« 2017年7月 | トップページ

2017年8月

2017年8月17日 (木)

撮影休みⅡ・・・・ミサゴのドアップ

 撮影休みで久しぶりに昼寝をしたが、その他の時間はTVを見たり、写真の整理を行い外付けHDに移した。月末に一気にやると途中で嫌になるが、今月は2度目でそれほどしんどくなかった。

先日のミサゴのドアップを掲載
こちらに向かって飛んで来た時のトリミングで拡大した抜き取り画像。ノートリでこれぐらいの大きさに撮れれば面白いが、飛ぶ速度の遅いミサゴとはいえ近いと速く感じる。慌ててシャッターを押し、大半はピンボケになるだろう。

01dsc_6882


02dsc_6885


03dsc_6886


04dsc_6888


05dsc_6889


06dsc_6890


07dsc_6891


08dsc_6894


09dsc_6896


10dsc_6899


11dsc_6901


12dsc_6902

| | コメント (0)

撮影休み・・・昨日のカワセミ残り画像

 朝から散髪に行った。15~20で終わり1,500円也。以前行っていたところは、丁寧な作業で約30分の3,500円だった。普段外に出る時は、ほとんど帽子を被っているので、髪型などどうでも良い。もみあげを耳に合わせるか、長さを同じにするかと聞かれ、”何のこっちゃ”と思っていたら、耳の高さが左と右で1cmほど違うとかで、鏡を見ると1cmは無いと思うが確かに違っていた。言われて初めて気がついたが、大概の人は違うとのことで”へ~”。
昼から撮影に出ようと思っていたが、朝から蒸し暑いので止めよう。

昨日の撮影はD5とシグマの150-600㎜、D5を使うにしては格落ちレンズだが、撮影結果はボロボロでD5が泣いている。原因は、腕かレンズかといえば多分腕だろう。撮影距離がGoogleマップの距離測定機能で測ると約30mで、地元の撮影地ではもっとも遠く普段はあまり撮らない場所。ファインダーのカワセミが小さく、天気が悪く見難かったこともあり上手く追えず。ファインダー内のカワセミが小さい方が追い易いが、小さすぎるとフォーカスが外れることが多く限度を越えていた。600㎜での限度は20m少々、超えると900㎜ぐらいが欲しい。D500の登場ということになるが、これまでの結果では、カワセミで500と150-600㎜はもう一つ良くない。AF微調や少し絞って撮影したが駄目だった。昨年アカンと判断した日の撮影はピーカンだったので、もう一度(二度か三度かも)やってみるかな。ハヤブサでは問題無く撮れているの普通に撮れると思うのだが・・・。

昨日の残り画像
昨日はトリミングで3倍に拡大したが、今日は2.4倍の拡大

01dsc_9450


02dsc_9465


03dsc_9521


04dsc_9522


05dsc_9554


06dsc_9560


07dsc_9575


08dsc_9590


09dsc_9592


10dsc_9690


12dsc_9734


13dsc_9739


14dsc_9760


15dsc_9891

| | コメント (0)

2017年8月16日 (水)

カワセミ  対岸で遠すぎた

 D5と150-600㎜でカワセミに行ったが、今日の撮影地は普段あまり撮らない場所で、対岸しか撮れずで600㎜では距離が遠すぎた。出はそこそこ良かったが、撮った画像が満足出来ずでは、やはりアカンとしか言いようがない。地元のカワセミ、場所によってはたまに良い日があるようだが、運悪く居合わせておらずで、アンラッキーの日が続く。

夕方、D7500の購入を決断し販売店に行った。下取りは、D7200、今ではまず使うことが無い16-35㎜f4、Ta18-400㎜購入で不要になったTa16-300㎜、16-300㎜は釣り用に置いとこうと思っていたが、多分今年は釣りには行かずで来年も無しだろうと思い下取りに出すことにした。行くことになれば少し重いが18-400㎜を持って行く。D7500との組み合わせで、片手取りは苦しいが何とかなるだろう。
D7500購入は、ネットショップ下取り価格のプリント片手に怒りの声を発したこともあり、結局物々交換に終わり、まあエエやろう。店長が4人変わったきたとはいえ、こちとらはD2X、D3、D4、D800E、D5、にAPS-C機3台、サンニッパ、ゴーヨン、ロクヨン・・・・・と何ぼ使ったきたお得意様と思っとるのか、これまで使った費用はレクサスになっとるぞと今の店長に言っても仕方無いか、ベンツには届かず所詮国産車(高級車と思うが)1台分やな。
とにかく入手すれば手持ち撮影に使用するが、D7200使用時のストレスが解消されればそれで良し、新しいなりの画像が得られるだろう。

今日も画像は、これまでの投資から見ればお粗末、写真撮影は楽しめれば良いだろう?

17081601


17081602


17081603


17081604


17081605


17081606


17081607


17081608


17081609


17081610


17081611


17081612


17081613


17081614


17081615


撮影機材:D5、150-600㎜、三脚使用  撮影枚数:804枚
移動:行きは地下鉄、帰りは歩き  天気:曇り後晴れ
撮影経費:260円

| | コメント (0)

2017年8月15日 (火)

D800EにTa18-400㎜、フィールドでの実写

 Ta18-400㎜は購入当初はフルサイズ機では使うことは無いと思っていた。最近、D500の使用頻度が高くなり、手持はD7200オンリーでいこうと思うがトロ過ぎて、どうしてもD500を持ち出してしまい、手持ち用にD7500の追加が頭に浮かんできた。10数万円、今購入するなら下取り品が必要、D7200は当然としても、金額不足でレンズ数本が頭に浮かんでいる。焦点距離が完全に被っている28-300㎜もその一つで、フルサイズ機のD800EとTa18-400㎜で十分なら真剣に考えようということでフィールドで試した。昼から撮影に出たが、どんよりした曇り空で結果はもう一つ、やはり下取りに出すのは無理かなというところ。

いつもの散歩コース、勧修寺で風景撮影をして帰りに川でカワセミを撮影した。

風景はノートリ、カワセミはトリミングで3倍に拡大したが、フルサイズから4.5倍の拡大となり、ISO2000での画像は無理だった。
尚、暗かったこともあるがAFは遅かった。やはりカメラは最新鋭機でないとAFは遅いかな、最近D5にD500での撮影が多いのでハッキリと違いを感じる。

 

17081501


17081502

もう少し明るかったら写りは良くなると思う。フルサイズ用28-300㎜なら、かなり良くなるという訳では無いが、何か物足りない。
17081503


17081504


17081505


17081506


17081507


17081508


17081509


17081510


17081511


17081512


17081513

カワセミ
下流ポイント
17081514


17081515

中流ポイント
D800EのISO2000での撮影、DXから3倍でフルサイズから4.5倍に拡大すれば、80-400㎜でもこんなものかも知れない。17081516


17081517


17081518


17081519


17081520


17081521


17081522


17081523

トリミングによる拡大、DXから2.4倍でフルサイズから3.6倍。
17081524


17081525


17081528

撮影機材:D800E、Ta18-400㎜、手持撮影  撮影枚数:244枚
移動:歩き  天気:曇り後小雨
撮影経費:0円

| | コメント (0)

D800EにTa18-400㎜で撮ってみた

 D850がもう直ぐ発表との話が流れている。画素数45.75MPで、単純に考えればD500のフルサイズ版かなと思うが、写りはどうなのかな。超拡大しない限りD5より良いとは考え難い・・・良ければD5ユーザーが怒り、また今後D5が売れなくなる。
D800Eを所有しているが、鳥撮影では当時所有していたD300、D7000→D7200よりトリミングしても写りが良く、遠い猛禽ではD800Eをメインに使っていた。今はD500の写りが良くD800Eは使用していない。
風景は、三脚を使用しない自分の腕と、後の用途で45.75MPなんてのは不要、画像容量が増えパソコンの動きが遅くなるだけ。D800E購入時、パソコンが頻繁に固まったので買い替えた。
D800E発売当時、適したレンズ一覧なるものがニコンHPに出ていたと思うが、今回も同様に出すのかな。所有していたレンズは全て適合していたが、新しい物でそこそこの価格以上のもの、純正レンズ販売促進のように思えた。

高画素のD800EにTa18-400㎜を使えばどうか試してみた。
結果は大した違い無し。当たり前だが廉価レンズを使ったからといって、高額レンズのように綺麗に撮れないだけで、廉価カメラ使用より写りが悪くなることは無い。カメラもレンズも新しい物に価格の高い物の方が、用途にもよるが少しでも綺麗に撮れる。
D800Eは、D5やD500に比べて発色が悪い、D850は現行カメラ同様良くなっているのかな。

いずれも手持ち撮影、無修正で1200pixlにリサイズ。手持ち撮影のため多少距離の違いで大きさが違ったのでトリミングで大きさを微調した。

●400㎜  大よそノートリ
  ISO1600、マルチパターン測光、モードM、f6.3、SS1/30、AF-S、VR・ON

 D500
01d50018400

 D7200
02d720018400

 D800E
03d800e18400

 <参考>D800Eで純正28-300㎜、同サイズになるようトリミングで拡大
04d800e28300

  D800Eで上が18-400㎜、下が純正28-300㎜
051840028300

   
●300㎜  トリミングで2.4倍前後に拡大
  ISO1000、マルチパターン測光、モードM、f6.3、SS1/30、AF-S、VR・ON

 D500
11d50018400

  D7200
12d720018400

  D800E、Ta18-400㎜
13d800e18400

 D800E、純正28-300㎜
14d800e28300

| | コメント (0)

2017年8月14日 (月)

ミサゴ遠征 その③   掲載ラストは残り画像

 朝に大津へガソリンを入れに行き、そのままチュウヒ撮影地に走った。チュウヒのその後の動向チェックもあったが、何か居ないかで田んぼをウロウロした。日が差し暑くなってきたので、成果は無かったが引き上げハヤブサ経由で帰った。ハヤブサは、煙突傘の下のパイプに後ろを向いて止まっていた。途中でコンビニに寄り昼食のパンを買って食べたので、曇り空なら粘るつもりだったが、日が差し暑かったので直ぐに引き上げる。

掲載は、先日のミサゴ遠征の残り画像を適当に選ぶ。
ミサゴ遠征では、出が良く飛び回れば2,000枚以上撮るが、この日は1,000枚未満で後半の建屋止まりものが300枚ぐらいあり、良い時に比べればサービスはもう一つだったが、今年の3回の遠征の中では色々撮れて良かった。

着いて直ぐは天気が悪くモヤっていた。遠くへの飛び込みは、水面からの飛び出しから連写したが獲物無し。 
01dsc_6176


02dsc_6177


03dsc_6178


04dsc_6179

登場すると近くを何度か飛んだが、最初は曇り空でパッとせず。暑かったのか、口を開けて飛んでいる画像が多かった。
05dsc_6207

飛び込んで獲物を掴まえる。水面からの飛び出しから連写で撮れたが、飛び出した向きが後ろ向き。飛びながら徐々に方向を変える。
06dsc_6372

獲物が小さすぎるて迫力無し。
07dsc_6377

もう少し近ければ良かったのだが・・・・
08dsc_6415

この日の2度目の獲物を掴んで飛翔、どこで捕ったか分からずだったが、獲物が小さすぎる。
09dsc_6496

建屋屋上の角止まりもの。
別のミサゴが飛び鳴いていたが、この日の同時登場は2羽だった。
10dsc_6556

風に煽られ”オットットー”
11dsc_6775_1

長い糞を一発、十分食べているようだ。
12dsc_6802_1

日差しが出て青空も見られ撮り易くなった。
13dsc_6873


14dsc_6885


15dsc_6902

ショートホバ、飛び込まず
16dsc_6904

木止まり
飛び出しを撮ろうと思ったが、別のが近くを飛んだので飛び込みを待っている間に飛んでしまった。
17dsc_6928_1

建屋屋上、飛びに威嚇される
18dsc_6989


19dsc_6991


20dsc_7004

最後はトビに接近され飛び出した。
21dsc_7063


22dsc_7064


23dsc_7065


24dsc_7067


25dsc_7078

| | コメント (0)

2017年8月13日 (日)

地元ブラブラ

 8時半頃出発で地元の川をブラブラ歩いた。上流からハヤブサ撮影地まで歩いたが、カワセミは中流域で少しだけ撮影したのみ、下流ポイントは着く直ぐ前に姿を消し、最下流ポイントでは終わった後だったのか姿見ずに終わる。ハヤブサは、今日は♂でしばらく待って飛び出しが撮れたが条件が悪かった。ハヤブサ撮影地の条件が良いのは順光になる夕方、朝は逆光下の日蔭から明るい場所に飛び出すので仕方なし。機材は、D7200に18-400㎜を持って出た。AFを考えればD500を使いたかったが、ショット数がかなり増えておりD7200にした。
某デジカメ情報サイトにレンズの評価が掲載されていた。AFが非常に遅いとの評価だが、非常にというのが何を差しているのか? 400㎜で数mの距離を撮影した後、いきなり数十mに持って行くと確かに非常に遅いということになるが、少し距離が違う程度で振った場合は非常に遅いということは無い。D7200では、D500に比べAFが遅いように思うが(他のレンズも同じ)、鳥の飛翔でも撮れる。400㎜は画像が甘いと記載されていたが、これは実感している。しかし、PCソフトで修正出来る範囲で高倍率便利ズームレンズは所詮こんなもの、純正80-400㎜のように撮れないのは当然だろう。

f11ぐらいなら解像力が良好と書かれていたので、ISOにSSも考慮して最初はf10で撮影した。

川に着いて先ずは新幹線を400㎜で撮影した。17081301

この遊歩道を下流へ歩く。夏場は雑草が多く、自転車が横を通ると歩き難い。画像をよく見るとボケてる。AF-C21点での撮影、ピントが定まらない内にシャッターを押したようである。風景は1点にせなアカン。
17081303

ハチを撮影したが、単焦点や純正80-400㎜のようにAFが速くないと難しい。
17081304

かってのカワセミ撮影本拠地、最近は姿をほとんど見ないので、ここで撮ることは無い。
17081305

色々撮った。
17081306


17081307

中流域でカワセミ発見
17081308


17081309

夏場の草バックは撮り難い
17081310


17081311


17081313


17081314


17081315

紫の百日紅
17081316

雲を400㎜で撮ってみた。
17081317

スズメの親子
向こうが親で手前が子、スズメの子を見る期間は長いような。次々に生まれているのか、それとも親離れまでの日数が長いのか?
17081318

カワセミ最下流ポイントからハヤブサ撮影ポイントに向かう。家から地下鉄4駅、歩きなれているが結構な時間がかかる。
17081319

アオサギ相手にf10とf6.3を撮り比べる。
手持ちの場合、fを大きくするとISOを大きくしたり、SSを遅くする必要がある。感度やブレの影響で画像が悪くなるので、”飛びもの狙いなら結局開放で撮った方が良いのではないかいな”と以前から思っている。
f10
1708132010

f6.3 大した違いは無い
1708132163

ハヤブサ
少し奥まった暗い場所に止まっており、もう少しで見逃すところだった。止まるのを知っているから見つけることが出来た。
17081322

日差しもあったが、今日は涼しかったので飛び出し狙いで粘る。
17081323

あまり待たずに飛んでくれた。
17081324


17081325

この画像の後、日が差す場所になり露出が合わず、ハヤブサがテカリピントも合わず。
17081326

逆光下の雲バックは画像が悪い。
17081327


17081328

  
カワセミの出が良くなり、こちら側岸辺でもコンスタントに撮れるようになれば、D800Eを使ってみよう。
     

撮影機材:D7200、18-400㎜、手持撮影  撮影枚数:292枚
移動:行きは歩き、帰り地下鉄  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:260円(地下鉄片道分)

| | コメント (0)

京都タワー

 一昨日にコンデジS9900で撮影した京都タワー

4時半頃
Dscn0361_1


7時過ぎにほろ酔いで撮影
Dscn0372

| | コメント (0)

2017年8月12日 (土)

朝はカワセミ、夕方ハヤブサ

 遅めの出発、気合を入れてD5とロクヨンでハヤブサに行った。姿見ずで待っている間に近くに居たカワセミを撮る。30分ほどしてから、時間つぶしで一旦下流のカワセミポイントへ。2羽が睨み合っていたので撮影したが、膠着状態のように思い再びハヤブサへ。しばらく待ったが、アカンで諦めて一旦引き上げる。
昼からいつもより涼しかったので、2時半頃に再びハヤブサに行った。鉄塔の上に止まっていたが、しばらくして建屋屋上に移動、直ぐに飛ぶと思ったら中々飛ばず。粘って飛び出しを撮り、獲物を持ち帰りを期待して待ったが、4時半に諦めて引き上げた。
最近、朝に行けば♂が蝉狙いで何度か飛んでくれたので期待して出かけたが、今日は登場せずでガッカリ。昼から登場したのは♀で、状況が少し変わったのかな。

●朝のカワセミ

ハヤブサ撮影地のカワセミ
ここは姿をよく見かけるが、撮影距離が遠いのでもう一つ。居ても時々しか撮影しない。17081201


17081202


17081203

下流ポイント
親と少し成長した幼鳥の縄張り争いが勃発か。
17081204

両者共にピントを合わせのは不可。
17081205


17081206


17081207

 

●夕方のハヤブサ

17081208

ブレた~
角度が急すぎ三脚の中心棒(エレベータ)をかなり高くし、風も強かったので揺れが少し酷かった・・・ということにしておこう。
17081209


17081210

斜め前に飛んでくれると期待したが、斜め後方に飛びよった。予想通りで風向きが悪かった。
17081211


17081212


17081213

♀は飛び出す前に羽を広げ、ワンクッション置くことが多く、飛び出しは撮り易い。
17081214


17081215


17081216


17081217


17081218


17081219


17081220


撮影機材:D5、600㎜f4+TC14Ⅲ(無し)、三脚使用  撮影枚数:379枚
移動:車  天気:曇り後晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

ミサゴの水面からの飛び出し画像を再修正

 昨日の夜は、釣り仲間の暑気払いの一杯のみで、いつもより飲んだ。5時頃に起きたが、しんどいので早朝出勤は中止。7時頃に朝食のトーストを食べた後、一昨日のミサゴ画像を再修正してみた。
近くへ込んでこちら向きに飛び出してきたが、通っても2度と撮れる機会がないようなシーン、画像修正してもシャープさに欠けている。逆光下とは言え、それほど暗くなくISO500でSS1/1600での撮影、TC装着で1270㎜では近すぎて捉えるのが遅れたのが残念である。TCを装着していなければと思うが、日頃は換算600㎜の軽量機材手持で近くを飛ぶ鳥を追っている。ロクヨンでTC無でも900㎜、三脚使用で近くを狙えばTCが有ろうが無かろうが大して変わらずだったかな~?

再修正画像は、トリミングによる拡大を大きくした。
修正前画像で、3枚目からピントがそこそこ合ったと思ったが、2枚目で少しピントが良くなり、良くなったのは6枚目ぐらいかな。掲載は数枚省略している。

101dsc_6273_4


102dsc_6274_1


103dsc_6275_02_1


104dsc_6276_1


105dsc_6277_04_1


106dsc_6278_1


107dsc_6281_01_1

| | コメント (0)

2017年8月11日 (金)

ミサゴ遠征 その②  建屋の屋上止まりから一直線に海へ飛び込む

 昨日は、久しぶりにロクヨンをケースから取り出し、帰ってからそのまま置いていたので、遅めの出発で気合を入れてハヤブサと思ったが、蒸し暑くて昨日の疲れも残っていたので撮影休みにした。
昨日の撮影は、動き回ったわけでは無く定点撮影、それでもかなり疲れた。日が差したのは短時間数回だったが、曇り空でも紫外線でが一段と日焼けしたように思う。家に帰ってから寝るまでは、アルコール以外にかなりのお茶を飲み、夜中も目が覚めて何度かお茶を飲んだ。その影響か朝は少ししんどかった。昨日の画像を整理し、何とか370枚ぐらいに削除した。

掲載は、建屋止まりからの飛び出し急降下・・・・
1羽が建屋屋上の角に3度止まり魚を狙った。2度はバシャーンといったが、残念ながら飛び込んだ場所は岸に近くて見えず。1度はトビに追われて飛んだ。
止まる時間が長かったことと、飛び出しから海面上の飛翔まで連写で、撮影枚数の半分ぐらいはあったと思う。

●1回目
 この建屋に止まるのを見たのは初めて、水面に向かって急角度で飛び出し途中で少角度を緩やかに変えたと思う。

01dsc_6581


02dsc_6582


03dsc_6583


04dsc_6584


05dsc_6585


06dsc_6587


07dsc_6603

水面は草の陰で見えず。見えたとしても飛び込む瞬間は撮れなかっただろう。
08dsc_6607

水切りのブルブル
09dsc_6608


10dsc_6609


11dsc_6611


12dsc_6612


13dsc_6613

近くを飛ぶ
14dsc_6645

 

●2回目

15dsc_6826


16dsc_6827


17dsc_6828


18dsc_6829


19dsc_6830


20dsc_6831


21dsc_6835


22dsc_6838

この時は途中で見逃がし、飛翔の撮影が遅れる。
23dsc_6857


24dsc_6860

| | コメント (2)

2017年8月10日 (木)

ミサゴ遠征  今年では最良の日(3回しか行っていないが)

 天気予報では晴れ後雨、撮影仲間のKuさんと現地待ち合わせでミサゴの様子を見に行った。天気は予報より良くて日が差すと暑かったが、曇り空が多く何とか凌げ、7時から13時までの時間踏ん張った。晴れていれば2時間ぐらいしか持たなかっただろう。
ミサゴの出はもう一つだったが今年では一番良く、近くでサービスをしてくれたので撮影満足の日となり、高速料金の元は何とか取れただろう。残念なのは近くでの餌を掴んでの、水からの飛び出しが無かったこと、今日ぐらいなら良いが夏場は暑さが堪らない、今度は少し涼しくなってから行こう。
D500とロクヨンに1.4倍TCも使用したが、遠いと思いTCを装着すると近くに登場しはみ出したので、急いでTCを外すと遠くに行きよるで裏目裏目の撮影となる。TCは使わず近くのみを狙った方が良かったかもしれない。

今日は、近くに飛び込んだ時の飛び出しを掲載、後は後日整理してから
直ぐ近くで飛び込む態勢に入ったので狙ったが、大きすぎてまともに追えずで、諦めて飛び込んでからを狙ったが、これまた近すぎて中々捉えられず。飛び出しから捉えたが最初の2枚はピンボケ、3枚目からは自己基準ながらOK。TCを付けていなければ、急降下から綺麗に撮れ・・・・・・??? 自分の腕では、D5の600㎜で無いと無理な距離だったかな。

トリミングで1.8倍に拡大、途中から抜き取り17081001


17081002


17081003


17081004


17081005


17081006


17081007


17081008


17081009


17081010


17081011


撮影機材:D500、600㎜f4(+TC14Ⅲ)、三脚使用  撮影枚数:994枚
移動:車  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:7,230円(高速料金)

| | コメント (0)

2017年8月 9日 (水)

カワセミ 粘って何とか少しだけ撮れたがもう一つ

 今日は、少し気合を入れD5と150-600㎜で行ったが、最下流はサッパリで下流もさっぱりだったが、粘って少しだけ撮れたので引き上げた。
ツバメを多く撮ったが、ツバメも数が減り水面上での撮影機会は少なかった。対岸の土手バックでは、ピントがバックに取られ上手く撮れず。

普段は、150-600㎜でも絞り解放で撮っているが、今日は明るかったのでf8で撮ってみた。
   

17080901


17080902


17080903


17080904


17080905


17080906


17080907


17080908


17080909

オニヤンマが体の小さいトンボを食べる。
17080910


撮影機材:D5、150-600㎜、三脚使用  撮影枚数:142枚
移動:地下鉄、歩き  天気:晴れ
撮影経費:470円

| | コメント (0)

2017年8月 8日 (火)

街中のハヤブサ  朝はラッキー、夕方はガッカリ

 カワセミと思っていたが、川の水位をネットで調べると、少し多かったので止め。出発を遅らせハヤブサに行った。到着してキョロキョロ探していると、姿を現し鉄塔に止まった。飛び出し狙いで撮ったが撮影条件が悪すぎ、それでも撮れて良かった。姿を消したが再び登場するだろうと待っていると雨が降り出し車に避難。しばらくして雨が止んだので、外に出て探すと煙突の傘に2羽が止まっていた。遠すぎたがもう一度飛び出し狙いと思い待ったが、雨が強く降り出したので退散。
天気予報では気温がかなり高くなるとのことだったが、最近にしては涼しかったので昼からもう一度出勤した。3時前に到着、5時まで待ったが姿見せず。夕方には青空が広がったので、青空バックの飛翔を期待したが残念だった。
ハヤブサは、行っても姿を見せたり見せなかったり、オオワシやチュウヒにミサゴより出は悪いが、家から近いのでサッと行って直ぐに帰れるのが良い。オオワシのようにひとっ走りとは言え遠征なら行かない。

撮っている時は♂と思ったが、帰ってから画像を確認すると♀だった。

17080801


17080802


17080803


17080804


17080805


17080806


17080807


17080808


17080809


17080810

  
撮影機材:D5、150-600㎜、三脚使用  撮影枚数:124枚
移動:車  天気:朝は曇り時々雨、昼から晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2017年8月 7日 (月)

ヤマセミ撮影ヒストリー

 台風で3日連続撮影休み、することも無いので最近撮影機会に恵まれていないヤマセミの撮影を、画像を見ながら振り返ってみた。

ヤマセミを知ったのは、カワセミ撮影に本腰を入れ始めた頃。野鳥の図鑑を見て知ったのだが、家から早朝なら車で30分もかからない天ケ瀬に居ることを教えてもらい探しに行った。何回か行ったがカメラマンも居らず、中々見つけることが出来なかった。見つけたきっかけは人のブログで、立入禁止の看板に止まる姿だった。カメラマンを見かけなかったのは、時期に時間帯が悪かったようである。その後家から近いので何度も行ったが、見る確率は30%ぐらいで、粘ることは少なくカワセミ撮影の前か後だったと記憶している。間にカワセミを挟んで、朝と夕方に2度行ったこともある。数年前に橋の工事が始まり行かなくなったが、一度だけ正月休みの後だったが、姿を見たとの情報を聞き行ったことがある。
その後は、工事が終わるまではアカンと思い、別場所2ヶ所南に西へと遠征したが、ここ数年は車を西に走らせている。ヤマセミは、早朝か夕方に出が良いことが多かったという経験から、高速を使えば時間があまりかからない場所に行っている。出にムラがある鳥で成果はもう一つ、やはり通わないと撮れないと思うが、通うには高速料金がネックになる。
天ケ瀬に復活してくれないと通えず、ダムの上流数カ所で見かけたとの話は聞いたが、以前の場所は今はどうなのか、早朝に行けば少し下流なら見られるのかな? 工事がどうなっているかも知らない。

  
●天ケ瀬での撮影  

・07年7月28日が初撮影
 初撮影はデジスコ、この頃飛びものは”撮れれば良いな~”程度で、止まりものを綺麗に撮りたかった。
0107072801

 カワセミと違い距離が遠いので、当時のデジスコでは綺麗に撮れず。400万画素のコンデジでのこの画像は、距離から考えればマシと思う。
0207072802

    
・07年8月19日
 328+2倍TC、AF-C、ISO400でSS1/400の三脚撮影、この頃は三脚使用でもVR・ONにしていた。元々が風景メイン、VR付レンズは全てON、TCは距離が遠い時は2倍の方が大きく撮れて良いと思っていた。
0307081901

   
・07年8月26日
 デジスコでの撮影、ヤマセミぐらいの距離になると、止まりものはデジスコの方がマシだった。飛びもの狙いになって、デジスコは完全に処分。
0407082601

  
・08年3月1日
 RAWで撮り始めた頃、止まりもの主体だったのでISO200、SS1/320、AF-Sでの撮影
 この頃のAFはSかC迷っていた。あたり前のことだが、止まりものはSの方が確実に撮れると今も思う。
0508030101

  
・08年4月12日
 オオワシ用に買った500㎜f4、冬のオオワシに間に合わず、カワセミで使い次はヤマセミということで持ち込んだ。多少綺麗に撮れるようにはなったが腕が追い付かず。500㎜f4も何度か使ったが、ヤマセミを追っての移動から、三脚使用は328+TC、手持で80-400㎜が多かった。
0608041201

   
・08年5月4日
 遠かったので500㎜f4に1.7倍TCを装着し撮影した。カメラはD300、画像が悪くしばらくしてAPS-C機では1.7倍TCを使用しなくなった。今のD500では、再び使用しているが十分と思う。
0708050401

   
・08年5月25日
 D300に500㎜f4に1.4倍TC使用、この頃は1.4倍TCは積極的に使用した。
0808052501

  
・08年6月28日
 この日は、幼鳥登場で良かった。
0908062801raw

 かなり近くに止まり、角度的に三脚使用では撮れなかったので手持撮影。
1008062802raw

    
・08年7月5日
 一週間後のこの日も幼鳥登場で撮り捲り。ヤマセミ撮影では、この日が一番良かった。撮り捲りで少しヤマセミ熱が下がり、この日以上の画像は撮れないだろうとヤマセミから遠のく。
1108070501raw


1208070502


1308070503

  
・09年7月11日
 雛登場の時期と思い7月に何度か行ったが大したこと無し。
1409071101

   
・09年8月23日
 雛の姿を見たのは8月になってから、給餌も撮れたが遠すぎた。
1509082301

   
・10年7月26日
 この年も初めて行ったのは7月後半。ヤマセミは行っても見ない日が多く、また近くからの撮影でないと白飛びしたりで綺麗に撮れない。出の悪い時期のカワセミ同様で、この頃は通う気にはなれなかった。
1610072601


1710072602

   
・10年12月18日
 この冬は何度か行った。はっきりと覚えていないが橋建設の噂があり、当分撮れないと思ったからだと思う。実際に工事が始まったのは1年後。
1810121801

   
・10年12月23日
 時々魚を咥えて飛び出すところが撮れたが、この頃は腕はまだまだ・・・・今もかな。
 カワセミと違い、ヤマセミは動きが遅いので撮り易い。
1910122301

   
・10年12月29日
 木の茂みの抜けたピンポイントから近くで撮れた。
2010122901

 2羽の追いかけ合い。少し下流で撮影していたが、飛び去ったので帰ろうと思い、もう一度橋に様子を見に行った時に飛びまくっていた。
2110122902

   
・11年1月9日
2211010901

 薄暗い場所だが、これも近かった。
2311010902

   
・11年8月20日
 久しぶり500㎜f4を持って行ったが、朝から昼過ぎまでサービスは良かった。
2411082001


2511082002


2611082003


2711082004

 ダラッと休憩に入ったので満足して引き上げた。
2811082005

   
・11年12月30日
 初めてV1使用、レンズは70-200㎜f2.8、カワセミで水際が撮れたので、ヤマセミなら問題無いと思い試したが十分撮れた。ただし、シャッターは見切りで早めに押した。
2911123001v1

   
・12年1月7日
 この日もV1、ヤマセミの動きならニコン1は十分、今のV3なら全く問題無く連写出来る。
3012010701v1

   
・12年1月22日
 天ケ瀬ではこの日が最後と思い朝から行き、粘ったが出てきたのは6時間後で止まりものが撮れただけ。
3112012201

    
 
●今の遠征地

・13年6月22日
 初めての場所は行ってみないと状況が分からないが、この日は良かった。
3213062201

 前のパイプが邪魔になり、撮り難いが何とかなる。
3313062202


3413062203

 V1と80-400㎜の手持ち撮影、大きく撮れて良かった。
3513062204v1

   
・14年6月10日
 この日は近くで撮れて良かったが、出はもう一つだったように思う。 
3614061001

   
・14年6月16日
 ダムを越えて湖上を飛ぶ姿を追った。この日は、ヤマセミよりミサゴを多く撮ったと思う。
3714061601

逆光下での撮影
3814061602


3914061603

   
・14年6月23日
 上流側での撮影、この地(特にダム側)では手持ちで撮っているが、この日は500㎜f4を持って行き三脚を使用した。交通の邪魔になるとの通報が有ったらしくパトカーが来ていた。天ケ瀬でも2度ほどあったな~。
4014062301


4114062302

  
・15年9月27日
 上流での撮影、V3と1用70-300㎜で水浴びが一度撮れただけ。後は木の中に隠れまともに撮れず。
4215092701

  
・15年10月9日
 撮れて良かったの日、高速料金は取り返していないだろう。
4315100901


4415100902

   
・16年5月31日
 この日は上流での撮影、この木止まりが数枚撮れただけ
4516053101

   
・16年8月17日
 この日は6時前到着で短時間ながら撮り捲りで、行って良かったの最後の日。
4616081701


4716081702

   
・17年は2度行ったが、姿を見ただけと証拠写真だけに終わる。一度夕方に行ってみようかと思うが、帰りの高速渋滞を考えると二の足を踏む。

| | コメント (0)

2017年8月 6日 (日)

撮影休み・・・一昨日撮影のハヤブサ残り画像(止まりもの)

今日は所用で2日連続の撮影休み

掲載は、一昨日に撮影したハヤブサ止まりもの、V3と300㎜f4での撮影です。
V3の感度はISO400まで、暗くて400を確保出来ない時は800で、証拠写真なら1600までというところ。一眼に比べ軽量なのでSSを落としてISOを小さくする時もある。野鳥撮影での飛びものなら追従性を考えると1用70-300㎜が良いが、一眼の300㎜f4の方が画像は良く歩留まりは悪いが飛びものも追えるので、距離が遠い猛禽などは300mmf4を使うことが多い。

薄曇りとは言え逆光下の日蔭での撮影、V3ではこんなもの、トリミングで2倍に拡大

SO400、SS1/1600
01dsc_7197


02dsc_7213


03dsc_7214


04dsc_7227


05dsc_7236


06dsc_7242


07dsc_7247


08dsc_7275


09dsc_7294


10dsc_7302

 

ISO200、SS1/800
V3のISO160は、鳥撮影ではほとんど使わない。
11dsc_7369


12dsc_7424

| | コメント (0)

2017年8月 5日 (土)

出遅れて撮影休み・・・画像は在庫から

 朝に所用が有り外に出た。帰って来て撮影に出ようと思ったが、日が少し高くなっていたので暑くて再び外に出る気せず、ニコンのサイトからカメラのファームウエアーやソフトの更新を行い、後はTVを見て過ごす。夏場の撮影は朝から出ないと、暑くなってからでは出る気がしない。今年の夏は、例年より蒸し暑い日が続いているように思う。

          
掲載は、チュウヒ撮影地の整理して掲載していない画像

オオヨシキリ
6月半ば頃まではよく鳴いていたので、チュウヒ待ちの間に何度も撮ったが、7月に入ってからあまり鳴き声を聞かず姿も見なくなった。
01dsc_0132


02dsc_2699


03dsc_4934


コチドリ
たまに飛んでいたがスピードが速く追い難い。早く見つけて狙いを定め、近くに来た時にシャッターを押さないと大概後ろ姿になる。
04dsc_4646


05dsc_4649


06dsc_4652


ヒバリ
対岸のコンクリでよく見かけ、近くからも撮った。
07dsc_0356


カワラヒワ
これも対岸ではよく見かけた。
08dsc_8304


カイツブリ幼鳥
始めて見た時は小さかったが、鳥の成長は早い。
09dsc_6440


カイツブリ親
2羽の近くにもう一羽登場で追い払いよった。
10dsc_2064


ホシゴイ
時々飛ぶ姿を見た。
11dsc_6514


親のゴイサギ
こちらは日に何回も飛んでいた。ホシゴイと一緒に飛ぶところも撮っているが遠すぎた。
12dsc_0935


13dsc_0939


14dsc_9414


15dsc_8705

    
ダイサギかチュウサギか?
大きさが違う程度しか知らず、並べば分かるが単独でしかも遠いと判別しにくい。
16dsc_6932


17dsc_6937


アマサギ
この地では、サギが群れで飛ぶの見ると大概はアマサギだった。
18dsc_0784

           
トビ
この鳥の空抜け飛翔は、露出チェックでよく撮るが色が綺麗に出ないことが多い。水面近くの低いところを飛ぶと何とか撮れる。図体が大きく簡単に撮れそうに思うが、色を出して撮るのが難しい鳥の一種。
19dsc_2056


20dsc_2057

| | コメント (0)

2017年8月 4日 (金)

カワセミ後ハヤブサ

 最近のカワセミ、ちょっと良くなったら直ぐアカンようになるで、地元では何処に行っても出が悪く、これまでで最悪の夏かも知れない。出が悪いと撮影チャンスが少なく待ち時間が長くなり飽きてきた。とはいえ行く所が無いので今日もカワセミ、対岸でも大きく撮れるようにV3と300mmf4を持って行った。飛びもの狙いは、1用70-300㎜の方が追従が良く歩留まりが良いが、どうせ大した動きは無いだろうと、少しでも綺麗に撮るつもりで300㎜f4にした。綺麗と言ってもD5やD500とロクヨンに比べれば、かなり劣るが探索がてらの日々の撮影には十分である。
家を出たのは9時過ぎ、下流ポイントに行ったがカメラマンは居ない、最下流まで行くとこちらに集まっていた。出が悪い時は、少しでも出の良いところにカメラマンは集まる。着いてから2度ほど出てきたが大したサービス無し、蚊取り線香を点けるには時間が中途半端、蚊の攻撃を受ける前にハヤブサに移動した。晴れなら行かずに帰るつもりだったが、曇り空で風も少し吹いていたので行ったのだが、時々日が差し暑かったので11時半頃終了で引き上げた。

   
今日の画像はトリミングで2.4倍に拡大

●カワセミ
 朝から30分に1回ぐらい出たようだが、サービスがもう一つで直ぐに飛んで行くようである。撮れるだけマシというところかな。

少し大きめの魚を捕ったが水際は撮れず。専用レンズなら撮れたかな・・・・17080401

  
17080402

17080403

持ち帰り?
17080404


17080405

やはり食べよった。
17080407

コヤツは幼鳥
17080408

V3と300mmf4、ホバなら問題無く撮れるので期待したが水路に消えた。
17080409

 
   
●ハヤブサ
 窓に止まっていたのは♂、今日も獲物は蝉で近くを一回りするだけで捕るので蝉捕りが板についているようである。何度か飛ぶので狙い続ければ飛び出しが撮れるが、軽量機材とは言え斜め上向きでは腕が震えてくる。オオワシのように飛ぶ瞬間が分かれば良いが、コヤツはいきなり飛び出すので三脚が必要。
朝の内は逆光下の日蔭、今日は曇り空だったのでマシだったが、晴れていれば画像の色はもう一つ。昼からが良いが、この時期は暑くてやってられない。曇り空でも昼からは気温が高い。

周りをキョロキョロ、目の動きと向いている方向で近距離狙いが分かる。
17080411

奇跡的に手持ちで飛び出す動きを捉えることが出来た。動きがゆったりした♀は時々撮れるが♂は珍しい。
17080412


17080413

ここでシャッターを押すのを止めてしもた。止まりもの撮影の一押しだったので集中が足らなかった。
17080414

直ぐに押し直したが、AF-C1点では追従せず。飛んでから1枚だけは撮た。
17080415

2度目の飛び出しは押し遅れる。
17080416


17080417


17080418


17080419

獲物は今日もアブラゼミ
17080420

3度目も押し遅れ、810㎜のAF-C1点は三脚が必要、もう少しタイミング良く飛んでくれれば(構えて直ぐに飛ぶ)、上手く撮れるのだが。
上の画像は全てISO400、以下の画像はISO200での撮影でSS1/800、手持の飛びものは少し苦しい。開発するのかどうか知らないが、V3より高感度に強いV4を発売して欲しい。ISO1600ぐらいまで使えて、ISO640、1000、1250の設定が出来れば良い。
17080421


17080422


17080423


17080424


17080425


17080426


17080427


三脚を持って行くなら80-400㎜かな、カワセミは200~300㎜で撮り、ハヤブサは300~400㎜で撮る。

 

撮影機材:V3、300㎜f4、手持撮影  撮影枚数:331枚
移動:地下鉄、歩き  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:470円

| | コメント (0)

2017年8月 3日 (木)

今年2度目のヤマセミ  惨敗

 最近、撮影場所に迷っているが、今日は4時前に起きたので、思い切ってヤマセミへひとっ走り。7時から10時まで粘ったが、着いた早々に撮った止まりもののみ、10時に諦めてミサゴに行こうと車を走らせたが、”暑いな~”で途中で諦めて12時過ぎに帰ってきた。
前回はまともに撮れず、今回は数枚ながら止まりものが撮れた。前回よりマシで良かったという気にはならず・・・高速料金が掛かっている。

<トリミングで4倍に拡大>

着いた時にはヤマセミは2羽居た。地元の常連さんの話では、5時半頃には近い場所に居たそうだが、6時ぐらいなら何とかなるが5時半に行くのはしんどい。
17080301


17080302


17080303

ヤマセミが下流に飛び、しばらくして下流から何かが飛んで来たが、よく見るとミサゴだった。
17080304

  
  
<ここから後はトリミングで3倍に拡大>

下流に飛んだ後、右側上空を飛んできてダムの上を旋回して上流に消えた。
17080305


17080306

かなり時間が立ってから、気がつくと上空を飛んでいた。
17080307

2羽が飛んでおり、多少接近戦が有ったようにも思う。
17080308

カワセミがウロチョロしていたが遠過ぎ
17080309

アオサギ
17080310

コシアカツバメ
17080311

    
17080312


撮影機材:D500、300mmf4+TC14Ⅲ、手持撮影   撮影枚数:211枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:4,060円(高速料金)

| | コメント (0)

2017年8月 2日 (水)

カワセミ 見難い場所から時々飛び込む

 18-400㎜をカワセミで試そうと家を出る前にレンズを変え、昨日と同じ撮影ポイントに行った。幼鳥がずっと前の見難い木の中に居り、時々餌捕りで飛び込んだが、距離が遠過ぎファインダー内のカワセミが小さ過ぎてピントはもう一つ、今日の場所なら900㎜ぐらい欲しい。写りは300mmf4+TCや80-400㎜に比べると劣るが、18-400㎜のAFでもカワセミを十分追えることは確認できた。昨日の距離ならもう少しマシに撮れるとは思う・・・・。

ノートリ
17080201

  
以後はトリミングで3倍に拡大

動きはワンパターンなので、飛び出しを見逃さなければ後追いでも撮れる。
17080202


17080203


17080204

  
餌捕りのシーンだが、浅くて一瞬コンクリに止まりよった。目では止まったのが分からない、カメラでの静止画なので分かる。
連写
17080205
17080206
17080207
17080208
17080209
17080210
17080211
17080212

こんな場所でも魚が捕れる
17080213


17080214

 
帰りに蕎麦屋の少し下でカワセミが飛ぶのを見つけたが、止まらず飛び去ったので追うのを諦める。
17080215

  
ツバメの水飲み
17080216

  
オオヨシキりか?
17080217

  
アオサギ
17080218

 

タムロンの18-400㎜の検証は全て終わった。風景にチュウヒ/ハヤブサ/カワセミ/他の鳥で使ったが、価格から考えると十分な結果だと思う。高倍率でT端が400㎜となったのが大きい。600㎜で撮れる所有レンズの中では、一番写りは悪いと思うが安価なので当然と思っている。
400㎜での飛びもの撮影では少しシャープ感に欠け、止まりものも遠いと少し鮮明さに欠けるように思うが、鳥狙いだけで持ち出すレンズでは無いので、ブラブラ歩きのお供としては十分である。AFは速いがVRが少しもたつくようで、飛びもの狙いならOFFにしないと歩留まりが悪くなる。VR・OFFでもSS1/1000ぐらいを確保すればレンズが軽いので手持ちで十分撮れる。
風景撮影は、24-70㎜f2.8に比べればアカンが、名所巡りや山風景の撮影ぐらいなら十分ではないかいな。600㎜での最短撮影距離が短いので、花撮影や虫ぐらいならマクロレンズの代わりにもなる。真のマクロ撮影とはいかないが、近づけない場所での撮影は有利。
写りは二線級ながら最強の万能レンズと思う。一線級を狙うなら、複数の単焦点レンズと三脚を持ち歩かなしゃ~ないが、性に合わない。

  

撮影機材:D500、18-400㎜、手持撮影  撮影枚数:187枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2017年8月 1日 (火)

カワセミ 撮影場所を変えたが良かった

 カワセミ後ハヤブサ飛び出し狙いと思い、300mmf4+TC17Ⅱで行った。カワセミの最下流ポイントは出が悪く、少し上の下流ポイントに移動したが、親♂に若2羽登場で楽しませてくれたのでハヤブサには行かず。カワセミだけならTC14Ⅲにしたのだが、交換が面倒で持って行かなかったことが悔やまれる。若は寺から出てきたのか違うか?、飛び去る方向は西だったが、先日寺で見た幼鳥は嘴が短かった。
今日は、最下流ポイントでカメラを取り出した時に、メディアが入っていないのが分かり、家に取りに帰った。カワセミの出が悪かったので1時間ほどのロスは良いが、急ぎ足で駅へ家にと歩いたので汗が吹き出した。メディア挿入忘れは今回で3回目、家を出る前に必ず確認するようにしなければならない。カメラはD500でダブルスロット、XQDは予備を持っておらずSDは最近入れていない。帰ってからSDの32Gを挿入した。

300mmf4にTC17Ⅱ、猛禽の飛翔を追うにはあまり気にならないが、カワセミ水際ではAFが遅く失敗が多かった。写りは気になるほど悪くなることは無い。

今日は(も?)連写で上手く撮れた画像が少ない。

17080101


17080102


17080103

3羽止まりもあったが、離れ過ぎで入らず。  
17080104

連写成功
17080105
17080106
17080107
17080108
17080109


17080110


17080111

川岸の草が被る
17080112

完全に被りピントも合わず
17080113

飛び出し狙いは2枚しか撮れず
17080114
17080115


17080116


17080117


17080118


17080119


17080120


17080121


17080122



撮影機材:D500、300mmf4+TC17Ⅱ、手持撮影  撮影枚数:329枚
移動:地下鉄、歩き  天気:曇り後晴れ
撮影経費:600円(地下鉄一日乗車券)

| | コメント (0)

« 2017年7月 | トップページ