは無いが、今後のため消去する前に残しておく。

AFで撮れない場合、MFではどうかと考えてしまうが、フォーカスを邪魔するのもが無く関係無いだろう。止まりものでは、ISOを200まで落としたり、f10まで絞ったが関係無し。太陽が雲に隠れた時にそれなりに撮れた。D500の限界、D5ならもう少しマシだったかと思うが、これもどうかな? 
TCを外した画像はマシ(撮影枚数は少ない)、あまり大きく出来ないが、TC無で撮れば救われたシーンが多かったかもしれない。TCを着ければ条件により画像が悪くなるのは分かっているが、かなり遠くまで狙い少しでも大きな画像を得たかったのでTCを装着した。
尚、葭原の上を滑空するシーンを撮りたく、昼まで東の端で撮影した。10時頃からは日差しの影響も加わったと思う。

画像はトリミング2.4倍に拡大しているが、他は無修正
いずれの画像もTC装着で1190㎜での撮影、手持630㎜(300㎜f4+TC14Ⅲ)でも撮れない距離では無いが遠い。

01dsc_8667


02dsc_8949

画像がパットせずだったのでサギで確認したが、距離が近く日差しも順光
03dsc_8965

手持ちでそれなりに撮れる距離でもアカンかった。
04dsc_9060


05dsc_9007


06dsc_9053


07dsc_9061

順光に近かったが、12時を過ぎるとアカン。昨日掲載した画像は、日差しが弱い時の画像と思う。
08dsc_9204

上の画像のノートリ
09dsc_9204_01

 

●オマケ

カンムリカイツブリ
10dsc_8515_01

オオジュリンかな
11dsc_8515_01

足に輪っぱがつけられている。以前に別場所(広沢池?)で撮った記憶があるが、その時もつけられていた。
12dsc_8525

| | コメント (0)

2017年3月19日 (日)

チュウヒ2017Ⅳ  中途半端な晴れで撮影条件が悪かった

 天気予報は晴れ、チュウヒ撮影ではシーズン的に晴れはあまり嬉しくないが、ロクヨンを使おうと車を走らせた。近江大橋を渡る時に北の山を見ると、霞んでいたので”今日はアカン”とがっかりしたが、車を走らせたからには行かなしゃ~ないで、7時半頃に現地に着く。
案の定、春霞かPMか花粉か何か知らないが、どんよりした雰囲気でファインダーを覗くと空気が揺らいでいた。撮るだけは撮ってみようと、D500とロクヨンに1.4倍TCで気合を入れたが、肝心のチュウヒの出が悪い。昼頃に帰ろうと片付けた所で木に止まったので、リュックに入れた機材を再び取り出し、飛び出しを撮りその後2時半まで粘る。姿を現せば連写し他の鳥での露出チェックを含め、7時間も居たので撮影枚数は1000枚を超えたが、帰ってから画像を見ると予想通りモジャモジャの解像していない画像がほとんど。しかし撮った枚数が多かったので、数10枚はソフト修正で見られる画像があるように思う。

十分チェックしていないが、適当に選んで掲載します。

17031901


17031902


17031903


17031904


17031905


17031906


17031907


17031908


17031909


17031910


17031911


17031912


17031913


17031914


17031915


17031916


17031917


17031918


17031919


17031920


17031921


17031922


17031923


17031924


17031925

  
17031926


山がクッキリ見えるカラっとした晴れの日がベストだが、そんな日でも太陽が高くなるとアカン。この時期から初夏の晴れの日は霞んでいることが多い。チュウヒが近くを飛べば問題無いが、少し距離があると如何にロクヨンとはいえ解像しないので、曇りの日の方がまだマシだが、頭上近くは色が出ない。
チュウヒ撮影は、冬場のオオワシより撮影条件が限定されるので苦労する。

  
撮影機材:D500、600㎜f4(+TC14Ⅲ)、三脚使用  撮影枚数:1162枚
移動:車  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2017年3月18日 (土)

カワセミ  出が悪すぎて不調

 機材を色々持っていると、カワセミ撮影で今日は何を持って行こうかと悩む。贅沢過ぎる悩みだが、何を使えば良いか定まっていない証拠で、適機材適場面で使うのが一番だろう。晴れた日と曇り空の日で2回に分け機材を全て持ち出し、同条件で撮り比べればい良いのだがそういう訳には行かない。個別で使っていると、日によって撮影条件が異なり結果も、同じ機材で良かったり悪かったりで、評価も都度変わり一定しない。

今日は、D500に80-400㎜を持って行ったが、三脚撮影ではほど良い大きさで追い易く、久しぶりに水際を連写出来き、写りも良かったと思う。ただ、カワセミの出がさっぱりで十分撮影できず、ストレスが残ったのが残念だった。
朝の撮影がさっぱりだったので、昼からD7200と300mmf4+TC14Ⅲで上流の探索を行った。本流から支流をブラブラ歩いたが、蕎麦屋近くで♀がウロチョロしたが、冴えない空模様でISO1600の撮影、D7200だったのでカワセミの画像はもう一つ、連写も失敗で朝以上にさっぱりだった。

  
●朝の撮影 
    
17031801


17031802

ホバからの飛び込みを連写、降下中も追えたが残念ながらピンボケ。ホバも後ろを向いていたのが残念。
17031803
17031804
17031805

一旦シャッターを押し直した。
17031806
17031807
17031808
17031809
17031810
17031811

 

イソヒヨドリ♂、♀も撮ったが遠すぎた。
17031812

タシギ、まだ居た
17031813

遥か上空を飛ぶ猛禽は、ハイタカと思って撮影していたがオオタカのようである。
17031814

 

●昼からの探索

17031821


17031822


17031823


17031824


17031826


撮影機材:朝 D500、80-400㎜、三脚使用    撮影枚数:211枚
       昼から D7200、300㎜f4+TC14Ⅲ  撮影枚数:138枚
移動:朝は地下鉄、昼から歩き   天気:朝は晴れ、昼から曇り
撮影経費:420円

| | コメント (0)

昨日の画像再チェック

 昨日の撮影結果がアカンかったのが気になり、色々と画像を見比べてみた。結局は近いとそれなりに撮れており、どんよりした曇り空で条件が悪く、全体的に露出が少しアンダーになっていたのがアカンと判断した原因のようである。
D500とD800Eのシグマ150-600㎜での鳥画像、トリミングが必須の撮影なので、やはりAPS-CのD500が良いかな? カワセミでアカンかったのは、たまたまだったのか、もう一度再撮影でチェックしてみよう。

昨日の画像 トリミングで3倍に拡大

上から無修正/ソフトで露出+1補正/アンシャープマスク処理01dsc_6763
02dsc_67631
03dsc_67631u


上から無修正/ソフトで露出+0.7補正/アンシャープマスク処理
11dsc_6789
12dsc_678907
13dsc_678907u


カルガモ 修正画像
20dsc_6714_1

 

D500と150-600㎜で撮影したオカヨシガモ 修正画像21dsc_7295_1

| | コメント (0)

2017年3月17日 (金)

チュウヒ2017Ⅲ  餌渡しが撮れていた

 D800Eとシグマ150-600㎜の手持ちでチュウヒに行った。8時半頃に到着し、最初は対岸で様子見、続いて西の端で30分度待ち飛んだので撮影したが、東側に移動しよったので何時もの場所に移動した。今日は、途中から山科の撮影仲間3名が合流し暇を潰せたので、出が悪かったこともあり3時前まで粘った。
撮影結果はモジャモジャ画像連発でボロボロ、フルサイズ機のD800Eなら撮れると期待したが、撮影条件によるのかも知れないが、比較的近かってもアカンかった。ただ、画像ソフトのアンシャープマスクをかなり強く処理したが、他のカメラと違いザラツキがマシで見られるのが不思議。
近く狙いに的を絞るなら、D500と300mmf+TC14Ⅲか80-400㎜の手持ち、少し離れた距離まで狙うならロクヨン、遠すぎるのは諦めるしか無しで昨年と変わらず。ここ2回は150-600㎜を持ち込んだが、去年の結果を忘れていたというより、もう一度試せば何とかなるかも知れないと思っただけのこと。アカンものはアカンが、今度こそはと同じことを何度もやっている。
結果は、D800EよりD500の方が近いと元画像がマシ(少しはシャキッとしていた)だったので、今後もし150-600㎜を使うならD500にしようというところ。

空抜け飛びもの
チュウヒの空抜け飛びもの元画像(RAW)は、いつもパットせずでソフト修正(アンシャープマスク処理)で見られるようになる。17031701


17031702


17031703

チュウヒ2羽の絡み
17031704


17031705


17031706

ノスリを威嚇
ノスリが飛ぶと休憩していても直ぐに出てくる。
17031707
17031708
17031709

餌渡し
撮っている時は全く気付かず、帰って画像を確認していて分かった。落とす瞬間は撮れていないが、シャッターを押し続ければ良かった。
低すぎて餌渡しをやるとは、頭から思っていなかった。
17031710
17031711
17031712
17031713
17031714
17031715
17031716
17031717
  

●ノスリ
距離は80mぐらいか、元画像もシャキッとしていた。同じぐらいの距離のチュウヒも撮っているがパッとせず。何でかな???
17031718

   
17031719


●オマケはカワセミ
朝一番に対岸で撮った。我はカワセミカメラマンなり、カワセミを見つければ必ず撮る。
17031720


17031721


撮影機材:D800E、シグマ150-600㎜、手持撮影  撮影枚数:571枚
移動:車  天気:曇り後晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2017年3月16日 (木)

カワセミ  水際が撮れないやないか!

 カワセミ撮影で面白いのは、連写撮影である。昔は一連の動きで1枚でもまともに撮れれば喜んでいたが、今は何枚か続けて撮れないと面白くない。中でも一番の狙いは、魚を咥えて水面から飛び出してくるシーン、残念ながら今日もまともに撮れず。最近腕が鈍っているが(元々か?)、集中力不足を感じている。集中力不足も元々かな?

掲載画像は連写からの抜き取り。

ホバが何度か見られたが、この時以外は後ろ向き17031601
17031602
17031603
17031604

最近よく見られる、♂と♀の交代。♂の止まっているところに♀がよく飛んでくるが、♂が魚を持っていれば給餌、持っていなければ直ぐに逃げる。
17031605
17031606
17031607
17031608
17031609
17031610

ホバの後、飛び込まずに場所移動
17031611
17031612

♂の居る所に♀が飛んで来たが、やはり♂は逃げる。
17031613


17031614


17031615


17031616

飛び込みの連写、飛び込みが有れば当然水面からの飛び出しもあるがピント合わず。
17031617
17031618
1703161917031620
17031621


撮影機材:D5、シグマ150-600㎜、三脚使用  撮影枚数705枚
移動:地下鉄  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:420円(地下鉄往復料金)

| | コメント (0)

2017年3月15日 (水)

撮影休み  チュウヒ2017Ⅱその②  湖面を飛ぶチュウヒ

 いつも通りの時間に起き、カワセミに行くかどうか天気の様子を見ていたが、もう一つの空模様に、少し寒いので撮影休みにした。

昨日は、11時過ぎに帰ろうかと思ったが、湖面を飛ぶ姿を撮りたく東側の駐車場ベンチで粘った。期待通り飛んでくれたが、風が強くなり体が煽られ、ピントそこそこの確率が低かった。風の強い時の手持ちは、カメラの固定が難しい。

昨日の画像も含め、アンシャープマスク処理を、いつもより強めにしている。

01dsc_8035


02dsc_8038


03dsc_8039


04dsc_8048

再び湖岸の遊歩道に戻る。
05dsc_8074


06dsc_8090_2


07dsc_8097


08dsc_8141


09dsc_8153

田んぼに飛び、かなり低い場所を飛ぶ。
10dsc_8174

湖岸道路を横切ったが、立ち位置から逆光となる。
11dsc_8187


12dsc_8196


13dsc_8198


Dsc_8208

 
次回は、西側の端の全体が見える場所で待ち、飛翔の状況を観察してみるかな。日差しの条件は悪くなるものの、かなり近くで撮れると思う。
人が立つと飛ぶ場所を変えるか? チュウヒは、止まっている時はかなり人に敏感に反応するが、飛んでいる時は頭上近くを飛ぶことも有り、問題無いと思うのだが・・・・?

| | コメント (0)

2017年3月14日 (火)

チュウヒ2017Ⅱ 8時過ぎから12時半まで粘る

 ミサゴに行こうかと思っていたが、朝に天気予報を見ると現地はもう一つだったので、止めてチュウヒに行った。朝の内、出がもう一つだったので粘った(しかなかった)が、11時を過ぎてから2度飛び回ってくれた。今日は、3羽登場で帰ってから画像を確認すると、1羽は昨年生まれの若のようである。
飛翔しか撮れないが、広範囲を飛ぶので1ヶ所で撮っていても、それなりの画像を稼げない。下手な鉄砲は数撃たねば当たらないので、手持だったこともあり、チュウヒの動きを見て湖岸を移動して撮影した。今日も、西の端に対岸近くを飛ぶことが多く、遠くて気象条件も悪く、ビビり画像の連発だった。機材がD500とシグマの600㎜ズームで、900㎜の手持ち撮影は距離が遠いと難しい。D5では距離が足らないので、D800Eの600㎜で撮影し後でトリミングで超拡大した方が、良い画像が得られるかも知れない。餌渡しが見られるようになれば、ロクヨンを持ち込むが、今のところは手持ちで移動して撮影した方が良さそうかな・・・・。それよりも一度全体が見える端から、じっくり観察した方が良いのかも知れない。

かなり近い距離でも撮れたので、今日から撮影回数カウントNOの( )を外す。

到着して直ぐに♀が巣材を運び葭原に消える。消えた場所は、これまでとあまり変わらない。
17031401

時々飛ぶが抱卵はしているのかな?、どういう状況か分からない。
17031402

トビが飛び、♂は何度も急降下していた。
17031403

急降下も撮っているが、遠くてまともな画像無し。
17031404


17031405

以下6枚の画像は、昨年生まれの若と思う。体全体が成鳥より茶色ぽく、目もまだ赤黒い。
17031406


17031407


17031408

ノスリとの威嚇合戦
17031409

急降下、途中で完全なピンボケ
17031410


17031411


17031412


17031413


17031414

どんどん近づき、頭上の直ぐ近くまで来たが、この時一度だけ。
17031415


17031416


17031417

●オマケ

ノスリ
17031418

ミサゴは、先日と同じコースを飛ぶ
17031419

オオタカ
木の茂みに隠れていたが前を横切りよった。見つけるのが少し遅れる。先日飛んだオオタカは、幼鳥と思っていたがコヤツかも知れない。
17031420


今日は粘ったのでかなりの枚数を撮ったが、大半は即ゴミ箱行き。D500を猛禽で使用する場合は、コマ数を少なくした方が良いかな。飛翔だけならコマ数は要らない。

撮影機材:D500、150-600㎜、手持撮影  撮影枚数:1,015枚
移動:車  天気:曇り後晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2017年3月13日 (月)

カワセミ  移動が多く撮影不調

 今日のカワセミは、上流に下流に支流へ飛びまくりだった。ホバは2度有り、一度目は撮れたが背後から、2度目は横向きだったがピント合わず、もたもたしている間に終わったのが残念。時々飛び込んで小さな魚を捕ったが、カメラを向けるチャンスが無く、止まりものしか撮れなかった。
D5と150-600㎜での撮影で、大半をT端600㎜で撮影、500㎜でも撮影してみたが、大した違いは無いようだ。
  

17031301


17031302


17031303


17031304


17031305


17031306 

  
以下2枚は、500㎜での撮影
多少良くなるかも知れないが(?)、恩恵は感じられない。
17031307


17031308

  
ジョウビタキ♀
17031309

  
イソヒヨドリ♂
17031310

イソヒヨドリ♀
17031311

  
コサギのバトル
白いサギは、白とびして撮り難い。よほど近くなければ解像しない。
17031312

 

●オマケ画像
ピクチャーコントロールは、最近スタンダードに設定している。以前は、鳥撮影でもビビットや風景に設定していた時期がある。スタンダードで撮影した画像をNX-Dでピクチャーコントロールを変えてみた。コッテリ感は、風景>ビビット>スタンダード>ニュートラルの順かな。

画像は上から、スタンダード/ビビット/風景/ニュートラル

01dsc_9121_st02dsc_9121_vivi
03dsc_9121_ls
04dsc_9121_nu

 

★夕方追記
 京都市から介護保険料の口座振替の案内が来ていたので、昼から銀行へ手続きに行ってきた。今月で65歳になるので、介護保険被保険者証と介護保険のミニガイドも送られてきた。これまでから介護保険料の名称は何かに書かれていたのは知っている。どうなっていたのか気にもしたことないが、保険料年額を見て高いので驚いた。4月から年金が増えるので喜んでいたが、高い保険料は予定外だった。これから何年払うのか知らないが、保険の恩恵を将来受けられるのかいな? 
       

撮影機材:D5、600㎜f4、三脚使用  撮影枚数:289枚
移動:地下鉄  天気:曇り
撮影経費:420円

| | コメント (0)

2017年3月12日 (日)

D5のカワセミ画像比較  シグマ150-600㎜ VS ニコン600㎜f4

 D5とD500の使用頻度は、2倍少々D500の方が多い。写りはD5の方が良いが、鳥撮影では1.5倍で撮れるD500が重宝である。カワセミでD5の撮影機会を増やそうと思っているが、上流では400㎜でかろうじて撮れても、今の撮影地では最低600㎜が欲しい。となると600㎜f4かシグマの150-600㎜しかない。600㎜f4を毎日担いで行ければよいが、撮影地での移動も考えればしんどく、また水際を狙うには慣れていないこともあり、大きくて持て余すことが時々ある。カワセミでD5を使う時は、シグマ150-600㎜を常時使い時々600㎜f4が良いかなと思っている。
ここ数日、D5で撮影した止まりもの画像を並べてみた。飛びものは、腕に慣れなどの別の要素も加味されるので、今のところ止まりものを見比べた方が良いだろう。

トリミングによる画像の拡大は、1枚を除き2.4倍

●シグマ150-600㎜
 絞りf6.3で撮影しているが、ISOを大きくする必要があり、条件が悪いと画像ももう一つかな。止まりものだけを狙うならSSを遅くするが、飛びもの狙いなので遅くは出来ない。

ISO800
01dsc_835424800

ISO1000
02dsc_8365241000

ISO1000、この画像のみ拡大は3倍
03dsc_838831000

ISO400
04dsc_846724400

ISO500
05dsc_870824500

 

●ニコン600㎜f4
絞りf4での撮影

ISO640
11dsc_668724640

ISO640
12dsc_688724640_2

 

シグマ160-600㎜は、フルサイズ機なら十分使えると、これまでから思っている。
昨年の夏頃、カワセミ相手にD500で撮影した時はアカンと判断し、他の鳥では使用してもカワセミでは使用しなかった・・・と思う。もう一度試さなアカン、D7200は手持ちしか考えていないので、このレンズを使うことは無いだろう。

| | コメント (0)

撮影休み  タシギ

 今日は所用で撮影休み

掲載は、3月7日撮影のタシギ、毎年地元で一度は見ているが、今年もカワセミ撮影時に登場した。

枯草周辺に居ると見つけ難い、通りすがりに見ても見つけられないだろう。
ノートリ
01dsc_7037

緑の中に入ってくれれば見つけやすいのだが。
02dsc_7179

カラスに追われて飛んだ。
03dsc_7287
04dsc_7291
05dsc_7292
06dsc_7293
07dsc_7294
08dsc_7295

この日は、カワセミ待ちの暇つぶしでかなり撮影したが、年に一度撮れれば良し。
8日以降も3回行っているが、姿は見ていない。近くに居るかも知れないが、注意深く探していない。
09dsc_7317


10dsc_7325

| | コメント (0)

2017年3月11日 (土)

カワセミ  シグマ150-600㎜にTC1401

 カワセミ撮影で、D5とシグマの150-600㎜にシグマの1.4倍TCを装着して撮ってみた。止まりものは特に問題は無いが、フォーカスがかなり遅く暗いと迷うことも多いので、カワセミの水際やいきなり飛びものを撮るのは、自分の腕では今のところ無理で、シャッターを押すタイミングさえ合えば(これは結構難しいが)、MFでも撮れる飛び出しくらいしか撮れないだろう。開放のf9と少し絞ってf13を試したが大した違いは無いような。画像はどうかと言えば、近いのでそれなりに見られるが、飛びもの狙いでSS1/1000以上を確保するには、明るいとISO800ぐらいで撮れるが、日が隠れるとISO2000以上必要となるので、D5など高感度に強いカメラでないとアカンように思う。飛びものは狙わず、遅いSSで止まりものを狙うなら十分と思う。
飛びものは、一度チュウヒなどの猛禽で試しても良いかも知れないが、遠い猛禽で使う必要性が有るかな~。150-600㎜はTC無でも遠ければ(200m以上)もう一つ。

●TC装着  トリミングによる拡大は2.4倍

止まりもの
大概のカメラで撮れるので、このクラスのレンズにTCでも十分。17031101

いきなり飛びものに振っても難しいが、飛び出しなら十分撮れる。
止まり木に小さな魚咥えて♂が止まると、近くに居た♀がやって来た。給餌にしては魚が小さすぎると思っていたら、♂は後ずさりした後別の場所に移動し食べた。
17031102
17031103
17031104
17031105
17031106
17031107

ホバ
明るければ少し遅いが迷うことなくフォーカスする。画像はパッとせずだが仕方無し。
17031108
17031109
17031110
17031111

 

●TC無  トリミングによる拡大は2.68倍
飛びものはTCを外すしかないか、それとも慣れればTC装着で撮れるか~・・・???、難しいかな。

17031112
17031113
17031114
17031115


17031116
17031117
17031118


17031119
17031120
17031121
17031122
17031123


撮影機材:D5、150-600㎜+(TC1401)、三脚使用  撮影枚数:537枚
移動:地下鉄  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:420円

| | コメント (0)

2017年3月10日 (金)

チュウヒ2017(Ⅰ)  オープン戦初戦

 4日連続の気合を入れてカワセミで疲れたので、気分転換と週一の車の運転を兼ねチュウヒの様子を見に行った。真冬でも田んぼで撮影しているので、様子見することも無いが撮影ポイントで2時間半時間を潰す。本戦は5月から、3月に4月はオープン戦、昨年はロクヨンのチェックを兼ね3/12に行っている。
チュウヒの出は相変わらずで1時間に1回というところだが、2羽揃い踏みで飛び出すとしばらく飛んでくれるたで撮り捲る。残念ながら遠い高いで、向かい風が関係あったのかどうか分からないが後ろ向きが多かった。多少近くも飛んでくれ、撮り逃がさなかったので良かったかな。今日は昨年の撮影場所で待ったが、もっと西側の方が近くで撮れていたように思うが如何に?
葭原の向うに下りよったので、姿が見えないかと東の駐車場に行ったが見えず、対岸に行かなければ見えないようである。駐車場に行ってラッキーだったのが、タゲリの群れが上を横切って田んぼに下りるのを見たこと。今年は撮れないかと思っていたので、直ぐに田んぼに行って撮影出来ラッキーだった。
昼前にポツポツ雨が降り出したので撮影を終了、タゲリが撮れたので気分が良く、道の駅の食堂では無く直ぐ横のレストランに行き、奮発して1,440円のデザートにコーヒー付セット物を食べて引き上げた。

  
●チュウヒ
今日は黒い雲が張り出し天気がもう一つで冴えない画像が多かったが、この時期としては満足の画像も多少撮れた。

背打ち、600㎜手持ちでは大きく撮れない。17031001

唯一頭上近くを飛んだ場面、残念ながら薄日だが逆光に近かく色が出ず。
17031002
17031003
17031004

山バック、ノートリに近い
17031005

かなりのトリミング
17031006

日差しが無く色が冴えない
17031007


17031008

この時は急に日が差し露出オーバーとなる。ソフトで修正
17031009
17031010
17031011


17031012


17031013


17031014


17031015

 

●タゲリ
これまで年に一度は撮っている鳥。以前は湖北でのオオワシ撮影のついでに撮っていたが、最近は湖北では撮れていない。

敏感な鳥、鳥を見ながらゆっくり近づき連写しまくる。
17031016

車で近づかなくても、歩いて慎重に近づけば逃がさずに撮れる。
17031017

鳥の撮り方に色々あるように鳥への近づき方も色々、何も考えず鳥を見て夢中で近づけば逃げる。
17031018

北の方が時雨れてきたのが見え時間が無い、体を動かせば飛びよるかと思ったので、足は動かさず体を動かすと見事に飛びよった。
17031019


17031020


17031021


17031022

 

●オマケ

ミサゴ、昨年もこの場所で時々見たが通過するのみ。どこでバシャッと降りているのかな?
17031023

オオタカが一瞬飛んだが遠かった。多分、幼鳥だろう。
17031024


チュウヒも飛んでいるだけでは面白くない。餌渡しの芸は、いつから見られるかな?
昨年は、ロクヨンを使用する数少ない鳥の一つということもあり40回行ったが、今年はカワセミでもロクヨンを使うので回数は減るだろう。初夏の午前、炎天下で汗を掻きながら撮影し、帰ってからシャワーを浴びて、クーラーを効かせた部屋で冷たいビールを飲み昼寝・・・・待ち遠しい。

撮影機材:D500、300㎜f4+TC14Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:681枚
移動:車  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2017年3月 9日 (木)

カワセミ  給餌4度、撮れたのは2度

 4日連続でD5にロクヨンでカワセミに行ったが、今日はTC14Ⅲを装着した。土曜日にはD500とロクヨンで行っているので、ロクヨンでの撮影は、D500とD5のTC無、D5では1.4倍と1.7倍のTCを使用したことになる。写りは厳密に見れば違うが、ブログ掲載画像のパッと見程度では、撮影距離が30m以内で近いこともあり、大して違いは無いように思う。カワセミを追うには、手前側の近い距離なら600㎜の方がよく(少し長すぎ?)、対岸近くなどの遠い場合は900㎜ぐらいあった方がピントを合わせ易いように思った。TC装着によるフォーカスの遅れは気にならない程度、シビアな画像が撮れていないということか。
ということで、今の撮影地のカワセミをロクヨンで撮影するなら、手前狙いならD5のTC無、対岸側を狙うならD5で1.4倍TC装着かD500にTC無を使うようにしよう。4日連続で重量機材を担ぎ、地下鉄で行くのはさすがにしんどい。

今日のカワセミは、♀はあまり餌取をせずで♂からの給餌を待っている時間が長かった。♂は相変わらず飛び回り、落ち着けば決まった場所で動かないの繰り返し。給餌は行ってから4度あり、2度は撮影出来たが魚が小さい。草陰の見えない場所での給餌は、魚が大きいと来れば ”何てこった~”としか言いようがない。ここ数日、待ち時間が多くなったが、その内良い日もあるだろうは、どこのカワセミ撮影地も同じと思う。

連写画像は抜き取り、レリーズをフォーカス優先にしているので12コマ/秒では撮れていないと思うが、連写するとかなりの撮影枚数になる。

最初の餌渡し、バックが悪すぎ、ピントはカワセミでは無くバックに合っていると思う。17030901
17030902
17030903
17030904

  
”この止まり木で餌渡しをしてくれい”と思っていたら、ホンマにしよった。
17030905
17030906
17030907
17030908
17030909
17030910

  
少し大きな魚は、枯草の影で餌渡しで、どうしようもない。
17030911

  
餌取ダイビングは残念ながら獲物無し。
飛び込んだ場所近くにピントを持っていたが、瞬間動かさずでピントが動かず。少し飛んでから振ったのでピントが途中から合う。
コンマ何秒の世界
17030912
17030913
17030914
17030915
17030916
17030917
17030918
17030919

  
ホバ
風の具合がホバ向きだったが、一度しかホバせず。
17030920
17030921
17030922
17030923
17030924

 

止まりもの
野鳥撮影用機材なら、どんなのでも撮れる。
17030925


17030926



撮影機材:D5、600mmf4+TC14Ⅲ、三脚使用  撮影枚数:430枚
移動:地下鉄  天気:晴れ後曇り
撮影経費:420円(地下鉄往復)

| | コメント (0)

2017年3月 8日 (水)

カワセミ  ロクヨンにTC17Ⅱを使用する

 カワセミに限らないが、鳥画像は大きな画像を得たい。旧ゴーヨンを使用していた頃、TC装着は遠い猛禽ではダメでTC無でトリミングの方が良く、近いと写りはそこそこでシャープ感がTC無に比べ劣るので、これまたあまり使わず、TC無でトリミングによる拡大で鳥を大きくしていた。レンズを現行ロクヨンに変え、カメラもD5、D500を購入してからは、遠い猛禽でTC装着でも自己基準ながら十分満足する画像が得られるようになった。ただし、D5でTC14ⅢまでD500はTC無を基本、少しシャープ感に欠けるが、時々試しにD5にTC17Ⅱ、D500にTC14Ⅲを装着している。
300mmf4ではTC14Ⅲは常用、TC17ⅡもD5、D500共に普通に使用している、

今のカワセミ撮影地、近いと600㎜で十分だが、対岸なら900㎜ぐらいが欲しい。今日は、試しにD5とロクヨンにTC17Ⅱを装着し、初めてカワセミを撮影したが、思っていたより良好な画像が得られた。ホバなどは捉えるカワセミが大きくなり、フォーカスの食い付きはTC無しより良いかもしれない。ただ、水際は近いとTC無でも追えないのであたり前だが追えず、川の中ほどより遠ければ捉えられるが、開放f6.7レンズではフォーカスポイントが少なくなるので、グループエリアAFながら追従は悪い。2~3枚撮るだけの一発勝負なら水際でも十分使えると思う。

画像は、トリミングで2.4倍に拡大。
TC無では4倍の拡大が必要で、ピントが合っていても画像が崩れるだろう。

止まりものは十分
近い止まりものなら、旧ゴーヨンでもTC20ⅢまでOKだった。17030801


17030802


1703083
  

比較的近い水際、たまたま撮れた。
17030804

かろうじて2枚までOK、3枚目はボケていた。
17030805

  
ホバ撮影は十分
掲載は35連写からの抜き取りだが、35枚全てOKだった。
17030806
17030807
17030808
17030809

 
横飛びなら歩留まりが良くなる。極端な話、MFなら当たれば全てOKになるはず。
17030810
17030811
17030812

  
飛び出してミニホバで戻る。
一瞬捉えるのが遅れた。フォーカスは速くは無いが、十分使える速さである。
17030813
17030814

少し離れた場所に飛び込む。
17030815
17030816
17030817
17030818

 
飛び出し
いつものごとくワンテンポ遅れる。
17030819

  
着傘の柄
17030820
17030821
17030822

 

オマケのノスリ
遠い猛禽ではパットせず
17030823

    

撮影機材:D5、600mmf4+TC17Ⅱ  撮影枚数:557枚
移動:地下鉄  天気:晴れ後時々曇り
撮影経費:420円(地下鉄往復)

| | コメント (0)

D500の液晶保護フィルムをガラスに変える

 朝の撮影出発待ち時間に、D500の液晶保護フィルムをニコンのガラスLPG-001に張替えた。保護フィルムが汚れていたためだが、フィルムの劣化だけでは無く、取り付け時に液晶表面の拭き取りが不十分だったことも分かった。

撮影はD7200に105㎜マクロ

カメラ購入時に張付けた液晶保護フィルム
画像確認に影響は無かったが、拭いても取れず気にすると気になる。
01dsc_2147

新しく張り付けた液晶保護ガラス、ヨドバシでは2,160円也。
このガラスは、張り付け時に気泡を巻き込むことも無く簡単に取り付けられるのが良い。既にD5とD800Eには付けている。
02dsc_2149

| | コメント (0)

2017年3月 7日 (火)

カワセミ  給餌が撮れたものの撮影角度が悪かった

 今日も気合を入れてカワセミへ、出は悪く出てきても直ぐに遠くへ飛ぶ、隠れて動かないでもう一つだった。毎日行けば良い日もあると思うが、どうなることやら。軽量機材の手持ちで、三ヶ所を歩く方が良いかも知れないが、これまでカワセミではあまり使っていないロクヨンでの撮影に少し拘っている。綺麗に撮るのが目的では無く、高額レンズを日々のカワセミでも使わないと勿体ない。ロクヨンは、カワセミでは慣れていないため振り難い。
タシギが登場したが、年に一度は地元で撮っている。昨日も帰ってから出てきたようだが、直ぐに何処かに行くのかな?

♀の止まりもの
17030701


♂の飛び出しを狙ったが、シャッターを押すタイミングが遅れた。
17030702
17030703

  
♂が大きな魚を捕ったが、振り遅れて水際を逃す。
17030704

一旦、川中の石に止まり
17030705

直ぐに対岸の止まり木に移動
17030706

近くで待っていた♀が近寄り給餌。かなりの枚数を撮ったが、角度が悪すぎた。♀が飛んできてからでは移動できず。
抜粋で掲載
17030707
17030708
17030709
17030710
17030711
17030712
17030713
17030714
17030715

給餌が終わり♂は離れる。
17030716

♀は直ぐに飲み込みよった。
17030717

  
♂の水浴び、600㎜の撮影では遠すぎTCが必要な距離。TCを着ければ近くの水際が撮れず、無ければ遠くが大きく撮れない。困ったものだが、まずは無しで慣れる必要がある。
17030718
17030719
17030720
17030721
17030722
17030723

 

タシギ
今日の撮影は、半分以上がタシギ、地元では滅多に撮れないのでシャッターを押しまくった。飛びものも撮れたが、取り合えず2枚掲載。残りは画像を十分チェックしたから。
17030724


17030725



撮影機材:D5、600㎜f4、三脚使用  撮影枚数:668枚
移動:地下鉄  天気:曇り時々小雨後時々晴れ
撮影経費:600円(地下鉄一日乗車券)

| | コメント (0)

2017年3月 6日 (月)

カワセミ  体調は良かったがカワセミは不調

 ここ3日ほど便秘気味、チョロっとしか出ずで体調不調だった。2日連続バナナを3本食べ、今日の朝は爆発で体調万全、気合を入れて行ったが、カワセミが不調ではないかい。8時前に着いたが、チョロっと出て姿を消し中々出て来ず。かなり待って出てきて何度か飛び込みよったが、枯草の見えにくい場所が多く、立っていた場所が悪かったことも有り撮れず。
♂はウロウロ飛び回り、♀は大きな魚を捕って見えない場所に長時間隠れるでは、どうしようもない。”もうちょっと頑張って欲しいな~”と思いながら11時過ぎに引き上げた。

D5とロクヨンの撮影、止まりものはそれなりだが、飛びものは曇り空で条件が悪くパッとせず。気持ちの上で日常撮影は、完全にカワセミに復帰したこともあり、もう少しパッ~~とした水際画像を撮らねば・・・・。

17030601


17030602


17030603


17030604


17030605


17030606


17030607


17030608


17030609


17030610

朝にチョウゲンが出たが見つけるのが遅く、撮れたのは直ぐ横の鉄塔止まりもののみ。飛びものが撮れていても、曇り空バックではまともに撮れなかったかな。
17030611

  
ツグミ
普段は撮ってもあまり掲載しないが、今日はカワセミ画像が少ないので掲載する。
17030612


17030613


17030614


17030615

  
イソヒヨ♀
撮るなら♂の方が良いのだが、見かけるのは♀の方が多い。
17030616


明日もカワセミに行くつもり。バナナの買い置きが無く、朝はスッキリして家を出れるだろうか?

  
撮影機材:D5、600㎜f4、三脚使用  撮影枚数:563枚
移動:地下鉄、天気:曇り
撮影経費:420円

| | コメント (0)

2017年3月 5日 (日)

撮影休み  3/3のアリスイ

 今日は週一の休養日で撮影は休み。

朝にD500の液晶表面が汚れているのを思い出した。先日、オオワシを撮影している時に来ていた撮影仲間に言われたが、拭けば取れると気にしていなかった。拭いたが取れずで何でかな、保護ガラスを着けていると思っていたが、注意深く見ると保護フィルムが付いているではないか。ニコンのLPG-001を2枚購入してD5とD500に着けたと思っていたが、調べるとD800Eに着けていた。D500のフィルム、変質したのか貼る時に内側に汚れがついたのか分からないが、7日にヨドバシの好日山荘に行くで、ヨドバシのネットショップで1枚追加購入した。
年金機構から年金請求書提出の案内が来た。これまでのが特別支給の老齢厚生年金で、65歳以降は老齢厚生年金と老齢基礎年金となる。再度請求書の提出が必要なようだが、肝心の合計金額がいくらかは正式には分からない。大よその額は分かっているが数年前の額、現時点の情勢でどのくらいなのかが気になるところ。ニュースや報道番組を見ていると年金問題で色々あるが、現役時に長年支払った分は取り返さねばならぬ。
  

今日の画像は、3月3日に撮影したアリスイ
地面を這うところはピントが合い難くく、AFエリアをグループAF、AF-C25点に1点と色々変えたが、一番ピンボケが多かったのは1点で意外だった。カワセミのホバなどで、後ろにピントが取られる時は1点を使うと撮影仲間から聞くが、1点は食い付きが悪いのであまり使用しない。どちらかというと止まりものに近いケースだが、AF-C・1点が一番悪いとは?
尚、良かったのはAF-C25点で、グループAFはゴジャゴジャしたところでは歩留まりが悪い。

飛び立ち狙い
01dsc_5111

ボケボケの一歩手前
少し暗くてSS1/1000にしていたが、少し遅かったのかな?
02dsc_5112

飛びつきの瞬間はマシ、動きが遅くなったためか?
03dsc_5113


04dsc_5114


05dsc_5126

もう少し花の有る所に止まって欲しかった。
06dsc_5178

地面を這う
07dsc_5310


08dsc_5342


09dsc_5352


10dsc_5376


11dsc_5549

梅の花止まり
12dsc_5844


13dsc_5864

画像をチェックすると舌を2回出していた。この画像は最初のものだが、これ1枚しか入っていなかった。ファインダーを見ていて、舌を出してからシャッターを押しても撮れないような。出しそうと予測して連写しないと無理のように思うが、よほど見慣れていないと無理か。
14dsc_5776

飛び出しを待っていたが、何度も目を瞑り眠そうにしていたので、当分飛ばないと思い引き上げた。
15dsc_5871


<夕方追記>
 今日、三菱の大商談会が有り、車の商談とは関係ないがオイルのボトル20ℓの割引と、ポリマー洗車格安というのがあり、オイル交換がてら行ってきた。洗車は、以前コイン洗車場が有った頃は頻繁に行っていたが、最近コイン洗車場が無くなり、年2度の定期点検時の有料ポリマー洗車と、オイル交換時のディーラーサービス簡易水洗いとなり、自分ではやっていない。外は直ぐに汚れるのであまり気にしていないが、車内が枯草の破片や土で汚れると多少気になるので、綺麗になってスッキリした。車検は5月だが、今日予約するとビールが貰えるというサービスがあったので予約したが(予約しなくても出す)、アサヒのドライ小缶6本を貰い行って良かった。

| | コメント (0)

2017年3月 4日 (土)

カワセミ  気合だけでは、900㎜で水際は撮れない

 気合を入れてロクヨンでカワセミに行く。カメラはD500にしたが、大型レンズの900㎜では振り遅れて水際が撮れず。離れた場所からなら上手く撮れるかも知れないが、それでは意味が無いので何時もの場所から撮った。カワセミでロクヨンを使う場合は、自分の技量からフルサイズ機のD5かD800Eを使うしか無いかな。

  
17030401


17030402


17030403

この画像の前が追えず
17030404


17030405

近すぎてボケ、FULLにしていたのだが・・・・
17030406

近くに2羽が止まったので、飛び去った♂にピントを合わせていた。
17030407


17030408


17030409


17030410


17030411


17030412


17030413


17030414


17030415


17030416


17030417


17030418

 

撮影機材:D500、600mf4、三脚使用  撮影枚数:609枚
移動:地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:420円(地下鉄往復)

| | コメント (0)

2017年3月 3日 (金)

梅にアリスイ 

 アリスイ狙いで撮影仲間3人でひとっ走り。手持ちで行こうかと思ったが、止まりもの主体なので、少しでも大きく撮ろうとD500とロクヨンを持って行った。
昼前に着いた時には姿を隠した後、しばらくして短時間出てくれたので、撮れて一応満足する。かなり時間が立ってから、地面を這いまわってくれたが良い画像が撮れず。帰ろうと片付けている時に、カメラマンに動きがあり梅の木を狙っている。待望の梅の木止まりなら撮ろうと、再び機材を出し撮り捲った。アリスイの出、朝はどうだったか知らないので、朝と昼からどちらが良いのか分からないが、かなり退屈な時間が多かった。
最後に撮り捲ったのでかなりの枚数となったが、今日は取り合えず最後の梅の木止まりを掲載する。

機材を置いていた方向から撮ったが逆光気味、これでも良いかと思ったが場所を移動して順光から撮った。バックの梅の花が多すぎ少し煩わしい。
17030300

日差しが強く影が出来たのは残念だが仕方なし。
17030301


17030302


17030303


17030304


17030305


17030306


17030307


17030308


撮影機材:D500、600mmf4、三脚使用  撮影枚数:890枚
移動:車  天気:曇り後晴れ
撮影経費:3人の割り勘で1,000円(少し貰い過ぎたが運転料かな)

| | コメント (0)

2017年3月 2日 (木)

カワセミ 昨日の残り画像  <夕方追記>

 朝から雨模様で今日は撮影無理かと思っていたが、9時頃に外を見ると雨が上がっていたので家を出た。行先は、好日山荘でmizunoのズボンが30%引きで売っていたので、買いに行こうと思ったのだが、地下鉄一日乗車券を買ったので隋心院の梅の状況を見に行った。人から梅はまだまだと聞いていたが、想像以上に咲いておらず10日を過ぎてからだろうか。最近時代劇の再放送で見ている建物を見るにとどまった。
ズボン購入では、若い女性店員と話が通じず何度も聞き直した。試着はせず又下●●cmに合わせて欲しいと言ったのだが、切るのは●cmで良いですかと聞きよる。これまで試着せずに何度か買っているが、いつも又下何㎝で話が通じている。●cm切ったら裾の加工が出来ないではないかと言うと、加工業者が合わせてやると思います。どういうこっちゃで話をしていると、ズボンの全体の長さを測り、裾から●cm短くするという意味だった。ならば裾上げ●cmと言うのが普通ではないか。長さに合わせてそのまま切るのかと思うではないかえ。

夕方にハヤブサの様子を見に行った。いつもより30分遅れで行ったが、着いた時は飛んだ後、1時間まったが姿見ずでコゲラにカワセミを撮影し引き上げた。

画像は、昨日のカワセミの残り画像

01dsc_5489

少しボケ
02dsc_5490


03dsc_5491


かなり潜りよった
04dsc_5518

センターに捉えていたが・・・・
05dsc_5519

ピントが甘い
06dsc_5520


07dsc_5521

飛びながらの水切りはボケボケ、近すぎて追うのが遅れる。
08dsc_5524


これは良かったかな
09dsc_5922


10dsc_5923


11dsc_5924


12dsc_5925

   
♂と♀だが、この♂はよそ者か?
13dsc_5715


14dsc_5716


15dsc_5717


16dsc_5718


17dsc_5719


近くからの飛び込み、かなり飛び上がったが、かろうじて入っていた。
18dsc_6084


19dsc_6085


20dsc_6086


21dsc_6087


22dsc_6088

   
鳥撮影の原点は止まりもの
23dsc_5511


24dsc_5678

  
後はホバまつりで、同じような画像ばかりなので省略。

 

●今日撮影した隋心院
D800Eと28-300㎜での撮影、撮影枚数は22枚

時代劇でよく見る場所
最近時代劇の再放送を見ていると隋心院をよく見る。当時は、どこで撮影しているかななど気もしていなかったが、大覚寺が一番多く、仁和寺の五重搭もよく見る場所である。Dsc_6506

これも同じ、薬医門
Dsc_6489

何処かの藩邸、書院の大玄関
Dsc_6499

梅園の梅はまだまだ
Dsc_6491

 

★夕方の撮影
ハヤブサは、行った時は高かったが姿を見ていた。今日は、全く見ずだったが通えばその内良い時もあるだろう。オオワシなどの遠征とは違うので、気楽に様子を見に行ける。

コゲラ、枝被りばかりでまともに撮れず。
Dsc_2866

カワセミは、対岸で距離は30m弱ぐらいだろうか。V3と300㎜f4でSS1/500では、まともに撮れない。
Dsc_2956

| | コメント (0)

2017年3月 1日 (水)

カワセミ  絶好調、ただし朝の早い時間だけ

 今日から3月、前期高齢者(これからは準高齢者に呼び名変更かな?)に仲間入りの月である。次回の年金からフルに貰えるが、確定申告による市民税と国民健康保険のアップで、4月以降の1年は大した恩恵が無いのかな。何ぼぐらい取られるか(収めるか)、通知が来るまで気になる。

夜中の3時頃目がさめトイレに行った。立ち上がる時に腰に痛みが走り、”やったか~”と思ったが、トイレから戻り再び寝て5時半頃に起きた時は大丈夫だった。
今日のカワセミ、ロクヨン担いで行こうと思ったが、夜中の腰の痛みが気になり、カメラはD5にしたが、レンズはシグマ150-600㎜にした。フルサイズ機ならこのレンズで十分、カワセミでは小型軽量で振りやすいので、ロクヨンより使い易い。最近、鳥の飛びもの狙い特に動きの速いカワセミなどでは、レンズの解像力より如何に正確にピントを合わせるかが重要と思っている。ロクヨンでピントバッチリなら、レンズの解像力の差がものをいい綺麗に撮れるが、振り難く失敗のボケが多く歩留まりが悪い。カワセミは、そこそこの画像で良いので、連写で動きものを何枚続けて撮れるかに重点を置いている。
今日のカワセミ、朝はサービスが良く絶好調だった。途中から出が悪くなりサッパリとなったが満足だった。600枚以上撮ったが、一次選考で300枚以上残した。

今日は、2羽の絡み31連写を掲載。

01dsc_5531


02dsc_5532


03dsc_5533


04dsc_5534


05dsc_5535


06dsc_5536


07dsc_5537


08dsc_5538


09dsc_5539


10dsc_5540


11dsc_5541


12dsc_5542


13dsc_5543


14dsc_5544


15dsc_5545


16dsc_5546


17dsc_5547


18dsc_5548


19dsc_5549


20dsc_5550


21dsc_5551


22dsc_5552


23dsc_5553


24dsc_5554


25dsc_5555


26dsc_5556


27dsc_5557


28dsc_5558


29dsc_5559


30dsc_5560


31dsc_5561

掲載しているシーンなどは、連写で撮ってこそ面白く価値がある(と思っている)。動画なら3秒ぐらいのシーンで、じっくり見れず面白くないので好みでは無い。

  
撮影機材:D5、150-600㎜、三脚使用  撮影枚数:657枚
移動:地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:420円

| | コメント (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »