« カワセミ  ボーズは免れる | トップページ | チュウヒ2017ⅩⅥ  撮影100回の記念日は最悪 »

2017年5月 4日 (木)

チュウヒ2017ⅩⅤ  新緑のグリーンバック

 地元カワセミは絶不調、遠出は交通渋滞が心配、渡りの綺麗な小鳥かと思ったが人が多そう、行く所無しで結局早朝からチュウヒに行った。6時半過ぎに着いたが駐車場は何時もの3倍ぐらい止まっておりビックリした。11時頃に引き上げたが、帰る途中の駐車場は何処も車が溢れ、湖岸はバーベキューの人で埋まっていたので驚いた。チュウヒ撮影のカメラマンはいつもと変わらずで、出も悪く暇な時間が多かったが、反動で出れば何でもかんでも連写しまくりで、撮影枚数は1000枚を超えた。
今日の狙いは、餌渡しに新緑のグリーンバックの飛翔、餌渡しは一度あったが東風が強かったためか、木の茂みで全く見えず。グリーンバックの飛翔は撮れたが、D5に600㎜のTC無にもかかわらず、半分ぐらいはバックにピントが取られ、良いシーンは撮れず。バックが近いとピントを取られる。
雛は生まれている頃と思っているが、確証を見たので間違いない。今年も6月後半に雛が登場して撮影を楽しめると思うが、炎天下の暑さの我慢が大変で、昨年は踏ん張ったが今年は大丈夫かいな。

●新緑のグリーンバック、新緑の前を飛んだのは♀のみ

17050401


17050402


17050403


17050404


17050405


17050406


17050407


17050408


17050409


17050410


17050411


17050412


17050413


17050414


17050415


17050416


17050417

 

●♂が餌を持ち帰る
遠くで餌を探して飛ぶが、かなり低い位置を飛んでいる。ジョギングの人が写っているが、どのくらいの距離があるのか。かなり遠くを望遠で撮っているので、それなりの距離があるのかも知れない。ジョギングの人はチュウヒを見ておらず、トビが飛んでいると思っているのか。鳥を撮っている者でなければ、チュウヒもトビも変わらない。
17050418

獲物を掴んで、前を周回したが遠かった。
17050419

 

●巣から出てきた♀に、卵の殻が着いていた。少なくとも1羽は生まれているのだろう。昨年は3話だったが、今年は何羽か楽しみである。
17050420

 

●久しぶりにTC17Ⅱを装着して撮影した。
TC14Ⅲを持って行こうと思ったが、手持機材に装着していたため取り外すのが面倒で、基本TC無で十分撮ってからTC17Ⅱを使おうと思った。日が高く昇っていたためか、少し画像があまかった。やはりTC14Ⅲを使用し、条件を考えて緊急用にTC17Ⅱを使うのが良いかな。掲載は、距離が近い時で近ければ十分と思う。
17050421

 

●オマケは遠くを飛ぶシギ、何シギか分からず。
17050422

 

D5の場合、TC14Ⅲを使った方が良いかな。

  
   
撮影機材:D5、600㎜f4(+TC17Ⅱ)、三脚使用  撮影枚数:1,111枚
移動:車  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:0円

|

« カワセミ  ボーズは免れる | トップページ | チュウヒ2017ⅩⅥ  撮影100回の記念日は最悪 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワセミ  ボーズは免れる | トップページ | チュウヒ2017ⅩⅥ  撮影100回の記念日は最悪 »