« カワセミ  サッパリでどうしようもない | トップページ | 撮影休み・・・・所有撮影機材D800Eに150-600㎜Cあれこれ »

2017年7月15日 (土)

V3と300mmf4+TC14Ⅲでチュウヒを撮る

 V3と300㎜f4+TC14Ⅲをチュウヒで試した。目的は、今度の冬のオオワシ撮影で補助カメラとして使えないかの試しである。補助カメラは、大砲を置いたままで少し動く時に持っていれば便利、これまではV3と1用70-300㎜を持って行っていたが、この組合せで1134㎜の飛翔手持ち撮影が出来ないかの確認である。
7時過ぎの現地着だったが、カメラマンは常連さん2名で拍子抜け。土日は、雨上がりの昼からぐらいしか行っておらず、雨で無ければ人が多いと聞いていた。今年は出が悪いのでチュウヒ終了の人が多いのか、それとも一昨日にヤイロチョウに行った知人から、雛が目の前に転がってきたと聞いているので、山に行ったのか・・・・。ヤイロチョウは、1ヶ月以上前に登場したと教えてもらったが、あまり興味は無くその後のカメラマンの数も多いと聞いたので行かなかった。雛が巣から出たなら、アカショウビンやサンコウチョウ同様直ぐに山の中に消えるのかな。知人は中々撮れず5回行ったそうだが、すごい人が集まっていたそうである。飛びものが間違いなく撮れるなら行ったのだが、止まりものだけなら興味無しでカメラマンが多く集まる場所には行かないことにしている。

今日のチュウヒの出はもう一つというより、段々悪くなる方向かも知れない。暑くて9時半に帰ったが、親が獲物を持って帰ってきたのは2度、餌渡しは1度あったが立っていた場所が悪く木の向こう、幼鳥が短時間ながら飛んだので機材のチェックは出来た。1用70-300㎜に比べAFの初動が悪く捉え難くく追従も悪いが、慎重に追えば何とか撮れる。画像は、TCを使っても1用70‐300㎜より良いように思う。何と言っても大きく撮れるのが良い。

天気は良かったが、空気が乾燥していたためか陽炎の影響はあまり出ず。
ISO200、f5.6、SS1/1000での撮影、画像はトリミング2.4倍に拡大、約2700㎜相当が軽量機材手持ちで楽に撮れれば、画像が少し劣っても御の字である。

17071501


17071502

近くの飛翔、SS1/1000では画像が甘い
17071503


17071504


17071505


17071506


17071507


17071508


17071509


17071510


17071511


17071512


17071513


17071514


17071515


17071516


ダイサギ
17071517

  
アオサギ
17071518

  
オマケの蓮  ノートリ
隅の方に数輪咲いている
17071519

  
    
●トリミングで拡大を変える
 ノートリ:1134㎜
101dsc_6066_02

 2倍に拡大:約2268㎜相当
102dsc_6066

 3倍に拡大:約3402㎜相当
103dsc_6066

 4倍に拡大:約4536mm相当
 4倍で1200Pixelでは等倍近くになり、画像としてはちと苦しい。
104dsc_6066

 

●参考  2年前にV3と80-400㎜の三脚撮影 トリミングで2.4倍に拡大
 ISO400、f5.6、SS1/1000
 撮影対象に条件が違うので比較できないが、この画像は十分と思っている。V3と300㎜+TC14手持ちで、このレベルの画像が撮れれば言うことが無いのだが、手持では無理かな? V3と80-400㎜手持ちはバランスが悪いので撮り難い。
201dsc_3969

        

撮影機材:V3、300㎜f4+TC14Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:442枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:0円

|

« カワセミ  サッパリでどうしようもない | トップページ | 撮影休み・・・・所有撮影機材D800Eに150-600㎜Cあれこれ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワセミ  サッパリでどうしようもない | トップページ | 撮影休み・・・・所有撮影機材D800Eに150-600㎜Cあれこれ »