« カンムリカイツブリ | トップページ | チュウヒ2017ⅩⅩⅥ 不調、別場所へ行きコアジサシで憂さ晴らし »

2017年5月28日 (日)

温室のスイレンにD500の高感度撮影

 今日は家でゆっくり過ごすつもりだが、散歩に出るかもしれない。

 昨日のカンムリカイツブリ、拝見したブログの抱卵画像の撮影日は5月の始めで、場所は違うと思うが同じ地域の鳥の行動は同じようなものと雛登場を期待して行った。帰ってからカンムリカイツブリの抱卵期間を調べると27-29日で、過去の撮影も調べると雛を撮影したのは6月に入ってからだった。もう一度、チュウヒの後に行こうと思うが、大雨による増水で巣が壊されないことを願う。一度悲惨な状況の時に行っている。

昨日のもう一つの狙いだった温室のスイレンと常設展示室で思い付きで撮影したD500の高感度再チェックを掲載します。
  
●温室のスイレン
たまには花でも撮って美的感覚を養う? 
花は、全体のバランスを自分の好みに合わせ切り取っている。以前は、マクロレンズを使用していたが、近づけない場合もあり、あまり好みの画像が得れないので、今は高倍率ズームか80-400㎜を使用し、鳥撮影の次いでならサンヨン+TCやロクヨンを使用することも有る。

01dsc_5609_2


02dsc_5610_2


03dsc_5613_2


04dsc_5617_2


05dsc_5619_2


06dsc_5620_2


07dsc_5626_2


08dsc_5627_2


09dsc_5630_2


10dsc_5634_2


11dsc_5635_2


12dsc_5638_2


13dsc_5641_2

  

●D500の高感度再チャック
過去に何度か行っているが、暗い場所で最チェックしてみた。
モードA、f5.6、露出補正0、80-400㎜の80㎜手持ち撮影

画像は無修正、上がノートリ下はトリミングで2.4倍に拡大

ISO1000  SS1/50
14dsc_56521000_2
15dsc_565210002_2

ISO2000  SS1/125
鳥撮影では使っているが、ソフトでアンシャープマスク処理をするとザラツキが気になるレベルになることがある。
16dsc_56532000_2
17dsc_565320002_2

ISO3200  SS1/200
鳥撮影の限度(D500)としているが、あまり使わない。
18dsc_56543200_2
19dsc_565432001_2

ISO6400  SS1/400
自己基準でトリミングをしない風景撮影なら普通に使える。D800Eよりは良い。
20dsc_56556400_2
21dsc_565564001_2

ISO12800  SS1/800
トリミング無の風景でも少し苦しいかも知れない。前に使用していたD4は使えた。
22dsc_565612800_2
23dsc_5656128002_2

ISO25600  SS1/1600
どうかな?
24dsc_565725600_2
25dsc_5657256002_2

ISO51200  SS1/2500
この被写体なら緊急用にはつかえそうだが、夜景撮影ではどうだろう。
26dsc_565851200_2
27dsc_5658512002_2

|

« カンムリカイツブリ | トップページ | チュウヒ2017ⅩⅩⅥ 不調、別場所へ行きコアジサシで憂さ晴らし »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カンムリカイツブリ | トップページ | チュウヒ2017ⅩⅩⅥ 不調、別場所へ行きコアジサシで憂さ晴らし »