« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月30日 (日)

撮影休み・・・一昨日のチュウヒ、ハヤブサの残り画像

 今日は休養で撮影休み、朝に散髪に行った。先日、地元で桜撮影でブラブラした時に、トイレに行きたくなり西友に行ったが、横に安い散髪屋があるのを見つけた。道路に面していないので、これまで気づかなかったが、シニア1500円でこれまでの散髪屋3500円に比べ格安。安いだけあって少し荒っぽいようで髪を刈るスピードは速い。顔剃りに洗髪も有り仕上がりを見ると大して変わらず、変わるほど髪の毛が無いのかもしれない。これからは、この散髪屋に行こう。
昼から、暖房器具にタイヤチェーンを押し入れに収納、代わりに渓流釣りの道具にクーラーボックス(多目的用途に使用)と扇風機を出した。

掲載画像は、一昨日ピーカンの日のチュウヒにハヤブサの残り画像、他。

 
●チュウヒ
 日が高く上がったピーカン下のチュウヒは、高く飛べば強い日差しでギンギラギン、低ければ陽炎メラメラで上手く撮れない。腕も関係あるかも知れないが、条件が悪いと思っている。街中のハヤブサでは、ギンギラはあるがメラメラはよほど遠くない限りあまり感じない。場所の違いがあり、幅の広い川、湖、海や田んぼなどは諸に影響するようだ。

ギンギラギン画像
日が高くなってからのかなり上を向いての撮影、綺麗な青空バックでもまともに撮れない。曇り空なら白とびで薄日の日の青空部分のバックが良い。
トリミングで4倍に拡大
101dsc_6962

ISO125、f4、SS1/1000での撮影、この日はISOを下げて撮影した。
102dsc_6963


103dsc_6964


104dsc_6965


105dsc_6966


メラメラ画像
D7200が一番ダメで、D800EにD500はマシ。D5ならもう少しマシに撮れるかも知れず、絞りなどの設定変更も含め試してみよう・・・いつも通りでカメラを変えても何をやっても、多少マシ程度かな。
トリミング以外は無修正、アンシャープマスク処理で、鳥そのものは救済されることも有る。
106dsc_7034


107dsc_7103


108dsc_7105

一日前の田んぼ上の飛翔、D7200の手持撮影。D500なら鳥そのものは撮れていただろう。
109dsc_3758


110dsc_3762

  

●ハヤブサの飛び出し
 夕方のハヤブサは、快晴の順光が良い。チュウヒ撮影も夕方ならどうだろうと思うが、夕方は遠征以外は直ぐに帰れる場所が良い。
この日の条件ならV3のミニ856でも十分撮れただろう。ハヤブサなら撮れてチュウヒはアカン、どう違うのかよく分からない。

01dsc_7251


02dsc_7252

   
03dsc_7253

  
04dsc_7254


05dsc_7255


06dsc_7256


07dsc_7257


08dsc_7258


09dsc_7259


10dsc_7260

  

●4月の鳥撮影をまとめた

ロクヨンを使うためハヤブサを増やした。チュウヒは、昨年3月、4月で6回、今年はカウントしていない初回を含め早14回、これもロクヨンを使うためである。17043001

ついでにこれまでの全記録に加算した。4年前に始めたチュウヒも97回になる。5月には100回を超え、今シーズン中に撮影を始めて9年のオオワシを超えるだろう。カワセミは、メインターゲットなので、多少飽きかけているがこれからも続ける。
最近、良くて飛び出ししか撮れていないハヤブサをどうするか、ミサゴももう少し行きたいが漁が遠過ぎ面白味が無いので控えている。ヤマセミには行きたいが、天ケ瀬がどうなっているのか、最近身近な人は行っていないようで状況分からず、西に南の遠征では確実に撮れないと行く気せず。アカショウビンは、撮れれば行きたい気持ちはあるが、以前ほどの気持ちはない。イヌワシ、クマタカも行きたいが、遠くの飛翔だけではもう一つで、チュウヒの方が餌渡しの芸が見られるので良い。
17043002

| | コメント (0)

2017年4月29日 (土)

カモの親子は居らんかえでブラブラ歩く

 今日から大型連休、年中連休の身には全く関係無し。ただ、連休中は車で遠出しない方が良いだろう。最も差し当たって行きたい場所は無く、連休が終わればイヌワシにでも行ってみようかと思っている。
地元にもカモの親子が見られるようになったとの情報が有り、カワセミの状況確認を兼ねて歩いた。カモの親子は季節もので年に一度は撮っておきたいと思っている。7時半頃家を出て帰ってきたのが11時頃、久しぶりの歩きで疲れた。
カモの雛は6、7羽居るとのことだが、その場所近くで見たのは3羽、別の親子か数が減ったのかは分からず。帰りに支流を歩いたが、新十条の上で10羽の雛を見つけ、下流に向かったので、教習場あたりまで追いかけて撮影した。かなり下流にも登場したと昨日聞いたが、ポツポツと何ヶ所かで登場しているようである。カワセミは最下流撮影地まで行ったが、昨日は良かったそうだが今日はサッパリとのことで、直ぐに引き上げた。途中に1羽居たが、羽繕いの後何の芸もせずに下流へ飛び去った。かなり歩いた対岸の肩に1羽止まっていたが同じ個体だったのかも知れない。

最初に見た3羽の親子
親を見ると(図鑑との見比べ)マガモのように見えるが、アイガモなのかな。
17042902

生まれて少し日が立っているのかな、親も少し離れることもある。
17042903

慌てて親のところへ走る仕草が可愛い。
17042904

支流の親子
17042905


17042906

こちらは親がピッタリくっついている。
17042907

このうち何羽が無事に成長するのか、全て成長すれば川中カモだらけになる。
17042908


17042909

カワセミ
この場所は休憩場所の一つのようである。この時期、カワセミの出は益々悪くなる。その内に雛が登場してくれれば面白くなるのだが、今年は何処に出るだるか楽しみ。
17042910


17042911


17042912

モズの♀
もうしばらくいるのかな
17042913


17042914

イカルチドリかな
17042915


100枚ぐらい撮ったと思ったところで、撮影枚数を見ると500枚を超していた。調べると秒コマ数が20枚になっていた。

撮影機材:V3、1用70-300㎜、手持撮影  撮影枚数:688枚
移動:歩き  天気:晴れ後曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2017年4月28日 (金)

チュウヒ2017ⅩⅢ  ピーカンの快晴では、せいぜい8時過ぎまでだ~!

 天気予報では快晴、撮影条件としては悪いが、他に行く所もなかったのでチュウヒに行った。案の定、8時を過ぎると大気が揺らぎだし、9時なると遠い画像はボケ気味で9時15分頃に引き上げた。近くを飛べば11時頃までは良いが、近くを飛ぶのは空抜けの飛翔が大半で、撮影に面白味が無い。6時過ぎに現地着で、クッキリ・スッキリの雰囲気だったので、今日は良い日かと思ったが、日が高く昇り気温が上がるとやはりアカン。
2時半頃からハヤブサに行ったが、久しぶりに下りてきていた。少し粘って飛び出しが撮れたので行った甲斐はあっただろう。

♂の前の木への飛びつき、♀のグリーンバック狙いで飛び出しは狙わず。17042801

♀が巣から出ると♂は必ず止まり、♀が巣に向かって飛ぶと飛び去るので、飛び出し狙いは苦労しない。ただ、風向きで後ろからの撮影になるので、天気予報の事前チャックが必要。
17042802


17042803


17042804

♀が巣材運びで近くに下りる。
17042805

去年も一度見ているが、今年は初めて見る。
17042806

グリーンバック、周囲の草や枝にピントが取られ少し慌てる。数コマ早く撮りたかった。
17042807


17042808


17042809

♂は直ぐ近くまで飛んで来たが、この距離なら昼頃まで大丈夫だろう。
17042810


17042811

♀が巣材を持って下りる。朝早ければ全く問題無いが、快晴の日は時間が立つと場所を変えないと綺麗に撮れない。
17042812


17042813

頭上近くで、♂とトビのバトルが始まる。
角度が急すぎ十分追えず。また、良いシーンでD500がフリーズ、電源をOFFして治ったが絡みがあまり撮れず。D500のフリーズは、数か月前に一度あったが今日で2度目で何やろう。PC同様電子機器は、突然異常が生じて動かなくなる。精密機械なら異常が生じれば故障となるが、復活するのでややこしい。
17042814


17042815


17042816


17042817


17042818


17042819

餌渡しは撮影出来ず
♂が蛙を掴んで飛んで来た。
17042820

♀が受け取る体制に入る前に、トビが横取りに現れる。下は♀ではなくトビ。
17042821

♂はトビを振りきった。
17042822

この後ピントが外れたが、ボケ画像をよく見ると、餌渡しは少し手前の緑の低木の陰で見えなかったようである。
17042823

その後に撮れた画像は♀が獲物を掴んでいた。
17042824

しばらくしてからの♀の巣材運び、完全に陽炎の影響を受けている。元画像は完全なボケ、ソフトでかなり修正した。
17042825

今日は、この場所の止まりものは、修正できるぐらいに撮れていたが、先日のモヤっとしていた日は、強い日差しなら完全にボケ画像だった。日が雲に隠れると修正できる程度に撮れていた。
少し絞るとか露出アンダー目で撮るとかの工夫が必要かな、やるだけ無駄とも思うがやってみないと分からないので次回やってみよう・・・・ピーカンの日は避けた方が良いか。
昼からの3時過ぎならどうだろう、晴れた日の3時頃から撮影したことが無い。
17042826

 

昼からのハヤブサ
飛び出しが連写出来たが後日掲載、今日は取り合えず場所移動を3枚掲載する。
17042827


17042828


17042829


撮影機材:D500、600㎜f4、三脚使用  撮影枚数:朝646枚/昼から173枚
移動:車  天気:快晴
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2017年4月27日 (木)

オオヨシキリ、後キジ

 地元の川を歩くつもりだったが、昨日の深夜にこむら返りを起こし、朝起きてもダメージが少し残っていたので、駐車場横で撮れるオオヨシキリに行った。
布団に入って無意識で全身を伸ばす時につま先も伸ばすと、こむら返りを起こしそうになるが、足の裏を垂直にすると何とか納まる。昨日は、ウツラウツラしている時で、脹脛の痛さで目が覚める。足の裏を垂直にしようとしたが激痛で出来ず、部屋の壁に足の裏を当て、足に力を入れて何とか難を逃れた。朝、歩けたが少し脹脛に違和感があったので、歩くのに支障が出ても直ぐに車に戻れる場所に予定を変更した。ということで、今日はチュウヒ撮影時に声を聴いていたオオヨシキリに予定変更したが、中々良い所に出てくれず悪戦、何か居ないか田んぼを歩き、チュウヒの様子を見てから再び田んぼで粘る。昼食を食べてから、キジは居らんかえで観光地近くの里に寄り道して引き上げた。オオヨシキリにキジも撮れたので良かったが、キジ探索で少し歩き脹脛が少し痛い。今夜は注意せねばならない。

オオヨシキリ
葦の先に止まる所を撮りたかったが、まだ数が少なくもう一つだった。
17042701


17042702


17042703

声はすれど姿見せず、葦の先に止まったのはこの時のみ。
17042704


17042705

  
ヒバリ
田んぼでの撮影。シギも居たが飛び出すまで気づかず、飛べばスピードが速くでまともに撮れず。
17042706

飛翔を狙ったが、逆光気味が多く悪戦苦闘。
17042707


17042708


17042709

  
ケリ
いつもはよく飛んでいるのに今、日はあまり飛ばず。
17042710

  
チュウヒ
今日は撮らないつもりだったが、姿を見れば撮影ポイントに移動してしまう。聞いた話では出が悪かったようである。
17042711

たまたま、外来魚駆除のボートが入りトビが集まったので、威嚇に出てきた。
17042712


17042713


17042714

  
キジ
田んぼでも見たが遠過ぎ、里では2羽が登場し近くで撮れた。
17042715

”クァー、クァー”は何度も見たが、撮れたのは一度。後ろからしか撮れず残念。
17042716


17042717


17042718


17042719


17042720


17042721

♂2羽が登場し、追いかけっこがあった。1羽が飛んで逃げ、もう1羽が追いかけた。
17042722

このキジは、かなり近くまできた。
17042723

トリミングでドアップ
17042724

前にあった柵を避けて道に出たが、慌てて走って逃げる。キジは出合頭で驚いた時以外は、飛ばずに走って逃げよる。
17042725


撮影機材:D7200、300㎜f4+TC14Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:759枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:150円(通行料)

| | コメント (0)

2017年4月26日 (水)

撮影休みで昼から3時間ほど画像整理

 雨で撮影休み、昼から4月に撮影しPCに保存していた画像を見直し、枚数を減らして外付けHDに移した。撮影日にかなりの枚数を減らしているが、それでも残っている枚数が多く時間はかかった。画像整理でPC画面を見ていると眠くなり眠気との戦いとなる。

今日の画像は、狙いの鳥の出が悪い時に撮った鳥色々、整理画像から適当に抜粋。
  

イソシギ飛翔
01dsc_2463
02dsc_2464
03dsc_2466

セグロキレイの止まり木飛びつき
04dsc_3137

桜止まり
05dsc_3373

スズメの巣材運び
06dsc_3163

イソヒヨドリ
07dsc_3419

ツバメ
止まり木からの飛び出しでは無い
08dsc_4656

カルガモ飛翔
飛ぶイスピードが早く、近いと外すことが多い。
09dsc_5049

ホオジロの囀り
10dsc_5342

オオバンの着水
11dsc_6015
12dsc_6017_01_1
13dsc_6018

カンムリカイツブリ
昨年は雛を撮りに行かなかったと思うが、今年は行くかな?
14dsc_6058

| | コメント (0)

画像修正

 デジカメでの撮影、自力で結果に差がでるのは構図ぐらい、フォーカスや露出を完全マニュアルで撮らない限り、カメラ任せでほとんど撮れる。中途半端なマニュアルで撮るよりカメラ任せの方が確実、フィルムカメラも完全マニュアル機の初期のカメラや高額機を除けば同様だろう。デジカメは、カメラ任せで撮った失敗画像を、完全ではないがある程度PCソフトで簡単に修正出来るのが便利である。ゴミ箱行き画像も、滅多に撮れないシーンなどは残しておきたいものがあり、少しでも救済出来れば嬉しい。
先日、PhotoshopEL15を購入したが、画像調整に”自動ぶれ軽減”と”自動カラー補正”なるものが有り調べたが使えそう。このソフトは、画像修正のメインに使う気は無いので詳しく調べていないが、他に使えるものが無いか調べてみよう。
注)デジカメの設定は、通常触るISO、SS、絞りは頻繁に変え、ピクチャーコントロールを状況によって時々変える程度で、他はカメラの初期設定で撮っており、細かい設定(何があるかも今は覚えていない)を変えれば、どう写りに影響するか分かっていない。
  
   

●自動ぶれ軽減
 ピンズレのボケ画像はどうしようも無いが、日差しの関係などでシャキッとしない画像には、ザラつきは出るがある程度有効と思う。アンシャープマスクの処理を強めにしたのと効果は同じかも知れないが、ワンクリックで処理できるのが良い。

元画像
Dsc_5301_0

Cap・NX2でアンシャープマスク処理
Dsc_5301_1

更に、EL15の”自動ぶれ軽減”で処理
この処理は、画像によっては効きすぎて見るに堪えない画像になるケースもあるので、やってみてアカンかったら諦めるしかない。手動でできるのかな?
尚、掲載画像は修正してもアカン極端な画像で、通常は滅多に撮れないシーンでない限るブログでも使わないレベル。
Dsc_5301_2

  
●自動カラー補正
戦闘機の青被り画像で試した。この日の撮影条件から元画像が見た目の色に近いのかも知れないが、本来の金属色にしたくて修正した。Cap・NX-DとCap・NX2で色々やってみたが駄目で、EL15の”自動カラー補正”を試すと暗くなったが金属色が出る。再びCap・NX2で明るく仕上げた。Cap・NX-DやCap・NX2でも修正方法があるのかも知れないが、EL15は簡単だった。

元画像
Dsc_5177_01

EL・15の”自動カラー補正”をワンクリック
Dsc_5177_02

Cap・NX2で明るく最終仕上げ
Dsc_5177_03

カラー調整は、Cap・NX2で出来ないか調べてみよう。

| | コメント (0)

2017年4月25日 (火)

チュウヒ2017Ⅻ  飛びつきに飛び出し

 カワセミは不調が続き、街中のハヤブサも出が不安定でもう一つ、渡りの小鳥は最近興味が薄れたとなると、近場で行く所が無く今日もチュウヒへ。
最初は全体が見える東の端からの撮影、朝の内天気が良く遠い距離ではシャープに撮れなかったが少し粘る。徐々に日差しの向きが変わったので移動、最後はいつもの場所での撮影となった。
着いてしばらくは姿を見せずだったので、直ぐ前に居たオオバンの着水やカモの飛翔、カンムリカイツブリで時間を潰したが、遠くに2羽が登場したので慌ててカメラを向けた。何と餌渡しが終わった後、♂が獲物掴んで飛んで来たのと、♀が葭原から飛び出したのを見逃していた。今日の餌渡しは終わりかと思っていたが、場所を移動してから2度目の餌渡しが有ったが、見えずで♀が獲物を掴んで下りるのだけが見えた。最初に居た場所なら見えて撮れただろう。この時期にそれほど時間を空けずに、2度の餌渡しがあるとは思っていなかったが、♀の動きを見ていると、餌を受け取り一旦茂みに下りるが、出てくるのが早すぎる。獲物を全て食べるのではなく、備蓄しているように思う。狙いの餌渡しは、まともに撮れなかったが、途中日が雲に隠れる時間が有ったので、飛翔に木への飛びつきと飛び出しは満足出来るレベルで撮れた。

最初の餌渡し
早く気づいていても、遠すぎて証拠写真しか撮れなかっただろう。D500と600㎜f4+TC14Ⅲの1250㎜での撮影で3倍に拡大でこの大きさ。
17042501

  
飛びつきに飛び出し
餌渡しの後♀は地面に下りるが、♂は♀が出てくるまでの間必ず、近くの木に止まって周囲を警戒している。♀が巣材取りで巣から離れた時も同じ、♀が飛んでくると直ぐに飛び出すので、飛び出し狙いはこの時狙うのが手っ取り早い。

少し離れた場所から撮った飛びつきは山バック
17042502
17042503

飛び出し、近くから撮るため急いで正面に行った。
17042504
17042505
17042506
17042507
17042508
17042509
17042510

正面から撮った飛びつき
17042511
17042512
17042513
17042514
17042515
17042516
17042517

飛び出し
17042518
17042519
17042520
17042521
17042523
17042524
17042525
17042526



飛びつき飛び出しの画像は、いつもよりかなり良かった。たまたまの好条件で上手く撮れて十分満足。これからは餌渡しに的を絞るが、今のところ撮り易い場所での餌渡しは見ていない。

撮影機材:D500、600㎜f4(+TC14Ⅲ)、三脚使用  撮影枚数:550枚
移動:車  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2017年4月24日 (月)

チュウヒ2017Ⅺ  ビッグなスペシャルゲストに驚いた

 7時頃現着でチュウヒへ行った。ピーカンの晴天で条件が悪く、近くを飛んだのは綺麗に撮れたが、撮影距離が100mを超えるとシャープ感が無くなり、150m以上になるとモジャモジャ画像で撮影画像はもう一つ、画像ソフトで誤魔化す。やはり曇り空で無いとアカン、今期初めて餌渡しが連写出来たが後ろ向きになり、これまた画像としてはゴミ箱行きだが初物なので掲載する。
予期せぬ超大物がスペシャルゲストで姿を見せ、チュウヒそっちのけで連写しまくった。おかげで正面への飛び出し撮れず。
物足りず夕方のハヤブサに行ったが、近くに下りて来ずで疲れに行ったようなもの、早朝出勤の日はハヤブサに行かない方が良いが、行ってみないと分からないので困ったもの。

●チュウヒ
何度か近くを飛んでくれたが、この時期にして早空抜けの飛びものは撮り飽きた。
17042401


17042402

これは近かった。この前後を連写したが、ファインダーから外れたものが何枚かある。
17042403

木の枝への飛びつき
いつもより少し東側で撮影したので距離は100m以上、この距離でボケるようでは条件が悪すぎる。CAP・NX2でアンシャープマスク処理をした後、PhotoshopEL15の自動ブレ軽減で再処理した。この機能は条件によっては使える。
17042404
17042405
17042406
17042407
17042408
17042409

巣への巣材運び
この距離は楽勝なのだが、今日は日差しが強すぎ、かなりソフトで修正した。
17042410
17042411
17042412
17042413
17042414

今期初の餌渡し
17042415
17042416
17042417
17042418

ノスリとのバトル
ノスリがまだ居るとは思わなかった。この年の冬も近くで2羽見ている。
17042419

 
 
●スペシャルゲスト

F-15かな、かなり低く飛んで来たので驚いたが、小松から飛んで来たのだろう。
気がついて直ぐのノートリ画像、四隅が露光落ちしているが、600㎜F4はフルサイズ機で絞り解放なら、はっきり分かる露光落ちがある。少し絞れば良くなるのだろうが、トリミング必須の鳥撮影ではどうでも良い。
17042420

トリミング画像
かなり低空で距離は近いと思っているが、図体がデカいので感覚より距離はかなり遠いのかも知れない。
17042421

見たのは4機だったが、これは後から来た組で、この時が一番近かった。尚、画像はかなり青みがかっており、ニコンのソフトでは修正しきれず、EL15の自動カラー補正を使い更にCAP・NX2で再び明るくした。これが実際に近い色と思う。
しかし、普段低空を飛ぶところを見ないこんなのが飛ぶと、何か有事があったのかいなと思ったがミサイルは積んでいないようなので訓練飛行かな。対話で問題解決できるなんて相手によっては絵に描いた餅。自衛隊をもっと強力にせんと相手によってはなめられて、対話もまともに出来んやろう。国を守るため頑張っておくれやす。
17042422

  

●夕方のハヤブサ

今日もいつもの老人サロンとなりにけり。

17042423


17042424


17042425


撮影機材:D5、600㎜f4+TC14Ⅲ、三脚使用  撮影枚数:611枚/172枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2017年4月23日 (日)

撮影休み・・・4/18のチュウヒ残り画像

 今日は所用で撮影休み

 最近、暇な時に時々YouTubeを見ているが、興味を引いたものがあった。
昭和の女優30人の晩年と若い頃を並べたもの。今も現役で活躍してる人もいるが、皆”若い頃は綺麗だったのだな~”とつくづく思う。吉永小百合などは、若い頃より熟年になってからの方が綺麗だった。若い頃に一番美人だったと思うのが高橋恵子、若い頃は関根恵子という名前だったと思うが今も綺麗。映画で一番印象に残っているのは、宮本武蔵(三船敏郎主演版)でお通役だった八千草薫、もちろん見たのはかなり後のTV放映。中には自分と同年代だが、”オイオイ昔の美貌は何処に行った”とツッコミたくなる女優さんもいるが、時が流れただけのことか、年の取り方は人それぞれ。
https://www.youtube.com/watch?v=3K03P22MMyE

 掲載は先日のチュウヒ、D500と600㎜f4での撮影で、TC14Ⅲを付けたり外したりで色々撮影した。
TCを付けると画像のシャープ感が悪くなるが、大きく撮りたい場合は効果がある。以前の旧500mmf4では、APS-C機のD7000やD7200では近ければそれなりだったが、遠いオオワシやミサゴにチュウヒでは解像せずで使用しなかった。今のD500と現行600㎜f4ではTCを付けても満足に撮れているが、以前の機材使用の記憶が残っており、ここ一番ではTCを付けないことにしている。フルサイズ機の一桁機では、旧500mmf4でもTC装着で使っていたが、D5と600mmf4ではほとんどTCを使用している。無い方がよりシャープに撮れるが、気合を入れての猛禽撮影での600㎜は物足りない。

●TC無画像

鳥の雛らしき獲物を掴んで飛ぶ01dsc_3799

少ししてケリが後を追いかけていたが、ケリの雛だったのかな?
02dsc_3839

この日は何度か田んぼに下りて休憩したので、田んぼからの飛び出しを狙う。
03dsc_4188

少し逆光気味で晴天ならボケていただろう。
04dsc_4189

♂が蛙を掴んで帰ってきた。
05dsc_4315

♀が後を追ったが、餌羽渡しが行われたかどうか、木の茂みの向うで見えず。♀がしばらくして帰ってきた時は獲物は掴んでおらず、食べたにしては時間が早すぎ、どうなったのか?
06dsc_4377

♂が前の木に止まる。
この時期は、♀が離れると♂は見張りでしばらく止まるようだ。この日は3~4回止まった。
07dsc_4458

巣材を巣に運ぶ間際の抜き取り
08dsc_4477
09dsc_4488
10dsc_4490
11dsc_4492
12dsc_4494

  
●TC14Ⅲ装着

蛙の食べ残しを掴んで♂が登場、このシーン見ると餌渡し失敗で♂が半分食べたようにも思うが、見えない場所なので分からない。全体を見るには遠いが対岸しかない。
13tcdsc_4802

餌渡しが行われたが、直ぐ前の木の後ろで撮れず。木がなかってもTC装着では、ファインダーからのはみ出しで、どちらかしか撮れなかっただろう。
14tcdsc_4805

近くを飛ぶとTC装着では大きな画像が得られる。
15tcdsc_4822

しかし、直ぐにファインダーからはみ出すので追い難い。画像もシャープ感が少し欠ける。
16tcdsc_4870

巣材を運ぶところも大きく撮れる。
17tcdsc_4897
18tcdsc_4898
19tcdsc_4900
20tcdsc_4901
21tcdsc_4903
22tcdsc_4904

急降下を追ってみたが、ピントはTC無に比べ合い難い。
23tcdsc_4959

チュウヒの急降下は速く、近ければピントが合う前に終わっていただろう。
24tcdsc_4964

| | コメント (2)

2017年4月22日 (土)

20コマ/秒

 ソニーから連写20コマ/秒のカメラが発表された。D5の12コマ/秒でも凄いのに20コマとはと一瞬思ったが、写りの綺麗さと連続撮影枚数は置いといて、”20コマ/秒のカメラを持っているではないか、AF固定なら60コマ/秒まで設定できる”ということで、今日は久しぶりにカワセミにV3を持ち出し、20コマ/秒で撮影した。
カワセミの出が悪すぎ飛びものを連写出来たのは3度だけ、ツバメなどを相手に連写したがまともに追えず。レンズを一眼の300㎜f4としたため810㎜のAF-C1点、自分の腕では少し無理があった。撮れた画像を見ると同じような画像の繰り返しで、撮影枚数が増えるだけで後が大変という結論を再確認した。20コマ/秒、カワセミの水際では欲しいと思う時もあるが10コマでも十分、20コマ/秒が必要なのはどういう用途かな。
鳥撮影では、レンズの関係からソニーを買う気は無いが描写は綺麗のかな。レンズにも関係すると思うが、D5と比較してどうやろう?

今日も出が悪く、待ち時間が長いだろうと三脚を使用したが正解。

カワセミの飛び出し17042201

いつも通りシャッターを押すタイミングが遅れたが、一眼より僅かにタイムラグがある。
17042202

10枚ぐらい撮れたが、マズマズは4枚程度で後は全てボケ、ただしボケボケではない。バックのコンクリが近かったからだろう。
17042203

水浴び後の着木
止まり木に置きピンして追わず。カワセミが木に近づけば、アンシャープマスク処理で見られる画像となる。
17042204
17042205
17042206
17042207
17042208
17042209


17042210

  
近くに止まった時の画像で写りをチェック、少し地味な画像になっている。最近の一眼は少し派手目かな。
17042211

セイヨウカラシナ止まり、振り返るか横を向いて欲しかった。
17042212

この時も連写で追ったが、途中でピントが外れる。V3のEVFは、気のせいかもしれないが僅かに後れを感じ、多少見難いかな。
17042213

この後の10枚近くは、ピントそこそこだったが大きなゴミが入り即削除。
17042214

今期初のコシアカツバメ
普通のツバメよりスピードが少し遅く、撮り易いように思う。空抜けの横飛びは、10枚近く撮れたが、同じポーズの繰り替えしでは仕方なし。
17042215

ハチ
ピントが合ったのを確認してシャッターを押しても動くので外れる。AF-C1点では撮影が難しく、1用70-300㎜でないとアカン。
17042216


出が悪すぎ10時頃に引き上げ、昼からはヨドバシへ行きPhotoshopEL15を買った。RAW画像が見られたので修正で使えればと思っていたが、ファイルの容量が大きいと重くて動きが遅い、JPEGでないと使い勝手は悪そう。

撮影機材:V3、300㎜f4、三脚使用  撮影枚数:583枚
移動:地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:600円(地下鉄一日乗車券)
  

| | コメント (0)

2017年4月21日 (金)

街中のハヤブサ、昼間の様子を見に行ったがシャッター押さず

 ハヤブサ撮影は、最近昼からの夕方近くが多い。朝は中途半端な天気で撮影に出なかったので、10時を過ぎてからハヤブサの昼間の様子を見に行った。11時前から1時半過ぎまで居たが、2度飛ぶのを見ただけで遠すぎたこともありシャッターは押さず。やはり、朝か夕方しか無いかな。花粉が飛んでいたのか体が怠く、昼から粘る気がしなかった。

掲載画像は、先日のハヤブサの飛び出し。

01dsc_58331


02dsc_58362


03dsc_58393


04dsc_58404


05dsc_58415


06dsc_58426


07dsc_58437


08dsc_58448


09dsc_58459


10dsc_584810


11dsc_585511


12dsc_585712

| | コメント (0)

ブログの画像

 当ブログはココログを使用、プランはプロ(有料)でディスク使用可能容量は10GB、現在6GB近く使用している。撮影日記と考えているので、過去の掲載も残し続けるつもり。
日々の撮影画像は、PC画面で見るのと時々プリントする以外ブログに掲載しかない。以前はニコンのオンラインアルバムなどにも掲載していたが終了になってしまった。フィルム時代も同様だが、プリントしても一度見れば後は見ることがなく、アルバムに保存するだけ。写真撮影の楽しみは、撮影そのものと帰ってから綺麗に撮れたか確認する瞬間時で、後は何もないでは味気なくHPやブログを開設した。現在HPは釣りの記録以外は更新ストップ、ブログは日々更新している。
まだまだ余裕はあるが、ディスク容量が満杯になれば乗り換えればよいが面倒くさい。ブログの更新を続けるには、日々投稿の画像容量を減らす必要があり、現在1枚の画像を1200pixel、55Kb前後としている。サイズは良いとしても容量が適正か、メインPCのPhptoshopEl5が使えなくなったことあり再確認した。

画像サイズを1200Pixelとし、PhotoshopEL5とCaptureNX2で容量を変更した場合、どんな仕上がりになるのかの確認。

●PhotoshopEL5

・101KB
01dsc_3599100

・55KB
現在設定している画像容量、一見では100KBと大して違わないように思うがよく見ると違うかな。 
02dsc_359955

・22KB
画像の劣化がわかる
03dsc_359922



●CaptureNX2
昨日、ファイル保存時の圧縮率0でも数100KBになると記載してが数10KBの記載間違いだった。元画像の容量の違いで、圧縮された画像の容量もマチマチ、EL5のようにそこそこの容量に合わせられない。

・圧縮率40%、108KB04dsc_359940

・圧縮率30%、101KB
05dsc_359930

・圧縮率20% 92KB
劣化が見られる
06dsc_359920

・圧縮率10%、83KB
かなり劣化して使えない。
07dsc_359910

・圧縮率0%、75KB
写真とは言えない。
08dsc_35990

  
CaptureNX2でブログ掲載画像を仕上げると2倍の容量が必要、ただし本画像の場合で元画像の容量が違うと別の結果になるかもしれない。以前、仕事で職場のHP掲載のため、デジカメ写真の修正をしたことがある。使用ソフトはCaptureNX2ではなかったが、同様の結果で容量を大きくした。
PhotoshopELの”WEB用に保存”の機能は容量を削減すのに良いが、現在のWer15に残っているのかどうかで、ネットで調べるとPhotoshopEL15の無料体験版が有りインストールした。ダウンロードにかなり時間がかかり、setupにもかなり時間がかかった。プログラムの容量は3.76GBでExelの1.56GBより大きい。PCのHDは1TBで十分余裕があるので良いが、何でこんなに大きいの・・・。立ち上げて少し様子を見たが、”WEB用に保存”の機能は残っており、RAW画像も見られる。体験版をもう少し使い画像修正機能もみてから、良ければ買うかな。数時間操作すれば分かるだろう。

| | コメント (0)

2017年4月20日 (木)

カワセミ  出が悪かった

 写真画像の整理・修正・仕上げは4種のソフトを使用、ViewNX-i(チェックに削除)→Cap・NXD(RAW修正)→Cap・NX2(画像の仕上げ)→PhotoshopEL5(ブログ掲載時のサイズと容量の変更)で、順次”他のアプリケーションで開く”で変換している。ルーチンワークとなっているので、今は面倒くさいと思わないが、数日前にメインPCのPhotoshopEL5が動作しなくなった。ブログ掲載画像は、PhotoshopEL5の”Web用に保存”の機能で、1200Pixelの55kbを目途に保存しているが、Cap・NX2では1200Pixelには問題無く変換出来るが、容量は圧縮率0にしても数10kbになり、おまけにまともに見られない画像になる。Windowsのアップデート時に何かあったのかも知れず、XP版とVIST対応版の二つ持っているので、再インストールしたが共に修復出来ず。サブPCのは使えるので、取り合えず外付けHDにブログ用の画像を保存し、両PCから切り替えでアクセスできるようにした。PhotoshopEL5は、Windows10での動作は保障していないと思うので、最新版のVer15を買うしかないが変えて動くのかどうか、”Web用に保存”の機能があるのかどうかも分からず困ったものである。サブPCもその内に使えなくなるのではないかと心配している。ブログの1記事で20数枚画像を使用しているので、1枚の画像は極力容量を落としたい。

    
朝からカワセミに行った。2時間少々で数度出たのみで、直ぐに下流か上流に飛んで行き、いつも以上に撮影にならず。対岸で交尾が見られたが、今日はD5と300mmf4+TC14Ⅲの420㎜での撮影、600㎜でも遠い距離なので話にならず。尚、この組合せでは初めて三脚を使用した(多分)。最近は待ち時間が長く高齢者に仲間入りしたこともあり、今後のカワセミ撮影は三脚使用の回数を増やす。ミニ856の使用と探索で歩く時以外は、全て三脚を使用するつもり。

掲載画像は、1枚を除きトリミングで3倍に拡大

嘴に土を付けて登場
当然水浴びを期待するが、そのまま飛び去った。17042001


17042002


17042003

近くの止まり木に止まったので走る。
17042004


17042005

毛繕いだけで飛び去った。
17042006

こちらの止まり木に♂、対岸の土手の肩に♀が止まったので、♂が魚を捕り給餌すると期待したが、いきなり♂が対岸に飛んで交尾が始まったのでガッカリ。
17042007

35連写からの抜き取り
17042008


17042009


17042010


17042011


17042012


17042013

セイヨウカラシナを入れた止まりもの、この画像のみ拡大は1.6倍
17042014

水浴び、着水は岸辺の見えない場所
17042015


17042016


17042017


17042018


17042019


17042020

  
暇だったのでツバメを追ったが、420㎜ではツバメが小さ過ぎ、まともに追えずでピンズレが多かった。ファインダー内のツバメが大きすぎると追えず小さすぎると外す、スピードの速いツバメ飛翔は難しい。今日は三脚使用で余計に難しい。
17042021


17042022


17042023


17042024


17042025


昼からハヤブサに行こうかと思ったが、花粉の影響か体が怠かった。行って必ず近くで撮れるなら行ったが、行ってみないと分からないでは行く価値無しで止めた。

  
撮影機材:D5、300㎜f4+TC14Ⅲ、三脚使用  撮影枚数:239枚
移動:地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:520円

| | コメント (0)

2017年4月19日 (水)

チュウヒ2017Ⅹ  今日は不調

 今日も朝は天気が悪く、その後晴れの予報だったので、5時半出発でチュウヒに行った。昨日のクッキリ、スッキリの撮影条件再現を期待していたが、思い通りにはいかずもう一つだった。朝の内はチュウヒも飛んだが、途中でばったり出なくなり、10時頃に風が冷たかったこともあり、諦めて駐車場に向かう。駐車場手前で振り返ると2羽が飛んでいた。よくあることだががっかり。空抜けは、いつものごとく撮れたが、後はもう一つ良いシーン無し。
時間が早かったこともあり、ハヤブサの様子見に行った。珍しく食事中だったが見難い場所で顔しか見えずで、少し粘って飛び出しが撮れた。昼からハヤブサに再度行ったが、もう一つで行かない方が良かったかな。

●チュウヒ

最初は全体が良く見える端から撮影した。
餌渡しが見えたが遠すぎて話にならず、しかも途中からバックにピントを撮られる証拠写真としても未完成。
Googマップの距離測定機能で測ると4~500㎜近くあった(場所が限定出来ず推定)。
17041901


17041902


17041903


17041904

ここまでは証拠写真にはなるだろう。
17041905

肝心な所でボケボケ、証拠写真にもならず
17041906


17041907

  
17041908

ノートリで見ると、バックの道路標識あたりにピントが撮られたもよう。
今日はAF-C72点で撮影したが、もう少しエリアを小さくした方が良かったのかな?
17041909

  
場所を移動し、葦原の飛翔を狙った。
17041910

♀が巣の少し前に下りるところ。見ていると前で2か所に下りよったが、琵琶湖側の1ヶ所は、巣材を取りに下りたのかも知れない。
17041911


17041912


17041913


17041914
   

TCの有無を試した。この画像は、TC14Ⅲ装着のノートリ画像、近すぎると意外にシャキッと撮れない。TCの影響か、それともカメラから見れば被写体が大きすぎて動きが速く見えるのかな。
17041915

  
♂の奇妙な行動
巣材を掴み巣の上まで飛んできて周回して飛んでいく。♀に巣材を知らせ、どこかに集め♀に取りに来るよう促していると推測したが・・・・考えすぎか?
17041916

4度見た。
17041917

  
いつもの気合一発、空抜け飛翔も連写していれば時々何かが撮れる。
17041918


17041919


17041920

 
    
●ハヤブサ

チュウヒの帰りによった時の撮影、取り合えず止まりものを掲載。飛び出しは後日
17041921


17041922


17041923


17041924

  
昼からの撮影
交尾が見られたが距離は約450mで話にならず。ほぼ等倍に拡大
17041925


撮影機材:D500、600㎜f4(+TC14Ⅲ)、三脚使用
撮影枚数:チュウヒ567枚、ハヤブサ:189枚
移動:車  天気;:曇り後晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2017年4月18日 (火)

チュウヒ2017Ⅸ  雨上がりの朝はスッキリ・クッキリ

 昨日の夜中は雨だったので、今朝の空気は澄んでいるはずと思いチュウヒに行った。約2週間ぶりで7時現地着、期待通り雨上がりの朝の空気は澄んでいた。残念ながらどんよりした曇り空、うす曇りが良かったが贅沢は言えない。10時過ぎから晴れ間が広がり、遠くを見ると空気が揺らぎだしたので11時に引き上げた。
♀は抱卵中で♂は近くで見守っているもよう(止まっているところは見えない)、トビやカラスが巣に近づくと追い払いに出てきてしばらく旋回したので、朝の内はかなりの枚数が撮れた。今日たまたまかもしれないが、狩りで遠出はせず近くで獲物を捕まえていたように思う。餌渡しもあったが、残念ながら木の後ろで撮れずに終わる。雛が誕生し大きくなると餌渡しが何度か見られるようになるが、それまでは行ってもマンネリの飛翔が大半、まあロクヨンを使うために何度か行くか。

画像はトリミングで2.4倍に拡大

背打ち
17041801

  
♂の飛び出し10連写(実際は15連写している)
カラスかトビが飛んできたので(木の後ろで見えず)、緊急発進
17041802
17041803
17041804
17041805
17041806
17041807
17041808
17041809
17041810
17041811

  
頭上近くを通過する(抜き取り)
17041812
17041813
17041814
17041815
17041816
17041817
17041818


色々な画像があるが、残りは整理してから掲載。

  
撮影機材:D500、600㎜f4(+TC14Ⅲ)、三脚使用  撮影枚数:1,515枚
移動:車  天気:曇り後晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2017年4月17日 (月)

カワセミ  今日も出が悪く短時間勝負で待ち時間が長かった

 ここ3回のカワセミ、D5と150-600㎜、D500と80-400㎜に300㎜f4+TC14Ⅲを持って行き三脚使用で撮影した。一番画像が良かったのがD500と300㎜f4+TC14Ⅲで、D5と150-600㎜の600㎜では少し劣るように思う。400㎜で撮影した画像での違いは多少で、撮影条件の違いによるのかも知れない。今日は、カメラはD5でレンズは300mmf4+TC14Ⅲにしようかと思ったが、バランスが悪いので80-400㎜とした。正味400㎜の撮影では、あまり大きく出来なかった。
カワセミの出は悪く短時間集中撮影となるが、さすがにD5でAFが速く追いやすかった。D5とD500は同じAFユニットなのかもしれないないが、価格相応の差はある。

今日の画像はトリミングで3倍に拡大

水面からの飛び出し、前のカラシナが邪魔になり1枚しか撮れず。17041701

少し振り遅れた。
17041702
17041703
17041704

ホバは2度有り、いずれも直ぐにピントがあったが遠すぎた。抜き取り
17041705
17041706
17041707

枯草に止まる。やはり最低600㎜は欲しい。
17041708

交尾が見られたが、今日も失敗しよったような? 巣穴掘りは進んでいると思うが、この♂は大丈夫かいな。狙いは前後の動きで途中は抜き取っている、給餌も同様。
17041709
17041710
17041711
17041712_2
17041713
17041714
17041715
17041716
17041717
17041718
17041719


オマケはハチ
近くを飛んでいる時にカメラを向けると、直ぐに移動することが多いが、こちらの動きを見ているように思う。
17041720


撮影機材:D5、80-400㎜、三脚使用  撮影枚数:354枚
移動:地下鉄  天気:うす曇り
撮影経費:520円

| | コメント (0)

2017年4月16日 (日)

休養日で撮影休み・・・・4/12のハヤブサ

 天気予報によると今日は天気が良く、明日、明後日と天気が悪そうなので撮影に出るか迷ったが、予定通り休みとした。普段の休みは暇だが、今日はやることがいくつかある。昼過ぎまでに終了させて散歩に出るかも知れない。

画像は、4/12に撮影したハヤブサ、この日は久しぶりに近くに登場してくれた。行けば2時間に一回だけでも良いので、この距離で撮れれば通ううが、最近では滅多にない。通えば機会は多いと思うが、この地の鳥待ちは退屈で暇を持て余し、オオワシ並みに上を見づづけるので首がだるい。
 

直ぐ近くの鉄塔からの飛び出し
この場所に止まられると角度が急すぎて三脚撮影は難しい。離れれば良いが電線が邪魔になる。
01dsc_2971
02dsc_2972
03dsc_2973
04dsc_2974
05dsc_2975
06dsc_2976
07dsc_2977
   

交尾
狙いは前後の動きで、交尾の最中はかなり省略した。D7200と300㎜f4+TC14Ⅲでの手持ち撮影、途中ピンアマの画像(自己基準ながら)が半分ぐらいあった。
08dsc_3041


09dsc_3044


10dsc_3046


11dsc_3053


12dsc_3055


13dsc_3057

  
飛翔抜き取り
ハヤブサが近くを飛ぶ時は、軽量機材の手持ちが撮り易い。大砲の三脚使用は、他の猛禽も同様だが近ければ追いにくい。
ハヤブサ飛翔撮影の難易度は、獲物急襲やカラスへの攻撃以外は低く、むしろ鳩やカモが風に乗って飛んでいる時の方が難しい。カモの飛ぶスピードは結構速く、練習で撮影しているが撮影失敗の方が多い。
14dsc_3072
15dsc_3074
16dsc_3076
17dsc_3080


18dsc_3089


19dsc_3107


20dsc_3115

  
止まる直前でスピードはかなり落ちている。
21dsc_3164
22dsc_3165

 
<追記>
 朝に洗面所で隅に物を落とし拾おうと中腰になったが、中々拾えず無理な態勢で腕を伸ばしたら少し腰に痛みが生じる。少し痛みが残っていたので、3時頃からカメラは持たず1時間半ほどカワセミ探索を兼ね、本流から支流を休まず一気に歩いたが姿見ず。腰は少し楽になり、明日の撮影には影響無いと思うが天気が悪そう。

所有カメラのレリーズ総数を調べた。購入時期の順に以下の通り。
  ・D800E  166,897ショット  2012年4月
   (オーバーホールでユニットを変えてるはずなので実質半分ぐらい)   
  ・V3      133,146ショット  2014年4月
  ・D7200    63,113ショット  2015年3月
  ・D5     44,315ショット  2016年3月  
  ・D500   83,607ショット  2016年4月
遠い猛禽撮影で期待して購入したAPS-C機のD7200、遠い猛禽では期待外れであまり使わず。結局、D500購入までD800Eのトリミングを多用したので、D800Eのショット数が多い。D500は期待通りで、D800Eは鳥ではほとんど使用しなくなった。
V3は、10(時には20)コマ/秒が気に入り、手持が多いことも有りD500購入までかなり使用した。画像が一眼より劣るので、D500購入後は使用が減る。
D5をも少し使わなければと思うが重い。条件の悪い日や暗い森の中ではこのカメラしかない。D5と600㎜f4+TC14Ⅲは、D500と600㎜f4より画像は良いように思う。

| | コメント (0)

2017年4月15日 (土)

朝はカワセミ、昼からハヤブサ

 今日も7時前着でカワセミに行ったが、ここ数日とは打って変わって出はさっぱり、出の悪い時期に戻っており10時に引き上げた。昼頃は空模様がおかしかったが、その後晴れ間が見えたのでロクヨンを使おうとハヤブサに行った。2時間で3回姿を見せたが、高すぎて愛想無しだった。

●カワセミ 
 ホバと止まり木への飛びつきぐらいしか撮れなかった。水際も狙ったが、山の巣から戻った直後の水浴びでは、もう一つ気合が入らず。

17041501
17041502

この時のホバは何故かピントが合わず、態勢が崩れてから3枚ほど撮れた。
17041503
17041504

ロングホバ、直ぐにピントが合ったが、隣のキャノン7DmkⅡ使いのカメラマンはピント合わずと嘆いていた。”ニコンに変えれば撮れるで~”とアドバイス(?)したが、バックの状況が違ったのだろう。隣のカメラマンはピントが合うのに、こちらは合わないということを何度も経験している。ホバ撮影は簡単に思うが、バックによってはピントが取られる。
17041505
17041506
17041507
17041508
17041509

止まり木への飛びつき
足を踏み外していたが、高速連写でないと詳細が撮れないシーン。
17041510
17041511
17041512
17041513
17041514
17041515
17041516

  

●昼からのハヤブサ
街中に登場するハヤブサにも環境変化があるようで、今年は雛が登場しないかもと地元の人に聞いた。どうなるのかな~、街中で撮れなくなれば近くの山に行くしかない。
17041517

今日もD500とロクヨンの900㎜での撮影、トリミングで3倍がこの大きさでは遠すぎる。
17041518


17041519


17041520


17041521

今日の登場は♂だけと思っていたが、画像を確認すると♀も写っていた。獲物持ち帰りで直ぐに飛び去り再び現れたので、♂が獲物を捕り♀に渡したと思っていたが違った。
17041522

再び登場は♂、この後煙突の裏に隠れたので引き上げた。
17041523

撮影機材:朝D500、300mmf4+TC14Ⅲ、三脚使用  撮影枚数:170枚
       昼からD500、600mmf4、三脚使用      撮影枚数:187枚
移動:朝は地下鉄、昼から車  天気:晴れ
撮影経費:520円

| | コメント (0)

2017年4月14日 (金)

カワセミ  バトルもどきの給餌

 今日のカワセミは、出が少し悪かったが、ホバ4度(?3度か)に給餌が2度、水浴びが多かったが飛び込みも何度か見られた。少し前までホバが撮りたいと思っていたが、ここ数日で撮り飽き、今はこの時期しか見られない♂から♀への給餌と交尾、それに年中見られるが撮影が難しい餌捕りの水際を狙っている。交尾は見られなかったが給餌は2度見られ、最初は普通の給餌だったが、2度目は受け渡しが上手くいかなかったようで、バトルかいなと思うような珍しいシーンであった。近くから上手く撮れて、今日の撮影は大満足。
10時には引き上げ夕方のハヤブサに行こうかと思っていたが、昼から好日山荘に行き2時半頃には帰ってきたが、花粉のせいか体が怠かったのでハヤブサは止めた。

  
♀が止まる近くに♂が魚を給餌咥えで飛んできて両者歩み寄る。17041401


17041402


17041403


17041404

ここからは省略無しで全て掲載
17041405


17041406

ここまでは、よく見られる普通の給餌シーン17041407

♂が足を踏み外し、様子が変わる。
17041408

♀が♂の嘴を強く噛みすぎ、♂は嘴を抜けなかったのかも知れない。 
17041409


17041410

ここまでくると嚙み合いのバトルそのもの
17041411


17041412


17041413


17041414


17041415


17041416


17041417


17041418

   
17041419

  
17041420

♀もついに止まり木から足が離れる。
17041421

♀が左足で自分の嘴を掴んでいるが、こんなシーンは見たことが無い。
17041422

   
17041423

そのまま水面に落ちる。
17041424

♀は止まり木に直ぐに戻ったが、魚は咥えていなかった。
♂も魚をかなり♀の口の奥まで突っ込んでいたので、♀は無事に魚を呑み込んだのか? 止まり木に戻るまでの時間が早かったので微妙。
17041425

  
撮影機材:D500、80-400㎜、三脚使用  撮影枚数:497枚
移動:地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:520円

| | コメント (0)

2017年4月13日 (木)

カワセミ  今日も朝のサービスは良かった

 カワセミかチュウヒかと思い、機材を別々に用意しリュックに入れていた。朝、外を見ると空気がスッキリした快晴、ならばチュウヒかと思ったが飛翔だけではでカワセミに行った。昨日より30分ほど遅く行ったが、昨日t同様にホバ、飛び込みがあり、給餌に交尾も見られ昨日以上のサービスだった。たた、朝の間だけで10時頃に引き上げた。
昼からロクヨンを週一で使っておこうとハヤブサに行ったが、以前同様高い煙突に止まっていた。D500とロクヨンの三脚撮影だったので飛び出しが撮れた。昨日、低い場所に止まっていたのは、たまたまだったのかな。

●朝のカワセミ
今日は、給餌と交尾を連写でかなりの枚数撮影したが、かなりの抜き取りで前後を掲載します。共に距離はかなり近く、D5と150-600mmの450㎜で撮影した。

給餌
17041301


17041302


17041303


17041304

絞り解放、この配置で両者をそこそこピントで撮るのは難しい。絞って間の木にピントを合わせるしかないが、咄嗟には出来ない。
17041305

給餌後、♂のいつものどや顔
17041306

給餌の後に♀がすり寄る。当然、交尾かと期待する。
17041307


17041308

♂は一旦移動
17041309


17041310


17041311


17041312

飛んだが近くに止まっていた。
17041313

  
交尾
♀の呼びかけに応じ♂が再び飛んで来た。
17041314

   
17041316


17041317


17041318


17041319


17041320


17041321

時間は、数秒で長かったが失敗したのか、その後♀は鳴いて呼びかけていた。♂は無視して飛び去り♀はその場に居たが、しばらくして山に飛び去った。
17041322

 

●昼からのハヤブサ
 雛が登場すると低い場所にも下りてくるので、比較的近くで撮れる。数年前、親離れしない雛がくっついていたので何度も近くから撮れたが、ここしばらくは10回行って1度ぐらいしか近くで撮れない。近いと言っても80mぐらいの距離があると思うが、頭上の低い場所を飛ぶこともあるので、飛翔ならもっと近くで撮れることもある。ただし、腹からの撮影ではもう一つ。
ここでは、飛翔以外は飛び出しぐらいしか狙うものが無い。今日は少し遠かったが撮れてメデタシかな。

画像はトリミングで3倍に拡大17041323


17041324


17041325


17041326


17041327


17041328


17041329

  

撮影機材:朝はD5、150-600㎜、三脚使用   撮影枚数:357枚
       昼からD500、600㎜f4、三脚使用  撮影枚数:168枚
移動:朝は地下鉄、昼から車  天気:晴れ
撮影経費:520円

| | コメント (2)

2017年4月12日 (水)

朝はカワセミ、昼からチュウヒ後ハヤブサ

 7時着で行ったがカメラマンは我一人、カワセミは2羽居たが何かが終わり、カメラを出す間も無く2羽とも山に飛んで行った。給餌が交尾かと思うが間に合わずで残念。30分ほど待つと再び登場で久しぶりのサービス、大はつかなかったが独り占めで撮り捲った。8時半頃に再び飛び去ったので、1時間は出て来ないと思い、寒かったこともあり満足して一旦引き上げた。
11時頃に行き先はチュウヒで再び出動、1時間半待ってチョロっと2度飛んだのみ。天気予報では昼から晴れだったが、曇り空が続き風が冷たかったので長居をせずに引き上げ、ハヤブサの様子を見ようと寄り道した。比較的低い近い場所に止まっており、天気も良くなってきたので撮らねばとカメラを出す。1時間ほどだったが久しぶりに撮り捲り、満足して引き上げ良かった良かったの撮影日となる。
今日は、終日寒かったが冬物の服は片付けたところ、中途半端に寒い日が続くなら重ね着をするしかない。

●朝のカワセミ
 ホバ連発、餌捕りも何度かあったが、草隠れに止まり木隠れ、振り遅れでまともに撮れず。

17041201
17041202


17041203
17041204
17041205


17041206
17041207
17041208


17041209


17041210
17041211
17041212


17041213


17041214
17041215


17041216
17041217
17041218


17041219
17041220
17041221
17041222
17041223


17041224
17041225
17041226


17041227
17041228
17041229

  
●チュウヒ
 これまでの12時過ぎは、撮影条件もう一つながらよく飛んでいたが今日はサッパリ。カラスを追い払いに♂が出てきたのと、巣材運びで♀が飛んだのみ。朝は、どうだったのか?
17041230

  
●ハヤブサ
 ブログ掲載1回分は十分撮れた。久しぶりで、画像を整理してから掲載する。しばらく来ない内に様子が変わったようで(1回目の繁殖失敗か?)、♂♀が撮影ポイント側に登場し2羽が比較的近くを飛んだのは久しぶりである。2回目となると雛が飛べるようになって登場するのは真夏、この地はチュウヒ撮影地以上に暑い・・・・ホエ~~!
17041231

 
<追記>
D7200の後継機D7500が発表された。
 ①連写性能:D500の10コマ・200枚に対し8コマ・50枚
 ②AFポイント:153点に対し51点
 ③モニター:236万ドットに対し92.2万ドット
 ④ファインダー:1倍に対し0.94
①のコマ数は、猛禽ではどうでも良いがカワセミでは8コマはどうかな?
 連写枚数50枚は十分だろう。
②は腕が良ければどうでも良い
③はアカン、D7200のモニターは汚く見にくい。
④はどうでも良い。
D7500はD500に比べ安価、エエではないかいな。D500を持ている者としては、もうちょっと性能に差をつけて欲しかったな~、撮れた画像はどうか知らんが・・・。


撮影機材に撮影枚数:朝はD5に150-600㎜、三脚使用      445枚
              昼からD7200、300㎜f4+TC14Ⅲ、手持  349枚
移動:朝は地下鉄、昼から車  天気:曇り後晴れ
撮影経費:520円

| | コメント (0)

2017年4月11日 (火)

雨で撮影休み・・・何も無い時の休みは時間を持て余す。

 雨で撮影休み、朝に買い物に出かけたが、風が強く傘の骨が折れそうになる。雨の強い日を考えて買った大きめの傘だが、風の強い日は風を受ける面積が広く差しにくい。

最近、撮影休みで用事が無い時は、YouTubeで主に昔懐かしい歌を聞いている。
レコード、カセットテープ、CD、MDをかなり持っていたが、オーディオで聞かなくなったこともあり、車で聞けるCDを残し昨年までに全て処分した。今でも車で聞くため、高速道SAで昔の歌謡曲のCDを買うことがあるが家で聞くことは無い。家で聞くなら、YouTubeがパソコンの操作で簡単に選曲出来、新旧ほとんどの曲を聞けるので便利。ただ、著作権がどうとかで削除されたり、アクセス権がどうとかで聞けなくなることがあり、数日前には聞けたのに聞けなくなったということが度々ある。

先日から何曲か聞き、もういちど聞きたいというものを、直ぐに聞けるようIEのお気に入りに登録した。

聞いた曲の一部を張り付ける。別画面で開けられず見終わればバックさせる必要有り。

・20歳頃に何度もレコードで聞いた曲
 https://www.youtube.com/watch?v=VNJVz2Rg-4c
 https://www.youtube.com/watch?v=XdmevPWZTRg

・日本のアイドル歌手(昔)が歌う歌謡曲と思っていたら、アチャラの原曲があった
 https://www.youtube.com/watch?v=JNL337qKC5s

・映画のエンディングテーマで良かった曲の一つ
 (映画が終わり製作関係者が流れると後は見ないが、曲を最後まで聞くため見ていた。ただし、映画館では無く購入したビデオだったが)
 https://www.youtube.com/watch?v=BEDlJjc-H_A

・中年の頃、疲れた時に時々聞いていた曲だが、動画の美人バイオリン奏者に見とれた
 https://www.youtube.com/watch?v=8gXZPaIl6us

・CDを持っているが、このライブバージョンが一番良い
 https://www.youtube.com/watch?v=7toM6TTONrU

・昔見た日本のTVドラマのエンディングテーマ、曲だけは心に残っている
 https://www.youtube.com/watch?v=oZQWh-9gdCQ

・締めは演歌
 https://www.youtube.com/watch?v=6NULV6Buz0Q

今日の掲載画像は、昨日撮影したノビタキ

01dsc_2336


02dsc_2337


03dsc_2339


04dsc_2341


05dsc_2345


06dsc_2347


07dsc_2361


08dsc_2395

| | コメント (0)

2017年4月10日 (月)

カワセミ  我慢の撮影時期が続く

 7時半過ぎ着で行ったが、早朝サービス(聞いた話では大したこと無かったそうだが)は終わっており、以後はサッパリだった。この時期のカワセミは穴掘りで忙しのか、地元のどの場所もサッパリの様子、出は悪くとも撮れる場所に行くしかない。その内、雛が誕生すると給餌で動きが活発になるだろう。1ヶ月ぐらい先かな、それまでは我慢の撮影が続くが、毎年のことで少ないチャンスを撮り逃がさないようにする必要有り。今日は、撮影失敗でアカンかった。
今日もD500と150-600㎜で主に500㎜で撮影した。600㎜よりはマシだが画像はパッとせず。400㎜ぐらいにすると良いが、400㎜なら80-400㎜を使用した方が良いので、やはり150-600㎜ではD500は使わずD5かD800Eを使用することにしよう。
   

17041001


17041002


17041003


17041004


17041005


17041006


17041007


17041008


17041009


17041010


17041011


17041012

  
ホオジロ♀だと思うが、地元のカワセミ撮影地では珍しい。
17041013


17041014

  
ノビタキ♂夏羽到着
毎年地元カワセミ撮影地の何処かに現れるが、今年はこの地に現れた。いつものように直ぐに何処かに行くだろう。
17041015


17041016

明日雨の予報なので、残りは明日掲載用に残す。
17041017

  
空高くタカが飛んだが、多分ハイタカと思う。
17041018

  
帰りに市街地のチョウゲンボウに行ったが、止まる場所が悪く(良い場所が無い)ハヤブサ以上に絵にならず。
17041019


撮影機材:D500、150-600㎜、三脚使用  撮影枚数:433枚
移動:地下鉄  天気:曇り
撮影経費:470円

| | コメント (0)

2017年4月 9日 (日)

撮影休み・・・・今年の桜見物はパソコン画面で?

 今日は所用で撮影休み

 今年も遅れたが桜満開の時期になった。以前はカメラを持って各所を巡ったが、ここ2、3年は撮影の機会が少なくなった。撮影に多少飽きたこともあるが、人の多さにウンザリしたからである。今年は、昨年より桜撮影の行動範囲を広げようかと思っていたが、どこに行っても人が多いだろうと、天気の悪さもあり躊躇している。

昨日は、天気が悪く一日家に居たが、パソコン画面で過去の撮影画像を見ながら花見をしていた。
過去画像から適当に極一部を選び掲載します。

  
岐阜 根尾谷の薄墨桜  2004年4月11日
01040410

  
奈良 西光寺の城之山桜  2007年4月5日
02070405

  
奈良 大野寺の枝垂れ  2007年4月5日
03070405

  
奈良 又兵衛桜  2007年4月5日
04070405


京都 勧修寺  2007年4月8日
05070408


三重 三多気の桜  2007年4月14日
06070414

  
奈良 仏隆寺の千年桜  2007年4月14日

07070414


滋賀 酒波寺  2008年4月11日
08080411


信州 白馬の大出の吊橋  2008年4月28日
09080428


信州 駒ヶ根高原  2008年4月28日
10080428

  
京都 地蔵禅院  2009年3月28日
11090328

  
京都 醍醐寺・霊宝館の枝垂れ  2010年3月27日
12100327

  
山梨・河口湖湖畔  富士山と桜  2010年4月30日
13100430

京都 仁和寺  2012年4月19日
14120419


滋賀 畑の桜  2012年4月25日
15120425

  
京都  淀川河川公園背割堤  2014年4月3日
16140403

| | コメント (0)

2017年4月 8日 (土)

撮影休み・・・画像修正

 雨の止み間も有ったが、結局撮影休みとした。

 デジカメでの写真撮影、無修正で綺麗な画像が得られれば良いが、そう上手く撮れず画像修正に頼っている。修正が自分で出来るのがデジカメの一番大きな利点で、修正も含めて写真撮影と思っている。
画像整理にはViewNX-iを使い、RAW撮影なので露出補正/WBなどの基本修正はCaptureNX-D、変換してからコントラスト/ハイライト/シャドウを修正しアンシャープマスクで総仕上げとしているがCaptureNX2を使用している。以前のカメラは、C・NX-Dは不要だが、D7200以降のRAW画像は、C・NX2では見れず当初面倒だったが、ルーチンで慣れたので今はどうってことは無い。C・NX-Dは重くて使い難くい、もう少し使い易ければC・NX2を使わないのだが慣れもある。いずれにしてもカメラ同様、ソフトも機能をフルには使用していない。

先日のチュウヒ画像の修正、機材はD5に600㎜f4+TC14Ⅲ

●少し遠く日差しの関係も有り上手く撮れなかった画像
ノートリ、無修正
絞り開放で撮っているためか、四隅が露光落ちしている。少し絞れば無くなるのかも知れないが、必ずトリミングする鳥撮影なので気にせず開放で使用している。01dsc_2985

露出を+0.3修正し、トリミングで2.4倍に拡大している。
02dsc_2985_0103

上の画像をアンシャープマスクで仕上げる。
03dsc_2985_0103

  
●近くて上手く撮れた画像
 この時期のチュウヒやミサゴの撮影は、周囲条件が諸に影響する。空抜けでピントが合わない筈が無いのにボケ画像となることが多く、全滅も度々あった。D一桁機と旧ゴーヨン、現ロクヨンでもアカン時はアカン。その点、秋から冬のオオワシは、空気が澄んでいる日が多いためかマシ。

ノートリ画像
11dsc_3018

トリミングで2.4倍に拡大、この状態でも十分だがカリカリ一歩手前の仕上がりが好み。
12dsc_301824

更にアンシャープマスクで仕上げる。
13dsc_301824

| | コメント (0)

GIFアニメお試しⅣ・・・・オオワシの飛びつき飛び出し

 デジカメの情報サイトを見ると、D7200後継機が近々発表されるようなことが書かれていた。少し前にスペックの概要も掲載されていたが、センサーは2400万画素からD500と同じ2000万画素になるようで、連続撮影枚数が増えるのかな。D7200とD500、共に使っているがISO1000ぐらいまでなら画像に大した違いは無し、1600ぐらいになるとD7200はノイズ処理の影響でベタ画像になるのが気になる。解像度大もこの程度の差なら画像に大した貢献は無く、トリミングで多少大きく出来る程度。150m以上の遠い猛禽(オオワシ、チュウヒ、ミサゴ)でD7200を使ったが、期待外れのアカンで今は使用せず、D500登場まではD800Eで撮ってトリミングで大きくしていた。D500は期待通りで、ある程度遠くまで撮れている。AFはかなり違い、飛びも歩留まりはD500の方がかなり良い。
D7200からコマ数と連続撮影枚数が増えAFもD500並みで安価となれば、魅力のあるカメラと思うが、D500があるので不要。D810後継機の噂もあるが、V3の後継機を何とかしてほしい。

朝から鬱陶し天気で様子見、明日は所用で撮影休みとなるので出たいのだが、行くとしたら傘を差して撮影が出来る近場の桜かな。

掲載は、GIFアニメのお試しで今年初めに撮影したオオワシ12枚、かなりの抜き取りです。

画像クリックで、別ウインドウで動きます。17040704

| | コメント (0)

2017年4月 7日 (金)

桜風景  地元ブラブラ

 朝は撮影休みかと思ったが、昼から雨が上がったので地元の桜撮影でブラブラ2時間ほど歩く。山科川上流(旧音羽川かな)と山科疎水に行ったが、桜は見頃を迎えていた。満開前で、明日か明後日に満開になるだろう。
D800Eに24-70㎜f2.8を持って行ったが、レンズは28-300㎜の方が画角の調整範囲が広いので良かったかな、トリミングで邪魔な物を消した。

●山科川上流

170407101


170407102


170407103

  
●山科疎水
平日で天気がもう一つということも有り人は少なかったが、来ている人は話す言葉から中国の観光客が多いように思った。新婚カップルの記念写真撮影を3組見たがいずれも中国人、日本の桜の下での記念撮影が流行っているのかな。

170407104


170407105


170407106


170407107


170407108


撮影機材:D800E、24-70㎜f2.8、手持撮影  撮影枚数:52枚
移動:歩き  天気:曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

GIFアニメお試しⅢ・・・・チュウヒ餌渡し10枚

 GIFアニメお試しのⅢは昨年撮影したチュウヒの餌渡し、時間は実際より3倍ぐらい長くしています。

画像クリックで、別画面で動きます。

17040703

| | コメント (0)

GIFアニメお試しⅡ・・・・カワセミ2羽の絡み12枚

1枚の画像容量を更に減らし12枚でGIFアニメを作った。

画像クリックで動きます。

17040702

| | コメント (0)

GIFアニメお試し・・・カワセミホバ8枚

 ココログの1枚の画像投稿制限が1MBから3MBになったので、試しにカワセミホバのGIFアニメを投稿します。
使用枚数は8枚、1枚の画像容量を減らせば10枚ぐらいは使用出来るかな。

画像をクリックすると別画面でカワセミが動きます。
バック固定でカワセミのみを動かすのが良いが、撮影画面が1枚ごとにズレているので難しい。雲台をガッチリ固定して撮影し、トリミング無で作成する必要がある。
尚、カワセミはホバ中風に煽られることも有り、1ヶ所に留まらず左右/前後/上下に多少移動しているのが常。

17040701

| | コメント (0)

2017年4月 6日 (木)

カワセミ  振り遅れさえ、しなければ・・・

 今日は、カワセミでは久しぶりにD500とシグマ150-600㎜(C)を使用した。この組合せは、昨年夏頃のカワセミ撮影でピーカンの天気だったが、600㎜(実質900㎜)の撮影でボケ画像を連発し、カワセミではアカンと判断して以後カワセミでは使用せず。400㎜や500㎜で上手く撮れても、他のレンズ構成で対応できるので、少し重いレンズを使用する必要が無い。最近行くカワセミポイントは、川幅が少し広く実質600㎜では足らず、曇り空でもう一度、D500と150-600㎜の600㎜を試してみようと今日再挑戦した。T端600㎜の900㎜オンリーでの撮影、カワセミが出た時間帯は暗くISO1250~2000での撮影となり、画像はもう一つパットせずだったが、昨年の夏のようなボケ画像連発では無かった。やはり、カワセミのテカりがボケの原因だったのかな。
水際などの動きものは、900㎜ではさすがに追い難かったが、慣れて振り遅れしなければ何とかなりそうに思う。900㎜で綺麗に撮ろうと思えば、他の所有機材ではD500と600㎜f4しかないが、150-600㎜の方が振りやすく、追いかける時に三脚から外し手持ちでも撮れる。

今日のカワセミは、穴掘りに忙しいようで出が悪くもう一つ。帰りに近くのチョウゲンボウを見に行ったが、到着する前に交尾があったようである。ハヤブサよりもっと街中で、粘れるような場所では無いので、手持ちの時に時々見るようにしよう。

掲載画像は、トリミング2.4倍に拡大

●ISO2000
対岸の止まりものは900㎜でも遠く、撮るだけ無駄だがシャッターを押す。900㎜での狙いは、対岸近くへの飛び込みで、水面から出た後こちらに向かってくるのを狙う。土手に戻ることが多く、こちらに向かって飛ぶ確率は低い。170406012000

こちらの岸は600㎜あれば十分
170406022000


170406032000

水際からの飛び出し抜粋
♂は止まり木から飛び出してから、弧を描いて飛び込むので追い易い。
1枚目ボケはよくある。水滴にピントが合ったのか~?
170406042000
170406052000
170406062000

   
●ISO1600
ISOを少し下げると画像はマシかな。ピントバッチリでアンシャープマスク処理しなければ、拡大してもそれなりに良いが、処理するとザラツキ感が出る。
170406071600

振り遅れ、水面からの飛び出しを撮れず。これもピントそこそこのものを抜き取り、追いきれなかった。 
170406081600
170406091600
170406101600
170406111600


●ISO1250
着木
1枚目は振り遅れてボケ、2枚目から甘いがOK
170406121250
170406131250
170406141250
170406151250

ホバの抜き取り
もう少し明るくてIS0640ぐらいで撮影していれば、もう少しシャキッとした画像が得られたと思う。
170406161250
170406171250
170406181250
170406191250
170406201250

このホバも抜き取り
ホバ後水面に飛び込んで欲しかったが、場所移動に終わる。
170406211250
170406221250
170406231250
170406241250

●オマケ
ISO1000で撮ったツバメの飛翔
170406251000


80-400㎜と300㎜f4+TC14Ⅲに比べれば、高感度を差し引いても画質は悪い。しかし、この大きさを得るには、トリミングで3.6倍の拡大が必要でここまで大きくは出来ない。どうちらを取るか・・・・。
その内、雛でも出ればロクヨンを持ち込む。
  

撮影機材:D500、150-600㎜、三脚使用  撮影枚数:264枚
移動:地下鉄、歩き  天気:曇り
撮影経費:520円

| | コメント (0)

2017年4月 5日 (水)

チュウヒ2017Ⅷ  出が悪かった

 今期8度目のチュウヒ、昨年は3月、4月に各3回だったと思う。今年は、行く回数を減らそうと思ったが逆にペースが早くなっている。チュウヒの出が良く撮影が面白いわけでは無く、この時期に近場でロクヨンを使う対象がチュウヒぐらいしか居ないからである。地元のカワセミなんぞに持ち込めば、直ぐに飛ぶので追いかけるのが重くて無理、最近行かなくなったが渡りの小鳥なんぞは軽量機材手持ちで十分、結局用途は費用のかかる遠征か待ちの撮影の大形猛禽ぐらいしか無い。
今日は、撮影仲間のJ君がチュウヒ飛翔を、近くから綺麗に撮っておきたいと言っていたので誘って行ったが、出が悪く7時半現地着で5時間粘ることになる。♂は、何時も通り出ていたと思うが飛ぶ時間が短く、♀は葭原から巣材を運ぶ時ぐらいしか出て来ず、結局2羽の飛ぶ時間がトータルで短く、いつもより出が悪かった。今日がたまたまなのか、しばらくこの状況が続くのか、よう分からんが5月になれば良くなるだろう。

着いた時に少し霞んでおり、今日は(も)アカン日かと思ったが、近くも少し飛んでくれたので飛翔の撮影結果は良かった。

今日の画像は、トリミングで 2/2.4/3倍に拡大。

17040501


17040502


17040503


17040504


17040505


17040506


17040507

唯一の見せ場は、♀の巣材を掴んでの葦原への降下
17040508
17040509
17040510
17040511
17040512
17040513
17040514
17040515


17040516


17040517


17040518

12時半頃に帰ろうと片付けていたら♂が蛙を掴んで登場。♀が飛び出したので、空中餌渡しが見られると機材を出したが、何と岸辺の見えない場所に下りての受け渡しでガッカリ。
17040519


17040520


17040522

今日も3羽登場、朝に1羽はどこかに飛んで行ったが(追い払われた?)、その後戻ったのかどうか分からず。1羽は分かるが2羽の見分けがつかない。  


撮影機材:D5、600mmf4+TC14Ⅲ(無し)、三脚使用  撮影枚数:765枚
移動:車  天気:晴れ後薄曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2017年4月 4日 (火)

ミサゴ その②   昨日の残り画像

 遠征翌日のAMは撮影休み、昼から撮影に出るかも知れない。
(夕方追記 : 昼からカワセミの探索かハヤブサに行こうと思っていたが、インターネットが接続できなくなり、NTTに電話して来てもらい修復した。先日ブログのデザインがおかしくなりNiftyに連絡した時に、もしインターネット接続が出来なくなったら、NTTの修理連絡先を探しまくらなアカン(整理が悪い)と思い、インターネットで調べてテブラーに印字してパソコンのラックに貼っていたが早速役に立った。)

 昨日は、逆光や日差しが強すぎミサゴがテカりピントが合い難かった。特に、水浴びで水面に下りた時は合わすのに苦労した。GrエリアAFは、周囲の水面特に手前に合い、ほとんど使いものにならず。こんな時は、AF-C1点が良かろうと思うが、ピントの合い難いものに1点で合わせようとしても合う訳がない。結局は、AF-C25点に72点が良かったが、25点と72点はどちらとなると優劣無し。多点で何処かピントの合い易い所に合ったのだろう。AF-SはAF-C1点に比べれば、多少動かせば何処かで合ったかも知れないが使わず。MFは近い枝被りなら有効だが、抜けた状態でAFで合わないものに、ピッタリ合わせられるほどの視力はない。天気の良い日のカワセミ撮影と同様である
また、TCを付けたり外したりしたが、かなり近い距離を除き珍しくTC装着の方が良かった。この日のような条件ではレンズの解像力より、少しでも大きく捉えピントを合わせる方が良いのかな。

残り画像より適当に選出

01dsc_0923


02dsc_0945

水浴びで着水(抜き取り)
03dsc_1030
04dsc_1032
05dsc_1102

水浴び後の飛び立ち準備、かなりの回数羽を振っていた(抜き取り)
06dsc_1142
07dsc_1143
08dsc_1153
09dsc_1158


10dsc_1233


11dsc_1234

これも水浴びのための着水
12dsc_1276
13dsc_1328
14dsc_1329

以下2枚は、距離が近く条件も良かったので満足画像。かなり遠い場合を除いて、これに近い画像でないとアカン。日差しがもう少し弱く、順光なら撮れただろう。
15dsc_1677


16dsc_1682

小さな魚を捕った。今年は、大きな魚がまだ浅瀬に来ていないのだろうか、乗っ込みのシーズンになっていると思うが?
17dsc_1741


18dsc_1742


19dsc_1753


20dsc_1765

獲物略奪のためか、もう1羽が近寄ってくる。以前、足を突き出すのを見ているが、昨日は見られず。
21dsc_1770


22dsc_1772


23dsc_1782


24dsc_1801


25dsc_1807


26dsc_1822

昨日は午前中も姿を見せたが直ぐに山に消えることが多く、昼の1時前後に多少動きが見られた。数年前に夕方の方が良いと聞いたが、いつも2時頃には帰っている。一度、夕方まで粘ってみるかな・・・・昨年も考えたことが有るかも。

| | コメント (0)

2017年4月 3日 (月)

ミサゴ 今年初の撮影は、出がこれまでで最悪だった

 今年初のミサゴ遠征にJ君と行ったが、これまでの撮影の中で最も出が悪く、おまけにピーカンでの撮影でミサゴがテカり、ボケ画像連発で最悪だった。
9時過ぎ現地着で2時まで粘ったが、狙いの漁で飛び込んだのは2度で、飛び込んだ場所が見難くまともに撮れず。魚を掴んだのは1度で、比較的近くも飛んでくれたが小さすぎて絵にならず。午前中は2度ほど出たが、飛翔時間は短くおまけに遠いときたらどうしようも無し。昼から多少近くも飛んでくれたが、逆光気味の場所でピンボケ連発だったのが残念。飛翔だけなら高速を使って遠征しなくても近場で撮れるが、水浴びが何度か有り飛び出しが撮れたのが、せめてもの慰めだった・・・かな?
2年前のこの時期は5羽ほど登場し、大きなボラを捕るシーンを何度か撮れたが、昨年は悪く今年も続いて悪いとなると先が思いやられる。今日登場したのは3羽だが、たまたま悪かったのか、最近はこんなものなのか状況は分からず。
いつも通りの姿を見れば連写しまくりで、撮影枚数だけは多かったが、取り合えず水浴び後の飛び出しから飛翔を掲載、後は画像チェックをしてから。

アンシャープマスクという強い味方が有り、少しボケた画像を修正してトリミングで2.4倍に拡大、1190㎜での撮影で2850㎜相当の画像。

17040301


17040302


17040303


17040304


17040305


17040306


17040307


17040308


17040309


17040310


17040311


17040312

   
17040313

  
17040314

今日は、共に”撮影中ピントが合わん”と話をしていた。遠い猛禽撮影では、ピーカンの日は避けた方が良いと思うが、行ってみないと現地の状況が分からないので仕方なし。


撮影機材:D500、600㎜F4+(TC14Ⅲ)、三脚使用  撮影枚数:1113枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:どんぶり割り勘で4,000円

| | コメント (0)

2017年4月 2日 (日)

撮影休み・・・昨日の残り画像

 朝、外を見ると快晴で山が綺麗に見える。チュウヒ撮影に絶好の条件だが週一の撮影休みの日、撮影に出ても良かったが日曜はゆっくりしようと止めた。

掲載は昨日ブラブラ歩いて撮影したカワセミ等とハヤブサの最初の飛び出し。

ツバメの飛翔
ツバメは、空を高く飛ぶ時はそれほど速くないが、低い所を飛ぶ時はかなり速い。特に追い風なら自分の腕では撮影不可能、進路変更で速度を緩める時しか撮れない。ハヤブサも普通に飛ぶ時は十分撮れる速さだが、獲物を追う時は速く、ツバメもハヤブサ並み(ただし水平飛翔で急降下のハヤブサは滅茶苦茶速い)と思う。ハヤブサがツバメを追うのを一度見ているが、小回りでツバメは逃げた。
01dsc_2524


カワセミ
昨日の場所でも2羽並びが見られる。今年は、雛がこの近くで見られるかな?
02dsc_2552


03dsc_2563


04dsc_2564


05dsc_2579


06dsc_2592


コゲラ
最近、川沿いで時々みることがある。
07dsc_2631


ハヤブサの飛び出し
いつもの反対側からの撮影、630㎜の手持ちでは遠すぎた。
08dsc_2681
09dsc_2682
10dsc_2683
11dsc_2684
12dsc_2685


13dsc_2689

この後は諸逆光で撮らず。
<夕方追記>画像をよく見るとコヤツは♀、昨日の掲載は♂のようで飛び去った後入れ替わったのか。飛び出す前に食事をしていたが、♀が食事中♂が巣の番をしていたということか・・・。地元の鳥見の人から、朝も獲物を食べていたと聞いたが、朝が♂で夕方♀なら納得。
14dsc_2694

| | コメント (0)

2017年4月 1日 (土)

久しぶりの街中ハヤブサ  飛び出し18連写

 今日から4月、早いもので1年の第一クォーターが終了した。朝からカワセミと思っていたが、天気が悪かったので様子見、昼から晴れたのでブラブラとカワセミ探索に出かける。中流辺りに居たがサービスが悪かったので南下、最近撮影している2ヶ所ではカワセミの姿無し、ならば歩こうとハヤブサまで歩く。地下鉄4駅で途中立ち止まってカワセミを撮影したので、2時間ほどかかったがしんどかった。
ハヤブサは居たが頭しか見えず。一旦飛び去ったが、しばらくして戻ってきて見え易い場所に止まった。その間ウロウロしたものの、見えやすい場所に止まってからは、飛び出し狙いで待ち結局2時間待つことになる。歩いている時は少し暑かったが、太陽が傾き風が少し強くなると寒くなった。これが限度で帰ろうと思った時に、ハヤブサに動きがありカメラを向けると飛び立った。カメラの記録時刻は、17:14:00で途中一度シャッターを押し直したが18連写、ボケボケは1枚だけで ”良かった、良かった” と言いたいところだが、時間が遅く色がもう一つで30分早く飛んで欲しかった。

ボケボケ画像を除く17枚を掲載、トリミングで3倍に拡大しています。

17040101


17040102


17040103


17040104


17040105


17040106


17040107

  
17040108

  
17040109


17040110

  
17040111

  
17040112


17040113


17040114


17040115


17040116


17040117

今日、一度撮りたいと思っているヤツガシラが出たと知り合いから聞いた。家に帰ってからその場所のHPを見ると写真が掲載されていた。これまで噂を聞いて2度2ヶ所に行ったが、残念ながら抜けた後だった。京都に来てくれないかな~。


撮影機材:D7200、300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:330枚
移動:行きは歩き、帰り地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:260円

| | コメント (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »