« チュウヒ2017 総集(2/2)  幼鳥登場後 | トップページ | V3と300mmf4+TC14Ⅲでチュウヒを撮る »

2017年7月14日 (金)

カワセミ  サッパリでどうしようもない

 止まり木に止まる幼鳥を2度撮ったのみで、後は飛ぶ姿を3度ほど見たのみ。カワセミ復帰後3日目でこれでは先が思いやられる。

昨日の画像はもう一つ、D5と150-600㎜だったが雲台はジッツオの軽量G2180だった。飛びもの狙い、三脚はどうでも良いが雲台はスムーズに動くしっかりした物が必要。G2180の許容荷重は4kgだが、大きさと重量から少し無理があったかと、ロクヨンに使用しているFSB8と三脚を持って行ったが、比較の飛びもの撮影が出来なかった。FSB8では、重量が少し足らないようである。

  
幼鳥の止まりもの
17071401


17071402

上を見て警戒ポーズ、猛禽登場かと思ったらアオサギだった。
17071403


17071404


17071405

飛び込んだが草で見えず。着木だけ何とか撮れた。
17071406

ペリットを吐く 
17071407


17071408


17071409

飛び出したので追わずに還りを待って木に照準を合わしていたが、還らずに飛び去りよった。
17071410

  
今日の飛びものはコシアカツバメ、久しぶりの撮影。
17071411


17071412


17071413


17071414


オマケはシジミチョウ
17071415


撮影機材:D5、150-600㎜、三脚使用  撮影枚数:198枚
移動:地下鉄  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:520円

|

« チュウヒ2017 総集(2/2)  幼鳥登場後 | トップページ | V3と300mmf4+TC14Ⅲでチュウヒを撮る »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チュウヒ2017 総集(2/2)  幼鳥登場後 | トップページ | V3と300mmf4+TC14Ⅲでチュウヒを撮る »