« チュウヒ2017ⅩⅩⅩⅤ  腕が上達したかな? | トップページ | チュウヒ2017ⅩⅩⅩⅦ  雛巣立ちの予測外れる(9時半までの話) »

2017年6月14日 (水)

チュウヒ2017ⅩⅩⅩⅥ  餌渡しの連写画像

 朝から快晴、チュウヒはアカンかなで迷う。
カワセミに街中ハヤブサ:まだ不調みたい、イヌワシ:行って撮れるかどうか?、アカショウビン:撮影地が遠すぎる、ミサゴ:機材がベトつく、チョウゲンボウにコアジサシ:???、ヤイロチョウ:興味ないわ!、で結局チュウヒに行った。
6時前到着で、♂が獲物を掴んで帰ってきたのが9時過ぎ、その間♀も2度姿を見せたのみで最悪。3時間待たされ餌渡しは遠すぎてボケボケ、今日は帰った方が良さそうと思ったが、次は早く帰ってくると信じ30分待つことに。期待通り早く帰ってきて、比較的近い距離で山バック、おまけにこちら向きの餌渡しとなれば言うこと無し。後は上手く撮れていることを願うだけで、直ぐに引き上げ画像を見たが、ボケにならず良かった良かった。この餌渡しの画像だけ良かったが、その前の画像はボケばっかり(修正は可能だが)。ほんの少し条件が違うだけで、これだけ違うのかと首をかしげる結果だった。

餌渡し連写の18コマを掲載、トリミング2倍に拡大、それほど修正はしていない。

♂が獲物を持って旋回しながら降下してきた。17061400

♀が近づき、ここから連写開始
撮影時間は2秒程度、餌渡しは速くフォーカスに手間取ると撮り逃がす。
17061401


17061402


17061403


17061404


17061405


17061406


17061407


17061408


17061409


17061410


17061411


17061412


17061413


17061414


17061415


17061416


17061417

実際は25コマぐらい撮っているが、♀が離れると同じ大きさのトリミングでは体が切れるので、この画像以後は省略する。
腕を上げたと胸を張りたいが、D500のAF追従性のおかげだろう。AF設定は、AF-Cダイナミック25点、薄曇りならもっと綺麗に色が出たが、晴天下の9時半過ぎでは上出来、これで十分満足。
17061418


明日は15日、雛登場と予測した日だが、多分少し後になり昨年と同様だろう。行くだけは行ってみよう。 

<オマケ>
カイツブリ幼鳥
17061419

カラス
17061420

   
  
追記
♀が♂を杭で待っている時に飛び出し高く舞い上がった。行先を追っていたらチュウヒ2羽の画像があった。後ろは♀だが、前は3月頃に行けば見ていた昨年生まれの若鳥のように思う。4月以降は姿見ずで追い出されたと思っていた。時々帰ってきて上空を飛んでいるのだろうか?
17061421

 
明日も快晴だがD5で行ってみよう。D5で駄目なら以後快晴時は止めると言いたいが、行く所無し。せめて、もう少し色が出てくれれば良いのだが・・・
      
   
撮影機材:D500、600㎜f4+TC14Ⅲ、三脚使用  撮影枚数:732枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:0円

|

« チュウヒ2017ⅩⅩⅩⅤ  腕が上達したかな? | トップページ | チュウヒ2017ⅩⅩⅩⅦ  雛巣立ちの予測外れる(9時半までの話) »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チュウヒ2017ⅩⅩⅩⅤ  腕が上達したかな? | トップページ | チュウヒ2017ⅩⅩⅩⅦ  雛巣立ちの予測外れる(9時半までの話) »