« カワセミ  まずわV3と300mmf4 | トップページ | カワセミ  出は昨日より悪かった »

2017年7月13日 (木)

V3と300mmf4の拡大画像を再チェック

 昨日のV3と300mmfの手持ちで撮影したカワセミ画像、大きくしたいということで何も考えずにトリミングで3倍(面積で9倍)に拡大したが、元画像がもう一つ言うことも有るが少し崩れていた。一眼では上手く撮れば3倍の拡大は日常行っているが、V3では少し無理がある。2倍に留めるのが良いように思うが、フルサイズから2.7倍のV3の価値が半減し、軽量お手軽カメラだけになってしまう。ISO400での撮影だったが、もう少し明るくISO200で撮影出来る条件で機会があれば調べてみよう。

画像は、上からノートリ/2倍/2.4倍/3倍/4倍(1200pixelでは等倍に近い)

こちらの川岸で推定距離15m
810㎜
01dsc_5866_1bai

1620㎜相当
02dsc_5866_2bai

1944㎜相当
03dsc_5866_24bai

2430㎜相当
04dsc_5866_3bai

3240㎜相当
05dsc_58664bai

 

対岸で推定距離30m弱
810㎜
101dsc_5791_1bai

1620㎜相当
102dsc_5791_2bai

1944㎜相当
103dsc_5791_24

2430㎜相当
104dsc_5791_3bai

3240㎜相当
105dsc_5791_4bai


V3は、これまでオオワシ、ハヤブサ、クマタカ、イヌワシ、チュウヒなどの飛びもので、1用70-300㎜装着810㎜で補助カメラとして使用し、画像は悪いがそれなりには撮れている。今後、FT1に300㎜f4+TC14Ⅲを装着し1134㎜で撮れないかチュウヒで試してみるつもり。ハヤブサでは、三脚使用だが80-400㎜装着の1080㎜で止まる寸前や飛び出しは撮れている。距離が遠く相対的に動きの遅い猛禽なら撮れないかと思っているが、距離が遠いとAFの初動が遅いのと、AF-C1点で何処まで追えるか課題。使えれば冬のオオワシの手持ち撮影が楽になる。1用70-300㎜では、もう一つの画像ながら撮っている。

|

« カワセミ  まずわV3と300mmf4 | トップページ | カワセミ  出は昨日より悪かった »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワセミ  まずわV3と300mmf4 | トップページ | カワセミ  出は昨日より悪かった »