« チュウヒ2017Ⅸ  雨上がりの朝はスッキリ・クッキリ | トップページ | カワセミ  出が悪かった »

2017年4月19日 (水)

チュウヒ2017Ⅹ  今日は不調

 今日も朝は天気が悪く、その後晴れの予報だったので、5時半出発でチュウヒに行った。昨日のクッキリ、スッキリの撮影条件再現を期待していたが、思い通りにはいかずもう一つだった。朝の内はチュウヒも飛んだが、途中でばったり出なくなり、10時頃に風が冷たかったこともあり、諦めて駐車場に向かう。駐車場手前で振り返ると2羽が飛んでいた。よくあることだががっかり。空抜けは、いつものごとく撮れたが、後はもう一つ良いシーン無し。
時間が早かったこともあり、ハヤブサの様子見に行った。珍しく食事中だったが見難い場所で顔しか見えずで、少し粘って飛び出しが撮れた。昼からハヤブサに再度行ったが、もう一つで行かない方が良かったかな。

●チュウヒ

最初は全体が良く見える端から撮影した。
餌渡しが見えたが遠すぎて話にならず、しかも途中からバックにピントを撮られる証拠写真としても未完成。
Googマップの距離測定機能で測ると4~500㎜近くあった(場所が限定出来ず推定)。
17041901


17041902


17041903


17041904

ここまでは証拠写真にはなるだろう。
17041905

肝心な所でボケボケ、証拠写真にもならず
17041906


17041907

  
17041908

ノートリで見ると、バックの道路標識あたりにピントが撮られたもよう。
今日はAF-C72点で撮影したが、もう少しエリアを小さくした方が良かったのかな?
17041909

  
場所を移動し、葦原の飛翔を狙った。
17041910

♀が巣の少し前に下りるところ。見ていると前で2か所に下りよったが、琵琶湖側の1ヶ所は、巣材を取りに下りたのかも知れない。
17041911


17041912


17041913


17041914
   

TCの有無を試した。この画像は、TC14Ⅲ装着のノートリ画像、近すぎると意外にシャキッと撮れない。TCの影響か、それともカメラから見れば被写体が大きすぎて動きが速く見えるのかな。
17041915

  
♂の奇妙な行動
巣材を掴み巣の上まで飛んできて周回して飛んでいく。♀に巣材を知らせ、どこかに集め♀に取りに来るよう促していると推測したが・・・・考えすぎか?
17041916

4度見た。
17041917

  
いつもの気合一発、空抜け飛翔も連写していれば時々何かが撮れる。
17041918


17041919


17041920

 
    
●ハヤブサ

チュウヒの帰りによった時の撮影、取り合えず止まりものを掲載。飛び出しは後日
17041921


17041922


17041923


17041924

  
昼からの撮影
交尾が見られたが距離は約450mで話にならず。ほぼ等倍に拡大
17041925


撮影機材:D500、600㎜f4(+TC14Ⅲ)、三脚使用
撮影枚数:チュウヒ567枚、ハヤブサ:189枚
移動:車  天気;:曇り後晴れ
撮影経費:0円

|

« チュウヒ2017Ⅸ  雨上がりの朝はスッキリ・クッキリ | トップページ | カワセミ  出が悪かった »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チュウヒ2017Ⅸ  雨上がりの朝はスッキリ・クッキリ | トップページ | カワセミ  出が悪かった »