« カワセミ  移動が多く撮影不調 | トップページ | 撮影休み  チュウヒ2017Ⅱその②  湖面を飛ぶチュウヒ »

2017年3月14日 (火)

チュウヒ2017Ⅱ 8時過ぎから12時半まで粘る

 ミサゴに行こうかと思っていたが、朝に天気予報を見ると現地はもう一つだったので、止めてチュウヒに行った。朝の内、出がもう一つだったので粘った(しかなかった)が、11時を過ぎてから2度飛び回ってくれた。今日は、3羽登場で帰ってから画像を確認すると、1羽は昨年生まれの若のようである。
飛翔しか撮れないが、広範囲を飛ぶので1ヶ所で撮っていても、それなりの画像を稼げない。下手な鉄砲は数撃たねば当たらないので、手持だったこともあり、チュウヒの動きを見て湖岸を移動して撮影した。今日も、西の端に対岸近くを飛ぶことが多く、遠くて気象条件も悪く、ビビり画像の連発だった。機材がD500とシグマの600㎜ズームで、900㎜の手持ち撮影は距離が遠いと難しい。D5では距離が足らないので、D800Eの600㎜で撮影し後でトリミングで超拡大した方が、良い画像が得られるかも知れない。餌渡しが見られるようになれば、ロクヨンを持ち込むが、今のところは手持ちで移動して撮影した方が良さそうかな・・・・。それよりも一度全体が見える端から、じっくり観察した方が良いのかも知れない。

かなり近い距離でも撮れたので、今日から撮影回数カウントNOの( )を外す。

到着して直ぐに♀が巣材を運び葭原に消える。消えた場所は、これまでとあまり変わらない。
17031401

時々飛ぶが抱卵はしているのかな?、どういう状況か分からない。
17031402

トビが飛び、♂は何度も急降下していた。
17031403

急降下も撮っているが、遠くてまともな画像無し。
17031404


17031405

以下6枚の画像は、昨年生まれの若と思う。体全体が成鳥より茶色ぽく、目もまだ赤黒い。
17031406


17031407


17031408

ノスリとの威嚇合戦
17031409

急降下、途中で完全なピンボケ
17031410


17031411


17031412


17031413


17031414

どんどん近づき、頭上の直ぐ近くまで来たが、この時一度だけ。
17031415


17031416


17031417

●オマケ

ノスリ
17031418

ミサゴは、先日と同じコースを飛ぶ
17031419

オオタカ
木の茂みに隠れていたが前を横切りよった。見つけるのが少し遅れる。先日飛んだオオタカは、幼鳥と思っていたがコヤツかも知れない。
17031420


今日は粘ったのでかなりの枚数を撮ったが、大半は即ゴミ箱行き。D500を猛禽で使用する場合は、コマ数を少なくした方が良いかな。飛翔だけならコマ数は要らない。

撮影機材:D500、150-600㎜、手持撮影  撮影枚数:1,015枚
移動:車  天気:曇り後晴れ
撮影経費:0円

|

« カワセミ  移動が多く撮影不調 | トップページ | 撮影休み  チュウヒ2017Ⅱその②  湖面を飛ぶチュウヒ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワセミ  移動が多く撮影不調 | トップページ | 撮影休み  チュウヒ2017Ⅱその②  湖面を飛ぶチュウヒ »