« 雨で撮影休み その②・・・今年のチュウヒ餌渡し | トップページ | チュウヒ2017ⅩⅩⅩⅡ  対岸から葦原周辺飛翔狙い »

2017年6月 8日 (木)

チュウヒ2017ⅩⅩⅩⅠ  小雨後曇りの今シーズンベスト条件で2084枚撮り捲り

 7時過ぎに到着、ショボツク程度の雨が8時を過ぎて少し強くなり、一旦水門のコンクリの下に避難したが、雨が上がり少し明るくなり撮影条件はベスト。天気予報の雨雲の動きを見て行ったが、ほぼ当たっていた。朝の内は機材とリュックにレインカバーを掛け、以前にコンビニで買ったビニールのポンチョを着ての撮影だった。
葭原辺りの飛翔狙いといつもの餌渡し狙いで、一番端と正面からの2ヶ所で撮影した。餌渡しはそれぞれの場所で2回の4回撮れたが、裏目に出て全て良い角度から撮れず。移動しなければ2回は良い角度で撮れたと思うが仕方なし。今日はD500とロクヨン、撮影条件が良いので1.7倍TCで大丈夫だろうと思ったが結果は良好。これからも曇り空ならD500でも積極的に1.7TCを使おう。画像は少し甘いがソフト処理で何とかなり、大きく撮れるのが良い。ただAFエリアが狭くなるので、正確に追わないとピントが外れる。
今日は♀の奇妙な行動を見た。獲物を受け取った後対岸を超えて飛び、30分以上帰って来ずで、帰って来た時には獲物無し、何処かでゆっくりと食べたようである。その間巣の近くに♂が止まっていたが、”子供の番はアンタに任す、たまにはゆっくりさせて~な”というところかな。
12時前に日が差し画像がボケたので、満足の撮影が出来ていたこともあり、即引き上げた。今日の餌渡しは、駐車場に着いた時に見たのと、最後は♂が獲物を持って帰ってきたが、♀は飛ばずで♂が岸辺に置いてから♀が撮りに行ったのもあり、7時から12時までの5時間で6回あったことになる。Xデーが近づいてきたかな。撮影は、親が獲物を持って帰って来た時に、雛が一斉に飛ぶ7月が面白いが、超望遠では全体が入り難く、また日差しが強くなり綺麗に撮れないことが多い。昨年は何度か対岸から撮っているが、今年も対岸が良いのかな。
<追記:昨年の雛初撮影は6/20、一昨年は6/23で行った日のタイミングでこの日となったが、聞いた話では数日早く登場したそうである。>
   

撮りすぎて画像整理する気が起こらず、取り合えず目に着いたシーンを掲載。
2000枚越はミサゴで2度あるがチュウヒは初めて(と思う)。

●♀が受け取って一旦杭に止まり、しばらくして持ち帰ったシーン
初めて見た。1500㎜での撮影画像を、トリミングで2.7倍に拡大しているので、約4000㎜相当の画像

餌渡しは後ろ向き
17060801

このまま巣に戻ると思ったが
17060802

湖面を飛んで杭に向かう
17060803


17060804

杭に止まり
17060805


17060806

獲物をさばいているのかな
17060807


17060808


17060809

何度も突っついた後咥える
17060810


17060811


17060812

咥えて飛び出した。獲物はネズミにしては大きいような、モグラかな?
17060813


17060814


17060815

直ぐに足で掴む
17060816


17060817


17060818

巣に一直線かと思ったら、何回か旋回しよった。雛に巣立ちを促しているのだろう。以前、カメラマンが前に居ると巣に持って下りないと聞いたことがあるが、多分今日の旋回のことだろう。昨年も見ている。
17060819

巣に下りる。
17060820

 

●今日の狙いの葦原上の飛翔
何枚も取っているが今日は2枚だけ
17060821


17060822

  
●♀の巣からの飛び出し
周囲の葦にピントを取られるので難しい。
17060823


17060824


17060825


17060826


17060827


撮影機材:D500、600㎜f4+TC17Ⅱ(TC14Ⅲ)、三脚使用  撮影枚数:2084枚
移動:車  天気:小雨後曇り後晴れ間
撮影経費:0円

|

« 雨で撮影休み その②・・・今年のチュウヒ餌渡し | トップページ | チュウヒ2017ⅩⅩⅩⅡ  対岸から葦原周辺飛翔狙い »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨で撮影休み その②・・・今年のチュウヒ餌渡し | トップページ | チュウヒ2017ⅩⅩⅩⅡ  対岸から葦原周辺飛翔狙い »